地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

選挙  萩市長選 候補の横顔 /山口

2017年03月15日 | 旅行
選挙  萩市長選 候補の横顔 /山口

(届け出順)

任期満了に伴う萩市長選は、いずれも無所属で、新人で元銀行員の藤道健二氏(57)と現職で4選を目指す野村興児氏(72)=自民推薦=が、観光施設の整備事業などを巡り、それぞれの主張を繰り広げている。両候補の横顔を紹介する。【川上敏文】

全域で均衡の発展を 藤道健二候補(57)=無新

「萩を変えたい。チェンジと再起動です。どんな組織も24年間も同じでは緊張感もチェック機能も失われる」と意気込む。萩市出身。30年以上金融機関に勤務し、昨年6月からプラスチック製品製造会社に勤めた。しかし、同級生らの話を聞くうちに「このままでは衰退、停滞の道をたどる」と思い3カ月で退社し帰郷、立候補を決意した。法人や団体へのあいさつ回りやミニ集会、街頭に立つなどして支援を呼び掛けてきた。「日本政策金融公庫時代は中小企業の経営支援をしていた。地場産業や企業支援に力を注ぎたい」と語る。明治維新150年に向けて進められる旧明倫小3、4号館の整備や孔子廟(びょう)の復元については「これ以上の『ハコモノ』に投資しても街全体に経済効果を及ぼすと考えられない」として、「3、4号館も孔子廟も整備しないという選択肢を含めて検討したい」と明言する。また市全域で均衡ある発展を目指すと強調する。趣味は高校・プロ野球の観戦。「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」が座右の銘だ。

課題に力出し尽くす 野村興児候補(72)=無現

2005年の新市発足後の初代市長から4期目に向け挑戦する。「山陰道、小郡萩道路の整備に加え、人口減少問題や明治維新150年に向けた事業など課題も多い。全力で最後の力すべてを出し尽くす」と決意を語る。大蔵官僚から身を転じ、市長職は旧市から通算6期24年。多選については「地方はいろいろな場面で連続性が求められる。毎期、目標を持ち多選の弊害を避けてきた」と語る。今年1月、市の高齢化率は40%を超えた。「萩は全国の二、三十年先を行く少子・超高齢化社会」との危機感から、就業者数の増加や子育て環境の充実などで若者の流出の歯止めに取り組んでいる。2年前に5資産が世界遺産に登録され、松下村塾や藩校明倫館が人材育成に重要な役割を担ったとして、今月に明倫館跡に観光施設「萩・明倫学舎」を開設した。今後、旧明倫小3、4号館の整備や孔子廟の復元に取り組む予定で「施設整備は一連の流れで萩の物語を伝える場所。頓挫すると今までの苦労は失われる」と述べる。「趣味は萩、特技も萩」と言い切る。 〔山口版〕  ニュースサイトで読むhttp://mainichi.jp/articles/20170314/ddl/k35/010/371000c#csidx8689b85f0535df38480d8426cf455e5  Copyright 毎日新聞 ・・・ 2017年3月14日、毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント : 平成29年3月14日、山口県 萩市 商工観光部 観光課 職員、 萩市文化財保護課 各職員と 萩市役所において、面談した対応があり、また、平成29年3月15日、以下の対応経緯が私には、あり、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 桂大智 職員との間にて、「外務省 いわゆる密約書 不在の問題」に関係している件、現在、その朴大統領 退陣ともなり、日本外務省 北東アジア課 職員との私との間における連絡対応 等、その今迄における経緯について 調整して、

『 平成29年3月13日、山口県 柳井市役所 大畠出張所内 公益財団法人 僧月性顕彰会 事務局 柳井市役所 職員との連絡対応を私は、持つ。その後、京都市 浄土真宗本願寺派 西本願寺 本山へ連絡を入れる。「外務省 いわゆる密約書 不在の問題」に関係している件、現在、その朴大統領 退陣ともなり、その外務省 北東アジア課 職員との私との間における連絡対応 等、その今迄における経緯があり、その内容に関しても、 山口県 山口市 本願寺山口別院 職員へ、報告し、また、萩市 三千坊 歴代 住職よりも、私が、拝聴をしている 朝鮮半島 浄土真宗本願寺派 布教使、 現住職  大分別院 勤務時の第22代法主 大谷光瑞 門主 (朝鮮半島 等)、法要次第、並びに、当時の浄土真宗本願寺派 門主 対応 あったこと 等、過去に、浄土真宗本願寺派 西本願寺 宗会議員を務めていた私の大叔父からの聞き取りの内容 等に関し 私は、その連絡を入れた後、
.........................................................................
大谷探検隊

大谷探検隊(おおたにたんけんたい)は、20世紀初頭に日本の浄土真宗本願寺派第22代法主・大谷光瑞が、中央アジアに派遣した学術探検隊。シルクロード研究上の貴重な業績を挙げた。1902年 - 1914年(明治35年 - 大正3年)の間に、前後3次にわたって行われたが、戦時中という状況も重なり活動の詳細は不明なところも多い。

