地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

広島リーグ優勝 他球団との圧倒的な戦力の差

2017年09月18日 | 社会 経済
広島リーグ優勝 他球団との圧倒的な戦力の差 阪神金本監督はカープの得点力に脱帽 DeNAラミレス監督「完璧なチーム」

9/18(月) 18:44配信

2年連続のセ・リーグ優勝を成し遂げた広島の戦力の充実ぶりについて、敗れた他球団の監督がコメントした。2位阪神の金本監督は「広島との差を一番感じたのは得点力だった。本塁打の数も全然違うし、足も違う。あの打線を抑え込める投手力をつけないと勝てない」と話した。クライマックスシリーズ(CS)進出を狙う3位巨人の高橋監督は「うちは特に前半戦に苦戦した。広島の勢いのある攻撃に圧倒されてしまった。何とかCSへの出場権を得て、シーズンでの雪辱を果たしたい」4位のDeNAのラミレス監督は「2年連続で完璧なチーム。投手は素晴らしいし、打線も非の打ちどころがない。(けがの鈴木の)代わりの4番(松山)がより打てている」と話した。5位中日の森監督は「何を取ってもうちより上だった。今のチーム編成からいくと、なかなかよそが対等に戦うのは難しい状態。いいチームだと認めざるをえない」。6位ヤクルトの真中監督は「攻撃的に見えるが、二遊間を中心に守備が良く、バランスのいいチーム。全てにおいて、うちを上回った。故障者をカバーする層の厚さも感じた」とコメントした。

【関連記事】
• 広島、37年ぶりリーグ2連覇 甲子園を真っ赤に染めたファン 緒方監督、歓喜の胴上げ
•広島リーグ優勝 胃がん闘病の広島赤松が胴上げ参加「複雑だけどうれしい」
• 広島リーグ優勝 投手王国復活 3年目藪田、2年目岡田ら「10勝投手5人」の実現へ 若手充実…昨年の黒田引退の穴埋める
•阪神、来季コーチ人事は金本監督に全権委任!後任2軍監督候補に矢野Cら
•DeNA“ノーモア・キヨシ”の教訓 ラミレス監督の来季去就、明言避けた「ノイズを入れずに…」

・・・ 平成29年9月18日(月)、産経新聞 18時44分 配信より

私のコメント : 平成29年9月18日(月)、細田派、豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が18日、埼玉県で会合を開き、一連の問題について支持者に謝罪。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県内の警報すべて解除

2017年09月18日 | 天気予報
県内の警報すべて解除

09月18日 03時25分

松江地方気象台は午前3時9分に安来市と奥出雲町に出されていた大雨警報を解除しました。

また、松江市、安来市、出雲市、雲南市、奥出雲町、川本町、美郷町、邑南町、江津市に出されていた洪水警報と、松江市、出雲市、隠岐の全域に出されていた波浪警報も解除されました。

県内はこれですべての警報が解除されました。

・・・ 平成29年9月18日(月)、島根 NEWS WEB 03時25分 配信より

私のコメント : 平成29年9月18日(月)、松江地方気象台 午前3時9分 島根県内は、大型の台風18号 すべての警報が解除されました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

細野元環境相、月内に国政新党立ち上げ 若狭議員らと

2017年09月18日 | 山口県庁
細野元環境相、月内に国政新党立ち上げ 若狭議員らと

2017年9月18日21時16分

民進党を8月に離党した細野豪志元環境相は18日、若狭勝衆院議員らと月内に国政新党を立ち上げると表明した。安倍晋三首相が衆院解散を検討する28日の臨時国会召集日を念頭に、「できれば解散前に立ち上げたい」と述べた。

•衆院選、10月22日が有力 臨時国会冒頭解散が軸

 静岡県三島市で記者団に語った。細野氏は自身に近い民進離党者3人について「長年の同志で、一緒にやりたい思いはある」と合流に期待感を示した。一方で、新党の規模については「数よりも質。理念や政策を共有できるメンバーでスタートし、現職を含めてできるだけ数を集めていく」と述べるにとどめた。

