地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

山口市役所 建て替え現在地に 事業費、修正案で削減可能 /山口

2017年09月03日 | 山口県庁
山口市役所 建て替え現在地に 事業費、修正案で削減可能 /山口

毎日新聞 2017年9月3日 地方版

老朽化した山口市役所の建て替えを巡り市は、旧山口市中心部の2候補地のうち現在地と隣接する中央駐車場敷地を一体整備(亀山町案)して建て替える方針を固めた。定例市議会初日の4日、渡辺純忠市長が発表する。

市は6月、候補地を現在地と「亀山公園ふれあい広場」(中河原案)の2案に絞り込み、比較検討を続けていた。事業費の試算は当初、中河原案が約146億円、地下などに代替駐車場を整備する亀山町案が約154億円とされた。

しかし、関係者によると、市は8月下旬、新庁舎を中央駐車場の敷地に建設し、現庁舎を解体した跡地に立体式の代替駐車場を建てる亀山町案の修正を検討。この場合、事業費は当初試算から10億円程度削減でき、工期短縮も可能と分かった。

また、周辺道路からのアクセス確保は現在地が中河原案より優れているとされた他、庁舎を移転すると中心商店街周辺の人の流れが変わる懸念などの指摘もあり、亀山町案を採用した。【祝部幹雄】

〔山口版〕・・・ 平成29年9月3日(日)、毎日新聞 地方版 配信 より

..............................................................
県公安委員会 委員長に倉田氏 14~15年に続き2度目 /山口

県公安委員会は12日、任期満了に伴い退任する香川敬委員長(65)の後任に、元県立高校長の倉田恵子氏(69)を選任した。就任は19日付で任期は1年。倉田氏が委員長を務めるのは2014~15年に続き2度目。 倉田氏は下松市出身。1970年に広島女子大卒業後、県内で高校教諭となり、鹿野高や岩国総合高の校長などを歴任した。退職後、県私立学校審議会委員を務めた後、12年から県公安委員となった。【真栄平研】 ・・・ 平成29年7月14日(金)、毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント : 平成29年7月14日(金)、上記、及び、下記の記事内容に関係する 地方自治体による、その統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているために、 その後、私は、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長の許へ、連絡を入れた。しかし、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長が、 平成29年7月14日(金) 午後から、津和野町 役場に、不在なため、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 河良 職員と 統計調査処理、国からの センサス 調査と集計 島根県 津和野町と 山口県 山口市 総務部 情報管理課 統計調査 と その対応処理の諸関係における、違いに関して、今後の対応、今後の課題、島根県 津和野町と 山口県 山口市との間では、発生していく可能が、非常に、高いため、よって、慶應義塾大学 商学部にて、私が、統計学、産業連関分析学、等 を学び、小尾恵一郎教授、岩田 暁一教授、西川俊作教授、辻村和佑教授 等から、学んだ 計量経済学、及び、各 学事内容を踏まえ、簡略な説明を入れておく。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小室さん「夜空にきれいな月を見つけ、思わず宮さまにお電話を」

2017年09月03日 | 宮内庁
【眞子さまご婚約内定会見詳報(下)】

2017.9.3 16:56更新

小室さん「夜空にきれいな月を見つけ、思わず宮さまにお電話を」

--お互いをどのような存在と感じ、どんなところにひかれ、普段はどう呼び合っているか、お聞かせください。

 眞子さま「一言で申し上げるのは難しゅうございますが、小室さんは私を温かく励ましてくださる存在でございます。最初にひかれたのは、太陽のような明るい笑顔であったと思いますが、性格を深く知るうちに、真面目で、ご自分の考えと強い意思を持ちながら、努力されるお姿、また、物事に心広く対応される姿にひかれました。普段はお名前で呼んでおります」

 小室さん「宮さまとたびたびお会いするようになりましてから、ある日、夜空にきれいな月を見つけ、そのとき、思わず宮さまにお電話をいたしました。その後も、きれいな月を見つけますとうれしくなり、宮さまにお電話をおかけしています。宮さまは私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます。とても愛情深く、確たる信念をお持ちのところに強くひかれました。普段はお名前を呼んでおります」

