地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

アサヒ、東欧ビール事業を9千億円で買収 世界首位のインベブから来年上期に

2016年12月13日 | 社会 経済
アサヒ、東欧ビール事業を9千億円で買収 世界首位のインベブから来年上期に

アサヒグループホールディングス(GHD)は13日、ベルギーのビール世界首位アンハイザー・ブッシュ・インベブの東欧5カ国のビール事業を、平成29年上期をめどに買収することで合意したと発表した。買収金額は約8883億円で、日本企業による海外ビール事業の買収案件としては過去最大となる。ビールの国内市場が縮小する中、アサヒは競合他社と比べて出遅れた海外事業で巻き返しを図る狙いだ。

対象はインベブに買収された英大手の旧SABミラー傘下のハンガリーやポーランド、チェコ、スロバキア、ルーマニアのビール事業で、チェコの人気ブランド「ピルスナーウルケル」が含まれる。買収額は当初、5千億円規模とみられていたが、投資ファンドなども入札に参加し、争奪戦の末に金額が膨らんだ。

アサヒは10月、イタリアの「ペローニ」など、旧SABミラー傘下の西欧4事業を約3千億円で買収。買収先の拠点で平成30年にも主力ビール「スーパードライ」の欧州生産を開始する予定だ。現地企業を買収することで、スーパードライの販路を広げる。

豪州やブラジル企業を買収したキリンホールディングスや、米酒造大手ビーム社を買収したサントリーホールディングスの海外売上高比率は3割を超える。一方のアサヒはビールで国内首位だが、27年3月期の海外売上高比率は約13%にとどまる。これを「早期に2~3割に引き上げる」(小路明善社長)方針だ。・・・ 平成28年12月13日(火)、産経新聞 16:28配信より

私のコメント: 大日本麦酒 (株 ) 1906~1949 、 日本麦酒 (株 ) 1949~1963、サッポロビール  (株 ) 1964~、 朝日麦酒 (株 )1949~1988、 アサヒビール (株 ) 1989~、 スプリング・ブァレー・ブルワリー1870~1885、 ジャパン・ブルワリー・コンパニー・リミテッド1885~1899 、 ゼ・ジャパン・ブルワリー1899~1907、 麒麟麦酒 (株 ) 1907~ ・・・・・・・・



「 渋沢栄一を知る辞典 」 公益財団法人 渋沢栄一記念財団編 東京堂出版 154ページより
『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日中韓首脳会談、年内見送り... | トップ | 漁船転覆:トラブルでえい航... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会 経済」カテゴリの最新記事