細野氏は新党について「綱領や政策をまとめている」としたが、若狭氏を後押しする小池百合子・東京都知事がどのように新党にかかわるかは明言しなかった。(竹下由佳)

関連ニュース
•小池知事「大義、分からない」 早期の衆院解散を批判
•「若狭・細野新党は自民政治の補完」 共産・志位委員長
•細野・若狭氏、新党結成の要件整う 国会議員5人を確保
•豊田真由子氏「議員続けたい」 暴言問題、支持者に謝罪
•特集:小池都政

・・・ 平成29年9月18日(月)、朝日新聞 21時16分 配信より

私のコメント : 平成29年9月18日(月)、細田派、豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が18日、埼玉県で会合を開き、一連の問題について支持者に謝罪した。豊田氏は「議員を続けたい」と述べた。
......................................
竹下登元首相の志を継ぐのは誰だ 額賀派「名門復活」への総裁候補に絞られた3人のウィークポイント

2017.7.18 01:00更新

自民党額賀派(55人、平成研究会)は7月4日、竹下登元首相(1924~2000)が竹下派(経世会)として旗揚げしてから30周年の節目を迎えた。かつては最大派閥として政権運営で絶大な影響力を発揮したが、現在の額賀派は他派閥の再編の動きに取り残され、党内第3派閥に転落した。「名門復活」に向け総裁候補の擁立を期待する声も強まっているが、今のところ候補になり得るのは3人。ただ、いずれも決め手に欠け、衆目一致する候補はいないのが実情だ。

JR出雲市駅(島根県出雲市)から車で約1時間。トンネルをいくつもくぐった先の山深い集落に、竹下元首相の生家の造り酒屋がある。裏手の急な石段を130段あまり登った高台には墓があり、竹下元首相は生前、ここから山間の景色を見渡し、生涯の政治テーマ「ふるさと創生」を誓ったという。

7月8日、額賀派の約30人が創設30周年を機にこの地を訪ね、墓参りをした。首相任命状が飾られる生家や、近くに建つ銅像も訪問した。

消費税導入や地方活性化に取り組み、日本政治史に名を残す竹下登氏の原点に触れた一行は、名門派閥の重みを改めて実感したに違いない。参加者からは「反省」の言葉が相次いだ。

額賀派会長の額賀福志郎元財務相(73)は「竹下元首相に薫陶を受けたが、十分に国家や先輩たちに恩返しをできないままでいることを自戒する」と述べ、竹下元首相の弟の竹下亘国対委員長(70)は「兄は『お前ら何やっているんだ』という思いを持っているのではないか」と語った。

額賀派は竹下派や小渕派の時代、竹下登(首相在任:昭和62~平成元年)、橋本龍太郎(同:平成8~10年)、小渕恵三(同:10~12年)の3首相を輩出した。他派閥出身の首相時代も数の力と結束力を背景に人事や政策決定、国会運営を牛耳った。「経世会にあらずんば自民党にあらず」とまで言われたほどだ。

しかし、「反経世会」の急先鋒だった小泉純一郎氏(75)が首相に就任した平成13年に暗転した。以降、総裁選ではまともに戦えていない。15年に藤井孝男元運輸相(74)、20年には石破茂前地方創生担当相(60、後に額賀派を離脱し、石破派を旗揚げ)が同派から総裁選に出馬したが、いずれも所属議員が一枚岩になれずに大敗した。額賀氏も出馬を模索したが、派内で反対されて断念した経験がある。

一方、かつて覇権を争ったライバルの細田派(清和政策研究会、96人)は、森喜朗(80)、小泉純一郎、福田康夫(81)、安倍晋三(62)の4首相を輩出。数の上でも17年に第1派閥に躍り出た。

