地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

岡山・加計学園 獣医学部新設問題 文書存在 文科相認め陳謝 内閣府調査きょう公表

2017年06月16日 | ファション
岡山・加計学園 獣医学部新設問題 文書存在 文科相認め陳謝 内閣府調査きょう公表

安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡り、内閣府が文部科学省に早期開学を促したとされる文書について松野博一文科相は15日、一部の文書が省内に存在していたとする再調査結果を発表した。文書を作成した職員は「総理のご意向」や「官邸の最高レベルが言っている」の記述について「こうした趣旨の発言があった」と証言したという。これを受け、国家戦略特区を所管する山本幸三地方創生担当相は15日、内閣府でも調査し、16日に結果を発表することを明らかにした。

松野氏は記者会見で前回調査で確認できなかったことについて「大変申し訳なく真摯(しんし)に受け止めている」と陳謝した。一方で、文書に記された内容については「事実関係は(国会の)委員会などで答弁している。行政がねじ曲げられたとは考えていない」と述べ、調査しない意向を示した。また、文書を内部告発した職員が国家公務員法の守秘義務違反に該当するかについては「どういう過程で流出したか確認されていないので判断できない」と明言を避けた。調査対象となったのは、国会で追及された「総理のご意向」などと書かれたA4判8枚と、昨年9月26日付の「内閣府審議官との打合せ概要」など19文書。このうち14文書と同一か酷似した内容の文書が、前回調査では調べていなかった専門教育課の共有フォルダーなどから見つかった。獣医学部新設の認可申請について加計学園とのやり取りなどを記した3文書は「法人の利益に関わる」として存否を明らかにしなかった。これ以外の2文書は見つからなかったとしている。文書に「総理のご意向」や「官邸の最高レベル」と記した専門教育課の課長補佐は、聞き取り調査に対し「ここにこう記載されている以上、こうした趣旨の発言があったと思うが、発言者の真意は分からない」と説明。「官邸の最高レベル」と伝えてきたのは内閣府の藤原豊審議官か参事官のいずれかとしている。文科省は9日以降、職員26人に聞き取りし、4部署の共有フォルダーのほか、任意でパソコンの個人フォルダーを調べた。一方、山本氏は15日、首相官邸で安倍晋三首相と会談。その後、記者団に「電子メールの存否、内容の真偽など(以前に)確認済みのことを含めて調べる。今晩徹夜し、明朝には結果を発表したい」と説明した。首相からは「ぜひしっかりやってほしい」と指示があったという。【伊澤拓也、松浦吉剛、松倉佑輔】 ・・・ 平成29年6月16日、毎日新聞 東京朝刊より

平成29年6月16日、国家戦略特区を所管する山本幸三地方創生担当相は、15日、首相官邸で安倍晋三首相と会談。その後、記者団に「電子メールの存否、内容の真偽など(以前に)確認済みのことを含めて調べる。今晩徹夜し、明朝には結果を発表したい」と説明。
『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文科省の再調査「文書あった... | トップ | 立正大学図書館 (品川図書館... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。