 --お名前とは具体的には。

 眞子さま「そうですね。ちょっとここでは、実演はご遠慮申し上げるのですけれども、具体的に申し上げると、お互いファーストネームで呼び合っております」

--質問者を交代いたします。本日はご婚約内定おめでとうございます。眞子さまが秋篠宮ご夫妻や妹の佳子さま、弟の悠仁さまに小室さんを紹介された際のご様子や、皆さまからどのような言葉があったかご紹介いただけますか。小室さんもご家族に交際を伝えられた際、どのようなやりとりがありましたか。

 眞子さま「私への質問は、初めて小室さんを紹介したときのことと理解いたします。将来を考えている方として、紹介いたしました。そのときは両親のみであり、妹と弟には、別の機会でした。ということで、ここでは両親のときの話をさせていただきたいと思います。改めて振り返りますと、なにぶんにも数年前のことでございますし、結婚に関する物事が進んでいたわけでもありません。記憶に残っていることといえば、両親が『秋篠宮眞子の父です』『母です』と自己紹介をしていたこと。小室さんも自己紹介をなさっていたことでございます。多少の緊張感はありながらも、楽しく和やかに会話をしたように記憶しております」

 小室さん「将来を考えた交際を私の家族に報告しましたら、とても恐れ多いことですが、あなたがそのように決めたのならば宮さまにお幸せになっていただけるよう努めるように、と申しておりました」

 --眞子さまは皇族の立場を離れられ新たに家庭を築かれること、小室さんは皇族の方を妻とすることをどうお考えですか。理想の家庭像とあわせてお聞かせください。

 眞子さま「幼いころより、結婚をするときは皇族の立場を離れるときであるという意識を持って過ごしてきました。その中で、天皇陛下をお助けし、自分なりにできる限り、皇族としての仕事を大切に果たそうと努めるとともに、私自身の生活も大事にして参りました。両親も私の考えを尊重しながらも助言をし、見守ってくれました。他にも沢山の方々に助け、見守られ、さまざまな貴重な経験と多くの出会いに満ちた日々が送れましたことを大変ありがたく思っております。新たに家庭を築くことは、なかなか想像の範囲に収まることではないと思いますが、小室さんとともに、温かく、居心地がよく、笑顔あふれる家庭を作ることができればうれしく思います」

 小室さん「内親王さまをお迎えすることは、非常に責任が重いことと思い、真摯に受け止めております。宮さまはそれらのことを感じさせない配慮を常に私にしてくださり、今日までとても自然な気持ちで過ごすことができました。これからも私なりにできる限りのことをして参りたく存じます。理想の家庭像でございますが、いつも自然体で和やかな家庭を築いていきたいと思います」

--小室さんにお伺いいたします。ご自身の性格や、大切にしていること、趣味や座右の銘、また将来の夢や目標などについてお聞かせください。

 小室さん「まず性格でございますが、一言で申しますと、単純ということになると思います。どちらかといえば、鈍い方かもしれません。大切にしていることは、日常のペースを崩さないことでございます。趣味は多々ありますが、その中でも、絵を描くことと音楽は、幼いころより親しんで参りました。休日にはピアノで好きなジャズを聴いております。また、体を動かすことも好きで、四季折々のスポーツを楽しむこともあります。好きな言葉は『Let It Be』でしょうか。現在、奥野総合法律事務所・外国法共同事業にて正規職員として働いている傍ら、社会人入学した大学院に夜間で通っております。今後のことで思い描いていることはございますが、今は目の前の仕事と勉学にしっかりと取り組むことが重要であると考えております。将来のことにつきましては宮さまとご相談しながら考えて参りたいと思います」

--本日はお忙しい中、このような貴重な機会を設けていただき、ありがとうございました。記者一同、お二人の末永いお幸せをお祈りしております。本日は誠におめでとうございました。

