地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

<英総選挙>メイ首相に保守党内からも辞任論

2017年06月10日 | 外務省
<英総選挙>メイ首相に保守党内からも辞任論

【ロンドン矢野純一】 英総選挙で9日、過半数割れした保守党のメイ首相に対し、躍進した最大野党・労働党だけでなく、身内の保守党内からも辞任を求める声が上がっている。メイ氏は「最も得票と議席を得た保守党に正当性がある」として辞任を拒絶し、強気の姿勢を見せている。

【グラフで見る】英国EU離脱のプロセス

メイ氏は9日夕、主要閣僚を残留させると発表。北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)との協力に向けた協議を始めた。DUPのフォスター党首は9日朝にメイ氏と電話協議したことを明らかにした。首相官邸前で9日午後に演説したメイ氏は、英国は困難な時期にあるとしたうえで「今後5年で、国民が繁栄やチャンスを分かち合える国にする」と、2022年まで首相の任期をまっとうする意欲を示した。しかし、保守党のスーブリ前中小ビジネス産業企業担当相は「首相の座について考えるべきだ」と辞任を要求。同党の前教育相のモーガン氏は「指導力を見極めなければならない」とした。保守党の中には「半年も持たない」との見方を示す議員もいる。一方、30議席以上伸ばした労働党のコービン党首は、「メイ氏は党利のために総選挙を実施した結果、敗れた」としてメイ氏に辞任を迫ると共に「少数与党であっても政権を率いる意思がある」と、政権奪還に意欲を示した。英BBCは、与党保守党内では、メイ氏を支える空気が生まれているとしながら、「メイ政権がどの程度持つのか分からない」との見方をしている。9日夜、再集計をしていたロンドンの選挙区の票が確定した。各党の最終獲得議席数は、保守党318(改選前330)▽最大野党の労働党262(同229)▽スコットランド民族党(SNP)35(同54)▽自由民主党12(同9)▽DUP10(同8)。・・・ 平成29年6月10日(土) 、毎日新聞 11:18配信より、

私のコメント : 平成29年6月10日(土) 、英総選挙で9日、過半数割れした保守党のメイ首相に対し、躍進した最大野党・労働党だけでなく、身内の保守党内からも辞任を求める声が上がっている。メイ氏は「最も得票と議席を得た保守党に正当性がある」として辞任を拒絶している。

英下院議員選挙(総選挙)で与党保守党の議席が過半数を割り込んだことを受け、9日の英国通貨ポンドは欧州市場などに続いて米市場でも下落した。ロンドン株式市場では、FTSE100種総合株価指数が5日ぶりに反発。ポンド安が収益に追い風になるとの思惑から素材関連株などが買われ、FTSE指数の終値は前日比77.35ポイント(1%)高い7527.33だった。広島県 広島市立大学 国際学部 潮﨑智美准教授より、私宛てへ、当時の「ドイツ会計制度改革の本質的特徴」及び、「IFRS導入に伴う監査領域の拡大 EUおよびドイツの事例」の各論文 謹呈をしていただいているため、その論文との対応があり、九州大学 経済学部 准教授と私は、国際会計基準、英国からオランダへと、その ・・・・・

平成29年6月9日(金) 、九州大学 経済学部 准教授と私は、国際会計基準、国内 各地方自治体 国、県庁、各市町 等へと対応、波及していく 会計上における課題例に関しては、私が作成した説明書面をもとに、話し合いの場を持ち、その際は、九州大学 経済学部 准教授から私への説明と対応について、口頭でなく、九州大学 経済学部 准教授からの書面による説明を、九州大学 経済学部 准教授へ私は、求め、その後、私からの確認のための書面は、九州大学 事務部 庶務係り を通じて、九州大学 経済学部 准教授へ 手渡していただけるようにと、手配もした。

平成29年6月9日、「 山口県(日本国)とクラスノダール地方行政府(ロシア連邦)との間の貿易・経済・文化・スポーツ・学術 及び 観光分野における協力に関する協定 」 に関して、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 村田真一主査と私は、山口県庁 国際課において、面談をした。

