地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

三笠宮さま 一般の弔問受け付け 記帳始まる

2016年10月28日 | 教育
三笠宮さま 一般の弔問受け付け 記帳始まる

三笠宮さまが亡くなられたのを受けて、28日から一般の人たちの弔問を受け付ける記帳所が設けられ、ゆかりのある人たちが記帳に訪れています。

三笠宮さまは、27日の朝、体調が急変し、心不全のため入院先の東京都内の病院で亡くなられました。
100歳でした。

東京・元赤坂の赤坂御用地にある三笠宮邸では、午前9時から記帳の受け付けが始まりました。待っていた人たちは、宮内庁の職員の先導でゆっくりと記帳所に進み、住所や名前を書き込んでいました。

このうち、三笠宮さまが名誉総裁を務めていた日本・トルコ協会副会長の遠山敦子さん(77)は、「長年にわたって日本と中東諸国との間に築かれた絆や実績があり、トルコの人たちを中心に尊敬されていました。戦中戦後の非常に難しい時期を毅然(きぜん)として生きられた人間として大変立派なご生涯であったと思います」と話していました。

また、オランダとの親善に取り組む日蘭協会の元事務局長の曽武川栄一さん(83)は、「三笠宮さまには、名誉総裁として協会の発展に力を尽くして頂きました。総会にはいつも妃殿下とともに姿を見せられ、息の合ったご夫婦でした。妃殿下も今までの思い出に浸られていると思います」と話していました。

記帳所は当分の間設けられ、午前9時から午後7時まで一般の人たちの弔問が受け付けられます。記帳を希望する人は、赤坂御用地の南門から徒歩で入門することになっています。・・・ 平成28年10月28日(金)、 NHKNEWSWEB 11時11分配信より

私のコメント: 平成28年10月28日、三笠宮さまが名誉総裁を務めていた日本・トルコ協会副会長の遠山敦子さん(77)は、「長年にわたって日本と中東諸国との間に築かれた絆や実績があり、トルコの人たちを中心に尊敬されていました。戦中戦後の非常に難しい時期を毅然(きぜん)として生きられた人間として大変立派なご生涯であったと思います」と話されました。私と日本・トルコ協会副会長遠山敦子さんとの間における利害関係は、遠山敦子さんが、文部科学大臣であった当時に、山口県宇部市に講演に来県され、私は、遠山敦子文部科学大臣に面会し面談して、私からの連絡書面について、遠山敦子文部科学大臣へ手渡した時点より、継続し現在に至り、文化庁、文部科学省における各立場での利害関係が、現在も続いている。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談し、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を私から手渡した際、日本大学医学部 卒業生における島根県・山口県下の各医師における話題についても吉賀町長 中谷勝様と私との間においてのぼっていたが、平成28年10月28日、山口県下 日本大学 医学部卒の医師と私は、整形外科 医療について開業をされている病院内で、対談することができた。島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様へ 私からの任意の公文書開示請求下における経緯にて、その鍵となっている山口県下 日本大学 同窓会 同窓生の話題も提供し、島根県の日本大学出身 吉賀町長 中谷勝様から私へ、ご配慮もいただいた経過があり、山口県にて、内容を検証できる対応、整うこともできた。TPP。国会審議、医療 等 ・・・・






『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大川小津波訴訟 石巻市が控訴... | トップ | FBI、クリントン氏メール問題... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育」カテゴリの最新記事