地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

ロンドン株式市場=続落、ポンド高が重し

2017年04月20日 | 国際金融
ロンドン株式市場=続落、ポンド高が重し

ロンドン 19日 ロイター] - <株式指数>

終値 前日比 % 前営業日終値 コード FT100種
7114.36 -33.14 -0.46 7147.50

ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。ポンドが2016年10月以来、約6カ月半ぶりの高値圏で推移する中で、収益の大半を海外で上げている企業が多いFT100種は振るわなかった。

英国のメイ首相は前日、6月8日に総選挙を実施する意向を表明した。メイ氏が率いる保守党が議席数を増やせば、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)は混乱の少ない形で進むとの見方からポンドが買われた。世論調査によると保守党は最大野党・労働党の支持率を21%ポイント上回っている。議会はこの日、総選挙の実施を承認した。

石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは2.2%と1.1%下落した。金・銀生産のフレスニロと金鉱大手のランドゴールド ・リソーシスはともに3%近い下げとなった。

高級品ブランドのバーバリーは7.9%安。FT100種で最も大きく値を下げた。1日の下落率としては15年10月以来の大きさだった。第4・四半期の比較可能なベースでの増収率がやや鈍化したことが嫌気された。
リベラムのアナリストらは投資家向けのメモで「英国の総選挙のニュースでポンドは大きく値上がりした。これが投票日まで続けば、為替が追い風となっているバーバリー株の値上がりはなくなる。比較的強いポジションにあるうちに利益確定売りを勧める」とした。

こうした中、英国内の景気に影響されやすい中型株で構成するFTSE250種<.FTMC>は0.62%上昇し、過去最高値の水準にある。

ヘンダーソンで英国株を担当するローラ・フォール氏は「中小型株はブレグジット投票の後、最も大きな打撃を受けた。ポンドが値上がりし、英国の消費者が持ちこたえれば、こうした株の追い風となる」とし、中型株の投資判断を「オーバーウェート」にしていることを明らかにした。

私たちの行動規範: トムソン・ロイター「信頼の原則」・・・ 2017年 04月 20日、ロイター 03:03 JST  配信より

私のコメント : 2017年 04月 20日 、リベラムのアナリストらは投資家向けのメモで「英国の総選挙のニュースでポンドは大きく値上がりした。比較的強いポジションにあるうちに、「中小型株はブレグジット投票の後、最も大きな打撃を受けた。ポンドが値上がりし、英国の消費者が持ちこたえれば、こうした株の追い風となる」として、売り、買いを勧めるアナリストもいる。



『石川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日豪で初の戦闘機訓練へ 都... | トップ | 創生相発言に怒る学芸員 文... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。