地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

<年末年始の天気予報>年末に北海道や東北などで雪の見通し

2014年12月25日 | 旅行
民間気象会社「ウェザーニューズ」は25日、年末年始10日間(26日~1月4日)の天気予報を発表した。年末に北海道や東北などで雪が降る見通しだが、初日の出は西日本や北海道の太平洋側で楽しめそうだという。また、年末年始は全国的に平年並みに冷え込みそうだとしている。予報によると、28日から南岸低気圧の影響で西から雨になり、29日は全国的に雨になる見込み。北海道のほか、寒気の状況によって東北南部や関東北部の市街地などでも雪になる可能性があり、車での帰省に注意を呼びかけている。一方、元旦は冬型の気圧配置となる見通し。西日本の太平洋側や九州南部を中心に初日の出を見ることができそうだが、北陸から北の日本海側は雨か雪のため厳しそうだという。東日本の太平洋側は低気圧が通過し雲が広がりやすくなるが、雲の切れ間からは見える可能性がある。【奥山智己】  ・・・ 平成26年12月25日(木)、毎日新聞 19時45分配信 より

私のコメント: 例年より、寒さが厳しい感がする。東北南部や関東北部の市街地などでも雪になる可能性があり、車での帰省に、その注意を呼びかけているため、気象予報にも、気を配り、外出しましょう。

『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本殿の御煤払、破魔矢づくり... | トップ | 大手電力が相次ぎ「小水力発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事