地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

選挙 宇部市長選 共産が候補擁立断念 無投票の公算大 /山口

2017年07月01日 | 労働経済学
選挙 宇部市長選 共産が候補擁立断念 無投票の公算大 /山口

任期満了に伴う宇部市長選(7月2日告示、9日投開票)で、共産党県北南地区委員会(時田洋輔委員長)が、独自候補擁立を事実上断念したことが25日、分かった。市長選に出馬を表明しているのは現職の久保田后子氏(62)だけで、無投票になる公算が大きい。

党地区委員会によると、人選が難航しているうえ、投開票日が来月9日に迫り、選挙運動期間も限られることから擁立しない方針を固めた。26日に正式決定する。関係者は取材に対し「現段階での擁立は物理的にも不可能。無投票は非常に残念だ」と話した。【後藤俊介】・・・2017年6月26日 毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント 平成29年7月1日(土)、任期満了に伴う宇部市長選(7月2日告示、9日投開票)で、共産党県北南地区委員会 時田洋輔委員長が、独自候補擁立を事実上断念したことが6月25日、分かった。現職の久保田后子氏(62)だけで、無投票になる公算が大きい。 共産党県 党地区委員会によると、「現段階での擁立は物理的にも不可能。無投票は非常に残念だ」と話した。共産党県北南地区委員会 時田洋輔委員長からの対応は、東京都議選挙へ与える影響も大きい。共産党県北南地区委員会 時田洋輔委員長、党地区委員会によると、人選が難航しているうえ、投開票日が来月9日に迫り、選挙運動期間も限られることから擁立しない方針を固めたという今回の対応、明日の東京都議選挙 共産党候補者へ、その与える影響も、大なるものがある。また、明日、その東京都議選挙結果 東京都内の各都民から、その当選者からの信認を得て、更に、山口県内外からも、注目される。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “獣医学部新設進める”首相発... | トップ | 北陸で記録的大雨 九州は回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

労働経済学」カテゴリの最新記事