地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

衆院選へ臨戦態勢=与野党、準備加速

2017年09月19日 | 山口県庁
衆院選へ臨戦態勢=与野党、準備加速

9/19(火) 15:12配信

安倍晋三首相(自民党総裁)が28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院解散に踏み切る方針を固めたことを受け、与野党は19日、臨戦態勢に入った。

衆院選は「10月10日公示―同22日投開票」が軸で、各党は選挙準備を加速。候補擁立や公約づくりなどを急ぐ。自民党は19日午前、党本部で二階俊博幹事長らが出席して役員連絡会を開いた。二階氏は、首相から「早期解散を検討している。時期は国連総会から帰国して決めるので、よろしくお願いしたい」と態勢固めを指示されたことを説明。この後の記者会見で「全員当選の気概を持って臨む」と強調した。公明党も緊急の常任役員会を開催。終了後、山口那津男代表は記者団に「常在戦場の心を持ち、構えをどうするか検討を始める」と語った。これに対し、民進党の山井和則国対委員長代行は国会内で記者団に「国民が北朝鮮のミサイル危機におびえる中、自分の都合で勝てそうな時に解散するとは到底考えられない」と、首相の姿勢を厳しく批判した。民進党は同日午後に常任幹事会などを開き、準備を急ぐ方針を申し合わせる。共産党との候補一本化の是非に加え、離党届を出した笠浩史氏らの選挙区に対抗馬を立てるかどうかが焦点だ。笠氏らは小池百合子東京都知事に近い勢力による新党への合流を目指している。共産党の志位和夫委員長は、成立から2年たった安全保障関連法に反対する国会前集会で演説、野党共闘態勢の確立を訴える。日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は、府庁で記者団に「自民党に真っ正面から対案を持ってぶつかれるのはわれわれしかいないと訴えたい」と語った。 

【関連記事】
• 小池氏「大義分からない」=衆院の早期解散に
• リスクはらむ早期解散=「加計・森友隠し」に反発も
•改憲3分の2、見通せず=首相、新党取り込みも
•細野氏「月内に新党」=消費増税に慎重
• 自由・小沢氏に秋波=民進・前原氏 ・・・ 平成29年9月19日(火)、時事通信 最終更新 16:12 より

私のコメント : 平成29年9月19日(火)、下記の 「  平成28年4月18日午後1時 過ぎ、京セラ株式会社 本社 ソーラーエネルギー事業本部 マーケティング部 事業開発部責任者 池本幸男 氏との対応 平成28年4月5日、京セラ株式会社 本社 ソーラーエネルギー事業本部 マーケティング部 事業開発部責任者 池本幸男 氏と私との間におけるメールによる連絡対応を持った。京セラ株式会社 本社 ソーラーエネルギー事業本部 マーケティング部より、平成28年4月2日に、京セラ株式会社 太陽電池モジュール 製品仕様書 等 を 京セラ株式会社 本社 ソーラーエネルギー事業本部 マーケティング部の担当者より、拝受して 私は、山口県萩市黒川552 他 地域における利害関係人としての立場において「山口・萩メガソーラー発電所」建設より、電波障害が、発生するかどうかについても、私は、検証していくという必要性もあり、今までの経緯にいたる、私からの説明文を平成28年4月3日、京セラ株式会社 本社へ送付している。平成28年4月18日午後1時 過ぎ、京セラ株式会社 本社 ソーラーエネルギー事業本部 マーケティング部 事業開発部責任者 池本幸男 氏と私は、その確認の連絡対応を持った。その確認の連絡対応 内容に関しては、四電 エンジニアリング株式会社 営業本部 営業部 営業グループ 國方雅之氏へ、以下の内容における重要な説明文を手渡したという件

山口県萩市黒川552 他 地域における利害関係人として、「山口・萩メガソーラー発電所」からの建設経過により、祭政一致、治山治水、祭祀の問題 等にも 関連し、建設時に、宗教の諸問題が、発生するかどうかも、私は、検証もしていきたいと考えている。

