地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

島根県 津和野町 公益財団法人 亀井温故館にて、その後・・・・・・・

2017年09月06日 | 労働経済学
平成29年9月6日、島根県 津和野町役場 総務財政課からの対応も得て、私は、津和野町役場 農林課 農業振興係 小藤信行主幹と面談した。その後、島根県 益田市役所 産業経済部 農業振興課 梅津明則課長と益田市役所 産業経済部 農業振興課内にて、津和野町役場 農林課 農業振興係 小藤信行主幹と面談した際、頂戴した関係 資料をもとに、対談し、その関係する内容にて、島根県 益田市役所 産業経済部 農業振興課 梅津明則課長による、島根県 益田市役所 産業経済部にて 作成をされた関係 資料の提供を受けれた。その後、島根県 益田市 政策企画局 秘書広報課 波田正博課長へ 私は、面会し、今日、島根県 益田市議会中、島根県 益田市 政策企画局 秘書広報課 波田正博課長の許へ、私から その事前の連絡を入れていたおかげがあり、その多忙中に、益田市 政策企画局 秘書広報課 波田正博課長による ご丁寧な、その御配慮の許、島根県 益田市役所 産業経済部 農業振興課 梅津明則課長による、島根県 益田市役所 産業経済部で、その作成された益田市役所の関係資料の提供を私が受けれた お礼を申し上げた。

同日、島根県から山口県へ戻り、山口県庁 薬務課から 私の許へと、以上と以下における、その関係する内容における、その連絡が入っていた。

..........................................................................
平成27年10月27日、島根県 津和野町 公益財団法人 亀井温故館にて、亀井茲基理事長と私は、対談した。

以下、その際における、その話題の概略 内容。

平成27年10月25日に、津和野町 亀井家 別邸 宅における御祭場へ、私が、私からのお供え物 等を そのお供えに、あがった件の説明。京都市 粟田口 青蓮院 東伏見保子様 七回忌 法要の件、平成 初年頃に、私が、青蓮院へ、よく、参拝していた当時、その対応をしていただいていた青蓮院 執事 村田様から私への手紙 文献における内容の説明の件、それに関係する、青蓮院 東伏見保子様 ご実家における津和野町 亀井家 そのお祭り、祭祀の件、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私との間における話題、平成27年10月19日、島根県議会議員 中村芳信先生と私が、面談 説明もし、中村芳信県会議員から、私への支援を求めている旧津和野町・旧日原町史 編纂における、今までに至る、津和野町役場 等と私との連絡内容、及び、津和野町への開示請求後 その経緯 説明の件、津和野町 亀井家 墓所整備の件、山口県と島根県における各公益財団法人における運営状況 風土・地域性 比較の話題について。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悠仁さま、きょう11歳 学校で栽培委員会に

2017年09月06日 | 芸術 文化
悠仁さま、きょう11歳 学校で栽培委員会に

9/6(水) 5:12配信

秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さまが6日、11歳の誕生日を迎えた。お茶の水女子大付属小学校の5年生。宮内庁によると、自然への関心が高く、学校では栽培委員会に所属し花壇の水やりなどを担い、お住まいのある赤坂御用地でも野菜作りや稲作に取り組んでいるという。

【動画】秋篠宮家の長男悠仁さまが11歳の誕生日を迎えた=宮内庁提供

5月の校外学習では東京・両国国技館を訪れ、大相撲を観戦。友人とちゃんこも味わった。8月下旬には2泊3日で林間学校に初めて参加。長野県の白樺(しらかば)湖周辺で友人と共同生活を送り、飯盒炊爨(はんごうすいさん)を経験した。悠仁さまは皇位継承順位第3位で、天皇陛下の孫の世代では唯一の男性皇族。天皇陛下が遠からず退位すると、秋篠宮家には補佐機関として「皇嗣職」が置かれ、職員数も約20人から50人ほどに増える見通し。予算も増え、悠仁さまの養育態勢も強化されることが想定される。関係者によると、秋篠宮ご夫妻は悠仁さまに様々な体験をさせたい意向で、8月には滋賀県高島市で皇室とゆかりのある毛筆製造店を見学するなどした。(島康彦、緒方雄大)

朝日新聞社

【関連記事】
• 「ふふふ、ちょっとここでは…」 眞子さま会見一問一答
• 担任が語る眞子さま「サバイバル鬼ごっこで職員室に…」
• 婚約「息子を信じ任せました」 小室圭さんの母
• 「まこしー」と自己紹介、被災地ボランティア 眞子さま
•眞子さま、ミントグリーンお好き? 重要行事で度々着用

