地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

津和野今昔館に児童向け日本遺産展示を設置しました

2017年03月08日 | 教育
津和野今昔館に児童向け日本遺産展示を設置しました

平成27年4月に津和野町は「津和野今昔~百景図を歩く~」というストーリーで日本遺産に認定されました。

津和野百景図には、江戸時代の終わり頃の津和野藩内の名所や伝統芸能などの、絵画と解説が100枚描かれています。

百景図に描かれた絵と、現代の様子を比較してみると、およそ150年が経った今でも変わらずに残っているものが沢山あります。

これは、国鉄の開通や道路の新設などの開発から町民の不断の努力によって守り受け継がれてきてきたものです。

日本遺産に認定されたことをきっかけに、当たり前に見ているこの町の風景や文化、伝統について改めて見つめ直してみませんか?

                                          展示パネルの一部 

楽しく探検しながら、津和野町内の文化財や地域の営みに触れて、町民が大切にしてきた地域の宝とは何なのか、なぜ大切にしてきたのか、どのように守ってきたのかについて、考える材料となると幸いです。

 児童の皆さんに限らず、大人の方もぜひ、マップ片手に構成文化財をめぐってみて下さい。        

津和野今昔館のご案内

○ 開館日    3月~11月の土日、祝日

○ 開館時間   9:00~17:00 (最終受付16:45)

○ 入館料    ※町民の方は無料

個人 団体 (20名以上)
一般 250円 150円
中高生 150円 100円
小学生 80円 60円

○ 所在地    島根県鹿足郡津和野町町田イ270-4

○ 電話      0856-72-3288

※ 津和野町民の方は町内の美術館・資料館の入場料は無料です。

・・・ 津和野町 ホームページ 配信より

私のコメント : 平成29年3月8日、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 青木 副主任主事、及、赤松 課長補佐と私は、対談をした。 



『島根県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【イベント】3/19(日)津和... | トップ | 主催 津和野町、基調講演 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。