平成28年4月16日(土)、午後 3時 過ぎに、有限会社大幸牧場(本社:埼玉県吉川市) 松本大輔取締役、及び、 四電 エンジニアリング株式会社 電気部 新エネルギー建設1グループ 佐藤 文紀 課長 等と私の自宅において、以上の経過も踏まえ、その面談をした際には、 私から その立会人 四電 エンジニアリング株式会社 営業本部 営業部 営業グループ 國方雅之氏へ、平成28年3月31日(木)、山口県神社庁 参与のもとへ、私は、今までの経緯の説明に行き、同日、 山口市 山口合同ガス 山口支店へ行き、山口合同ガス ガス配管工事における、その社内 規定と方針 等についての説明 山口合同ガス 担当者から聞き、「山口・萩メガソーラー発電所」 の建設開始について 関係する東京都 東京センチュリー株式会社と 京都府 京セラソーラーコーポレーションとの間における連絡と対応、私は持ち、その後の平成28年4月15日(金)、山口県 山口市社会福祉協議会 職員と私は、面談し、山口県神社庁へ行き、島根県 津和野町 公益財団法人 亀井温故館を訪問した際、亀井温故館 亀井茲基理事長と私が、亀井温故館 理事室において、懇談内容に関し、山口県神社庁 職員へ私は、申し伝えたのち、防府市 アマチュア無線店の店主との間で、その防災無線機器 関係の調整を入れ、目下のところ 山口県下 山口県赤十字アマチュア無線奉仕団 各団員の活躍状況に関する話題ともなったという経緯も踏まえ 関係する重要な説明文を手渡した。  」の各対応あり、山口県 総合企画部 広報広聴課 山口県中央民相談 担当 佐藤理子主査と私は、対談の結果、  萩市 太陽光発電所 「山口・萩メガソーラー発電所」 の建設開始について、山口県商工労働部における、その建設 等に関し、

平成29年9月12日(火)、山口県 環境生活部 環境生活課へ出向き、山口県 環境生活部 環境生活課 地球温暖化対策班 熊野主査と面談し、山口県 環境生活部 環境生活課に、私から、かねてから相談している内容については、平成29年9月12日、島根県 津和野町教育委員会 宮田様と私との面談内容、並び、文化庁 担当官と私は、連絡対応を持ち。また、野村證券株式会社 徳山支店 ファイナンシャル・コンサルティング課 北川様と私との間にて、その 萩市農業委員会 会長 片岡兼雄様から 私宛て 萩農委 第45号 平成29年9月1日 発送における書面おける相談内容、その後における、野村證券株式会社 徳山支店 ファイナンシャル・コンサルティング課 からの 私に対する 各対応 等もあり、山口県 萩市による、その「利用権設定の問題」における件 に関し、その付随する内容にて、萩市長から、私宛ての公文書 全部 開示決定書、並び、野村證券株式会社 徳山支店 ファイナンシャル・コンサルティング課 北川様が、私の相談内容 関係書類、平成29年9月4日 預かりにおける、その各書面もとに、説明を入れた、しかし、その際に、山口県 環境生活部 環境生活課 環境企画班からの対応を私は、得られないまま、山口県商工労働部 商政課 電力対策室 水野主幹と私との対応が発生したために、再度、明日以降、山口県 環境生活部 環境生活課長の許へ、私は、萩市農業委員会 会長 片岡兼雄様から 私宛ての萩農委 第45号 平成29年9月1日 発送における書面内容に関する、相談に行かなければいけなくなった。

〇 それでも、世界一うまい米を作る 危機に備える「俺たちの食糧安保」 奥野 修司 / 講談社

平成29年9月13日、山口県 環境生活部 環境政策課 地球温暖化対策班 河村章主幹と平成29年9月13日付、送信済み、私からの説明書面をもとに山口県 環境生活部 環境政策課にて、面談をした。また、山口県庁にて、山口県 薬務課 宛て 私からの公文書開示請求に関係して、山口県 薬務課 伊藤弘範 課長 宛て、平成29年9月13日、私から送信済みの説明書面をもとに、山口県 薬務課 西村 英機 副課長と面談することができた。 山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 地域づくり班 田辺賢清 主任主事と私は、島根県下の各市町における、その中山間地域づくり推進 地域づくり 職員が、担当されている事柄 と 山口県下における、その事柄における 農村部における、島根県との違いもあり、そのために、面談し、私は、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 地域づくり班 田辺賢清 主任主事との間で、その連絡 調整を行った。

