地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

【動画解説】九州北部 さらなる大雨のおそれ 7日にかけて厳重警戒

2017年07月06日 | 地震・噴火
【動画解説】九州北部 さらなる大雨のおそれ 7日にかけて厳重警戒

7/6(木) 14:25配信

6日午後2時過ぎに、福岡県と大分県に発表されていた大雨特別警報は解除されました。ただ、大雨による災害の危険性がなくなったわけではないため、引き続き、厳重な警戒が必要です。

24時間総雨量(午前11時まで)は、福岡県朝倉市では540ミリを超え、7月の平年に降る雨量の約1.5倍となっており、大分県日田市は360ミリを超え、いずれの地点でも観測史上最も多い値を記録しています。また、長崎県の壱岐市では、50年に一度の大雨となっています。これらの地域を中心に、土砂災害の危険性が極めて高くなっている所もあり、厳重な警戒が必要です。
 
大雨の原因は、梅雨前線が同じような場所に停滞したためです。梅雨前線の南側は水蒸気の量がもともと多い上に、高気圧の縁を回って非常に暖かく湿った空気が流れ込み続け、雨雲が次から次に発達したとみられます。きょう6日午後も九州では局地的に激しい雨が降るおそれがあります。あす7日は非常に活発な雨雲が九州北部を通過していき、さらに雨量が多くなる見込みです。

 【予想雨量(あす昼まで 多い所)】
  九州北部   200ミリ
  九州南部   120ミリ

あすにかけても、九州北部を中心に、大雨に対する警戒が必要となります。今後も最新の気象情報や自治体の情報を確認するようになさって下さい。(気象予報士・中村美公)・・・平成29年7月6日(木)、ウェザーマップ  14:25配信より


私のコメント : 平成29年7月6日 午後2時過ぎ、福岡県と大分県に発表されていた大雨特別警報は解除されました。大雨による災害の危険性がなくなったわけではないため、警戒が必要。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麻生副総理「想像超す異常事... | トップ | <九州豪雨>「予断を許さな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。