地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

佐竹敬久知事出演のCM、龍角散が放送中止 ゴルフ虚偽説明への批判配慮

2017年07月29日 | 山口県庁
【秋田県豪雨】佐竹敬久知事出演のCM、龍角散が放送中止 ゴルフ虚偽説明への批判配慮

2017.7.29 15:46更新

秋田県が記録的大雨に遭った際に宮城県にゴルフに出掛けていた佐竹敬久知事が県部長の同行を虚偽説明していた問題で、製薬会社の龍角散(東京)は佐竹知事が出演する「龍角散ののどすっきり飴(あめ)」のCMの放送を中止した。知事への批判に配慮したとみられる。

佐竹知事は秋田藩主・佐竹家の分家、佐竹北家の21代当主。龍角散の主力製品「龍角散」は江戸時代後期に今の秋田県美郷町六郷に住んでいた秋田藩の典医、藤井玄淵(げんえん)が調剤。3代目の正亭治(しょうていじ)が改良して12代藩主、義堯(よしたか)のぜんそくを治したのが始まりとされる。

こうした縁から、美郷町は龍角散や東京生薬協会と連携協定を締結し、生薬の甘草の試験栽培を開始。八峰町では、のどすっきり飴の原料であるカミツレ(カモミール)の栽培が行われている。

龍角散は平成25年11月から佐竹知事が出演するCMを放送。現職知事の民間企業CM出演は話題を呼んでいた。

当初は、秋田を舞台に、殿様の側近が典医役の俳優、香川照之さんに「殿ののどの具合が良いのは、そちのあめのおかげじゃ」と話しかけ、世が世なら本物の殿様である佐竹知事が「ほうびは何がよい?」と質問、香川さんが薬草畑を希望する-という内容だった。

27年11月から放送された第2弾は、ヒロインのタレント、安田聖愛さんとカミツレ農場主役の俳優、綿引勝彦さんが緑の中で演技。最後に佐竹知事が「秋田での本格栽培、始まりましたね」「秋田でのハーブ作り、順調ですね」と語っていた。

龍角散はホームページからCM動画のリンクを外したが、29日午後1時現在、同社フェイスブックや動画投稿サイトで見ることができる。

佐竹知事は22~23日に起きた大雨被害の際、宮城県へ1泊2日のゴルフ旅行に出掛け、23日午前の大雨に関する関係機関との連絡会議に間に合わなかった。当初、同行者を「友人」と説明していたが、実際には県の部長2人が含まれていた。 ・・・平成29年7月29日(土)、産経新聞 15:46 配信より

私のコメント : 平成29年7月29日(土)、 秋田県 佐竹知事は秋田藩主・佐竹家の分家、佐竹北家の21代当主。龍角散の主力製品「龍角散」は江戸時代後期に今の秋田県美郷町六郷に住んでいた秋田藩の典医、藤井玄淵が調剤。3代目の正亭治が改良して12代藩主、義堯 のぜんそくを治したのが始まりとされる。こうした縁から、秋田県 美郷町は龍角散や東京生薬協会と連携協定を締結し、生薬の甘草の試験栽培を開始。秋田県 八峰町では、のどすっきり飴の原料であるカモミールの栽培が行われている。



『山口県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武田薬品、カナダのバイオV... | トップ | 「ひざつき、患者の目線で」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山口県庁」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。