地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

市長の退院及び登庁の予定について

2017年08月11日 | 山口県庁
市長の退院及び登庁の予定について

掲載日:2017年8月10日更新

平成29年8月4日(金曜日)から右自然気胸のため入院中の渡辺市長について、このたび退院及び登庁の予定が決まりましたので報告いたします。

(1)退院予定日:平成29年8月15日(火曜日)

(2)登庁予定日:平成29年8月18日(金曜日)

市長コメント

8月4日からの入院につきまして、市民の皆様に大変御迷惑と御心配をお掛けいたしておりますが、15日に退院し、18日に公務に復帰する予定としております。

今後も市政運営に全力を注いでまいりますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。

このページに関するお問い合わせ先

山口市役所〒753-8650 山口市亀山町2-1

秘書課

〒753-8650    山口市亀山町2番1号 山口総合支所2階
秘書担当
Tel:083-934-2708
Fax:083-934-2641

・・・山口市役所 ホームページ 配信より

私のコメント : 平成29年8月4日(金曜日)から 入院中の山口市 渡辺市長について、このたび退院及び登庁の予定が決まりました。島根県、山口県、各市町民の皆様から、私へのご支援についても、よろしく、お願い申し上げます。

................................................
核弾頭、迎撃で起爆せず=防衛省局長

8/10(木) 19:36配信

防衛省の前田哲防衛政策局長は10日の参院外交防衛委員会で、核兵器が搭載された弾道ミサイルを自衛隊が迎撃した場合、一般論と断った上で「迎撃により起爆装置などの機能は喪失する。核爆発による被害は発生しない」との認識を示した。

 無所属のアントニオ猪木氏への答弁。

米報道によると、米国防当局は北朝鮮がミサイル搭載可能な水準まで核弾頭の小型化に成功したと分析している。政府はこれまでに、サリンなどの化学兵器が搭載された弾道ミサイルを迎撃した場合も、破壊時の熱などで無力化されるとの見解を示している。 ・・・ 平成29年8月10日(木)、時事通信 19時36分 配信より

私のコメント : 平成29年8月10日(木)、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 「アマチュア局の非常通信マニュアル」を私は、読み始める。

慶應義塾大学 商学部 西川俊作教授から 日本と欧州各国における防衛問題、産業連関表分析 研究における、その連絡を受けていた当時を思い出しながら、欧州からの各国大使館、領事館との連携についても、その対応を考える。



平成29年8月10日(木)、小野寺大臣は、参議院外交防衛委員会、仮に北朝鮮がグアムに向けてミサイルを撃った場合、集団的自衛権の行使が可能になる存立危機事態に認定できるのか質問されたのに対し、「一般的に言えば、武力行使の新3要件に合致すれば対応できる。日本は、防衛に関しては守り防ぐ盾の役割であり、逆に打撃力で抑止力を高めるのが、アメリカ側の役割だ。両方があって日本の抑止力が高まることを考えると、アメリカ側の抑止力、打撃力が欠如するということは、日本の存立の危機にあたる可能性がないとは言えない」、「外交圧力で北朝鮮に弾道ミサイルを発射させないのが基本だが、万が一、発射された場合には、防衛省・自衛隊は万全の態勢で国民を守る役割を担う」。また、日本国内に弾道ミサイルが着弾した場合の対応を問われ、「万が一の想定で答えるが、防衛省・自衛隊は関係機関と連携しながら、航空機などからの被害状況の確認、行方不明者の捜索・救助、輸送車両などを活用した周辺住民の待避支援、危険物質の除染など、事態に応じて必要な措置を取る」と述べた。

北朝鮮がアメリカのグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画で「広島県など日本の上空を通過させ、グアム島周辺の海上に落とす」と具体的な飛行ルートを予告したうえで、計画を今月中旬までに完成させるとした、今後、日本の周辺海域、陸上における領域でも、飛来するかもしれない、弾道ミサイルへ向けて、その通信における防衛戦、始まる見込みが あり、島根県、山口県、等 その該当していくであろう 日本海沿岸 等の地域にては、自衛隊、米軍、並びに、その関係する自治体機関 等により、多方面にわたり、日本の電子 防衛体制の強化も、急がれる状況となると思われる。

平成29年8月9日、 山口県知事 村岡嗣政氏 より、平29薬 第375号 平成29年8月8日、「公文書部分開示決定通知書」が、私の許へ到着し、また、下記の状況に関しての各対応についてもあり、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 班長 香川裕子主幹と私は、対談をした。

