地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

国連事務次長が北朝鮮に到着 高官らと会談へ

2017年12月05日 | 赤十字活動
国連事務次長が北朝鮮に到着 高官らと会談へ

12月5日 18時33分

国連のフェルトマン事務次長が、5日、北朝鮮のピョンヤンを訪れ、北朝鮮の高官らに対して、弾道ミサイルの発射など挑発をやめるよう、働きかけるとみられます。

続きを読む

国連で政務を担当するフェルトマン事務次長は5日、中国・北京を経由して北朝鮮に出発し、ピョンヤンの空港に到着しました。

国連によりますと、今回の訪問は北朝鮮側の招きによるもので、フェルトマン事務次長は、滞在中、リ・ヨンホ(李勇虎)外相ら、北朝鮮高官と会談するほか、現地の国連機関の関係者らと面会するということです。

国連で政務を担当する事務次長が北朝鮮を訪問したのは、2010年に当時のパン・ギムン(潘基文)事務総長の特使として派遣されて以来、7年ぶりです。

国連は北朝鮮側との会談で、「政策などに関して幅広く議論する」としていて、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮に対し、弾道ミサイルの発射など、これ以上の挑発をやめるよう、働きかけるとみられます。

一方、北朝鮮は国連安全保障理事会の制裁で、国際機関による人道支援の活動に大きな影響が出ていると主張してきたことから、制裁は不当だという立場を示すとともに、核・ミサイル開発はアメリカに対抗するための自衛的な措置だと、アピールするとみられます。

韓国「訪問きっかけに対話に応じること希望」

国連のフェルトマン事務次長が北朝鮮を訪問することについて、韓国統一省の関係者は5日、「国連のグテーレス事務総長が、繰り返し仲介役を担うと表明されていたと理解している」としてこれまでの取り組みを評価しました。

さらに「今回の訪問をきっかけに、北が国際社会との対話に応じることを希望する」とし、訪問に期待を示しました。

そのうえで、韓国政府の立場については、「北の核問題については、非核化を最終目標にして、段階的に交渉を進めていく。今は、制裁と圧力を通じて、対話に応じるように努力するべきだ」として、北朝鮮が核・ミサイルの開発を進める現状では圧力が重要だと説明しました。・・・平成29年12月5日、NHK NEWS WEB 18時33分 配信より


私のコメント ; 平成29年12月5日、国連で政務を担当するフェルトマン事務次長は5日、ピョンヤンの空港に到着しました。国連によりますと、今回の訪問は北朝鮮側の招きによるもので、フェルトマン事務次長は、滞在中、リ・ヨンホ(李勇虎)外相ら、北朝鮮高官と会談するほか、現地の国連機関の関係者らと面会するということです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〔東京株式〕押し目買いに下げ渋り(5日、続き)☆差替

2017年12月05日 | マーケティング
〔東京株式〕押し目買いに下げ渋り(5日、続き)☆差替

15時15分配信 時事通信

5日の東京株式市場で、日経平均株価は一時前日比200円近く下落した。その後は出遅れが目立つ鉄鋼や不動産、建設といった内需関連株に押し目買いが入り、下げ幅を縮めた。米国株式市場でのハイテク株安に連鎖する形で、半導体関連株への売りは継続している。しかし、利益を確保した後に内需関連株への投資を積極化する「循環物色」の動きが活発化。市場関係者は、「投資意欲に衰えは見られない」(大手証券)と前向きだ。日経平均は下値のめどとして意識される25日移動平均線(4日時点で約2万2500円)を前に踏みとどまり、「相場の腰は強い」(銀行系証券)という。もっとも、「株価を押し上げるためにはハイテク株が再び上昇することが必要」(前出の大手証券)なため、一段の円安など支援要因が待たれるところだ。(了)

【関連ニュース】 •〔ロンドン株式〕反発(4日)
•〔ロンドン金〕反落(4日)
•〔ロンドン外為〕円、112円台後半(4日)
•〔米株式〕NYダウ、2日ぶりに最高値更新=一時300ドル超の上げ(4日午前)
•〔米株式〕NYダウ、2日ぶりに最高値更新=一時300ドル超の上げ(4日午前)