第一次探検[編集]
第1次(1902年 - 1904年)は、ロンドン留学中の光瑞自身が赴き、本多恵隆・井上円弘・渡辺哲信・堀賢雄の4名が同行した。光瑞はカシュガル滞在後インドに向かい、1903年(明治36年)1月14日に、長らく謎の地の山であった霊鷲山を発見し、また、マガダ国の首都王舎城を特定した。渡辺・堀は分かれてタクラマカン砂漠に入り、ホータン・クチャなどを調査した。別に雲南省ルートの探検が野村禮譲、茂野純一によって行なわれ、この途上で建築家伊東忠太と遭遇。これが光瑞師と伊東博士の交流のきっかけとなり、のち築地本願寺の設計依頼へとつながる。

第二次探検[編集]
第2次(1908年 - 1909年)は、橘瑞超、野村栄三郎の2名が派遣され、外モンゴルからタリム盆地に入りトルファンを調査した後コルラで二手に分かれた。野村はカシュガル方面、橘はロプノール湖跡のある楼蘭方面を調査した。有名な李柏文書はこの時に発見されたと見られる。

第三次探検[編集]
第3次(1910年 - 1914年)は、橘瑞超、吉川小一郎の2名が、トルファン・楼蘭などの既調査地の再調査をはじめ、ジュンガリアでも調査を行うほか、敦煌で若干の文書を収集した。

報告書類[編集]
三度の探検により貴重な古文化財がもたらされたが、その報告書として『西域考古図譜』2帙(1915年)、『新西域記』2巻(1937年)が刊行され、研究報告として『西域文化研究』全6巻(1958年)がある。現在では、招来された文書の資料集である『大谷文書集成』1(1984年)も公刊されている。

外部リンク[編集]
•大谷探険隊の活動(PDFファイル)

参考文献[編集]
•長沢和俊編『シルクロード探検』 白水社 新版2004年、初版は西域探検紀行全集9
•陳舜臣編 『西域旅行日記 大谷探検隊』 中国辺境歴史の旅8・白水社、1987年
•白須淨眞『大谷探検隊とその時代』 勉誠出版 2002年
•白須淨眞編『大谷探検隊と国際政治社会 ―チベット、探検隊、辛亥革命―』 勉誠出版 2011年
•佐藤健『阿弥陀が来た道 百年目の大谷探検隊』 毎日新聞社、2003年
•日中国交正常化20周年記念展『楼蘭王国と悠久の美女』(朝日新聞社、1992年)
•本多隆成『大谷探検隊と本多恵隆』 平凡社、1994年 ◦本多恵隆「大谷光瑞師の西域探検」(『龍谷大学論叢』293)

•熊谷宣夫「東トルキスタンと大谷探検隊」(『佛教藝術』19、毎日新聞社、1953年)

・・・ 「大谷探検隊」 に関しては、ウィキペディア フリー百科事典 より 引用。 』 における連絡を持ち、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 桂大智 職員 との対応 私は、得た後、平成29年3月15日、山口県 萩市 商工観光部 観光課からの対応 後、山口県 萩市 商工観光部 商工振興課 労政係 兼 商工係 兼 総務管理係 中村真二係長と私は、萩市 商工観光部 商工振興課 労政係 兼 商工係 兼 総務管理係における萩市 商工観光部 仕事 各内容に関する、その調整をするため、私から、萩市 商工観光部 商工振興課へ対し、その公文書開示請求していく旨を伝えた。その後、山口県萩土木事務所に行き、山口県萩土木事務所 用地課 橋爪健 主査へ、従来からの、山口県萩土木事務所 用地課へ私からの要望し続けている件に関し 面談し、山口県萩土木事務所 用地課 課長からの、その誠意ある回答を私は、求めた。

平成29年3月14日、山口県 萩市 商工観光部 観光課 観光振興係 神崎紘充主任と私は、萩市役所において、面談した対応もあり、平成29年2月28日に、山口県歯科医師会 歯科医 医療相談の件に関して、山口県歯科医師会 河野好美様と対談をした内容に関して、その後においても、山口県歯科医師会 河野好美様と対談をした内容における、その各経緯が発生し、山口県 萩市 前 アトラス萩店 店長橋本氏と私との間の問題が、あるため、平成29年3月15日に至り、山口県 防府市 株式会社 丸久 本部長 橋本氏 ( 山口県 萩市 前 アトラス萩店 店長 ) と私は、電話で 対談をし、私から、その株式会社 丸久への連絡内容に関しては、平成29年3月15日、日米安保条約下、山口県 防府市 株式会社 丸久 社長へ 私からの書面で、申し伝えていく旨を告げた。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。

平成29年2月28日、山口県歯科医師会 歯科医 医療相談の件に関して、山口県歯科医師会 河野好美様と対談をした。





『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲田氏出廷認め謝罪 理事長... | トップ | 日本ユネスコ国内委員会 「世... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。