山口県商工労働部が、確認へといたっている、山口県商工労働部内にて所有をされている文書、公文書記録における開示請求する。

平成29年9月15日、山口県総合企画部 政策企画課 総務企画班 堤 良平主任、山口県商工労働部 商政課 電力対策班 水野久敬 主幹と私は、対談した。
..................................
太陽光発電 住民反対の声

 ◇豊島・説明会 景観や環境に影響懸念

2017年09月15日

豊島(土庄町)で予定されている太陽光発電所建設計画について、事業者が14日、初の住民説明会を豊島公民館で開いた。住民約150人が参加し、事業者は11月に着工、来年2月末に完成する計画を明らかにしたが、住民から「景観や環境に影響が出かねない」と反対意見が相次いだ。事業者は広島市の「合同会社フォレストエナジー」と土庄町の「中栄石材」など。説明によると、島の南東部、唐櫃地区の約6000平方メートルに太陽光パネル3600枚を設置。発電出力は750キロ・ワットで、20年にわたって中国電力に売電する。隣接地に同規模の発電設備を設置することも検討しているという。説明会では、住民から「美しい自然にパネルは似合わない」「洗浄時に汚水が出るのではないか」と批判や質問が相次いだ。事業者側は「人家や道路からパネルは見えない」「洗浄液は使わず、雨水と同じ」などと説明、今後も住民と協議していく姿勢を示した。豊島自治連合会の三宅忠治会長は「豊島は40年以上産業廃棄物に苦しめられてきた。ソーラー事業が環境などに影響がないのか、大いに疑問だ」と話した。四国経済産業局によると、事業者は2015年度に事業申請し、認定されており、同局は「法令上の問題はない」としている。建設計画をめぐっては、浜田知事が、同局などに対し、事業者に住民説明会を開くように指導することを要望していた。

2017年09月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

・・・ 平成29年9月15日(金)、読売新聞 配信より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇皇后両陛下 日本遺族会70周年式典に出席

2017年09月19日 | 山口県庁
天皇皇后両陛下 日本遺族会70周年式典に出席

9月19日 11時58分

日本遺族会の創立70周年を記念する式典が、天皇皇后両陛下も出席されて、19日、東京で開かれました。

続きを読む

日本遺族会は、戦争で亡くなった人の遺族の福祉向上などを目的に、戦後まもなく作られた組織で、ことしで70周年を迎えます。

この式典は5年に一度開かれていて、東京・港区の会場には、両陛下をはじめ、閣僚や衆参両院の議長、戦没者の遺族の代表など、およそ500人が集まりました。

式典では、戦没者に黙とうがささげられたあと、遺族会の水落敏栄会長が「戦後生まれが8割を占める今日において、戦争の風化が危惧されていますが、遺族会はこれからも戦争の悲惨さ、平和の尊さを後世に伝える活動を続けて参ります」とあいさつしました。

会場では、両陛下も見守られる中、長年にわたって遺族の支援を続けてきた各都道府県の遺族会の代表が表彰されました。

天皇陛下は、会場をあとにする際、遺族会の関係者に「遺族も高齢化が進んで大変でしょうが、よろしくお願いします」と話されていたということです。・・・ 平成29年9月19日(火)、NHK NEWS WEB 11時58分 配信 より

私のコメント : NHK  大河ドラマ 「花燃ゆ」、 その後 ・・・・・
............................................................
「明治150年記念薩長土肥フォーラム」を開催します

明治150年に向けた普及啓発活動を加速化させるため、明治維新にゆかりの深い、鹿児島県、山口県、高知県、佐賀県の知事が東京で一堂に会し、明治150年を契機とする新しい国づくり、地域づくりの機運を高めるとともに、交流人口の拡大を通じた地域の活性化につなげるフォーラムを開催します。

1 タイトル

 明治150年記念薩長土肥フォーラム

 ~近代日本の礎を築いた人・風土・文化を知り、未来を拓く~

2 日時

 平成29年10月7日(土曜日)13:00~16:15(開場12:00)

3 会場

 東京ビッグサイト 国際会議場 (東京都江東区有明)

4 主催

 明治150年記念薩長土肥フォーラム実行委員会(鹿児島県、山口県、高知県、佐賀県)

5 内容

(1)基調講演「明治維新と薩長土肥の関わり」

  加来耕三氏(歴史家・作家)

(2)薩長土肥情報発信「薩長土肥PR TIME!」

  薩長土肥4県知事、4県代表のAKB48チーム8メンバーによる各県の魅力情報発信

 (4県知事)

