地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

ドル上昇、クリントン氏不起訴維持で=NY市場

2016年11月08日 | 国際金融
ドル上昇、クリントン氏不起訴維持で=NY市場

[ニューヨーク 7日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して上昇した。米連邦捜査局(FBI)が大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官を私用メール問題で訴追しない方針を改めて表明し、同氏が当選する確率が高まったと受け止められた。

ドルは、FBIのコミー長官が議会への書簡でクリントン氏訴追を求めないと明らかにしたアジアの取引時間に急伸。ニューヨーク市場の終盤もドル/円(JPY=)が1.4%高の104.58円、ユーロ/ドル(EUR=)が0.9%安の1.1035ドル、ポンド/ドル(GBP=)が1%安の1.2390ドルとなった。

ワールドワイド・マーケッツのチーフ市場ストラテジスト、ジョゼフ・トレビサニ氏は、この日の相場を動かした要因について「大統領選とコミー長官の書簡に尽きる」と指摘。「市場は継続性と既に織り込んだ事態が起きることを望み、それはクリントン氏(の勝利)を指す」と説明した上で、だからこそクリントン氏当選の可能性を高める材料に反応してドルが値を戻しつつあるとの見方を示した。

アナリストによると、共和党候補ドナルド・トランプ氏の当選や米議会の勢力図が民主党側に一方的に傾くといった政治情勢急変への懸念はなおくすぶっているものの、市場は現状がほぼ維持されることに自信を持っているように見受けられるという。

シリコンバレー・バンクのシニアFXトレーダー、ピーター・ング氏は、市場はクリントン氏勝利を織り込みつつあるもようで、議会選では共和党が下院、民主党が上院でそれぞれ過半数を制する公算が大きいとの見方を示した。

移民規制や北米自由貿易協定(NAFTA)反対を唱えるトランプ氏勝利の可能性が後退したとみられたため、メキシコペソは対ドルで一時2.5%上昇した。

ドル/円 NY終値 104.45/104.48

始値 104.32

高値 104.62

安値 104.25

ユーロ/ドル NY終値 1.1038/1.1043

始値 1.1062

高値 1.1072

安値 1.1028

*レートの表を更新しました。 ・・・ 平成28年11月8日(火)、ロイター 配信より

私のコメント: ニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して上昇した。米連邦捜査局(FBI)がヒラリー・クリントン前国務長官を私用メール問題で訴追しない方針を改めて表明し、ドルが主要通貨に対して上昇したと受け止められている。プラザ合意。・・・・・



『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怒り高まる中「一線から退く... | トップ | <米大統領選>トランプ氏が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際金融」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。