地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

「ミス慶応」2016年大会は中止 ファイナリストの女子大生「涙が止まりません」…6人がHPで心境つづる 

2016年10月15日 | 慶應義塾大学
「ミス慶応」2016年大会は中止 ファイナリストの女子大生「涙が止まりません」…6人がHPで心境つづる 

「ミス慶応コンテスト」を主催する学生団体「慶応義塾広告学研究会」は、今年の大会の中止を公式ホームページ(HP)で発表した。慶応大は4日、同研究会が未成年者の飲酒をあおるなどの不祥事を起こしたとして解散を命じており、「起こした不祥事への大学からの処分を受け、今年度活動を中止する事となりました」と説明している。

今年の大会は11月20日に予定され、すでにファイナリスト6人が決まっていた。同研究会のHPにはファイナリスト全員のコメントも掲載されており、いずれも「残念です」と突然の中止に戸惑う心境をつづっている。

同研究会はHPで「例年、本コンテストを企画・運営し、多くの反響を頂き活動しておりましたが、ご期待を裏切るこのような不祥事が発生しました事を団体として深く反省しております」などとコメントを掲載。「ご協力ご支援いただいた関係者の皆様、日頃から応援いただいたファンの皆様、そして現在活動しているファイナリストの6名に多大なるご迷惑をおかけしてしまい、お詫び申し上げます。誠に申し訳ございません」と結んでいる。

さらに、HPには、ファイナリスト6人のコメントも。それぞれが、ミスコンを目標にがんばってきた思いや残念な心境を赤裸々に書き記している。

伊集院ほのかさんは「話を聞いた時には、頭が真っ白になり、只々涙が溢れるばかりでした。これからプロジェクトが公開され、フィナーレに向かって最後の追い込みだったのに、、、最後までやりたかったのに、、、無念で仕方がないです」などと心境を吐露。渡邊渚さんは「とにかく悔しい思いでいっぱいで納得できず、涙が止まりません」などと無念な思いを書き記した。

慶応大の公式HPには、清家篤塾長の名義で告示を掲載。同研究会は9月2日、宿泊先の懇親会で複数の未成年者に飲酒をあおるなどしたという。「互いを指名して飲酒するよう囃し立てる、或いはゲームの勝敗により酒を呷る等の危険な行為があったことが確認されています」などと説明。さらに、同研究会が過去にも問題を繰り返し、大学側がその都度、指導してきたと指摘した上で、「団体の体質、運営実態が極めて不適当であることは明白だ」としている。

ミス慶応コンテストは、学祭の同様のイベントでは特に有名な大会。テレビ局のアナウンサーになったり、タレントになったりするグランプリ受賞者は多い。過去の受賞者には元フジテレビの中野美奈子さんや元TBSの青木裕子さんらがいる。




ファイナリスト6人がHPで掲載したコメントは次の通り(抜粋)

岩田絵里奈さん「ミス慶應2016がこんな最後になってしまいフィナーレを迎えることができず残念です。私は、自分を変えたくて今回出場することを決めました。今までの私は、何かを頑張ったり、挑戦するということがありませんでした。そんな自分から少しでも成長したくてミスコンの場を選びました。(略)ファイナリストとして過ごしたこの四ヶ月をずっと忘れません」

伊集院ほのかさん「応援して下さった皆さんに、自信を持ってフィナーレの舞台に立っている姿を見せることが出来ないと考えるだけで、悔しくてたまりません。(略)しかし、今までのこの数ヶ月で得たものは他では得られないような素敵な経験ばかりでした。プロのカメラマンさんに写真を撮ってもらったり、街中でTwitter見てますと声を掛けられたり、憧れの雑誌に載ったり、商品を企画したり、SNSの反響に一喜一憂したり、応援のメッセージに励ませたり、、、普通の女子大生では出来ないことばかりです。私の素敵な財産です」

渡邊渚さん「高校生だった昨年の秋、ミス慶應のフィナーレを初めて観に行きました。『私もあの舞台に立ちたい』って思ってから、もうすぐ一年。あと一歩でその舞台に立てるところだったのに、その夢がもう叶わないということが信じられません。このような形でコンテストが中止になることが腑に落ちませんし、怒りがこみ上げてきます。(略)この悔しい思いやミスコンに一所懸命になって臨んだこと、たくさんの方から力をいただいたことは忘れません」

高橋茉莉さん「フィナーレを迎えられなくて、すごくすごく残念です。今まで応援してくださった方々に恩返しをできなくて、すごく悔しく、申し訳ない気持ちでいっぱいです。わたしはこのミスコンを出場するにあたり、自分を変えたいと思っていました。(略)フィナーレを迎えるまでの活動は、自分の人生の中で一番有意義で、意味のあるものだったと思います。そんな約半年間をスタッフをはじめ、最高な6人で過ごせたことが宝物です」

喜多川あゆさん「このような形でミス慶應コンテスト2016としての自分が終わってしまうこと、とても悔しく、残念に思います。(略)本当に貴重な経験ができたこと、1万人近くのフォロワーさんに向けてツイートするといった普通ではできない経験ができたこと、心から嬉しく思っています」

渡邉麻美子さん「このような形でミス慶應コンテスト2016が幕を閉じてしまうことになり、大変残念に思っております。遣る瀬無さ、悔しさ、悲しさなど、複雑な思いが溢れている状況です。(略)6人それぞれが、それぞれのやり方で全力を尽くしていました。スタッフの方々もたくさん支えて下さいました。多くの方から、応援を頂きました。感謝しているからこそ、きちんとした形で終わりを迎えたかったです」

(WEB編集チーム) ・・・ 2016.10.5、産経新聞 12:24更新 配信より

私のコメント: ミス慶応コンテストは、学祭の同様のイベントでは 特に有名な大会。 過去の受賞者には元フジテレビの中野美奈子さんや元TBSの青木裕子さんらがいる。



『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年10月15日(土)、東京... | トップ | 【政治】 選挙改革 鈍い国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。