  三反園 訓(鹿児島県知事)、村岡 嗣政(山口県知事)

  尾﨑 正直(高知県知事)、山口 祥義(佐賀県知事)

 (AKB48チーム8)

  鹿児島県代表 下青木 香鈴さん、山口県代表 下尾 みうさん

  高知県代表 廣瀬 なつきさん、佐賀県代表 川原 美咲さん

(3)パネルディスカッション「幕末・明治の先人たちに学ぶ、日本の未来、地域の未来」

 パネリスト:

  三反園 訓(鹿児島県知事)

  村岡 嗣政(山口県知事) 

  尾﨑 正直(高知県知事)

  山口 祥義(佐賀県知事)

 コーディネーター:

  加来耕三氏(歴史家・作家)

(4)薩長土肥4県知事による共同宣言

(5)薩長土肥お楽しみ抽選会(薩長土肥4県の特産品プレゼント)

(6)薩長土肥4県PRコーナー(7階ロビー:12時~17時)

 ※入場無料(事前申込が必要)

 ※来場者全員に薩長土肥4県のノベルティグッズをプレゼント!

6 参加申込方法
参加ご希望の方は、氏名(ふりがな)、性別、年齢、郵便番号、住所(参加証送付先)、電話番号を御記入の上、ハガキ、FAX又はメールでお申し込みください。(応募には、別添のチラシに掲載の申込用紙を使用すると便利です)応募者多数の場合、抽選となります。(定員1,000名)

(1)ハガキで

  〒105-0021 東京都港区東新橋2-4-6-7階
  「明治150年記念 薩長土肥フォーラム」事務局

(2)FAXで(24時間受付)
   03-5408-1015

(3)メールで
   meiji150@unei-jimukyoku.jp

締切/平成29年9月22日(金)必着

(※詳細は別添チラシ参照)

7 申込み先・問合せ先

  「明治150年記念 薩長土肥フォーラム」事務局
   住所:〒105-0021 東京都港区東新橋2-4-6-7階
   TEL:03-5408-1016(平日10:00~17:00)
   FAX:03-5408-1015(24時間受付)
   メール:meiji150@unei-jimukyoku.jp

薩長土肥フォーラムのチラシ

 添付のPDFファイルをダウンロードしてください。

【薩長土肥フォーラム】チラシ
【薩長土肥フォーラム】チラシ(表)
【薩長土肥フォーラム】チラシ(裏)

明治150年記念事業山口県推進協議会
事務局:山口県総合企画部政策企画課
TEL:083-933-2425 E-mail:a10000@pref.yamaguchi.lg.jp  配信より

以上の内容に関し、島根県 神社庁 庁長 並び、津和野 太鼓谷稲荷神社 角河和幸 宮司様との私との面談した後の経緯 等もあり、平成29年9月19日(火)に、山口県総合企画部 政策企画課 調整班 山畑和之主査と対談したおりに、今まで、私には、面会 日時 等 に関しても、島根県下 各市町 役場からは、丁寧な、その私宛て 連絡文も、いただいているために、島根県と同様に、山口県庁 各課からの、その混乱も避けるため、山口県庁 総合企画部 政策企画課 調整班 から 「その面会 日時 等 」 に関しても 山口県総合企画部 政策企画課 調整班 山畑和之主査から、その連絡文に関しては、私の許へ 送って欲しい旨の連絡を入れた。

「神社庁は、伊勢の神宮を本宗と仰ぐ全国約80,000社の神社を包括する宗教法人「神社本庁」の地方事務所の一つです。 (各都道府県に置かれています。) その目的は、伝統を重んじ祭祀の振興や道義の昂揚をはかり、祖国日本の繁栄と世界の平安を祈念して人類の福祉に寄与することにあります。 島根県神社庁管内には1166社の神社があり、21の支部に分かれています。 ・・・島根県 神社庁 ホームページよりの引用」

平成28年11月14日(月)、島根県 津和野町 太鼓谷稲荷神社 角河和幸 宮司様と私は、面談し、鎌倉時代から 主に、萩・津和野 周辺地域へ伝わっている稲荷神社信仰、春日大社信仰 等の伝承 内容、また、津和野町 日原 等における春日神社 信仰に関する懇談もした後、私から 日本赤十字社 島根県支部との間における私との関係も、書面で、説明し、その書面におる日本赤十字社 島根県支部への 私から その依頼 内容に関しては、太鼓谷稲荷神社 角河和幸 宮司様 が、島根県神社庁 庁長としての立場にて、その確認をお願い申し上げた。