・・・ 平成29年12月5日、 時事通信最終更新:17時26分  配信より

私のコメント : 平成29年12月5日、平成29年11月30日に株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様の許へ、下記における各対応が 私と株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様との間で、あるため、よって、その連絡 説明文 送信し、内容に関する報告を申し上げている件については、平成29年12月5日になっても、株式会社 丸久 経営企画室 広報 から、その連絡が入らないため、私から、その確認のための連絡、株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様へ入れた。

平成29年11月30日、山口県柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課へ 「平成28年2月3日、株式会社 丸久と柳井市との間で、地域活性化包括連携協定を締結いたしました」における各内容に関し、私は、その確認を入れた。

平成29年11月30日、株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様の許へ、下記における各対応が 私と株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様との間で、あるため、よって、その連絡 説明文 送信し、内容に関する報告を申し上げている。

平成29年11月29日、下記における各対応が私は、あるため、よって、山口県柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課 主査の許へ その連絡 説明文 送信し、内容に関する報告を申し上げている。

平成29年11月29日、「外務省 いわゆる 密約書 不在における諸問題」へいたる内容に関係し、 山口県 山口市  浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番と私は、今までの経緯に関し、その現在へといたり、私からの説明文も添えて、本願寺山口別院 山口教区教務所 輪番応接室において、対談し、その際、「月性生誕200年記念誌を確かに受領しました」との受領書も 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番から 拝受した。そのおり、柳井市 妙圓寺 住職 と、その今までにおける宮様との関係に関して、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番の許へ、その説明を入れた。

平成29年11月29日、山口県 山口市教育委員会 文化財保護課 文化財保護担当 主事より、私の許へ、連絡が入り、私は、その対応を持った。

平成29年11月28日、山口県 観光スポーツ文化部 観光プロジェクト推進室 三浦健治室長、幕末維新プロジェクト班 井上光宏主査と私は、山口県庁にて対談した。その後、山口県下の観光プロジェクト推進室から、山口県 その市町に対応されている内容に関し、山口県観光スポーツ文化部 幕末維新プロジェクト班 井上光宏主査の許へ、問い合わせを入れた。

同日、山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 岡本操室次長と私は、山口県庁にて対談もした。
................................................
柳井市と地域活性化包括連携協定を締結しました

平成28年2月3日、株式会社 丸久と柳井市との間で、地域活性化包括連携協定を締結いたしました。

これは、当社が各市町と連携し、地域の活性化に向けた活動を積極的に行うもので、平成24年の山口県に続き、平成25年以降10市1町と協定し、今回の柳井市で市町とは12例目となります。

この協定の取組み項目は、次の通りです。
(1)地産・地消の推進及び柳井市産農林水産物・加工品等の開発・販売に関すること
(2)柳井市政情報の発信に関すること
(3)健康増進及び食育に関すること
(4)子ども及び青少年育成に関すること
(5)高齢者及び障がい者への支援に関すること
(6)地域や暮らしの安心・安全及び災害対策に関すること
(7)環境問題の対策に関すること
(8)観光・文化及びスポーツの振興に関すること
(9)その他及び市の行政施策、地域の活性化及び住民サービスの向上に関すること

当社は柳井市内にアルク柳井中央店を営業しておりますが、今後店舗での観光PRや市政情報の発信、地元商品のPRや販促などの取組みをさらに強化して進めていきたいと考えております。具体的には、今春に同店に導入予定の知能ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した柳井市の情報発信や観光PRなどを行う、平成29年に柳井市遠崎の妙円寺の住職で維新の師とも言われる月性(げっしょう)の生誕200年を記念して行われるイベントへの協賛などの協議を進めてまいります。当社は、今後も引き続き県内の各市町と同様協定を締結し、地域に密着したローカルスーパーマーケットとしての役割を果たして行きたいと考えています。

