地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

「共謀罪」、19日にも採決=金田法相不信任案を否決

2017年05月18日 | 労働経済学
「共謀罪」、19日にも採決=金田法相不信任案を否決

「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、民進党など野党4党が提出した金田勝年法相の不信任決議案は18日午後の衆院本会議で、与党と日本維新の会などの反対多数で否決された。

会期延長論強まる=「共謀罪」採決ずれ込み-与党

これを受け、与党は19日の衆院法務委員会で同改正案の採決に踏み切り、可決する方針。23日の衆院通過を目指す。これに対し、野党側は徹底審議が必要として、19日の法務委採決に反対する考え。後半国会最大の焦点である「共謀罪」をめぐる攻防は大きなヤマ場を迎える。・・・平成29年5月18日(木)、時事通信 14:46配信より

私のコメント: 平成29年5月18日(木)、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長と私は、津和野町長 下森博之氏より、津総財 第142号 公文書開示決定通知書をもとにして、対談し、その対談内容は、以下の内容にも関係しているため、前任の島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 青木主事 ( 現在は、津和野町 商工観光課へ勤務 ) のもとまでも、私は、その関係する内容に関し、その連絡確認を入れた。

.........................................
平成29年1月10日、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 青木主事と私は、連絡対応を持つ。

同日、山口県議会事務局 山口県議会 吉井利行議員へ、私からの連絡文を送付し、その後 以下 列記している各経緯も踏み、島根県 益田市 亀井先生 事務所 鎌田様へ、「山口県議会の議長を務める畑原基成氏が8日未明、急性心不全のため入院先の病院で亡くなりました」 記事 山口県における内容を申し伝える。

同日、損保ジャパン日本興亜株式会社 下関 保険金サービス課 石井様との 書面による、その連絡対応を持つ。

...............................................................................
県議会議長 畑原基成氏が死去

山口県議会の議長を務める畑原基成氏が8日未明、急性心不全のため入院先の病院で亡くなりました。

62歳でした。

畑原氏は岩国市と合併する前の旧・錦町の出身の62歳。

旧錦町の町長を務めたあと平成11年から県議会議員を務め、5期目でした。

県議会では最大会派の自民党に所属し、おととし5月に62代目の議長に就任しました。

畑原氏は、去年10月に頭の手術を受けて1か月ほど入院した後、去年11月の定例県議会で公務に復帰しましたが、8日未明、急性心不全のため入院先の病院で亡くなったということです。

県議会事務局によりますと、議長の職務は当面、塩満久雄副議長が代理で行うということです。

01月08日 11時48分 ・・・ 平成29年1月8日、NHK NEWS WEB 11時48分 配信より

私のコメント:  「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」等に関係し、私は、島根県 中村芳信 県議会議員と、そのご令室様には、島根県 津和野町 中村芳信県議 事務所において面会し、その後においても、島根県 中村芳信 県議会議員のご令室様からの、丁寧な対応も受け、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 等に関係する内容における、その私からの聞き取りは、島根県 津和野町 中村芳信県議 事務所において、順調に進んでいる。

....................................
首相動静―1月8日

【午前】11時9分、山口県下関市の川棚グランドホテル。「ダイニングかえでてらす」で地元後援会会合に出席し、あいさつ。

【午後】1時18分、報道各社のインタビュー。「山口県議会議長が亡くなった受け止めは」に「お若かっただけに残念だ。岩国における基地問題にも大きな力を発揮していただき感謝申し上げたい」。20分、下関市長選立候補予定者と写真撮影。25分、同市の日本料理店「元祖瓦そば たかせ東本館」。住民らと記念撮影。昭恵夫人、母親の洋子さんらと食事。2時48分、同県長門市の安倍家の墓。父安倍晋太郎元外相の墓参り。55分、報道各社のインタビュー。3時17分、同市の旅館「大谷山荘」。宴会場「芙蓉」で地元後援会会合に出席し、あいさつ。7時24分、同県岩国市の故畑原基成県議会議長宅。弔問。村岡嗣政県知事、河村建夫自民党衆院議員ら同席。9時21分、下関市の焼肉店「焼肉やすもり下関グリーンモール本店」。地元の若手支援者らと会食。10時17分、同市の自宅。 朝日新聞社・・・ 平成29年1月8(日)、 朝日新聞デジタル 19:26配信より

私のコメント : 首相動静 1月8日 午後1時18分、報道各社のインタビュー。「山口県議会議長が亡くなった受け止めは」に「お若かっただけに残念だ。岩国における基地問題にも大きな力を発揮していただき感謝申し上げたい」。岩国市の故畑原基成県議会議長宅。弔問。村岡嗣政県知事、河村建夫自民党衆院議員ら同席、・・・・
................................................................................
平成28年11月30日、山口県岩国市総合政策部基地政策課基地政策班長との間で、私は、対談をした。

