地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

強い台風5号、九州に接近 列島縦断の恐れ 暴風や高波、土砂災害に警戒

2017年08月05日 | 山口県庁
強い台風5号、九州に接近 列島縦断の恐れ
暴風や高波、土砂災害に警戒

2017/8/5 11:10

強い台風5号の影響で、九州南部・奄美地方は5日、大荒れとなった。6日に九州にかなり接近する見込み。気象庁は暴風や高波、土砂災害などに厳重に警戒するよう呼び掛けている。7日には日本列島を縦断するように北東へ進み、西日本の広い範囲で天候が大きく悪化する恐れがある。

台風5号は5日午前9時、屋久島の南約80キロの海上を、ゆっくりとした速さで北北西へ進んだ。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル、中心から半径90キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

台風は今後、進路を次第に北寄りに変え、強い勢力を維持したまま6日に九州にかなり接近、西日本を通って日本海へ抜けるとみられる。

奄美大島の名瀬測候所によると、鹿児島県の瀬戸内町付近で5日午前6時50分までの1時間にレーダー解析で120ミリ以上の激しい雨を観測したとして、記録的短時間大雨情報を発表。奄美市でも、8月の記録を更新する1時間に71.0ミリの雨量を観測した。

瀬戸内町によると、土砂災害の危険があるため、約5千世帯の約9千人に避難指示を出した。九州電力によると、停電も奄美大島を中心に約9100戸で発生した。

6日午前6時までの24時間予想雨量は多いところで、九州南部・奄美400ミリ、四国、九州北部150ミリ、東海100ミリ。さらにその後の24時間で、四国を中心として100~600ミリの雨が予想されている。

6日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州南部・奄美40メートル(60メートル)、九州北部20メートル(35メートル)、四国20メートル(30メートル)。波の高さは7~9メートルの見込み。〔共同〕 ・・・ 平成29年8月5日(日)、日本経済新聞 11時10分 配信より

私のコメント : 平成29年8月5日(日)、強い台風5号の影響で、気象庁は暴風や高波、土砂災害などに厳重に警戒するよう呼び掛けている。平成29年8月7日には日本列島を縦断するように北東へ進み、西日本の広い範囲で天候が大きく悪化する恐れがある。地方自治体の関係者からも、強い台風5号の対応については、今後、各地域における、その地域住民へ、周知されていかれたいと願う。





『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野田総務相、靖国参拝見送り... | トップ | 豪雨1カ月、なお残る爪痕 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山口県庁」カテゴリの最新記事