地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

慶応大にも天下り 人事課OBが仲介 違法性調査へ

2017年02月13日 | 慶應義塾大学
慶応大にも天下り 人事課OBが仲介 違法性調査へ

文部科学省の元幹部が退職から約2カ月後の昨年6月に慶応大に再就職していたことが13日、分かった。組織的天下り問題で中心的な役割を担った人事課OBが仲介しており、文科省は違法性がなかったか調査する方針。別の元幹部が早稲田大に再就職したことが発端となった違法天下り問題は、他の有名私大にも広がる可能性が出てきた。

慶応大や内閣府によると、慶応大に再就職した元幹部は昨年3月末に文科省を退職し、6月1日付で慶応大の参事(部長級)に就任した。現在、常勤の事務職として勤務しているという。

慶応大の広報担当者は「所定の手続きを経て採用した。再就職に関する押し付けはなかった」と話している。・・・ 平成29年2月13日  産経新聞 配信より

私のコメント : 文部科学省 元幹部が、文部科学省の退職から 約2カ月後の昨年6月に 慶應義塾大学に再就職していたことが 平成29年2月13日に、分かり、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士 及び、防府市 上田・藤井総合法律事務所 所属 各弁護士へ、その当該 慶應義塾大学 広報担当からの その司法における問題 対応について、マスコミからも、注目されていくことになった。 





........................................
文部科学省 慶応大にも天下り…人事課OB仲介、違法性調査へ

文部科学省の元幹部が退職から約2カ月後の昨年6月に慶応大に再就職していたことが13日、分かった。組織的天下り問題で中心的な役割を担った人事課OBの嶋貫和男氏(67)が仲介していた。文科省の再就職等問題担当室は、人事課職員が元幹部に関する情報を慶応大に提供するといった違法行為がなかったか調査する方針。元高等教育局長が早稲田大に再就職したことが発端となった違法天下り問題は、他の有名私大にも広がる可能性が出てきた。

慶応大や内閣府などによると、慶応大に再就職した元幹部は文科省時代、私立大への助成金を扱う私学助成課長などを歴任。昨年3月末に文科省を退職した。(共同)

ニュースサイトで読む

http://mainichi.jp/articles/20170214/k00/00m/040/022000c#csidx695007a31333d44a06565e4c2124258 Copyright 毎日新聞 ・・ 2017年2月13日、 毎日新聞 18時39分 配信より
『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群馬県館林市の安楽岡市長が... | トップ | 慶応大にも天下りか 文科省... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。