平成28年11月29日、山口県庁にて、以下の内容に関係されている山口県庁の課長と私は、対談 平成28年11月30日、「山口県とエアソウルとの相互交流協定書」をもとに、第2条 ( 協力分野 )の細則に関し、相互に、意見を交わし、「山口県とエアソウルとの相互交流協定書」の第2条 エアソウル側における内容に関し、私が、わからない点は、エアソウルへ お尋ねをいれた。

平成28年5月28日、山口県立防府高等学校 同窓会長 杉山知行先生のもとへ、私は、平成28年5月15日、山口県防府市で、2016 九華会総会が、山口県立防府高等学校 同窓生 皆様のご協力により、無事に開催され、また、平成28年5月21日にも、2016年 山口県立防府商工高等学校 ( 同窓会 総会) 鳳翔会 総会が、山口県防府市で開催され、私は、旧職員・来賓として出席し、その際、平成28年5月15日、開催における九華会総会に参加された 山口県立防府高等学校 同窓生 からの指導・助言も私は、得た。山口県立防府商工高等学校 鳳翔会会長 土井章氏による式辞を拝聴した。2016年 山口県立防府商工高等学校 ( 同窓会 総会) 鳳翔会 総会開催 前、山口県立防府商工高等学校 校長室にて、今年度 新しく赴任された山口県立防府商工高等学校 栗林正和 校長先生へ、私は、平成28年5月19日、島根県 吉賀町教育委員会 教育長 青木一富様 宛て、私との間での対応が、現在に至り、はじまる経過説明についても、書面を示し、その説明をした。 その後の経緯について、関係している、その連絡文の写しを持って、説明に行った。その連絡文の写しは、事実経緯における前後間における説明も添えて、私から、山口県立防府高等学校 同窓会長 杉山知行先生へ手渡した。

その後、平成28年10月29日、第42回(平成28年度) 退職互助部山口地区 山口地区集会が開催され、「セントコア 山口」 懇親会において、元山口県立山口高等学校 沖浦初孝校長と私は、隣席し、当時の安倍晋太郎外務大臣が、日米・日露・日韓関係 沖縄 米軍基地の問題 等 における 山口県立山口高等学校 同窓会長としての外交上における山口高等学校同窓会 各会員に対して、その差配をされた役割についても、説明申し上げることができているため、その後の経過もあり、平成28年11月30日、私の身のまわりの状況については、山口県立防府高等学校 同窓会長 杉山知行先生へ相談し、山口県立防府高等学校 同窓会長から助言も私は、得ることができた。

平成28年12月9日、山口県防府市役所へ、 「 外務省いわゆる密約書不在の問題 」に関して、当時の外務大臣 官房総務課より 防府市内にける私の勤務先の私の許へ、その問い合わせが入り、その際、その確認のため、当時、私から、防府市役所 総務部 総務課 へ連絡し、送っていた 私からの連絡文に関して、防府市 総合施策部 総合政策課 白井智浩 課長との間において 『 平成28年11月28日に、山口市役所内での各市町長との間において、その対談・談合され、 宇部市久保田后子市長が、宇部市長の定例会見において「連携中枢都市宣言」を明かにされ、その宇部市、山口市と都市圏の形成に向けて具体的な取り組み、まとめた「圏域ビジョン」を策定するとの内容に関して 等』 の懇談した後に、防府市役所 第3号様式 (第4条関係) 個人情報開示請求書に沿い、それを記入して、防府市役所の窓口へ、提出した。

同日、萩市 日本博物館協会 山口県博物館協会会員 公益財団法人 熊谷美術館と私との関係があり、防府市 公益財団法人 毛利報公会 常務理事 渡邉忠友 常務理事 毛利博物館 事務局へ面会に行くが、今日は、ご不在のため、公益財団法人 毛利報公会 毛利博物館 田中誠二館長へ面会し、昨年の 「 大河ドラマ 花燃ゆ 」における防府市役所との関係する経緯が、お互いにあり、近況へ至る、その経緯をお互いに、その内容に関しても、説明をし合い、私と山口県 防府市 毛利家、及び 私と島根県 津和野町 亀井家との間における関係については、各々、私から、公益財団法人 毛利報公会 毛利博物館 田中誠二館長へ 説明を入れ、毛利報公会 毛利家から、その私の立場の理解についても求めた。






『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「有能で両陛下も信頼」眞子... | トップ | 退位特例法案、19日に閣議決定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。