今年7月3日には麻生派が山東派などと新派閥(59人)を立ち上げて第2派閥となり、額賀派はついに第3派閥となった。

また、額賀派より数の少ない派閥にも、岸田文雄外相(59、岸田派)や石破氏(石破派)のような派閥を挙げての総裁候補がいる。額賀派にはそれがいないのだ。

 「グループ(派閥)をもう1回活発にして、いい人材を育てていきたい」

額賀氏は7月8日の墓参り後、記者団にこう述べたが、具体策は語らなかった。とはいえ、竹下元首相の志を継ぐ「総裁候補の候補」は、現実的には次の3人しか考えられないというのが多くの所属議員の認識だ。

茂木敏充政調会長(61)、加藤勝信1億総活躍担当相(61)、小渕優子元経済産業相(43)-。3人とも他人にはない「強み」を持っている半面、弱点も抱えている。



茂木氏は額賀派で最も「頭脳明晰」な政治家だといわれる。安倍首相に重用され、24年12月の第2次安倍政権以降、経産相、党選対委員長、政調会長といった要職を歴任してきた。選対委員長時代の昨年7月に参院選で勝利を収め、政調会長としては天皇陛下の譲位に関する特例法や、働き方改革に関する党内議論を主導してきた。首相・総裁の座にも意欲があるようだ。

しかし、「下の人間に厳しすぎる」(閣僚経験者)という評価がよく聞かれ、経歴の割に派閥内に仲間が少ない。そのため「茂木氏を首相に押し上げよう」という動きがなかなか起きない。額賀派の次期会長ポストも狙っているとされるが、「茂木氏が会長になれば脱退する人が出る」(中堅議員)と反対論が多い。

ただ、8月3日に行われる予定の内閣改造では外相への抜擢が取り沙汰される。最近茂木氏と話した議員は「うれしそうにしていた」というが、額賀派にとっても「茂木外相」はプラスだろう。後輩議員のパーティーや国政選挙の応援の際、他派閥の領袖にも負けない「顔」になるからだ。若手・中堅に感謝され、人望を得られれば「総裁候補」の呼び声が高まるかもしれない。



加藤氏は派閥の壁を超え、安倍首相を側近として支えてきた。

第2次安倍政権発足とともに官房副長官に就任。元大蔵官僚らしい手堅さや政策立案能力が持ち味で、27年10月の内閣改造では、まだ当選5回ながら看板政策「1億総活躍」の担当相に抜擢された。その後、「働き方改革担当相」の肩書まで加わった。

安倍首相に重用されるのは、義父である加藤六月元農相(1926~2006)が安倍首相の父、晋太郎元外相(1924~1991)の最側近だったことも背景にある。加藤氏の義母と安倍首相の母は大の仲良しでもあり、家族ぐるみの付き合いがある。

こういった武器は一方で、「あまりにも安倍色が強すぎる」「額賀派というより安倍派」という見方につながっており、派閥内での存在感は今ひとつだ。派手な行動を好まず、知名度が低いのも総裁候補としては難点といえる。まだ当選5回とはいえ61歳ということもあり、本人も首相・総裁のポストに執着していないようだ。



小渕優子氏は、小渕恵三元首相(1937~2000)の次女で、将来の派閥会長、そして首相・総裁候補として帝王教育を受けてきた「プリンセス」だ。特に、恵三氏の盟友、青木幹雄元官房長官(83)は、22年の引退後も何かと気にかけてきた。

20年9月、少子化担当相として戦後最年少の34歳で初入閣を果たし、26年9月には経産相に起用された。「女性初の首相」レースの最右翼として順調に権力の階段を駆け上がっていたが、思わぬ落とし穴が待っていた。

優子氏の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件が発覚し、26年10月に経産相を辞任したのだ。これで総裁レースで大きく後退した。

有罪判決を受けた元秘書の執行猶予期間が終わっていないこともあり、経産相辞任以降、政府や党の要職にも就いていない。8月の内閣改造・党役員人事の後も無役が続く見通しだ。

ただ、43歳とまだ若い。額賀派幹部は「再来年には謹慎が解ける。10年、15年先に向けて今はじっくり勉強するときだ」と語る。「小渕氏の復活までは総裁選で戦わないでもいい」という声さえ一部にはあるが、問題は本人の気力だという。

