地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

台風18号夕方以降に最接近

2017年09月17日 | 山口県庁
台風18号夕方以降に最接近

09月17日 10時25分

大型の台風18号は、17日夕方から夜のはじめにかけて広島県に最も近づく見込みです。

県内では17日の昼すぎから非常に激しい雨が降るおそれがあり気象台は土砂災害や河川の増水、暴風や高波、それに高潮などに警戒し、早めの備えを進めるよう呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は、午前10時には、鹿児島県の佐多岬の西南西30キロの海上を、1時間に30キロの速さで東北東へ進んでいるとみられ、広島県には17日夕方から夜のはじめごろにかけて最も近づく見込みです。

台風の接近に伴い大気の状態が非常に不安定になり、県内では17日の昼すぎから大雨となるおそれがあります。

1時間に降る雨の量はいずれも多いところで南部、北部ともに60ミリと非常に激しい雨が降ると予想されています。

また、18日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで南部、北部ともに200ミリと予想されています。

また、17日の最大風速は海上が30メートル、陸上が南部、北部ともに25メートル、最大瞬間風速は海上が45メートル、陸上が35メートルと予想されています。

また、台風の接近が潮位の高い時期と重なるため、夜のはじめ頃から夜遅くにかけて高潮のおそれがあります。

気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、暴風や高波、それに高潮などに警戒し、早めの備えを進めるよう呼びかけています。 ・・・ 2017/9月17日、広島 NEWS WEB  10時25分配信より

私のコメント : 平成29年9月17 日、今後、山口県全域にて、大型 台風18号の強風域に入ります。 各地域住民は、その各地方自治体による、大型 台風18号の警戒情報にも気を配られたい。また、夕方から夜のはじめにかけて、台風18号は、広島県に最も近づく見込みです。県内では17日の昼すぎから非常に激しい雨が降るおそれがあり気象台は土砂災害や河川の増水、暴風や高波、それに高潮などに警戒し、早めの備えを進めるよう呼びかけています。
.......................  .......................  .......................  
全国市長会長に松浦氏

2017年6月8日05時00分

全国市長会は7日、総会を開き、新しい会長に現会長代理で山口県防府市長の松浦正人氏(74)を選出した。任期は2年。松浦氏は防府市議、山口県議などを経て1998年に防府市長に初当選し、現在5期目。安倍政権の教育政策に賛同する首長でつくる教育再生首長会議の会長も務める。

・・・ 2017年6月8日 朝日新聞デジタル 05時00分 配信より



コメント
この記事をはてなブックマークに追加