地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

自民派閥3派の合流決定 会長は麻生氏、党内第2勢力に

2017年05月15日 | 社会 経済
自民派閥3派の合流決定 会長は麻生氏、党内第2勢力に

自民党の麻生太郎副総理、山東昭子・元参院副議長、佐藤勉・衆院議院運営委員長が15日、東京都内のホテルで会談し、3者がそれぞれ率いる派閥・グループの合流を正式に決めた。合流時期は都議選投開票(7月2日)後で一致。新派閥会長は麻生氏、会長代行に山東氏、会長代理に佐藤氏が就くことも決めた。新派閥は60人前後となる見通しで、額賀派(55人)を抜き、安倍晋三首相出身の細田派(96人)に次ぐ第2派閥となる。合流は、政権安定のためには自民党内に、2大派閥による「疑似政権交代」が必要だと考える麻生氏が主導。今回の合流を、旧宮沢派(宏池会)の流れをくむ岸田派と麻生派、谷垣グループが合流する「大宏池会」構想の先駆けとしたい考えだ。会合後の記者会見で、麻生氏は「小さな派閥が乱立するより大きな派閥。政権安定、国益のためだ」と述べた。山東氏は「1、2年生議員が大きな風で当選し、たまにおごりが見える。原点に返るため、力を合わせるべきだ」と強調した。佐藤氏は、けがで療養中の谷垣禎一前幹事長が率いる谷垣グループから離脱し新グループを結成。「谷垣先生の状況を踏まえると悩ましかったが、意思を受けとめ、合流に進んだ」と述べた。(寺本大蔵) 朝日新聞社  ・・・ 平成29年5月15日(月)、 朝日新聞デジタル  21:42 配信より

....................................................................
麻生・山東両派が合流、新派閥へ 細田派への対抗目指す

自民党の麻生派(44人)と山東派(11人)の合流が固まった。両派閥をいったん解消し、新派閥を立ち上げる方向。谷垣グループの佐藤勉・衆院議院運営委員長ら数人がグループから離脱し、新派閥に合流する見通しだ。山東派には合流に難色を示すメンバーもおり、全員合流するかは不透明だが、党内第3派閥の岸田派(46人)を超えるのは確実だ。最大派閥・細田派の対抗勢力を作るため、麻生太郎副総理が主導する派閥再編が一歩進むことになる。山東昭子・元参院副議長が10日、記者団に「(麻生派と)一緒になる気持ちは固めた」と表明。15日に麻生氏と会談し、合流時期や派閥の名称などの協議に入ることを明らかにした。麻生氏は6月18日に会期末を迎える通常国会中の合流をめざしているが、山東氏は「重要法案が残っている中、(派閥の)合流に力を注ぐことは適当ではない」との考えを示した。一方、谷垣グループで合流協議を進めてきた佐藤氏や棚橋泰文・元幹事長代理らは近くグループを離脱。佐藤氏は15日の麻生、山東両氏の会談にも参加する予定だ。(寺本大蔵) ・・・ 平成29年5月10日(水)、 朝日新聞デジタル 18時13分 配信より

私のコメント : 平成29年5月10日に、山東昭子・元参院副議長が10日、記者団に「(麻生派と)一緒になる気持ちは固めた」と表明され、その後の平成29年5月15日、自民党の麻生太郎副総理、山東昭子・元参院副議長、佐藤勉・衆院議院運営委員長が、東京都内のホテルで会談し、3者がそれぞれ率いる派閥・グループの合流を正式に決めた。合流時期は都議選投開票(7月2日)後で一致された。新派閥会長は麻生氏、合流は、政権安定のためには自民党内に、2大派閥による「疑似政権交代」が必要だと考える麻生氏が主導。今回の合流、岸田派と麻生派、谷垣グループが合流する「大宏池会」構想の先駆けとしたい考え。新派閥は60人前後となる見通しで、額賀派(55人)を抜き、安倍晋三首相出身の細田派(96人)に次ぐ第2派閥となる。自民党の額賀派、細田派、関係者 皆様方からのご健闘についても、お祈り申し上げる。
『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本郵政、289億円の赤字=豪... | トップ | <自民党>「麻生・山東派」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。