地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

伊方原発運転差し止め=「火砕流、到達の可能性」-3号機仮処分・広島高裁

2017年12月13日 | 地震情報
伊方原発運転差し止め=「火砕流、到達の可能性」-3号機仮処分・広島高裁

2017/12/13-16:07

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、定期検査中)の運転差し止めを広島市の住民らが求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁は13日、運転差し止めを命じる決定を出した。野々上友之裁判長は「阿蘇の過去の噴火で火砕流が到達した可能性は十分小さいと評価できず、原発の立地は認められない」と判断し、来年9月末まで運転差し止めを命じた。仮処分決定は直ちに効力が生じるため、四国電は決定が覆らない限り、定期検査が終わっても運転を再開できない。四国電は異議を申し立てる方針。

写真特集〕東日本大震災 100枚の記録~堤防を乗り越える大津波~

東京電力福島第1原発事故の後、高裁段階で運転差し止めを命じた司法判断は初めて。野々上裁判長は、仮処分は証拠調べの手続きに制約があり、差し止め訴訟が係争中の広島地裁が異なる判断をする可能性もあるとして、運転停止期間を来年9月30日までとした。広島地裁は3月、原子力規制委員会が定めた新規制基準は「不合理とは言えない」と判断し、住民側の仮処分申請を却下した。野々上裁判長も、基準地震動(想定される地震の揺れ)の策定方法など、火山以外の争点については「新規制基準は合理的」と判断した。その上で、伊方原発から約130キロ離れた阿蘇カルデラ(熊本県)で約9万年前に起きた巨大噴火を検討。四国電が伊方原発周辺で実施した地質調査やシミュレーションでは、火砕流が敷地に到達した可能性が小さいとは言えず、「原発の立地は認められない」と判断した。伊方原発は瀬戸内海を挟んで広島市から約100キロの距離にある。3号機は昨年8月に再稼働し、定期検査のため今年10月に停止。四国電は来年1月22日の発送電再開を目指していた。(2017/12/13-16:07)・・・ 2017/12/13、 時事通信 16:07 配信より

私のコメント : 平成29年12月13日、四国電力 伊方原発3号機の運転差し止め 広島市の住民らが求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島高裁は12月13日、運転差し止めを命じる決定を出した。野々上友之裁判長は「阿蘇の過去の噴火で火砕流が到達した可能性は十分小さいと評価できず、原発の立地は認められない」と判断し、運転差し止めを命じた。仮処分決定は直ちに効力が生じるため、四国電は決定が覆らない限り、定期検査が終わっても運転を再開できない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

診察料・入院費0.55%引き上げへ 政府・与党が決定

2017年12月13日 | 山口県庁
診察料・入院費0.55%引き上げへ 政府・与党が決定

12/13(水) 3:01配信

来年度予算編成の焦点の一つとなっている診療報酬改定について、政府・与党は12日、診察料や入院料などの「本体」部分を0・55%引き上げることを決めた。前回2016年度改定時の0・49%を超えることになる。薬代の「薬価」を大きく引き下げて全体の改定率はマイナスとし、捻出した財源を本体部分に回す。診療報酬は医療サービスの公定価格で、2年に1度見直される。診療報酬の本体は、医師や看護師らの人件費や設備投資などに回る。全体の改定率は2回連続でマイナスになる一方、本体は08年度から6回連続でプラス改定が続くことになる。国費で約600億円の負担増となり、原則1~3割の患者の窓口負担も増えるが、安倍政権を支持する日本医師会に配慮する狙いもありそうだ。厚生労働省の直近の調査で病院全体の利益率がマイナス4・2%の赤字だったことなどから、医療団体や与党の厚生労働族議員が前回を超すプラスを求めていた。日本医師会は、政権が財界に3%の賃上げを求めていることを引き合いに「全就業者の約1割を占める医療従事者にも手当てを」とも訴えていた。一方、財務省は当初デフレでほかの産業の賃金水準が上がっていない時期も、本体部分は増え続けているとして引き下げを求めていた。攻防が続いたが、最終的に財務省もプラス改定を容認した。首相官邸は、前回を超える改定が必要と判断した。 朝日新聞社

【関連記事】
• 土地は捨てられるのか 男性、国を相手に「実験的訴訟」
• 夢の別荘地、10万円投げ売り 「もはや財産ではない」
• 小池氏「護憲、遠慮願う」前原氏「当たり前」深夜の密談
• 「国難」、自作自演の危機に違和感 半藤一利さんに聞く
•官邸と宮内庁、退位巡り熾烈な政治的バトル 御厨貴さん

・・・ 2017/12/13(水)、 朝日新聞デジタル 5:51 配信より

私のコメント :2017/12/13(水)、来年度予算編成の焦点の一つとなっている診療報酬改定について、政府・与党は12日、診察料や入院料などの「本体」部分を0・55%引き上げることを決めた。前回2016年度改定時の0・49%を超えることになる。診療報酬は医療サービスの公定価格で、2年に1度見直される。診療報酬の本体は、医師らの人件費などに回る。全体の改定率は、本体は08年度から6回連続で プラス改定が続くことになる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〔NY外為〕円、113円台半ば(12日朝)

2017年12月13日 | 為替相場
〔NY外為〕円、113円台半ば(12日朝)

12月12日(火)23時10分配信 時事通信

【ニューヨーク時事】12日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策会合を控えて動意が薄れ、1ドル=113円台半ば付近でこう着商状となっている。午前8時50分現在は113円40~50銭と、前日午後5時(113円51~61銭)比11銭の円高・ドル安。この日から2日間の日程で始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)に市場の注目が集まる中、円相場は海外市場を通じて113円台半ば付近の極めて狭いレンジを推移。様子見ムードが強く、ほぼ値が動かない状態となっている。ニューヨーク市場に入ってから発表された11月の米卸売物価指数(PPI)は季節調整後で前月比0.4%上昇、エネルギーと食品を除いたコア指数は0.3%上昇。ともに市場予想(ロイター通信調べ、中央値)を0.1%ポイント上回ったが、相場の反応は限定的だった。ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1750~1760ドル(前日午後5時は1.1764~1774ドル)、対円では同133円40~50銭(同133円60~70銭)。(了)

【関連ニュース】 •〔ロンドン株式〕続伸(11日)
•〔NY外為〕円、113円台半ば(12日午前8時)
•〔ロンドン金〕7日続落(11日)
•〔ロンドン外為〕円、113円台前半(11日)

・・・ 平成29年12月12日(火)、 時事通信 23時27分 最終更新 配信より

私のコメント : 平成29年12月12日(火)、 山口県庁にて、私は、山口県 薬務課 職員と対談した。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加