地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

自民議連が「対案」「喫煙は憲法の権利」

2017年03月07日 | 慶應義塾大学
自民議連が「対案」「喫煙は憲法の権利」

政府が進める受動喫煙防止対策に対し、自民党の「たばこ議員連盟」は7日、飲食店などは表示をすれば、喫煙や分煙を可能とする「対案」をまとめた。自民党たばこ議連の野田 毅会長は「(厚労省案は)より原理主義的に進めようという内容」と述べた。自民党のたばこ議連がまとめた対案は、「喫煙を愉しむ(たのしむ)こと」も、憲法で認められている幸福を追求する権利だとして、飲食店などは店頭の表示を義務化することで、禁煙・分煙・喫煙を可能としている厚生労働省が検討している、飲食店では原則「建物内を禁煙」とする案について、出席者からは、「法律で締めつけるのではなく、マナーで解決すべきだ」など反発する意見が出た。今回の対案が出されたことで、今後の調整は難航することが予想される。 最終更新:3/7(火) 18:17 ・・・2017/3/7、フジテレビ系(FNN) 18:17配信より

私のコメント: 「喫煙は憲法の権利」、政府が進める受動喫煙防止対策に対し、自民党 「たばこ議員連盟」は3月7日、飲食店などは表示をすれば、喫煙や分煙を可能とする「対案」をまとめた。飲食店では原則「建物内を禁煙」とする案に、「法律で締めつけるのではなく、マナーで解決すべきだ」と反発している。
『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療情報の活用  国民の理解... | トップ | 【イベント】3/19(日)津和... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

慶應義塾大学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。