平成28年11月13日(日)、山口県 萩市 春日神社 津村和彦 宮司様と 私は、面談し、20年に1度社殿を大規模に修理する 「式年造替」が続く 奈良市の世界遺産・春日大社で 平成28年11月6日、その修理を終えた国宝本殿にご神体を戻す重要な儀式「本殿遷座祭」が行われ、山口県・島根県に亘り、ご当地における鎌倉時代から 主に、萩・津和野 周辺地域へ 伝わる その 奈良・春日大社信仰 伝承 内容 等に関しても、確認をしていった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解散、公明のお家事情 改憲論仕切り直し「渡りに船」

2017年09月19日 | 山口県庁
解散、公明のお家事情 改憲論仕切り直し「渡りに船」

9/19(火) 7:55配信

■選挙結果次第では置き去りも

安倍晋三首相(自民党総裁)が目指す憲法改正に慎重姿勢を崩さない公明党は、首相の衆院解散・総選挙の方針に「政局的には今しかない」と容認する構えだ。自民党内の改憲論議が解散で仕切り直しになるだけに、公明党にとって「渡りに船」という本音ものぞく。だが、次期衆院選で与党で国会発議に必要な3分の2以上の議席を失えば、自民、公明両党による連立政権の枠組みに亀裂が生じる可能性がある。(広池慶一)公明党の山口那津男代表は18日、ロシアから帰国後すぐに安倍首相の都内の私邸に向かった。約15分間の自公党首会談を終え、山口氏は記者団の取材要請に応じることなくワンボックスカーで私邸を後にした。「成熟した国民の合意形成が確かめられてからの改正になるべきだ」「国民と国会議員の幅広い賛同がなければ難しい」。憲法9条に自衛隊の存在を明記する改憲案を示し、2020年の改正憲法施行を目指す首相に対し、山口氏はブレーキをかける発言を連発していた。首相は山口氏の相次ぐ牽制(けんせい)発言に不快感を示しているという。衆院選が「10月10日公示-10月22日投開票」なら改憲論議は選挙後まで棚上げされることになり、公明党として好都合という見方がある。首相が次期衆院選で憲法改正を訴えることも想定されるが、公明党内には「与党にとってマイナス」「憲法ばかり訴えられると反対せざるを得ない」との声が少なくない。首相の改憲案は公明党がかつて検討した「加憲」の考え方を踏まえた内容のため反対しにくいはずだ。それでも、公明党が改憲に二の足を踏む背景には、国民の改憲機運が盛り上がらないまま国民投票に突入すれば、国論が真っ二つに割れて自公連立の政権運営に影響がでかねないからだ。ただ、内実は違うようだ。支持母体の創価学会幹部は「党の結論が出ていないし、学会に意見を求めるのもこれから。『安倍さん、ちょっと待ってくれ』というのが実情だ」と明かす。「平和の党」を看板に掲げる公明党が、平成27年成立の安全保障関連法で自民党に押しきられ、難色を示していた学会側への説明に腐心したことの再現は回避したい思惑もにじむ。北朝鮮の核・ミサイル危機を踏まえ、自民党の石破茂元幹事長が提起した非核三原則の見直し論議にも、党や学会は「改憲よりハードルが高い」「口が裂けても議論すべきだとはいえない」と拒否感が強い。このまま公明党が「与党内野党」的な主張を続ければ、次期衆院選で、自民党や小池百合子東京都知事に近い勢力による国政政党、日本維新の会を含めて改憲発議が可能となる3分の2以上を確保した場合、置き去りにされかねない。

【関連記事】
• 前原誠司氏の北ハニートラップ疑惑 金正恩氏もビックリの「文春砲」
• 山尾志桜里氏、男女関係ウソばれた!文春第2砲「証拠」写真
• 杉村太蔵、年収1億円超と判明!80万円の講演会を年間72回行う“講演王”
•都知事選惨敗の鳥越俊太郎氏が開陳した野党必勝の秘策 返す刀で民進党を「バカ」呼ばわり…
•「態度が横柄」「使えない」…定年後の再就職先で苦情