… 2017.9.3、産経新聞 16:56更新 配信より

私のコメント : 平成29年9月3日、秋篠宮 眞子さま ご婚約 会見に接し、お二人の末永いお幸せをお祈りしております。誠におめでとうございます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

眞子さまご婚約内定会見詳報

2017年09月03日 | 宮内庁
【眞子さまご婚約内定会見詳報(上)】

2017.9.3 16:09更新

プロポーズは「将来結婚しましょう」 眞子さま「私の心は決まっておりました」

ご婚約が内定した秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと国際基督教大(ICU)時代の同級生、小室圭さん(25)が3日午後3時から、赤坂御用地(東京都港区)内の赤坂東邸で記者会見に臨まれた。全文は以下の通り。



 --本日はご婚約内定、誠におめでとうございます。豪雨災害により、延期となっておりましたが、本日こうしてお二人からお話を伺えること、大変楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

 お二人「よろしくお願いいたします」

 --ご婚約が内定した今の率直なお気持ちをお聞かせください。

 眞子さま「本日、天皇陛下のお許しをいただき、婚約が内定いたしましたことを誠にうれしく思っております。しかし、7月の九州北部豪雨とその後の各地における豪雨の影響で、今もなお、大変な思いをされている方々がいらっしゃいます。亡くなられた方々をお悼みするとともに、被災された方々が早く落ち着いた生活を送ることができますよう、心より願っております。また、婚約発表の具体的な時期が決まる前に突然に報道されたことにより、多くの方にご迷惑をおかけし申し訳なく思っておりますが、今日を迎えることができ、ありがたく思います」

小室さん「天皇陛下よりお許しをいただきましたことを、大変ありがたく存じます。また、これまで、秋篠宮同妃両殿下をはじめ、多くの方々が温かくお見守りくださいましたことに、心より感謝申し上げます」

 --今日、天皇皇后両陛下にはどのようにご報告し、どのようなお言葉がありましたか。

 眞子さま「先程、御所へごあいさつにあがりました。天皇皇后両陛下よりは、大変温かく、心のこもったお言葉をいただきましたが、そのお言葉は私の心の内に大切にとどめておきたく存じます」

 小室さん「先程、ごあいさつ申し上げましたところ、天皇皇后両陛下よりお言葉を賜り、誠にありがたく存じました。宮さまと同様に、心の中に大事にとどめたく存じます」

 --お二人の出会いから交際を経て、婚約の意思をかためるまでの経緯について、プロポーズの時期や言葉なども含めて具体的にお聞かせください。

 眞子さま「小室さんと最初にお目にかかりましたのは、大学1年生のころでございましたが、すれ違うと軽くあいさつをする程度でございました。初めてきちんとお話をしましたのは、2012年、国際基督教大学が交換留学生のために教室で行った説明会でのことでした。そのとき、私が座った席が小室さんの座った席の後ろであったことがきっかけとなりました。それから親しくお話をするようになり、交換留学前からお付き合いを始めました。この当時、お互いに、お付き合いをする人は結婚を考えられる人でありたいという共通の認識がございましたので、結婚につきましては当初より念頭にございました。そのようなわけで、プロポーズで初めて結婚を意識したというわけではありませんでしたが、もちろん、誠にうれしく思いました。私の心は決まっておりましたので、プロポーズはその場でお受けいたしましたが、時期についてはお互いに相談しながら決めていこうということで今まで過ごしてまいりました」

 小室さん「重なるところも多いと思いますが、初めてお話をきちんといたしましたのは、2012年の交換留学に伴う大学構内での説明会でした。交換留学前からお付き合いを始め、その後、宮さまはイギリスへ、私はアメリカへ1年間留学し、長く遠く離れておりましたが、その間もしばしば連絡をとりながら、交際を深めてまいりました。帰国後もお互いの気持ちを確認しあいながら、プロポーズに至りました。2013年の12月に私から宮さまに『将来結婚しましょう』というように申し上げました。場所は都内で、食事の後、2人で歩いていた時であったと記憶しております」