同日、また、私には、島根県との各対応もあるため、島根県 益田市 亀井事務所 鎌田様との間で、今までの内容に関し、連絡対応も持った。
...................................................
平成29年8月9日、山口県知事 村岡嗣政氏 より、平29薬 第368号 平成29年8月7日、「決定期間延長通知書」が、私の許へ到着したため、また、下記の状況に関し、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、平成29年8月8日、私の許へ、連絡が入っていて、その対応している各 内容は、島根県下における その事案との関係があるため、私は、島根県 松江市 亀井亜紀子先生 事務所へ、連絡 入れて、その調整をおこなった。

平成29年7月21日にも、平成29年7月14日、記事 内容に関係する 地方自治体による統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私は対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているため、 私は、島根県 益田市 総務部 総務管財課 鍵村高徳様の許へ、連絡を入れ、昨日、島根県 益田市役所にて、益田市 総務部 総務管財課 鍵村高徳 様と私が、面談した内容及び、その今後の対応に関する、見通しについて、相互に確認をしていった。 祭政一致。・・・

平成29年7月14日に、上記、下記 記事内容に関係する 地方自治体による、その統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているために、 その後、私は、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長の許へ、連絡を入れた。しかし、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長が、 平成29年7月14日(金) 午後から、津和野町 役場に、不在なため、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 河良 職員と 統計調査処理、国からの センサス 調査と集計 島根県 津和野町と 山口県 山口市 総務部 情報管理課 統計調査 と その対応処理の諸関係における、違いに関して、今後の対応、今後の課題、島根県 津和野町と 山口県 山口市との間では、発生していく可能が、非常に、高いため、よって、慶應義塾大学 商学部にて、私が、統計学、産業連関分析学、等 を学び、小尾恵一郎教授、岩田 暁一教授、西川俊作教授、辻村和佑教授 等から、学んだ 計量経済学、及び、各 学事内容を踏まえ、簡略な説明を入れておく。

平成29年8月8日、愛媛県と同県今治市が獣医学部の新設提案を説明するため2015年6月に開催され、今年3月に公表されたヒアリングの「議事要旨」のやりとりだ。議事要旨には、内閣府の藤原豊・地方創生推進室次長(当時)が冒頭、「資料その他、議事内容は公開の扱いでよろしゅうございますでしょうか」と問いかけ、愛媛県の山下一行・地域振興局長(当時)が「はい」と了承したやりとりが載っている。WGの八田達夫座長は6日、愛媛県・今治市側は当初、非公開を希望していたと説明。今年1月、同学園が今治市に獣医学部をつくることが決まったのを受けて、「できる限りオープンに」との八田氏の判断で議事要旨を公表したという。

獣医学部新設をめぐる政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG)のヒアリングに学校法人・加計学園の幹部らが同席していた問題で、公表された議事要旨の内容に、実際のやりとりと異なる部分があることが7日、内閣府などの説明で明らかになった。安倍晋三首相は、特区WGの議論が「すべてオープンになっている」としているが、その根拠が揺らいでいる。

獣医学部新設をめぐる問題に関しては、獣医学、薬学との調整も必要なため、日本獣医師会、日本薬学会、製薬業界、等 、また、今後の学校運営に関しても、それに関係する大学、獣医学部へ進学していく予定がある高等学校、教育機関、また、その関係していくであろう周辺における自治体からの承認も必要となってくる。

平成29年8月7日、山口県 情報公開センターへ 私が、提出する公文書開示請求の内容 「 平成29年8月7日、山口県薬務課 香川裕子主幹より 当該「山口県薬務行政概略」につき香川裕子主幹へ私が指摘するまでの間、山口県情報公開センターへおかれなかった理由にかかり、後に、それがおかれる至る 山口県薬務課内での説明と合意内容に関する公文書について、山口県薬務課へ開示請求をする。」の件について、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 班長 香川裕子主幹と私は、対談し、その内容については、以下

『 平成28年度 「山口県薬務行政の概要」について 平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った 山口県薬務課内での説明と合意内容に関する公文書 』 の件

平成29年8月7日、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私との面談も踏まえて、山口県 情報公開センターへ その公文書開示請求書 内容を確定し、提出した。

同日、平成29年1月5日より、山口県 防府市 株式会社 丸久 橋本洋樹 総務部長が、東京都 永田町 国会議員事務所 奈良県 選出 奥野信亮代議士と私との連絡 対応の途上の中へ、介入をされ、私と奈良県 選出 奥野信亮代議士と私との連絡が、一向に、進まなくなった件に関して、私は、株式会社 丸久 代表取締役 田中康男 社長 宛て、平成29年8月7日付 FAX 連絡文を株式会社 丸久 本部へ送信し、今まで、その説明途上 関係もある、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私との面談内容に関しては、山口県 広報広聴課 佐藤理子主査の許へ、その対談の内容、説明しに行った。