・・・  平成29年9月6日(水)、朝日新聞デジタル 5:12配信より

私のコメント : 平成29年9月6日(水)、島根県 津和野町教育委員会 宮田様と私は、国内 重要文化財、史跡 旧跡 その文化財における保護運動活動へ関係する内容にて、津和野町 文化財保護 活動 推進に向け、対談をした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【眞子さまご婚約内定】  秋篠宮ご夫妻に祝福の声 眞子さまご婚約内定で

2017年09月06日 | 芸術 文化
【眞子さまご婚約内定】  秋篠宮ご夫妻に祝福の声 眞子さまご婚約内定で

2017.9.4 14:38更新

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと、国際基督教大学時代の同級生だった小室圭さん(25)のご婚約内定から一夜明けた4日、ご夫妻は国立西洋美術館(東京都台東区)を訪れ、16世紀の宮廷画家、アルチンボルドの展覧会を鑑賞された。美術館に到着した際、集まった人から祝福を受けた秋篠宮ご夫妻は笑顔でご会釈。馬渕明子館長が「おめでとうございます。昨日はお疲れでしたでしょう」と話すと、秋篠宮さまは「ありがとうございます」と応じられたという。一方、ご夫妻の次女、佳子さまは同日、皇居・御所を訪れ、12日からの英国留学を前に天皇、皇后両陛下にあいさつされた。その後はご夫妻も合流し、昼食を共にされた。御所には約1時間半滞在し、眞子さまが小室さんとともに行った3日の記者会見についても話題に上ったとみられる。 ・・・ 2017.9.4 、産経新聞 14:38更新 配信より

私のコメント : 過去、国立西洋美術館 館長に就任中における 遠山 敦子氏から 私の許へ、私の勤務先 校長を通じ、国立西洋美術館 館長、その就任中における遠山 敦子氏から、私の許へ、そのオファーがあった。その後、遠山 敦子氏は、文部科学大臣(第2代)へと就任をされ、文部科学大臣(第2代)へ就任中に、山口県宇部市に講演に来訪もされ、その折に、私は、遠山 敦子文部科学大臣(第2代)と面会し、私から、遠山 敦子文部科学大臣(第2代)へ 私の書簡、手紙も 直接、手渡している。

それが、以下の内容、現在、対応における各内容が、継続され、国内の重要文化財、史跡 旧跡 文化財における保護運動における諸活動へとも、つながっている。
............................................................
山口県萩市 黒川 国重要文化財 民家 森田家 住宅内における 弁護士、牧師活動の件 その後の経過記事について、

山口地方裁判所にて、萩市 黒川 国重要文化財 森田家 住宅内 における 弁護士、牧師活動の件について、当時、民事法廷にて、山口地方裁判所 判事 坂本倫城様に、私は、異議を唱えました。しかし、当時の山口地方裁判所 判事 坂本倫城様は、「その内容について、何ら問題はない。」と私の主張についてを取り下げられました。

//////////////////////////////////////////////////
文化庁長官 関与 国指定 重要文化財 民家の所有者 変更に関する件

以下 文化庁 及び 内閣府との記録は、私と伯母 ( 萩市在住 ) との対応において発生しているものです。叔父(父の弟)との関係において生じているものでは、ないことをブログにて説明します。

問 庁 : 文化庁長官
諮問日:平成15年6月 3日 (平成15年(行情)諮問第326号)
答申日:平成15年8月11日 (平成15年度(行情)答申第251号)

事件名:重要文化財の所有者変更に関する文書の一部開示決定に関する件

答 申 書
第1 審査会の結論
重要文化財特定住宅の所有者変更について(文化庁原議書)及び文化財所有者氏名等変更届(以下「本件対象文書」という。)につき,その一部を不開示とした決定について,諮問庁が不開示とすることとしている部分については,不開示が妥当である。

第2 異議申立人の主張の要旨
1 異議申立ての趣旨
本件異議申立ての趣旨は,行政機関の保有する情報の公開に関する法律(以下「法」という。)3条の規定に基づく行政文書の開示請求に対し,平成14年11月15日付け諸庁財第124号により文化庁長官が行った一部開示決定について,これを取り消し,本件対象文書の開示を求めるというものである。

2 異議申立ての理由
異議申立人の主張する異議申立ての主たる理由は,異議申立書及び意見書の記載によると,おおむね以下のとおりである。当家では,重要文化財の特定住宅が,亡祖父の財産の寄与分,遺留分を含め,特定個人に相続はすんでいない。そのため,当家の宗教活動,奉仕活動が停止に近い状態になっている。文化庁の不開示とされた個人印により,国重要文化財の特定住宅を管理している当家の相続が中断したままである。今後の国重要文化財の管理運営に大きな問題が生じる。これまで文化庁から発送された担当者名が明記されていない文書や,いままでの文化庁職員の対応よって,異議申立人に,それに関わる必要のない多大の出費,時間の制約と精神的な苦痛を与えている。よって,不開示とされた個人印の印影の開示を求める。