=(下)へ続く … 2017.9.3、産経新聞 16:09更新 配信より

私のコメント : 平成29年9月3日(日)、ご婚約が内定された秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまとICU時代の同級生、小室圭さんが3日午後3時から、赤坂御用地内の赤坂東邸で記者会見に臨まれた。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミサイル「島根に落ちても意味ない」 自民・竹下氏

2017年09月03日 | 朝日新聞
ミサイル「島根に落ちても意味ない」 自民・竹下氏

9/3(日) 15:27配信

自民党の竹下亘総務会長は3日、北朝鮮が米領グアム島周辺の海域を狙って弾道ミサイルを撃つ計画を表明し、島根、広島、高知各県の上空を通過すると名指ししたことについて、「我々は『えっ』。広島は人口がいるけど島根に落ちても何の意味もない、という思いを持っていた」と述べた。広島市内で行われた党広島県連の会合で語った。

竹下氏は衆院島根2区選出。安倍政権が弾道ミサイルへの備えを強調する中での不適切な発言で、野党などから批判が出そうだ。

竹下氏は会合でのあいさつで、北朝鮮の弾道ミサイル開発について「精度が上がり、東京や大阪、米軍の基地を狙ったものが間違って島根に落ちることはないと思っていた」としたうえで、グアム島周辺に向けた発射を念頭に「上を通過するというから、もう一回考え直して色々なことを対応していかなければ」と指摘した。朝日新聞社

【関連記事】
• 特集:北朝鮮の核実験
•ミサイル「島根に落ちても意味ない」 自民・竹下氏
• 安倍首相、不測の事態への備えなど省庁に指示 北朝鮮
• 「北朝鮮が核実験」政府断定 河野外相、米韓と協議開始
• 安倍首相「核実験とすれば断じて容認できない」 ・・・平成29年9月3日(日)、朝日新聞デジタル 15:27配信 より

私のコメント : 平成29年9月3日(日)、河野太郎外相が、9月3日、外務省で記者団へ「北朝鮮が核実験を行った、と政府として断定する」としている中、自民党 竹下亘総務会長は、北朝鮮が米領グアム島周辺の海域を狙って弾道ミサイルを撃つ計画を表明し、島根、広島、高知各県の上空を通過すると名指ししたことについて、「我々は『えっ』。広島は人口がいるけど島根に落ちても何の意味もない、・・・」と広島市内 自民党広島県連の会合で語った。竹下亘総務会長は衆院島根2区選出。竹下亘総務会長は会合でのあいさつで、北朝鮮の弾道ミサイル開発について「精度が上がり、東京や大阪、米軍の基地を狙ったものが間違って島根に落ちることはないと思っていた」、北朝鮮からの弾道ミサイル発射を念頭に「上を通過するというから、もう一回考え直して色々なことを対応していかなければ」と指摘もされた。今回の発言内容は、日本国内での国体護持に関係していく、問題もある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JAL釜山就航50周年、記念式典に植木社長登壇 歴代制服CAや初便搭乗者も

2017年09月03日 | ファション
JAL釜山就航50周年、記念式典に植木社長登壇 歴代制服CAや初便搭乗者も(写真15枚)

