地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

<生前退位>おことば、昨年4月原案 宮内庁、参与らに提示

2016年10月16日 | 労働経済学
<生前退位>おことば、昨年4月原案 宮内庁、参与らに提示

生前退位の意向がにじむ天皇陛下のおことばについて、宮内庁幹部が2015年4月に原案を宮内庁参与らに示していたことが分かった。記者会見での公表のほか、当時から陛下が直接国民に語りかけるビデオメッセージ案も出ていた。おことば表明のきっかけは、15年8月15日の全国戦没者追悼式で陛下が段取りを間違えられたこととの見方があったが、それよりも早い段階から宮内庁内では具体的な検討が始まっていた。【松井聡、田辺佑介】

関係者によると、15年4月下旬に風岡典之長官(当時)、山本信一郎次長(現長官)ら宮内庁幹部と参与らが皇居近くにある東京都内のビルの一室に極秘に集まり、原案について協議した。参与は皇室の重要事項についての陛下や宮内庁の相談役だが、通常、皇居で行われる参与会議とは異なる非公式な会合だったとみられる。

原案は今年8月8日に陛下が述べたおことばの文言とは異なり、箇条書きで行政文書のような表現だった。生前退位の意向を示すにあたってどのような表現にすべきかなどの論点も記載され、それに沿って議論した。記者会見や11年3月に陛下が東日本大震災の被災者らに語りかけたビデオメッセージのような方法で公表する案などが話し合われた。ある出席者から「国民に訴える方法としては、記者会見でなく玉音放送のような方式しかない」と、陛下が国民に直接語りかけるべきだとの意見も出た。

陛下は10年夏から退位の意向を周辺に漏らしており、この時点では宮内庁は15年12月23日の天皇誕生日に合わせた記者会見で公表することも念頭に準備を進めていたとみられる。

12月の表明は「熟度が足りない」として見送られ、今年8月の公表になった。関係者は「昨年4月の原案に比べ、今年8月のおことばの文章は、陛下のお気持ちがかなり盛り込まれた。陛下自身が書かれたものだと思う」と話している。

政府は17日、おことばの表明を受けて設置した「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の初会合を開く。・・・ 平成28年10月16日(日)、毎日新聞 7時0分配信より

私のコメント: 平成28年10月17日、政府は「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の初会合を開き、天皇陛下の生前退位を巡る議論を本格化させる。幅広い意見を集約する観点から、有識者会議のメンバーは、経団連の今井名誉会長のほか、東京大学の御厨貴名誉教授、慶應義塾の清家篤塾長、東京大学の山内昌之名誉教授、上智大学法科大学院の小幡純子教授、千葉商科大学の宮崎緑教授の6人。天皇公務負担 軽減に関する有識者会議 会議のメンバーは 6人で構成される。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <外為・株式>NY=17時... | トップ | 慶応大で「集団暴行」か 警... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。