・・・ 平成29年9月19日(火)、産経新聞  7:55配信 より

私のコメント : 平成29年9月19日(火)、山口県庁 広報広聴課 県外PR班 佐々木祥子主査と私は、対談した。

平成29年9月19日(火)、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長と私は、連絡対応を持ち、津和野町役場 へ 私が、その関係する 公文書開示請求した結果の各 内容 も受け、下記、その配信内容にも関係し、島根県 津和野町 町長選挙 前にし、私は、下森博之 津和野町長に面会、対談したい旨 島根県 津和野町 総務財政課長へ伝えてもらいたいことを島根県 津和野町 総務財政課 安村係長には、申し伝えた。
...............................................................
選挙  津和野町長選 下森氏出馬へ 3選目指す /島根

2017年3月28日 地方版

任期満了(10月29日)に伴う津和野町長選で27日、現職の下森博之氏(51)が3選を目指し、無所属で立候補することを表明した。町議会一般質問の答弁で、安定した財政運営と人口減少対策を重要課題に挙げ、「諸課題の解決と地域振興に向け3期目の4年間をまい進したい」などと述べた。今回の町長選で出馬表明は初めて。下森氏は同志社大卒。旧日原町議や、合併後の津和野町議を経て2009年の町長選で初当選。13年の前回選は無投票だった。【横井信洋】 ・・・ 2017年3月28日 毎日新聞 地方版 配信より

..............................................................
平成29年9月19日(火)、山口県庁 広報広聴課 県外PR班 佐々木祥子主査と私は、再度、以上の内容もあり、その対談をした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍首相、解散の大義急造「消費増税で教育・社会保障」

2017年09月19日 | 山口県庁
安倍首相、解散の大義急造「消費増税で教育・社会保障」

9/19(火) 5:02配信

衆院の解散・総選挙が10月10日公示、22日投開票の日程で行われる公算が大きくなった。安倍晋三首相は2019年10月の消費増税を予定通り行い、その引き上げ分を教育無償化や社会保障制度の見直しにあてることを自民党の公約に盛り込む方針。だが、「解散の大義がない」「森友・加計学園問題の疑惑隠し」との批判を封じる意味合いが大きく、急ごしらえ感は否めない。安倍首相は18日、都内の私邸で公明党の山口那津男代表、自民党の二階俊博幹事長と相次いで会談し、総選挙に向けた対応を協議。国連総会に出席するため米ニューヨークに向けて政府専用機で出発した。羽田空港で記者団には「解散について、いちいちお答えすることは差し控えるが、帰国後に判断したい」と述べ、22日以降に最終判断する考えを示した。首相は総選挙公約の目玉として「人づくり革命」を打ち出す方針。大学などの高等教育を含めた教育無償化や、高齢者中心の社会保障を低所得者・若年者に向ける「全世代型社会保障」の実現を掲げ、その財源として消費増税の引き上げ分を充てると訴えたい考えだ。19年10月から消費税の税率を8%から10%に引き上げることによる税収増は、5兆円程度と見込まれる。大半は国の借金の穴埋めにあてる計画だった。幼児教育や保育の無償化には、対象を3~5歳児に絞っても年7千億円超。大学など高等教育の無償化まで踏み込んだ場合、実現には4兆円以上の財源が必要とされる。使い道の変更により財政再建はいっそう遠のき、政府が目標に掲げる「基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)」の20年度の黒字化はさらに困難になる。選挙戦でその妥当性が問われそうだ。しかも「人づくり革命」の有識者会議は今月11日に発足したばかりで、財源について表だった議論もしていない。森友・加計学園での追及が必至の臨時国会の冒頭で解散することへの批判が出る中で、公約明記は、解散の「理由付け」を図る意味合いが大きい。消費増税の使い道変更は、教育や社会保障の充実のため負担を分かち合う考え方を示してきた民進党の前原誠司代表の訴えとも重なる。前原氏は18日、「野党の考え方とかぶせてきて、争点隠しをしているのか」と都内で記者団に語った。 朝日新聞社

【関連記事】
• 「大義なき解散」与党内からも批判 公約の内容は急転
• 首相、解散は「帰国後に判断」 民進は「疑惑隠し」批判
• 引きこもり20年、45歳で初月給 5千円札眺め涙ぐむ
•大学講師が「韓国は恥ずかしい国」 恐怖感じたレイハラ
•豊田氏「恥をさらして生きることが償い」会見の一問一答

