地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

群馬県館林市の安楽岡市長が死去 多臓器不全、69歳

2017年02月13日 | 日米安保条約
群馬県館林市の安楽岡市長が死去 多臓器不全、69歳

群馬県館林市の安楽岡一雄(やすらおかかずお)市長が12日午後5時47分、多臓器不全のため死去した。69歳だった。安楽岡氏は、平成7年の県議選館林選挙区から立候補し、初当選。3期努めた後、19年の市長選で初当選。現在、3期目。館林市によると、安楽岡氏は昨年12月9日に体調不良を訴え、診察の結果、胆管炎と診断され、同15日から県内の病院に入院していた。・・・2017/2/12(日)、産経新聞  23:13配信より

私のコメント : 群馬県 館林市 安楽岡一雄市長が、昨年12月9日、体調不良を訴え、診察の結果、胆管炎と診断され、昨年12月15日から県内の病院に入院していたが、2月12日 午後5時47分、死去された。

花燃ゆ、・・・・・


『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミサイル追加発射を警戒=情... | トップ | 慶応大にも天下り 人事課O... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日米安保条約」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。