地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

首相の憲法改正提案、与野党幹部から発言相次ぐ

2017年05月14日 | 教育
首相の憲法改正提案、与野党幹部から発言相次ぐ

安倍晋三首相(自民党総裁)が打ち出した憲法改正提案をめぐり、与野党の幹部からは14日も発言が相次いだ。自民党の竹下亘・国会対策委員長は同日、山形市内で講演し、首相が言及した新しい憲法の「2020年施行」について「前に進むシグナルであると同時に、後押しをするプレッシャーになる。期日を切るということは物事を進めていくうえで重要だ」と評価した。一方で、こうした目標設定に「たぶん思った通りにはいかない」とも言及。「衆参の憲法審査会でも審議は進んでいるが、毎回遅れがち。期限内に必ずやる、ということとは意味が違う」と述べた。公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は… ・・・ 平成29年5月14日(日)、 朝日新聞デジタル 21時49分より

私のコメント : 平成29年5月14日(日)、安倍晋三首相(自民党総裁)が打ち出した憲法改正提案をめぐり、自民党の竹下亘・国会対策委員長は同日、山形市内で講演し、新しい憲法の「2020年施行」について「前に進むシグナルであると同時に、後押しをするプレッシャーになる。期日を切るということは物事を進めていくうえで重要だ」。一方、こうした目標設定に「たぶん思った通りにはいかない」と言及。「衆参の憲法審査会でも審議は進んでいるが、毎回遅れがち。期限内に必ずやる、ということとは意味が違う」と述べた。

各 選挙に向けて与野党幹部からの、国民に対してのわかりやすい、説明、その国民からの要望や対応もあるが、憲法改正提案をめぐり、各地域にて、その与野党 政治家 からの発言や 情報の発信が、相次いでいる。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <北朝鮮ミサイル>Jアラー... | トップ | 北朝鮮ミサイル、高度2千キ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。