「事件でマスコミにたたかれ、心が折れている。10年後、政争を勝ち抜いて首相の座を狙おうという気持ちを取り戻しているかどうか…」。小渕氏に近い自民党関係者はこう語る。

額賀派が「ポスト安倍」の政局を勝ち抜き、再び政界の中心に返り咲くことができるか-。会長である額賀氏の政治力が問われるのは言うまでもない。(政治部 田中一世)  ・・・ 2017.7.18 産経新聞 01:00更新 配信より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊田真由子氏「議員続けたい」 暴言問題、支持者に謝罪

2017年09月18日 | 華道
豊田真由子氏「議員続けたい」 暴言問題、支持者に謝罪

9/18(月) 20:05配信

元秘書に対して暴言を吐いたり、暴行したりしたと「週刊新潮」で報じられ、自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が18日、埼玉県新座市で会合を開き、一連の問題について支持者に謝罪した。豊田氏はその後の記者会見で「議員を続けたい」と述べた。また、元秘書が暴行を受けたとして埼玉県警に被害届を出していることについて、豊田氏は「報道されていることはちょっと違うという思いはある。やっていないことはやっていない」などと語った。

【写真】記者会見で頭を下げる豊田真由子衆院議員

朝日新聞社

【関連記事】
• 豊田議員、離党届 自民衆院2回生、また不祥事
• 豊田氏報道に「あんな男の代議士いっぱい」自民・河村氏
• 暴行騒動を起こした豊田真由子議員の素顔とは
•山尾さん、孤独の出発に自信を 恋は理性の外、人生続く
•大学講師が「韓国は恥ずかしい国」 恐怖感じたレイハラ

・・・ 平成29年9月18日(月)、朝日新聞20:05配信より

私のコメント : 平成29年9月18日(月)、細田派、自民党 離党 豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が18日、埼玉県新座市で会合を開き、一連の問題について支持者に謝罪した。豊田氏はその後の記者会見で「議員を続けたい」と述べた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陸上自衛隊秋田駐屯地(秋田市寺内)で9月17日、一般開放イベントが行われる。

2017年09月18日 | 日米安保条約
陸上自衛隊秋田駐屯地(秋田市寺内)で9月17日、一般開放イベントが行われる。

迫力ある「訓練展示」の様子

自衛隊活動への理解と地域住民との交流を目的に、1953(昭和28)年から周年記念として毎年開催する一般開放イベント。昨年はおよそ9200人が来場した。

創立65周年記念行事として、戦車が実戦さながらの模擬戦闘を行う訓練展示のほか、隊員500人と自衛隊車両による観閲行進、オートバイが音楽に合わせてジャンプやターンなどの演技を行う「バイクドリル」などを予定する。例年人気がある戦車の試乗は先着720人。

昨年、開始15分で1000食が完売した同駐屯地オリジナルの隠し味を加えたカレーライスは、今年は1200食に増やして提供する。

同駐屯地広報室長の大高茂徳さんは「迫力ある訓練や自衛隊車両を間近で見られるなど、自衛隊のことを知っていただける貴重な機会。皆さまに来場いただければ」と呼び掛ける。

開催時間は8時30分~15時。問い合わせは広報室(TEL 018-845-0125)まで。

静岡で「富士総合火力演習」 離島防衛を想定、水陸両用車など登場(富士山経済新聞)

•陸上自衛隊秋田駐屯地   ・・ 2017年09月06日、秋田経済新聞 配信より


私のコメント : 陸上自衛隊秋田駐屯地(秋田市寺内)で9月17日、一般開放イベントが行われたはずである。 現在、その詳細については、わからない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風 暴風に厳重警戒