平成29年2月10日、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、2月9日、私の許へ、連絡が入った内容に関し、私の現況における、その状況 説明については、防府市 上田・藤井総合法律事務所 職員へ入れた。

平成29年1月20日、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士との間において、司法における、その多方面に亘る事柄に関し、私は、その対談をした。
...........................................................
全国市長会長に松浦・防府市長

全国市長会は7日、都内で開いた総会で、新会長に山口県防府市の松浦正人市長を選出した。任期は2年。松浦氏は記者会見し「基礎自治体の声を国や関係機関に発信していく先兵として働く」と述べた。重点テーマとして所有者不明の土地対策や地方大学の振興などを挙げた。

松浦氏は森民夫前会長(前新潟県長岡市長)の新潟県知事選出馬に伴い昨年9月から会長代理を務めていた。会長が欠けた場合の規定が未整備で会長空席が9カ月に及んだため、今回、評議員会で後任を選べるよう会則の一部を改めた。・・・ 平成29年6月7日(水)、日本経済新聞 18:39 配信より

私のコメント : 平成29年6月7日(水)、全国市長会は、都内で開いた総会で、新会長に山口県防府市の松浦正人市長を選出した。松浦氏は記者会見し「基礎自治体の声を国や関係機関に発信していく先兵として働く」と述べた。その重点テーマとしては、所有者不明 土地対策、地方大学 振興などを挙げた。
............................................................
平成28年4月1日(金)、山口県立山口高等学校 事務室 受付まで私は、行き、私の名刺を山口県立山口高等学校 事務職員へ渡して、今までに、山口県教育庁 人権教育課 推進班 河村宏之主査との私は、2回の面会と 私からの説明文における、その対応と説明も、経ているために、山口県立山口高等学校長との間において、私は、その関係する内容についても、電話での連絡対応を持った。防府市総務部総務課 秘書室 貞平慎太郎室長から、今まで、防府市総務部総務課 秘書室 貞平慎太郎室長 経由し 私からの防府市長宛への連絡文に関しての連絡が入らないために、私は、防府市総務部総務課 秘書室まで行き、新任の松村訓規秘書室長に面会し、防府市総務部総務課 秘書室 貞平慎太郎室長 経由し 私からの防府市長宛への連絡文に関し 新任の防府市総務部総務課 秘書室 室長には、その確認も急がせた。

平成28年11月11日(金)、山口県 防府市役所 総務部 総務課 秘書室 松村訓規 室長と私は、面談した。
...................................................
防府市議選6日告示

任期満了に伴う防府市の市議会議員選挙が6日告示されます

任期満了に伴う防府市議会議員選挙には25の定員に対して30人が立候補

任期満了に伴う防府市の市議会議員選挙が6日告示されます。

任期満了に伴う防府市議会議員選挙には25の定員に対して30人が立候補を予定しています。

新旧別では▽現職が21人、▽新人が8人、▽元議員が1人となっています。

党派別では▽自民党が4人、▽公明党が3人、▽共産党が2人、▽諸派が1人、▽無所属が20、▽無所属が20人となっています。

防府市の人口はおよそ11万7000人。

▽少子高齢化が進展する中で人口減少をどう食い止めるかや、▽企業誘致による地域経済の活性化、それに▽市役所の庁舎の移転計画を中心市街地の活性化にどうつなげていくかなどが課題となっています。

立候補は6日午前8時半から午後5時まで防府市役所で受け付けられ、投票は一部の地域を除いて今月13日に行われ、即日開票されます。 ・・・ 平成28年11月5日、NHKNEWSWEB 18時42分 配信より

私のコメント: 防府市の人口はおよそ11万7000人。少子高齢化が進展する中で人口減少をどう食い止めるかや、企業誘致による地域経済の活性化、防府市役所の庁舎の移転計画を中心市街地の活性化にどうつなげていくかなどが課題となっています。
..............................................................
協和発酵バイオ社長・小谷近之さん

