地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

「加藤の乱」「友人の友人がアルカーイダ」…戦後政治史に名を残した政治家逝く

2016年12月31日 | 社会 経済
「加藤の乱」「友人の友人がアルカーイダ」…戦後政治史に名を残した政治家逝く

 平成28年も多くの政治家が鬼籍に入った。

森喜朗内閣の倒閣を目指したものの不発に終わった「加藤の乱」で知られる自民党元幹事長の加藤紘一氏は9月9日、77歳で亡くなった。官房長官や防衛庁長官を務め、党内では小泉純一郎元首相と山崎拓元自民党副総裁の3人で「YKK」を結成。日中外交や首相の靖国神社参拝問題をめぐり、活発な論陣を張ったことでも知られる。山崎氏は弔辞で、「日本政界最強最高のリベラルがこの世を去った」としのんだ。

閣僚経験のある政治家として最長老だった元法相の奥野誠亮氏は11月16日、103歳で逝去した。文相や自民党安全保障調査会長などを歴任し、筋の通った保守派の論客として知られた。昨年11月には、日本記者クラブで「そろそろ自前の憲法を作ろう」と訴えたばかりだったが、その実現は後進に委ねられた。

元法相の鳩山邦夫氏は6月21日、67歳で急逝した。文相や労相などを歴任。一時は兄の鳩山由紀夫元首相と旧民主党の結党にも加わったが、平成12年に自民党に戻り総務相を務めた。「政界渡り鳥」の異名も取った。法相在任中「友人の友人がアルカーイダ」と発言して物議を醸したこともある。

元文部科学相の小坂憲次氏は10月21日、70歳で死去した。曾祖父の代から衆院議員を4代連続で輩出した名門・小坂家の出身。みずからを自嘲気味に「世襲の権化」などと語ることもあったが、正義感が強く、自民党内で国会議員の公募制の導入を積極的に進めたことでも知られる。59年ぶりとなる教育基本法の全面改正に尽力した。

自民党宏池会の流れを組む旧堀内派を率いた元党総務会長、堀内光雄氏は5月17日、86歳で亡くなった。17年、郵政民営化法案の衆院採決では、派閥会長を辞任して反対票を投じた。

宏池会系では、旧小里派を率いた元総務会長、小里貞利氏も今月14日、堀内氏と同じ86歳で没している。小里氏は長年整備新幹線事業に携わり、「ミスター新幹線」の異名も取った。

5月3日には、佐藤栄作元元首相の次男で、運輸相などを務めた佐藤信二氏が84歳で亡くなった。

自民党以外では、民社党委員長や新進党幹事長などを務めた米沢隆氏が6月16日、76歳で死去した。現自由党代表の小沢一郎氏との盟友関係を生かし、5年には非自民の細川連立政権の樹立に携わった。

民社党関係では、米沢氏の先代の党委員長を務めた元厚相、大内啓伍氏も3月9日、86歳で逝去した。大内氏は民社党から自由連合へと渡り歩き、最後は自民党で政治生命を終えた。

政治家ではないが、4月10日には連合の初代会長、山岸章氏が86歳で死去した。民間と官公労をまとめた巨大労組の発足に尽力し、元年7月の参院選では「連合の会」として11人を当選させた。細川連立政権では、自民党竹下派から飛び出した小沢氏と公明、民社各党などの橋渡し役として活躍した。 ・・・ 平成28年12月31(土)、産経新聞 17:10配信 より

私のコメント : 平成28年12月31、閣僚経験のある政治家として最長老だった元法相の奥野誠亮氏は11月16日、103歳で逝去した。文相や自民党安全保障調査会長などを歴任し、筋の通った保守派の論客として知られた。昨年11月には、日本記者クラブで「そろそろ自前の憲法を作ろう」と訴えたばかりだったが、その実現は後進に委ねられた。自民党宏池会の流れを組む旧堀内派を率いた元党総務会長、堀内光雄氏は、5月17日、86歳で亡くなった。17年、郵政民営化法案の衆院採決で、派閥会長を辞任し 反対票を投じた。また、5月3日にも、佐藤栄作元元首相の次男で、17年、郵政民営化法案における反対支持 政治家で、 運輸相、通産相 なども務めた佐藤信二氏が、84歳で亡くなっている。





『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火災 原発事故でも避難せず... | トップ | 京都・をけら詣りで火消し桶用意 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。