DC-6Bで運航を開始

JAL釜(日本航空)は2017年9月2日(土)、金海国際空港(韓国・釜山)にて釜山(プサン)就航50周年を記念した式典を開催しました。50年前の1967(昭和42)年9月2日に福岡~釜山線が開設され、当時はDC-6Bにて運航されました。50周年を迎えたこの日、JALが運航する釜山便は成田~釜山線のみで、1日2往復。ほか、福岡~釜山線など大韓航空が運航するコードシェア便があります。成田からの便は午前10時50分発のJL957便と18時20分発のJL969便、釜山からの便は午前7時50分発のJL960便と14時10分発のJL958便です。記念式典の直後に釜山を出発するJL958便の使用機材はボーイング737-800型機で、座席はビジネスクラス12席、エコノミークラス132席の計144席になっています。式典では、路線開設当初の運航機材であるDC-6Bの模型や当時のノベルティーなどが展示されました。また、釜山線に縁のあるJAL客室乗務員制服のファッションショーも行われ、4代目、5代目、6代目、7代目、9代目の制服が紹介されました。挨拶に立ったJALの植木義晴社長は、「日本航空は、釜山便を1日2便運航している唯一の航空会社。日本と韓国を結ぶ航空路線においては、LCCなど他社との競争が激しいなか、安全はもちろんのこと最高品質のサービスを提供することでフルサービスキャリアとして差別化を図っていきたい」と述べ「これまでの50年間と同様、安全運航を祈願しつつ、韓国と日本の架け橋として、最高のサービスを提供することによって愛される航空会社を目指したい」と語りました。また50年前の今日、福岡~釜山便の初便へ搭乗した乗客である李敏子さんが紹介されました。李さんは「JALさんから50年前に飛行機に乗ったことで問い合わせがあって、本当に驚きました。飛行機に乗るのも初めてで、当時は金海空港でなく違う場所の空港に着陸したことを覚えています。50年前、初めて乗る飛行機で不安な私に、客室乗務員の方が優しく接していただいたことに感謝しています」と当時を振り返り、初便の感想を述べました。 関係者によるテープカットにより、式典は終了。搭乗口では植木社長自らが搭乗客を見送り、JL958便は成田へと飛び立ちました。

【了】・・・ 2017.09.03 乗りものニュース ›› 航空 ›› 配信より

石津祐介(ライター/写真家)

170902 jal 01

JALの植木社長と歴代制服のCA。左から4代目、5代目、植木社長、6代目、7代目、9代目(石津祐介撮影)。
 
.......................................

〇 日本航空一期生  中丸 美繪 / 白水社

〇 政治わが道―藤山愛一郎回想録 (1976年)  藤山 愛一郎 / 朝日新聞社

〇 歴史をつくる人々 鐘紡紡績社長 武藤絲治 万事 人間本位 - 定年制廃止は当然だ  ダイヤモンド社

〇 日本航空「会長室」―伊藤淳二の決断  吉原 公一郎 / ダイヤモンド社

〇 東レ 改訂版 (リーディング・カンパニーシリーズ)  井上 正広 / 出版文化社

〇 東レ:市場は後からついてくる(インタビュー) DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

日覺昭廣 / ダイヤモンド社

〇 図解 カーボンマイクロコイル―ヘリカル炭素繊維が拓く世界―  元島 栖二 / 日刊工業新聞社

〇 炭素繊維ー複合化時代への挑戦―炭素繊維複合材料の入門~先端産業部材への応用 (先端繊維技術シリーズ)

井塚淑夫 / 繊維社

〇 森英恵 その仕事、その生き方 (別冊太陽)  平凡社

〇 森英恵 1960‐1989   スノードン / 朝日新聞社

〇 ファッション―蝶は国境をこえる (岩波新書)  森 英恵 / 岩波書店

〇 ☆ 百貨店 販売 【 2017 秋 冬 】 ブランド エプロン 【 HANAE MOR I】( 森 英恵 ・ ハナエ モリ ) U 字 型 & 寄木 風 柄 が 新鮮 な エプロン 67234 (ベージュ) 株式会社 イトヒコ

〇 海外工場直送!コスプレmyshow26★ JAL 5代目 制服 森英恵 日本航空 CA 制服 ★コスプレ衣装 ディズニークリスマス、ハロウィン イベント仮装  コスチューム