2015.6.20 07:03 更新

 ■東京の寮で感じた「福岡」

福岡に住んでいたのは小学校3年生まで。その後、父の仕事の関係で東京に移り住みます。ですが、大学では東京で“福岡県人”として濃密な時を過ごすなど常につながりを持ってきました。親族一同は父方・母方ともに、ほぼ全員が福岡出身でした。現存する国産最古の乗用車「アロー号」を開発した矢野特殊自動車(福岡県新宮町)の創業者、矢野倖一は母方の祖父の親戚(しんせき)です。東京に引っ越し、社会人になってからは海外勤務が多いこともあって親族との付き合いも希薄でしたが、両親が亡くなったのを契機に、頻繁に会うようになりました。幼少時は福岡市早良区の昭代に住んでいました。行動範囲は広く、西南学院大に面していた海岸(百道浜)などに、頻繁に遊びに行っていました。その時の記憶だけを頼りにして、現在でも街を歩き回ることができます。3年生の時には母の出身校である福岡女学院(福岡市南区)に近い土地に家を建てて移り住みますが、わずか1年で東京に引っ越します。小学校卒業後は私立の早稲田中・高に通います。大学は慶応ですが、このときに大きな転機を迎えます。父が島根県出雲市に転勤し、母と妹も共に行動したのです。東京に残るのは私だけで、一人暮らしを始めました。4年間にわたって暮らしたのは、福岡県の西部に当たる筑前地区出身の大学生だけが住むことが許された、財団法人「浩浩居(こうこうきょ)」という杉並区にある寮です。この寮は、総理大臣を務めた広田弘毅氏が設立した子弟寮。入居者は18人で学生自治によって運営されているのが特徴です。出身校は広田氏の母校である修猷館や福岡高、筑紫丘など名門ばかり。通う大学もおしなべて、東大や一橋、早稲田などの優秀校です。入寮は難しく面接の倍率は数倍に達するほどです。入寮を希望したのは父でした。「福岡とかかわり続けてほしい」と思っていたようで、かつて寮にお世話になった叔父の推薦状もあって、入寮が決まりました。もっとも、その年は定員5人に対し希望者は5人。東京の高校を卒業した入寮者なんて、異例中の異例です。寮の中は、まさに「THE福岡」という世界。博多弁が飛び交い、高尚な話から女性の話題に至るまで熱く語り合っていました。強烈な個性の持ち主ばかりですが、物事に対して、くよくよ考えないのが共通項。こうした仲間との触れ合いを通じ、「自分の体内に福岡の血が流れている」と実感しました。最終学年では寮長を務めます。役職が決まって4年生を送る会を催したのですが、1部屋がボヤで焼けてしまいました。当時の理事長だった参議院議員の遠藤政夫先生が真っ先にかけつけてくれて、近所の住民や警察署、消防署に出向いて一緒に頭を下げてくれました。これが寮長として最初の仕事です。その部屋の補修費は、当時の寮生が卒業後に払い続け、全額完済しました。現在でも頻繁に会っており、素晴らしい仲間に恵まれたと思っています。大学卒業後は映画製作会社への就職を希望していましたが、父も現役で働いていた協和発酵工業(現協和発酵キリン)に入社しました。マスコミ関係への就職支援をしてくれていたこともあり、複雑な思いもあったでしょうが、こうして仕事で頑張ることができるのは父のおかげだと感謝しています。協和発酵バイオは山口県宇部市と防府市に工場を所有しています。中国・上海とタイ・ラヨンにアミノ酸の大きな生産拠点があるので、福岡空港経由での技術者の交流も盛ん。個人ベースだけではなく当社が発展していく上でも、福岡は重要な土地です。(伊藤俊祐)

                   ◇

 次回はヒト・コミュニケーションズの安井豊明社長が登場する予定です。

                   ◇

【プロフィル】小谷近之

 こたに・ちかくに 早稲田高校、慶応義塾大文学部卒。昭和58年協和発酵工業(現協和発酵キリン)入社。協和発酵バイオ取締役を経て平成27年3月から現職。55歳。福岡県出身。

・・・ 2015.6.20 、産経新聞 07:03 更新 配信より

私のコメント : 協和発酵バイオ社長・小谷近之さん、大学卒業後は、父も現役で働いていた協和発酵工業(現協和発酵キリン)に入社。 協和発酵バイオは山口県宇部市と防府市に工場を所有しています。中国・上海とタイ・ラヨンにアミノ酸の大きな生産拠点がある、福岡空港経由での技術者の交流も盛ん。

.................................................
山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 主幹と対応している件

平成29年7月31日(:月)、山口県 農林水産部 農業振興課 農業技術班 主査と以下の内容に関する件に関し、対談し、私から、お尋ねしている内容に関しては、今日は、山口県 農林水産部 農業振興課 内 その担当班 職員が 出張中であるため、後日、再び、その件に関し、連絡調整をすることとなる。その後、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 班長 主幹の許へも、私から連絡を入れた。

