地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

慶応大で「集団暴行」か 警察、女子学生の被害届を受理

2016年10月16日 | 慶應義塾大学
慶応大で「集団暴行」か 警察、女子学生の被害届を受理

慶応義塾大学の10代の女子学生が、広告学研究会の学生数人に暴行されたと警察に相談していたが、警察は、女子学生の被害届を受理した。

女子学生は9月2日、広告学研究会のメンバーに、「海の家の片づけに来い」と、合宿所に呼び出された際、テキーラを無理やり飲まされて酩酊(めいてい)状態となったあとに、男子学生2人に暴行されたなどと弁護士に説明している。

女子学生は、警察に被害を相談し、警察は、現場となった合宿所を調べるなどしてきたが、関係者によると、警察は、女子学生が複数の男子学生から集団で暴行されたとの被害届を受理したという。 ・・・ 平成28年10月16日(日)、 FNN 06:46 配信より

私のコメント: 慶応大 「集団暴行」か 関係者によると、警察は、女子学生が複数の男子学生から集団で暴行されたとの被害届を受理したという。



『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <生前退位>おことば、昨年... | トップ | 慶大・加藤拓 15K現役最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。