地域活性化包括連携協定締結式について
1.日時   平成28年2月3日(水) 11時開会
2.場所   柳井市役所 4階 庁議室
3.出席者  柳井市    市長      井原 健太郎 様
       株式会社丸久 代表取締役社長 田中 康男

本件にかかわるお問い合わせ 経営企画室 広報担当 浅原(TEL 0835-38-1511)

 ・・・ 株式会社 丸久 配信 より
..................................................
○ 株式会社丸久

柳井市(以下「甲」という。)と株式会社丸久(以下「乙」という。)とは、災害時の活動
への協力に関し、次のとおり協定を締結する。

(要請)
第1条 甲は、市内において地震、風水害、その他の災害が発生し、又は発生するおそれがある場合において、乙に対し、乙の保有する物資の供給を要請することができる。

(要請手続き)
第2条 前条に掲げる要請は、災害時における物資の供給要請書(別記第1号様式)をもって行うものとする。ただし、緊急を要する場合は、口頭で要請し、その後速やかに文書を交付するものとする。

2 前項ただし書きの場合にあっては、乙は甲の意思を確認の上、第3条に定める措置をとるものとする。

(要請事項の措置)
第3条 乙は、甲から前条の要請を受けたときは、営業に支障のない範囲において、要請事項について速やかに適切な措置をとるとともに、その措置事項を甲に連絡するものとする。

(物資の範囲)
第4条 甲が乙に供給を要請する物資は、次の各号に掲げるもののうち、乙が保有又は調達可能な物資とする。
(1) 別表1に掲げる物資
(2) その他、甲が指定する物資

(物資の費用負担)
第5条 乙が物資の供給の実施に要した費用は、甲が負担するものとする。
2 物資の取引価格は、災害発生直前の適正価格に基づき、甲乙協議の上、別途定めるものとする。

(物資の運搬・引渡し)
第6条 物資の引き渡し場所は、甲が指定するものとし、引渡し場所までの運搬は、原則として乙が行うものとする。ただし、乙の運搬が困難な場合は、別に甲の指定するものが行うものとする。
2 甲は、当該指定場所に職員を派遣し、乙の提出する物資納品書(別記第2号様式)により確認の上、物資を引き取るものとする。

(費用の請求及び支払い)
第7条 乙は、物資の引き渡しが完了したときは、請求書により甲に費用を請求するものとする。
2 甲は、前項の請求書を受理したときは、内容を確認し、遅滞なく費用の支払いを行うものとする。

(支援体制の整備)
第8条 乙は、災害時における円滑な協力を図るため、社内及びグループ各社との広域応援体制並びに情報連絡体制の整備に努めるものとする。

(平常時の防災活動への協力)
第9条 甲及び乙は、この協定に定める事項を円滑に推進するため、平素から情報交換や甲が行う防災訓練への参加等に努め、緊急時に備えるものとする。

(有効期限)
第10条 この協定は、平成24年 7月 9日から、その効力を有するものとし、甲また
は乙が文書をもって協定の終了を通知しない限り、その効力を持続するものとする。

(その他)
第11条 この協定に定めない事項又は、疑義が生じたときは、その都度、甲乙協議の上決定するものとする。

この協定の成立を証するため、この証書2通を作成し、甲乙各1通を保有する。
- 66 -
平成24年 7月 9日
別表1(第4条関係)
災害時の主な必要物資一覧表
種類    物 資 名
食器類 茶わん、汁わん、皿、箸等
日用品雑貨
タオル、下着、トレーニングウエア上下、雨具類、軍手、
チリ紙(トイレロール)、なべ、やかん、バケツ、ポリ袋
紙オムツ(大人用)、紙オムツ(小人用)
光熱材料 マッチ、ライター、ローソク、懐中電灯、卓上ボンベ、乾電池
食料
米穀、パン等麦製品、缶詰、インスタント食品、カップめん、
おにぎり、弁当、ペットボトル(水)等