・・・ 平成29年9月19日(火)、朝日新聞 19(火) 5:02配信 より

私のコメント : 平成29年9月19日(火)、山口県庁 広報広聴課 県外PR班 佐々木祥子主査と私は、対談した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

島根県 津和野町 総務財政課 安村係長と私は、以下の私による、記述内容との関係があり、その対談・・・

2017年09月19日 | 山口県庁
平成29年9月19日(火)、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長と私は、以下の私による、記述内容との関係があり、その対談をした。
.........................................................................
地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【朝鮮半島情勢】朴槿恵政権、戦術核再配備を昨年要請 米は拒否

2017年09月19日 | 山口県庁
【朝鮮半島情勢】朴槿恵政権、戦術核再配備を昨年要請 米は拒否

2017.9.11 18:47更新

韓国紙、中央日報は11日、朴槿恵前政権期の昨年10月、趙太庸・国家安保室第1次長(当時)がオバマ米政権の国家安全保障会議(NSC)幹部に対し、1991年に在韓米軍から撤去されたとされる戦術核兵器を再配備するよう要請していたと報じた。「核なき世界」の実現を掲げていた米国は拒否したという。当時の韓国政府高官の話としている。趙氏は同紙の取材に否定も肯定もしなかった。朴政権下では、趙氏の訪米と同時期の昨年10月、対北朝鮮政策に関する大統領諮問機関が戦術核兵器の再配置の模索は核開発を進める北朝鮮への抑止に有効だと朴槿恵大統領に提言していた。この提言は朴氏の意向を受けたものとみられ、朴政権が戦術核再配備に向け動いていた可能性は高い。文在寅現政権は、北朝鮮に核放棄を要求する名分を失うとして 在韓米軍の戦術核再配備は進めないとの立場をとっている。(共同)・・・平成29年9月11日、産経新聞 18:47更新配信より

私のコメント : 平成29年9月11日、韓国紙、中央日報は、朴槿恵前政権期の昨年10月、趙太庸・国家安保室第1次長(当時)がオバマ米政権の国家安全保障会議(NSC)幹部に対し、1991年に在韓米軍から撤去されたとされる戦術核兵器を再配備するよう要請していたと報じている。文在寅現政権は、北朝鮮に核放棄を要求する名分を失うとして 在韓米軍の戦術核再配備は進めないとの立場をとっている。
..........................
自民党 竹下亘氏「北朝鮮ミサイル、島根落下は意味ない」

2017年9月3日 17時30分(最終更新 9月3日 18時36分)

広島での党会合で発言 「広島はまだ人口がいるが…」

自民党の竹下亘総務会長(衆院島根2区)は3日、北朝鮮が公表した米領グアムを狙う弾道ミサイル発射計画について「広島はまだ人口がいるが、(ミサイルが)島根に落ちても何の意味もねえな、という思いを持っていた」などと述べた。広島市内での党広島県連の会合で語った。

<北朝鮮>核実験と断定 河野外相 .
<北朝鮮>「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言 有料記事 .
<ミサイルで「どこへ逃げるの」>ツイッターに困惑投稿 .
<北朝鮮ミサイル発射 「完全に把握」ならなぜ広範囲に警報?> 有料記事 .
<「脅威」強調しすぎ?>韓国人が見た「日本の反応」 有料記事 .

北朝鮮はミサイルが島根、広島、高知各県の上空を通過するとしており、竹下氏の発言は、自らの地元・島根と広島では人口の密集ぶりが違うという趣旨とみられる。ただ、北朝鮮による弾道ミサイルの脅威が高まる中だけに、軽率との批判を浴びそうだ。

また、竹下氏は「あれだけ(過去にミサイルの)実験をしたので多少安心していた。東京や大阪、米軍基地を狙って、間違って島根に落ちることはもうない」とも指摘。その上で「精度が相当上がったと思っていたが、上(空)を通過するというから、もう一回考え直していろいろ対応していかなければ」と語った。【小田中大】

・・・2017年9月3日、毎日新聞 17時30分(最終更新 9月3日 18時36分) 配信より



コメント
この記事をはてなブックマークに追加