地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

台風16号、20日未明に九州南部上陸へ 今年6個目か

2016年09月19日 | 天気予報
台風16号、20日未明に九州南部上陸へ 今年6個目か

非常に強い台風16号は19日、鹿児島県の西南沖を北東に進んで九州に最接近し、20日未明に九州南部に上陸する見通しだ。気象庁は暴風雨や高波、河川の氾濫(はんらん)や土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけている。台風の影響で前線が活発化し、交通機関の運休や欠航が相次いだ。

気象庁によると、台風は19日午後8時現在、鹿児島県枕崎市の南西90キロを時速30キロで東北東に進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカルで最大風速は45メートル。上陸すれば今年6個目で、1年間の上陸数としては1990年と93年に並ぶ2位となる。

福岡県飯塚市では19日午前1時過ぎまでの24時間雨量が152ミリ、北九州市では128・5ミリに達し、いずれも9月としての観測記録を更新した。鹿児島県鹿屋市で同日夕に1時間あたり67ミリ、宮崎市で59・5ミリの非常に激しい雨が降った。鹿児島県長島町の漁港では19日午前8時50分ごろ、台風に備え漁船の係留ロープを増やす作業をしていた男性(67)が、過って海に転落して死亡した。

日本航空は20日午前の九州、四国発着便を中心に7便、全日空は11便の欠航を決めた。JR九州も特急ひゅうがやソニックなどを一部区間で運休する。20日に長崎港(長崎市)に入港予定だった大型クルーズ客船「MSCリリカ」(乗客定員1984人)は寄港をやめた。

20日夕までの24時間雨量は多い所で九州や四国、近畿で300ミリ、北陸、東海150ミリ、関東甲信で120ミリと予想される。 ・・・ 平成28年9月19日(月)、朝日新聞デジタル 20時51分 配信より

私のコメント: 非常に強い台風16号は、20日夕までの24時間雨量は多い所で九州や四国、近畿で300ミリ、北陸、東海150ミリ、関東甲信で120ミリと予想されている。今後、更に、非常に強い台風16号による近畿地方の豪雨・河川の氾濫、土砂災害においては、その注意が必要と推察される。






『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風16号、20日未明にか... | トップ | 台風16号、鹿児島上陸へ=大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

天気予報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。