地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

半年で休み4日「過労死」 残業が国の上限未満でも認定

2017年05月05日 | 労働経済学
半年で休み4日「過労死」 残業が国の上限未満でも認定

2015年に亡くなった女性会社員(当時50)について、山口労働基準監督署が労災(過労死)と認定したことがわかった。女性の残業時間の平均は国の過労死認定ライン未満だったが、死亡前の半年で4日しか休めなかったことなどを考慮した異例の認定となった。政府は残業時間の上限規制を進めているが、専門家は「休日労働規制に踏み込まない対策は不十分だ」と指摘している。

•「この年では仕事もないし…」休日も出勤、やつれた母は

山口県内の弁当販売会社で配送を担っていた斎藤友己(ともみ)さん=同県防府市=は15年11月、自宅で急死し、死因は心臓疾患の疑いとされた。遺族側代理人の松丸正弁護士(大阪弁護士会)によると、斎藤さんは07年から同社に勤務。タイムカードをもとに計算した死亡直前1カ月の時間外労働(残業)時間は70時間11分で、直前2~6カ月のそれぞれの平均は月あたり約71~77時間だった。

国の過労死認定基準(時間外労働が発症前1カ月で100時間か、2~6カ月の平均で月80時間)には達しないものの、遺族側は、発症前6カ月の間に4日しか休めていなかったと主張。特に15年8月14日~11月12日は連続91日間も勤務したとして労災を申請した。山口労基署は今年2月17日、遺族側の主張を認める形で、斎藤さんの死を「過労死」と認定した。

労働基準法36条では、会社が…

・・・ 平成29年5月5日(金)、朝日新聞デジタル 03時37分

私のコメント : 平成29年5月5日、2015年に亡くなった女性会社員(当時50)について、山口労働基準監督署が労災(過労死)と認定したことがわかった。女性の残業時間の平均は国の過労死認定ライン未満だったが、死亡前の半年で4日しか休めなかったことなどを考慮した異例の認定となった。 

国の過労死認定基準(時間外労働が発症前1カ月で100時間か、2~6カ月の平均で月80時間)には達しないものの、遺族側は、発症前6カ月の間に4日しか休めていなかったと主張。特に15年8月14日~11月12日は連続91日間も勤務したとして労災を申請した。山口労基署は今年2月17日、遺族側の主張を認める形で、斎藤さんの死を「過労死」と認定した。

山口県内の弁当販売会社にて、困難な労働環境 状況下で、その過労死をされた斎藤友己様のご冥福、お祈り申し上げますとともに、山口労基署が、今年2月17日に、遺族側の主張を認める形で、斎藤さんの死を「過労死」と認定された対応に関し、慶應義塾大学にて、学生時代から、私は、国の労働政策審議会 会長 西川俊作教授のもと、その指導下、労働経済学に関しても、今まで、高等学校 教育現場にて、その研鑽を積んできた高校教師、教員としても、ことあるごとに、各教育関係の諸機関 関係者、および、労働経済学の関係者も交え、今後も、今回の山口労基署からの対応に関しては、その評価をしていきたいと考えている。




『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最新鋭ステルス戦闘機「F3... | トップ | 九華会総会2017、平成29... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

労働経済学」カテゴリの最新記事