平成29年6月9日、また、その対談における内容にも関係し、以下の内容、私が、その対応している件について、九州大学 潮崎智美准教授から電話連絡が私の許へ、入り、電話の内容だけでは、九州大学 潮崎智美准教授の真意が、私には、わからないので、私が、書面で、九州大学 潮崎智美准教授の許へと、 詳しく、 連絡している 地方自治体会計に関係する各学事 内容については、更に、「出光興産株式会社と昭和シェル石油株式会社との会計基準における諸問題、その相違 関係との関係もあり、今後、出光興産株式会社と昭和シェル石油株式会社が、合併するかどうかという国際会計基準の上での諸問題にも、連絡している各内容については、それが、到達していくため 」 九州大学 潮崎智美准教授が、作成されたお手紙で、削除すべき根拠となる わかりやすい理由、記載をされ、九州大学 潮崎智美准教授から、私の許へ、ご返事いただきたい旨 申し伝えた。

..........................................
「極東ロシアへの企業進出と会計」 慶應義塾大学三田キャンパス 平成28年10月8、9日 北東アジア学会 第22回 学術大会へ、関係している件について、・・・・・・

平成29年6月6日、九州大学 潮崎智美准教授と私は、下記の内容に関しても、当時の勤務先 山口県立防府商業高等学校 私の許へ、外務大臣 官房総務課により、その後の対応も経て、「IFRS導入に伴う監査領域の拡大 EUおよびドイツの事例」 潮崎智美准教授の論文、及び、それに関係する「極東ロシアへの企業進出と会計」 齊藤久美子教授 論文 等における 国際会計学 概略 その学術上における 現況について、解説していただき、今後の対応もあるために、私は、九州大学 潮崎智美准教授との間にても、今後、その学術上 種々、展開と進展、予想されるために、私との間における連絡方法も、その折、確認することができた。

平成29年6月2日、広島県 広島市立大学 国際学部 潮﨑智美准教授より、私宛てへ、当時の「ドイツ会計制度改革の本質的特徴」及び、「IFRS導入に伴う監査領域の拡大 EUおよびドイツの事例」の各論文 謹呈をしていただいているために、その論文との対応があり、広島市立大学 国際学部へ連絡するが、潮﨑智美准教授が、平成26年3月31日、広島市立大学 国際学部をご退職になり、福岡県 九州大学で教鞭をとられている旨を広島市立大学 国際学部 庶務係りより拝聴し、私は、福岡県 九州大学 経済学部・大学院経済学府・大学院経済学研究院 庶務係りへ、その論文に関する事柄にて、九州大学 経済学部 潮﨑智美准教授へ お尋ねに関する 連絡を入れた。・・・・・

平成22年11月29日、山口県教育庁 教職員課 人事企画班に、本校、中谷教頭より 平成22年11月24日 までと期限決めて提出させられた私の意見書について確認の連絡する。山口県教育庁 教職員課 人事企画班は、その事実関係については、把握していないので、確認してからあと、私へ返事するとのこと。

同日、関係専門の機関に相談に行く、民事事件に、弁護士資格 持たない本校 三吉校長から外交及び民事内容について私へ対応により、各方面に、その負担が発生している旨を概略説明する。

同日、出光美術館 館長 秘書には、私と外務省に関わる今までの経緯等 今回初めて、説明し、出光美術館より、私への協力を求める。

同日、外務省 欧州局 中・東欧課には、日独交流150周年について対応内容、過去事実の経緯に沿い連絡する。
..............................
出光美術館 館長 秘書 岩田様より連絡の件

平成22年11月24日に、出光美術館 館長 秘書 岩田様より 私の許に、連絡内容の確認、 《慶應義塾大学において 私が、大学の卒業論文に活用した、( 萩市 故 熊谷敦義 私の大叔父より 私に勉学ためにと贈呈された 本家、ドイツ留学した学者 熊谷五郎 著作物 等 )について、出光美術館に貸し出している件 》



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陛下のご活動、なぜ全面移譲... | トップ | IFRS(国際会計基準)と日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外務省」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。