地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

<北朝鮮ミサイル>日米韓、安保理に緊急会合要請

2017年02月13日 | 日米安保条約
<北朝鮮ミサイル>日米韓、安保理に緊急会合要請

北朝鮮は12日午前7時55分ごろ、北朝鮮西部の平安北道(ピョンアンプクド)亀城(クソン)付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射した。米南部フロリダ州に滞在中の安倍晋三首相は11日夜(日本時間12日午後)、トランプ大統領と共同で声明を発表。「ミサイル発射は断じて容認できない」として、国連安全保障理事会決議を順守するよう求めた。北朝鮮のミサイル発射は昨年10月20日以来。国連安保理は日本、米国、韓国の要請を受け、13日午後(日本時間14日午前)に緊急会合を開く調整に入った。北朝鮮の国営朝鮮中央通信は13日朝、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の立ち会いのもとで12日に新型の中長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」の試験発射に成功したと報じた。10日(日本時間11日)の日米首脳会談後に発表された共同声明は、北朝鮮に対し「核・弾道ミサイル計画を放棄し、さらなる挑発行動を行わないよう強く求める」と明記した。菅義偉官房長官は12日の記者会見で「日米首脳会談の直後に発射し、わが国や地域に対する明らかな挑発行為だ」と非難し、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に厳重に抗議したことを明らかにした。韓国軍は「トランプ政権の北朝鮮に対する強い姿勢に対抗しようという狙いがある」と分析している。首相は(1)情報の収集、分析と国民への迅速、的確な情報提供(2)航空機や船舶などの安全確認の徹底(3)不測の事態に備えた万全の態勢--を政府に指示した。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は同日、北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の米国、韓国の首席代表と個別に電話協議した。共同記者発表で首相は「私とトランプ氏は、日米同盟をさらに緊密化し強化していくことで完全に一致した」と表明。トランプ氏は「米国は同盟国である日本を100%支持していく」と述べた。同行筋によると、トランプ氏の別荘でのワーキングディナーで、首相が「メッセージを出したい。記者団に北朝鮮について語るつもりだ」と述べたところ、トランプ氏が「それならば私も一緒に行く。隣にいるだけでもメッセージになるだろう」と応じ、共同で声明を発表することが急きょ決まった。首相は米国での一連の日程を終え、12日午前(日本時間12日夜)、羽田空港に向け政府専用機でパームビーチ国際空港を出発した。13日夕に帰国する。【田中裕之、パームビーチ(米南部フロリダ州)影山哲也、北京・西岡省二】

 ◇日米首脳発表の全文

安倍晋三首相とトランプ米大統領が11日夜(日本時間12日午後)に行った共同記者発表の全文は次の通り。

首相 今般の北朝鮮のミサイル発射は断じて容認できない。北朝鮮は国連安全保障理事会決議を完全に順守すべきだ。先ほど、大統領は首脳会談の中において、米国は常に100%、日本とともにあると明言した。そしてその意思を示すために今、私の隣に立っている。私と大統領は日米同盟をさらに緊密化し、そして強化していくことで完全に一致した。

大統領 まず言いたいのは、米国は常に同盟国である日本を100%支持していくということだ。ありがとう。【パームビーチ(米フロリダ州)】・・・2017/2/13、毎日新聞 10:35配信より

私のコメント : 平成29年2月13日 以下の内容に関して、上田和義弁護士と、私からの書面をもとに、その対談をした。

...............................................................................
連絡文 本文 2枚
                          平成29年2月13日


山口県防府市

上田・藤井総合法律事務所

株式会社丸久代理人 弁護士

上田 和義様                          差出人 : 省略




件名: 株式会社丸久 代理人弁護士 上田和義様より平成29年2月9日、私のもとへ電話連絡をいただき、その翌日、2月10日に、私から上田・藤井総合法律事務所 職員へ連絡いたしました件につきまして、その確認の件

お世話になります。株式会社丸久 代理人弁護士 上田和義様より平成29年2月9日、私のもとへ電話連絡をいただき、平成29年2月17日、・・・医院にて、私は、株式会社丸久代理人弁護士 上田和義様と面会となっていますが、

下記 別紙1枚 連絡文における 私から 株式会社 丸久本部 橋本洋樹 総務部長 様へ連絡しています件につきまして、平成29年2月10日、株式会社丸久代理人弁護士 上田和義様 弁護士事務所の事務員様へ 昨年 平成28年12月末、アルク大内店 副支店長 御所園 様から 私に対しては「平成29年1月5日、私から請求を申し上げている通院費代金については、持参する」と約束されて言われていましたが、予定通りの代金を持参されず、予定通り、私における事故後の対応について、うまく、対応ができず、困っていますこと 等 についても、私から、その連絡を入れていますが、株式会社丸久 代理人弁護士 上田和義様よりご回答、ご返事の程を よろしく、お願いを申し上げます。

..........................................................................
平成29年1月6日

株式会社 丸久本部

執行役員 橋本洋樹 総務部長 様                 差出人 : 省略

件名: 国会議員会館 事務所 奥野信亮代議士様 等への私が連絡している多忙な中、株式会社丸久からの同意書は、本人(私)が立ち会いのもとに、担当の医師と共に、その診断書における説明を受けることの明記された同意書を持参されたいと申し上げている件にも関係し株式会社 丸久本部 執行役員 橋本洋樹 総務部長へ連絡申し上げます件

平成29年1月5日 株式会社 丸久 本部 橋本洋樹 総務部長が、自宅に来訪され、確認のため、書面での連絡いたします。平成29年1月5日 同席者は、株式会社 丸久 アルク大内店 副支店長 御所園 様でした。昨年の平成28年12月末、アルク大内店 副支店長 御所園 様から、私に対し「平成29年1月5日には、私から請求を申し上げている通院費 代金については、持参する」と約束されて言われていましたが、予定通り、私は、アルク大内店 副支店長 御所園様が、その約束通りの代金を持参されず困っていますこと書面にて、通知いたします。私が、今回の株式会社丸久本部からの同意書を提出するにあたりましては、株式会社丸久本部より、ご配慮の程も、よろしくお願い申し上げます。









『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「歴食JAPANサミット」... | トップ | ミサイル追加発射を警戒=情... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日米安保条約」カテゴリの最新記事