地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

富士通、携帯事業売却へ=来月にも入札

2017年08月22日 | アマチュア無線
富士通、携帯事業売却へ=来月にも入札

8/22(火) 9:21配信

富士通が携帯電話事業を手掛ける子会社の売却に向けた調整に入ったことが22日、分かった。9月にも入札手続きを開始する予定で、事業会社や投資ファンドからの応札を見込んでいる。売却額は数百億円規模を想定。売却後も株式の一部を保有し、事業への関与を続ける。富士通はNTTドコモ向けを中心にスマートフォンや携帯電話を生産し、2016年度の出荷台数は320万台。民間調査会社のMM総研(東京)によると、同年度の国内シェアは5位だった。IT事業への経営資源の集中を目指す富士通は、16年2月に携帯事業を分社化。他社との事業統合や売却を視野に携帯事業の展開を検討してきた。パソコン事業では中国レノボ・グループと事業統合に向けた協議を進めている。富士通は22日、携帯事業について「他社とのアライアンス(提携)を含めさまざまな可能性を検討している」とのコメントを発表した。 

【関連記事】
• 電機大手7社が黒字確保=構造改革奏功、中国向け回復-4~6月期
• 携帯大手、2社が減益=KDDIは最高益-4~6月期
• 〔写真特集〕アップル・勢ぞろいのリンゴたち
•〔写真特集〕懐かしの携帯電話
•【特集】東芝・大物「社外取締役」は何をしていた?「辻褄合わせ」体質の無残な末路

・・・ 平成29年8月22日(火)、時事通信 配信より

私のコメント : 平成29年8月22日(火)、富士通は22日、携帯事業について「他社とのアライアンス(提携)を含めさまざまな可能性を検討している」とのコメントを発表した。 パソコン事業では中国レノボ・グループと事業統合に向けた協議を進めている。



『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農and食 米で6次産業化... | トップ | 日本酒出荷量10年連続増 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アマチュア無線」カテゴリの最新記事