地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

出光興産と昭和シェル石油 統合延期へ

2016年10月13日 | エネルギー問題
出光興産と昭和シェル石油 統合延期へ

経営統合を目指している石油元売り大手の「出光興産」と「昭和シェル石油」は、出光の創業家が今の計画での統合に反対していることを受けて、来年4月としていた経営統合の時期を延期する方針を固めました。

石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油は来年4月の経営統合を目指していますが、出光の名誉会長を務める出光昭介氏をはじめとする創業家がこの統合計画に反対し、経営陣との対立が続いています。

関係者によりますと、創業家は今の計画どおりに統合できないようにする対抗措置をとっているため創業家から理解を得るには時間がかかるとして、両社は来年4月としていた経営統合の時期を延期する方針です。両社とも統合する方針に変わりはありませんが、出光の創業家を説得することを最優先にするため、統合時期をいつまで延期するか期限については設けないことにしています。

両社は13日夕方、記者会見して、延期した理由や今後の計画などについて明らかにすることにしています。

出光の経営陣は創業家の説得を時間をかけて続ける構えですが、創業家側は経営陣との協議を持つことにも消極的な構えで、今後、経営統合が実現するかどうかは不透明な情勢です。 ・・・ 平成28年10月13日(木)、NHK NESWEB 12時14分 配信より

私のコメント: 石油元売り大手の「出光興産」と「昭和シェル石油」は、出光の名誉会長を務める出光昭介氏をはじめとする創業家が、今の計画での統合に反対していることを受けて、来年4月としていた経営統合の時期を延期する方針を固めた。







『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成15年(行情)諮問第3... | トップ | 出光社長「創業家の理解得た... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。