〇 森星スタイルブック『starlish*』  森 星 / 宝島社



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民進幹事長に山尾氏起用へ 枝野氏は代表代行 新執行部

2017年09月03日 | 社会 経済
民進幹事長に山尾氏起用へ 枝野氏は代表代行 新執行部

2017年9月3日05時02分

民進党の新代表に選ばれた前原誠司・元外相(55)は2日、幹事長に山尾志桜里(やまおしおり)・前政務調査会長(43)を起用する方針を固めた。代表代行に代表選を争った枝野幸男・元官房長官(53)と、代表選で前原氏陣営の選対本部長を務めた大島敦・元総務副大臣(60)を充てるほか、選挙対策委員長に、野党共闘路線の維持を掲げた枝野氏陣営の選対本部長を務めた長妻昭・元厚生労働相(57)を起用する意向で、新執行部の骨格人事が固まった。

•【withnews】民進党が伸び悩む理由を1分で超解説

政調会長に階猛(しなたけし)・元総務政務官(50)、国会対策委員長には松野頼久・元官房副長官(56)をそれぞれ起用する方針も固めた。党勢回復に向け、挙党態勢の構築を重視した人選といえる。山尾氏は、検察官を経て、前身の民主党が政権交代を果たした2009年衆院選で愛知7区から立候補して初当選。12年に落選したが、14年に返り咲いた。昨年の国会で、匿名ブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」を取り上げ、安倍晋三首相を追及した。前原氏は2日、東京都内のホテルで側近議員らとともに執行部人事の検討に着手。枝野氏とも電話で連絡を取り合い、意見交換を重ねた。同党では代表選を前に党を離れる議員が相次いでおり、挙党態勢づくりが当面の焦点になっている。前原氏は5日にも両院議員総会を開き、骨格人事の了承を得る考えだ。

■民進党の新しい執行部(敬称略)

代表 前原誠司

代表代行 枝野幸男、大島敦

幹事長 山尾志桜里

政務調査会長 階猛

選挙対策委員長 長妻昭

国会対策委員長 松野頼久 ・・・平成29年9月3日(日)、朝日新聞デジタル  05時02分 配信より

私のコメント : 平成29年9月3日(日)、民進党の新しい執行部 幹事長 山尾志桜里は、前身の民主党が政権交代を果たした2009年衆院選で愛知7区から立候補して初当選。12年に落選したが、14年に返り咲いた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻生副総理、講演で差別表現 指摘に「不適切でした」

2017年09月03日 | 山口県庁
麻生副総理、講演で差別表現 指摘に「不適切でした」

9/2(土) 23:43配信

麻生太郎副総理は2日、10月の衆院愛媛3区補選の応援で訪れた愛媛県西条市での講演で、祭りの参加者を「きちがいみたいな人ばかりだ」と述べ、精神障害者を差別する表現を使った。補選は祭りと時期が重なり、麻生氏は「ここのお祭り大変だ。そういった時に選挙なんてやれる。選挙を一生懸命やっている人はお祭りを一生懸命やっている人。俺のとこ(の選挙区の祭り)は7月14日だけど、この時になったら、ほとんどきちがいみたいな人ばっかりだ」と語った。

 麻生氏は講演後、記者団から指摘され、「不適切でした」と述べた。

麻生氏は先月29日、横浜市で開いた自らの派閥の研修で「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と問題発言。翌日、不適切だったとして撤回したばかりだった。 朝日新聞社

【関連記事】
• 麻生副総理「ヒトラー、いくら動機正しくてもダメ」
• 麻生氏、ヒトラー巡る発言を撤回 「誤解招き遺憾」
• 気温2度、児相前に赤ちゃん 職員の指をぎゅっと握った
• ふるさと納税、見直すべきだが…「スガ案件」恐れる官僚
• 「どうせ民進党はなくなる」幹事長辞任…内部にも解党論

・・・ 平成29年9月3日(日)、朝日新聞デジタル 最終更新  5:54 配信より

私のコメント : 平成29年9月3日(日)、麻生太郎副総理は9月2日、10月の衆院愛媛3区補選の応援で訪れた愛媛県西条市での講演で、祭りの参加者を「きちがいみたいな人ばかりだ」と述べて、差別 表現 使った。

祭政一致。言行一致。 ・・・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加