( 以 下 省 略 )

第6 答申に関与した委員

吉村德則,高木佳子,戸松秀典

///////////////////////////////////////////
その後、以下の内容が、関連もし、その記事として配信されていますので、関係各位 皆様は、この状況についても注視していただきたいと私から、お願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
民主・土肥氏「竹島領有権、日本は主張中止を」 韓国議員と“共同宣言”

わが国固有の領土にもかかわらず韓国が不法占拠を続けている竹島について、衆院政治倫理審査会会長で菅直人首相が主宰する政策グループ代表の土肥隆一衆院議員(兵庫3区)が「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として、日本政府に竹島の領有権主張中止などを求める同議連の日韓共同宣言に名を連ね、韓国の国会で共同記者会見していたことが9日、分かった。土肥氏は産経新聞の取材に「個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と話している。

共同宣言文のタイトルは、「和解と平和を成す韓日両国の未来を開いていこう」。日本に対し「歴史教科書の歪曲(わいきょく)と独島(韓国が主張する竹島の名)領有権主張を直ちに中止する」などの3項目を要求。議連の日本側会長の土肥氏ら3人の連名としている。土肥氏によると、共同宣言は先月27日、韓国の植民地支配下の独立運動を記念した「3・1節」の関連行事の一つとして開催された、同議連の共同記者会見で発表された。土肥氏は日本側会長の立場で、日本から唯一出席。韓国には当日入り、式典の前に「この共同宣言を発表したい」と日本語訳が添付された宣言文案を渡され、内容を確認して了承、共同会見に臨んだという。土肥氏は産経新聞の取材に「共同宣言は外交交渉上有効になるようなものではない」と説明。「この議連は本来、キリスト教的精神で日韓問題を考えようという趣旨のもの。どちらか一方だけが悪いということにはならないはずだが、韓国では竹島、慰安婦、教科書、靖国に対する自国の主張を述べないと、日本と向き合ったことにならない」とも述べ、韓国側が作成した宣言文に理解を示した。共同宣言は、韓国内では主要各紙が報道。会見した土肥氏らの写真も掲載された。土肥氏によると、同議連はキリスト教信者の両国の国会議員によって約11年前に発足。日本側は7人程度だが、韓国は国会議員の3分の2にあたる約150人が所属しているという。土肥氏は通称「菅グループ」と呼ばれる菅首相主宰の「国のかたち研究会」代表を務め、昨年9月の民主党代表選では菅首相の推薦人だった。

◎ 「軽率すぎる行動」
拓殖大の下條正男教授は「政権与党幹部の一人が韓国側の主張に沿う共同宣言を公の場で共同発表したことは、韓国側には『日本政府が韓国の領有権主張を認めた』と解釈される。軽率すぎる行動で、領土問題の根幹をまったく理解していない」と指摘している。

【用語解説】  竹島問題
竹島は隠岐の北西157キロの日本海に位置する2つの島と多くの岩礁からなる。もともとは無人島だったが、韓国が昭和27年、一方的に海洋主権宣言をして領有を主張。29年から警備隊を常駐させ、不法占拠を続けている。平成11年の新日韓漁業協定で、周辺は両国共同管理の暫定水域とされたが、韓国船が主に操業。17年3月には、島根県議会が「竹島の日」条例を可決している。 ・・・平成23年3月9日(水)産経新聞 配信より

////////////////////////////////////////////////////
立正大学図書館 (品川図書館) 受贈本係 対応の件

平成28年(2016年)3月26日

立正大学図書館 (品川図書館) 受贈本係 水上 様 
〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16

( 自宅 )  省 略 

件名: 今回、立正大学図書館へ私から寄贈する、『熊谷五右衛門』 昭和35年8月19日発行 限定600部復刻版の1冊 『熊谷五右衛門』を寄贈する 経緯の説明をいたします件

いつもお世話になっています。私からfax連絡文については、平成28年3月18日に、立正大学図書館(品川図書館)受贈本係水上様へ、すでに連絡済みですが、その時、立正大学図書館(品川図書館)へ「 私からの寄贈本、『熊谷五右衛門』を寄贈する際に、立正大学の関係者に、面会したいと希望します。 」とのfax連絡文、送信もしていましたが、別紙 平成28年(2016年)3月25日、宇部市長久保田后子氏による私への対応の結果、現在における、その内容のとおり、私から、私の請求書の相手方 宇部市長久保田后子氏へ、その再請求書も郵送しているという経緯があり、私からの今回の寄贈時は、立正大学の関係者へ、私が、面会することが、かなわなくなりましたことを連絡申し上げます。

今回の寄贈に関しましては、立正大学 石橋湛山先生と私との文化交流もあり、また、これからの今後の対応が、山口県教育委員会教育長にもありますため、立正大学 皆様から 私からの請求書の 相手方 山口県宇部市長久保田后子氏への再請求書を郵送しているという経緯につきましては、私からの聴き取りと、また、今後のご助言の程も、私の方へ、よろしくお願いいたします。