おおむね上記の品目を基準とし、災害や緊急度の状況に合わせて、甲、乙協議の上、その都度指定できるものとする。

・・・柳井市 ホームページより の 抜粋


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国連事務次長、北朝鮮へ出発

2017年12月05日 | 外務省
国連事務次長、北朝鮮へ出発

12/5(火) 16:05配信

国連の事務次長が5日午後、北朝鮮を訪問するため、経由地の北京を出発した。ジェフリー・フェルトマン事務次長は、午後、経由地の北京の空港に姿を現し、北朝鮮の高麗航空便で出発した。9月に、北朝鮮側から「対話をしたい」と打診があり、訪朝が11月に決まったということで、平壌(ピョンヤン)では、李容浩(リ・ヨンホ)外相などと会談する予定。アメリカと北朝鮮の間で、威嚇の応酬が激化する中、フェルトマン氏は事態の打開に向けて、北朝鮮側と協議する考え。

2017/12/5(火) 、フジテレビ系(FNN) 16:05配信より

私のコメント : 平成29年12月5日、国連事務次長が5日午後、北朝鮮を訪問するため、出発した。9月に、北朝鮮側から「対話をしたい」と打診があり、訪朝が11月に決まったということで、平壌では、李容浩外相などと会談する予定。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

即位、重なる首脳外交=「2019年問題」準備―政府

2017年12月05日 | 外務省
即位、重なる首脳外交=「2019年問題」準備―政府

12/5(火) 7:13配信

天皇陛下が退位される2019年、政府は皇太子さまの新天皇即位に伴う一連の儀式に外国要人を招待することになる。

〔写真特集〕皇太子ご一家

同年は20カ国・地域(G20)首脳会議が日本で初めて開かれるほか、アフリカ開発会議(TICAD)など国際的なイベントが目白押し。首脳外交を展開する好機でもあるため、「2019年問題」(外務省幹部)をどううまく乗り切るかが課題となる。安倍晋三首相は4日の政府・与党連絡会議で「天皇陛下のご退位と皇太子殿下のご即位が国民の皆さまの祝福の中で、つつがなく行われるよう全力を尽くしていく」と語った。陛下が19年4月30日に退位し、皇太子さまは翌5月1日に即位する日程が固まっている。即位を公に告げる「即位の礼」は同年秋に行われる見通しで、各国首脳らの来日が見込まれる。中心となる儀式は、即位を内外に宣明する「即位礼正殿(せいでん)の儀」だ。昭和から平成に移る際は1990年11月12日に行われ、158の国・地域などから元首らが参列。インドネシアのスハルト大統領や英国のチャールズ皇太子、米国のクエール副大統領らが来日した。19年にはG20首脳会議やTICADに加え、ラグビーワールドカップも日本で開かれる。要人の来日ラッシュとなるのは確実だが、外交儀礼上、同じ要人を短期間に何度もは招きにくい。外務省幹部は「首脳会談の調整や警備態勢など、大変な作業になることは間違いない。在外公館からも要員をかき集める」と早くも緊張を隠せない。 

【関連記事】
• 改元で祝日どうなる?=カレンダーなど影響懸念-経済界
• 新天皇、19年5月1日即位=平成は31年で幕-政府、儀式検討に着手
• 〔写真特集〕敬宮愛子さま
•両陛下、退位後は仮住まいへ=秋篠宮家の補佐体制拡充
• 官邸と宮内庁が攻防=退位日程「第三の案」に-元号公表時期も焦点

2017/12/5(火) 、時事通信 7:13配信より

私のコメント : 平成29年12月5日、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関係し、外務省 中東欧課 中野様と私は、対談した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

榊原経団連会長、東レ最高顧問を退任

2017年12月05日 | 産業連関表
榊原経団連会長、東レ最高顧問を退任

経団連の榊原定征会長(74)が、出身企業である東レの最高顧問を退任したことが29日、分かった。退任は27日付。東レは理由について「最高顧問は常設ではなく、過去も2年で退任した。社内で検討した結果」(広報課)と説明している。財界活動を考慮し、相談役は続ける。上場企業では、社長や会長を退いた経営者の「院政」を避けるため、相談役や顧問を廃止する動きが出ている。ただ、東レは、今回の人事とこうした動きは無関係としている。(2017/06/29-16:45) ・・・2017/06/29、時事通信 16:45 配信より