2017年09月18日 | ボランティア活動
台風 暴風に厳重警戒

09月18日 08時04分

大型の台風18号は秋田の西の海上を北上し、この時間帯、県の北部が台風の暴風域に入っています。気象台は暴風に厳重に警戒するとともに高波や高潮、土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は18日午前7時には青森県弘前市の西およそ70キロの海上を北北東に進んでいるとみられます。県内では風が強まっていて、八峰町で29.9メートルの最大瞬間風速を観測しています。18日予想される最大風速は、沿岸の陸上で25メートル、最大瞬間風速は沿岸の陸上で35メートルに達する見込みです。海岸や川の河口付近では高潮にも警戒が必要です。18日の最高潮位は沿岸全域で、標高1メートル50センチに達すると予想されています。秋田港の満潮の時刻は午後0時46分です。雨量は午前7時までの1時間に秋田市太平山で20.5ミリの強い雨を観測しました。県内では、昼前にかけて雷を伴い1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。19日朝までの24時間に降る雨の量は、多いところで120ミリと予想されています。気象台は、暴風に厳重に警戒するとともに、高波、高潮、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけています。 ・・・ 平成29年9月18日(月)、秋田 NEWS WEB 08時04分配信より

私のコメント : 平成29年9月17日19時、秋田県 男鹿市では、台風18号の接近に伴い、午後4時に市内全域の世帯へ、その避難準備の情報を出し 避難するよう、呼びかけています。 引き続き、台風18号の接近に伴い、各自治体からの情報に、地域住民は、その注意を払っていきたい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風 明け方から昼前に最接近

2017年09月18日 | 天気予報
台風 明け方から昼前に最接近

09月17日 19時11分

大型の台風18号は、18日明け方から昼前にかけて秋田県に最も接近する見込みです。気象台は、海に面した市と町に暴風警報を出して、暴風に厳重に警戒するとともに高波や高潮にも警戒するよう呼びかけています。また、18日は未明から大雨になるところがある見込みで、気象台は台風への備えを早めに進めるよう呼びかけています。気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は17日夜にかけて西日本を通過し、18日は日本海を北東へ進んで明け方から昼前にかけて県内に最も近づく見込みです。台風の影響で県内では風が強まっています。にかほ市では午後5時49分に21メートル、秋田市では午後1時51分に19.6メートル、由利本荘市で午後0時17分に16.3メートルの最大瞬間風速を観測しています。秋田地方気象台は、午後4時前に沿岸の海に面した市と町に暴風警報を出し、厳重な警戒を呼びかけています。予想される最大風速は、海上で30メートル、陸上で25メートルで、最大瞬間風速は、陸上で35メートルから25メートルに達する見込みです。気象台は、18日昼すぎにかけて暴風に厳重に警戒するよう呼びかけています。高波と高潮にも警戒が必要です。海上の波の高さは18日にかけて7メートルと予想され、大しけになる見込みです。また、いまは大潮の時期に近く、台風の接近と満潮時間帯が重なると高潮による浸水の危険性が高まります。秋田港の18日の満潮の時刻は、午前2時36分と午後0時46分で、気象台は、海岸や河口付近では高潮による浸水に警戒するよう呼びかけています。さらに、雨にも警戒が必要です。 県内は18日の未明から大雨になるところがある見込みで、朝から昼前にかけては雷を伴って1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。18日午後6時までの24時間に降る雨の量は、多いところで200ミリと予想されています。気象台は、風や雨が強まる前に早めに備えを進めるよう呼びかけています。 ・・・平成29年9月17日、秋田 NEWS WEB 10時25分配信より

私のコメント : 平成29年9月18日、大型 台風18号の強風域に入ります。 各地域住民は、その各地方自治体による、大型 台風18号の警戒情報にも気を配られたい。また、台風18号は、非常に激しい雨が降るおそれがあり、各気象台では土砂災害や河川の増水、暴風や高波、それに高潮などに警戒し、早めの備えを進めるよう呼びかけています。
....................................................................  
全国市長会長に松浦氏

2017年6月8日05時00分

全国市長会は7日、総会を開き、新しい会長に現会長代理で山口県防府市長の松浦正人氏(74)を選出した。任期は2年。松浦氏は防府市議、山口県議などを経て1998年に防府市長に初当選し、現在5期目。安倍政権の教育政策に賛同する首長でつくる教育再生首長会議の会長も務める。・・・平成29年6月8日 朝日新聞デジタル 05時00分 配信より





コメント
この記事をはてなブックマークに追加