添付 書類 (写し)

1.宇広要第138号 平成28年(2016年)3月25日 宇部市長久保田后子氏より

2.山口県宇部市長久保田后子氏へ対し、その申立人 森田良直による再請求書 

3.平22教職第485号 平成23(2011年)年2月3日 山口県教育委員会教育長より  ( 教職員課人事企画班 担当 松田)

平成27年9月14日、私は、山梨県 堀内詔子代議士 永田町 事務所 鈴木紀子 秘書に連絡を入れた。 同日、山梨県 堀内詔子代議士 永田町 事務所 男性 秘書から 私の許へ、「よくわからない、電話をしないで下さい。これ以上 電話すると・・・」 等 の連絡が入る。

〇池田・佐藤政権期の日本外交 (MINERVA日本史ライブラリー)
波多野 澄雄 / ミネルヴァ書房

〇池田勇人VS佐藤栄作 昭和政権暗闘史 三巻 (静山社文庫)
大下 英治 / 静山社

〇花も嵐も―宰相池田勇人の男の本懐
小林 吉弥 / 講談社

〇安保条約の成立―吉田外交と天皇外交 (岩波新書)
豊下 楢彦 / 岩波書店

〇幕末維新を歩く JTBキャンブックス
ジェイティビィパブリッシング

〇中部地方の近世社寺建築〈2〉山梨・長野 (近世社寺建築調査報告書集成)
東洋書林

〇文化財の防災計画―有形文化財・博物館等資料の災害防止対策
半沢 重信 / 朝倉書店

〇左翼・右翼がわかる!―天皇制 西郷隆盛 三島由紀夫 日蓮 宮沢賢治 大本 オウム真理教 軍隊
佐高 信 / 金曜日

〇英霊の聲 オリジナル版 (河出文庫)
三島 由紀夫 / 河出書房新社

〇憂国の論理―三島由紀夫と楯の会事件 (1980年)
保阪 正康 / 講談社

〇森田必勝・楯の会事件への軌跡
岡村 青 / 現代書館

〇殉教 (新潮文庫)
三島 由紀夫 / 新潮社

〇学習院 (文春新書)
浅見 雅男 / 文藝春秋

〇街道をゆく (1) (朝日文芸文庫)
司馬 遼太郎 / 朝日新聞社

〇湛山回想 (岩波文庫 青 168-2)
石橋 湛山 / 岩波書店

〇日本古文書学 (1976年)
伊木 寿一 / 雄山閣出版

〇長州藩士桂家文書 (1979年) (研究叢書〈9〉)
北原 進 / 立正大学経済研究所

平成26年11月25日、山梨県 堀内詔子代議士 吉田事務所に依頼していた内容の資料と書類が、到着し、私が、伊木寿一氏からの古文書研究方法について、拝聴している内容に関し、その研究を前進することもできた。11月26日、私が、山梨県関係の資料を拝受し、私から、堀内詔子代議士の秘書 鈴木紀子様に、その伝達し、「堀内詔子代議士には、私のブログ内容の閲覧を願う 旨」を申し伝えた。

〇日米安保と自衛隊 (シリーズ 日本の安全保障 第2巻)
岩波書店

〇若泉敬と日米密約  沖縄返還と繊維交渉をめぐる密使外交
信夫隆司 / 日本評論社

〇「普天間」交渉秘録
守屋 武昌 / 新潮社

〇大平正芳――理念と外交 (岩波現代全書)
服部 龍二 / 岩波書店

〇岸信介の回想 (文春学藝ライブラリー)
岸 信介 / 文藝春秋

〇石橋湛山―湛山回想 (人間の記録 (47))
石橋 湛山 / 日本図書センター

〇山梨県の歴史 (県史)
飯田 文弥 / 山川出版社

〇アナウンサーが教える 愛される話し方 (朝日新書)
吉川美代子 / 朝日新聞出版

〇保険と補償の法理
金沢 理 / 成文堂

〇産業連関分析ハンドブック
東洋経済新報社
....................................................................................
遠山 敦子氏とは、日本の文部官僚 財団法人日本いけばな芸術協会会長。日本・トルコ協会副会長。2007年6月株式会社NHKエンタープライズの社外取締役にも就任している。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会評議員。文化庁長官、在トルコ共和国特命全権大使、国立西洋美術館館長、独立行政法人国立美術館理事長、文部科学大臣(第2代)、財団法人新国立劇場運営財団理事長などを歴任。2013年4月旭日大綬章を受章。・・・ ウィキペディア・フリー 百科事典より  説明のため、抜粋する
コメント
この記事をはてなブックマークに追加