地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

<退位有識者会議>「上皇」有力 最終提言へ

2017年04月05日 | 仏教
<退位有識者会議>「上皇」有力 最終提言へ

安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は4日、第11回会合を首相官邸で開き、退位を可能とする特例法案に盛り込む内容について討議した。退位した天皇の称号については、江戸時代以前に使われた「太上(だいじょう)天皇」の略称である「上皇」でとりまとめることが有力となった。4月中に公表する最終提言に盛り込む。委員の山内昌之東京大名誉教授が会合後、記者団に「全体としては上皇という方向で調整されると思う」と語った。上皇の称号には「天皇より上位だった歴史がある」として慎重論もある。しかし、3月のヒアリングでは、専門家から象徴天皇制の下では問題ないとの見解が出され、「太上」には無上や至上の意味があるため、「上皇」がふさわしいとする意見も出ていた。座長代理の御厨貴東京大名誉教授によると「現行憲法や国民の受け止め方を考慮しつつ慎重に検討することが必要だ」などの意見が出た。このほか、山内氏によると、皇后さまの称号については、「皇太后」や「上皇后(じょうこうごう)」などの案が出たという。【田中裕之】

・・・ 平成29年4月4(火)、 毎日新聞 21:10配信より

私のコメント : 平成29年4月4(火)、 下記の内容 案件もあるため、山口県 教職員健康管理センター 山口県教職員相談室 相談員と私は、相互信頼関係のもとに、対談し、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院へ参拝されていて、 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番にも、その面識ある山口県 教職員健康管理センター 山口県教職員相談室 相談員より、助言をいただくことができた。
......................................................................
「防長風土注進案」は、当時の文化、宗教、祭祀 史実も、記載されている。

平成26年8月、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私は、米沢 旧藩主家 上杉家に関する話題も、懇談した。

平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成28年11月11日、山口県 教職員健康管理センター 山口県教職員相談室 相談員と私は、相互信頼関係のもとに、以下の内容に関する対談もした。

平成28年11月11日、山口県 防府市役所 総務部 総務課 秘書室 松村訓規 室長と私が、面談した内容に関しては、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、以下の内容にも関係し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容があるため、その相談に行った。その後、岩国基地対策室における、その話題ともなった。

平成29年1月、柳井市 瑞相寺 住職との間、萩市 梅蔵院における運営、並びに、知恩院 運営の件 等があるため対談した。平成29年2月24日、知恩院 宗務に関係して 山口県 浄土宗 活動における問題で、萩市 梅蔵院 住職との間において、萩市からNHK大河ドラマ 「花燃ゆ」の放送内容にも関係し 宗教問題へと、その端も発している内容に関する連絡をおこなった際、梅蔵院 住職からの重大な法事報告も、私は、いただいた。

平成29年2月25日、柳井市 誓光寺 坊守様のもとへ、萩市 三千坊 住職 継職法要の儀、報告した経緯あり、萩市 三千坊 坊守様との間にて、宗務対応に関する件につき、連絡と対応を持った。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。
...................
平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、相互に意見交換をすることができた。本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番は、ペルー大使館 人質事件における 当時の橋本龍太郎首相と同じ、心境にあることも、二人の対話の中で、その浄土真宗 宗務内容、私は、その心情、感じ取り、聞き取り することもできた。

また、浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長が、その会奉行をつとめられた当時における 萩市 三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」の話題となったため、その当時の経緯、説明を私は、山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番におこない。浄土真宗本願寺派 本願寺 萩組 満行寺 坪井組長から、その大分県 別府別院 輪番、当時の話題もあり、山口県 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と私との間にて、相互に、そこに至るまでの、お互いの情と気持ちを、相 照らし合わせた。

山口県 萩市 三千坊 総代会・法要委員会 「親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け・蓮如上人500遠忌・第19世住職継職法要開要綱」についても、京都府 京都市 天台宗 栗田口 青蓮院 執事との対応、私にはあるため、京都市 青蓮院へ 「平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、相互に意見交換をすることができた。」の内容 報告 私は、入れた。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文化庁 記念物課 対応の件  | トップ | 「何も得られないなら一時帰... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教」カテゴリの最新記事