地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

<米副大統領>北朝鮮「最も危険な脅威」横須賀・空母で演説

2017年04月19日 | 日米安保条約
<米副大統領>北朝鮮「最も危険な脅威」横須賀・空母で演説

来日中のペンス米副大統領は19日、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地に停泊中の原子力空母ロナルド・レーガン艦上で、海軍将兵、自衛隊員らに向けて演説し、北朝鮮を「アジア太平洋地域の平和と安定にとって最も危険な脅威だ」と述べた。

ペンス氏は、日米同盟の絆、強い米国を強調し、沖縄県・尖閣諸島への日米安全保障条約第5条の適用を明言。核開発、弾道ミサイル計画を続ける北朝鮮については「野望を終わらせるため、他国と協力して外交的で経済的な解決を追い求め続ける」「すべての選択肢はテーブル上にある」と外交的解決を示唆した一方、「我々はどんな攻撃を被ろうと、通常兵器あるいは核兵器の使用に遭っても、圧倒的で効果的に対応する」と警告した。【田中義宏】 ・・・ 2017/ 4/19(水)、 毎日新聞 19:01配信 より

私のコメント : 来日中のペンス米副大統領は19日、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地に停泊中の原子力空母ロナルド・レーガン艦上で、海軍将兵、自衛隊員らに向けて演説し、北朝鮮を「野望を終わらせるため、他国と協力して外交的で経済的な解決を追い求め続ける」「すべての選択肢はテーブル上にある」と外交的解決を示唆した一方、「我々はどんな攻撃を被ろうと、通常兵器あるいは核兵器の使用に遭っても、圧倒的で効果的に対応する」とした。





『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日米経済対話 対立「回避」... | トップ | 岸田氏「安倍後考えておく」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。