.........................................................................
TPP、米経済界もサポートを=中国「価値観異なる」-経団連会長

【ワシントン時事】日米の経営者が経済問題を議論する日米財界人会議が2日、ワシントンで開かれた。経団連の榊原定征会長は基調講演で、日本が米国を除く11カ国で大筋合意を目指す環太平洋連携協定(TPP)について「将来の米国復帰を期し、まずはTPP11の早期実現を目指して日本政府は努力を加速してほしい」と要請。米国経済界に対しても「ぜひサポートしてほしい」と呼び掛けた。さらに榊原会長は、世界が内向き志向により保護主義が台頭する懸念が強まっていると指摘。存在感を強める中国について「われわれと異なる価値観に基づく秩序を形成しようとしている」と述べ、日米が協力して公正なルールに基づく自由で開かれた国際経済秩序に向けて指導力を発揮する必要性を訴えた。(2017/11/03-05:47) ・・・2017/11/03、時事通信 16:45 配信より

.........................................................................
東レ

東レ 1926年に「東洋レーヨン」として発足した大手素材メーカー。ナイロンやポリエステルなどの繊維のほか、樹脂をはじめとする化学製品を手掛ける。航空機などに使われる先端素材の炭素繊維の生産量では世界首位。従業員数は国内外で4万6248人(2017年3月末時点)、17年3月期の連結業績は売上高が2兆265億円、営業利益が1469億円。経団連の榊原定征会長は、同社の前社長で現相談役。(2017/11/28-12:02) ・・・2017/11/28、時事通信 12:02 配信より

私のコメント : 平成29年8月28日に、東レ株式会社 広報室 別所達也広課長へ私から、連絡文 4枚について、その送信して後の対応が、その後、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題へと関係していき 当該 東レ株式会社 広報室 許には、現在、発生もしているため、平成29年12月1日、東レ株式会社 広報室 別所達也広課長 配下 職員へ 請願書 20枚を送り、平成29年12月5日に至り、私は、東レ株式会社 広報室 別所達也広課長と対談し、東レ株式会社より、東レ株式会社と経済産業省 間との対応に関し、その見解を聴いた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雨での避難検証でアンケート

2017年12月05日 | ボランティア活動
大雨での避難検証でアンケート

12月04日 08時12分

ことし7月の記録的な大雨の際に自治体が出した避難勧告や避難指示が住民に届いたかや、実際にどのように避難したかを検証し、災害時の情報発信にいかそうと、大仙市の避難勧告などが出た地域の住民を対象にしたアンケート調査が始まりました。ことし7月の記録的な大雨では、雄物川が氾濫するなどして各地の自治体が相次いで避難勧告や避難指示を出しました。この避難情報が住民に届いたかや実際にどのような避難行動につながったかを検証し、今後、災害時に出す避難情報にいかそうと、国と県、それに大仙市など雄物川流域の自治体で作る協議会が先月下旬からアンケート調査を始めました。調査の対象は大仙市の避難指示や避難勧告が出た地域の住民で、避難指示や避難勧告が出たことを知っていたかや、どうやって知ったか、また、どこに避難したかや、1か月後の8月に再び降った大雨の際の避難行動に変化があったかなどを尋ねています。協議会は来年1月中には結果をまとめる予定で、「避難情報がどう届き、住民の避難行動に結びついたか検証し、より多くの人に情報を伝える方法を考えたい」としています。アンケートは今月28日までで、国土交通省の湯沢河川国道事務所のホームページなどで回答できます。 ・・・ 平成29年12月4日、秋田 NEWS WEB  08時12分 配信より

私のコメント :平成29年12月4日、ことし7月の記録的な大雨の際に自治体が出した避難勧告や避難指示が住民に届いたかや、実際にどのように避難したかを検証し、災害時の情報発信にいかそうと、秋田県 大仙市の避難勧告などが出た地域の住民を対象にしたアンケート調査が始まりました。アンケートは今月28日までで、国土交通省 湯沢河川国道事務所のホームページなどで回答できます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加