地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

米空母の艦載機移転、岩国市長が容認表明へ

2017年06月22日 | 竹島の日
米空母の艦載機移転、岩国市長が容認表明へ

山口県岩国市の福田良彦市長は、23日の市議会で、米海軍の空母ロナルド・レーガンの艦載機61機について、米軍岩国基地受け入れの容認を表明する。同空母は横須賀基地(神奈川県)を母港とし、艦載機は厚木基地(同県)に駐留してきた。法的に必須ではないが、地元自治体の首長が「容認」することで、7月以降の移転がスムーズに進む。岩国基地移転は、日米両政府が平成18年に合意した在日米軍再編の「ロードマップ」で決まった。極東情勢が緊迫する中での日米の連携強化や、沖縄を念頭に置いた基地負担軽減などが背景にある。福田氏はこれまで、普天間飛行場から辺野古沿岸部への移設進展を、艦載機移転容認の条件としてきた。今年5月、沖縄県を視察し、「(辺野古への)移設の見通しは立った」と述べた。移転は、来年5月ごろまでに終了する。移転をめぐり、政府は20日、山口県に年間約20億円を交付している「再編関連特別地域整備事業費」について、交付期限を現在の平成31年度末から延長した上で、拡充する方針を明らかにした。この日、岸信夫外務副大臣らが山口県庁を訪れ、村岡嗣政知事と面会し、交付金の期限延長と増額を「前向きに検討する」と述べた。 ・・・ 平成29年6月21日(水)、産経新聞 7:55配信より

私のコメント : 「 山口県岩国市の福田良彦市長は、23日の市議会で、米海軍の空母ロナルド・レーガンの艦載機61機について、米軍岩国基地受け入れの容認を表明する。 」、今後の進展については、見守りたい。この件に関しての内容については、それを詳しく 説明が、できない。




『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本外務省、ドイツ総領事館... | トップ | 岩国市長、米艦載機移駐容認へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

竹島の日」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。