平成29年7月28日(金)、星薬科大学総務部、星薬科大学学生との東京都内における、私の学生時代から、星薬科大学と私との連絡対応があり、山口県下の薬草栽培に関し、山口県民相談室へ相談に行き、私から、その経緯について 説明も入れた後に、山口県庁における、その担当を紹介していただき、山口県 健康福祉部 薬務課 製薬指導班 班長 主幹、主任技師による、その内容に関しての、山口県内状況に関する 説明を聞き、また、私と星薬科大学 総務部、星新一氏、星薬科大学 学生との間における その東京都内 学生当時から 私との対応内容に関しても、懇談した後、私は、山口県 農林水産部 農業振興課へ行き、山口県 農林水産部 農業振興課 農業技術班 主査からは、山口県下 薬草栽培に関する説明、山口県 農林水産部 農業振興課にて、それを拝聴した。

・・・ 池 上 線 ・・・・・

平成29年7月28日(金)、山口県庁 薬務課内、山口県 健康福祉部 薬務課 職員との間にて、私は、親類の医師が、京都大学 医学部 大学院を卒業し、海外 医療における留学 経験、その国際 医師免許 保有され、その医学博士の見地より、医療に関する学識、話題 等、私は、今まで、受けているため、山口県 健康福祉部 薬務課 職員が、京都大学 薬学部にて、その学ばれた見地より、その職員との間でも、武田薬品工業株式会社に関し、対談も行った。
.........................................
武田薬品、カナダのバイオVBと提携 腸内細菌の活用研究

2017/4/11 21:35

■武田薬品工業 腸内細菌を活用した治療薬の研究開発を目指し、カナダのバイオベンチャー、ニューバイオタ社と提携したと11日に発表した。武田側がニューバイオタ社に開発・販売などの進捗や売り上げに応じたロイヤルティーを支払う。武田は消化器系疾患を重点領域の一つに掲げており、提携により同領域の強化を狙う。ニューバイオタ社は「腸内フローラ」と呼ばれる腸内細菌群から有用な細菌を抽出し、治療薬に活用する基盤技術を持つ。現在、同社の治療薬は前臨床段階で、臨床試験に向けて動いている。消化器系疾患は潰瘍性大腸炎やクローン病などの難病が多く、有効な治療薬が少ない分野だ。武田はニューバイオタ社の技術を活用して、消化器系の領域で新薬の開発を急ぐ。・・・ 平成29年4月11日、日本経済新聞 21:35 配信より

私のコメント : 平成29年4月11日、武田薬品、カナダのバイオVBと提携したと発表。カナダのバイオベンチャー ニューバイオタ社は、「腸内フローラ」と呼ばれる腸内細菌群から有用な細菌を抽出し、治療薬に活用する基盤技術を持つ。
...........................................................................
薬用植物栽培 杵築市と東京生薬協会など連携、農高跡で 観光客向け農泊体験、薬膳料理「生薬の里」目指す /大分

毎日新聞2017年5月23日 地方版

杵築市山香町の旧山香農業高の農場で、薬用植物の試験栽培を行っている。データを集約し、参加者各自が来春以降、商業ベースでの栽培を目指す。将来は一帯を「生薬の里」として売り出し、観光客の農泊体験や薬膳料理を振る舞うなどの夢を描いている。【大島透】

市は2015年夏に製薬会社などで作る公益社団法人・東京生薬協会などと連携協定を結び、同年春に閉校した同農高の実習畑で、28種の薬用植物の栽培実験を続けてきた。市や同協会によると漢方薬の原料は9割を中国からの輸入に頼っているが、価格の上昇や品質のばらつきなどのリスクがあるため、協会側は国内の栽培地を探してきた。同高の実習畑跡の再利用を模索していた市が協会に話を持ち込み、協定が成立。協会はそれまでに秋田県など6カ所で同様の協定を結んでいたが、西日本では杵築市が初めて。栽培実験の結果、市は地元の気候や土壌が育成に適し、販売も見込めるとして、品種をキキョウとミシマサイコに絞った。キキョウの効能は喉の痛み止め、せき止めなど。産地・静岡県三島市の名前がついたミシマサイコは解熱や鎮痛の効能があるとされ、いずれも多くの漢方剤に配合されている。杵築市は昨夏から協会などの講師を招き、1年近くかけて座学の公開授業を開催。3月下旬には実習として、公募に応じた地元の農家、生薬に関心を持つ別府、大分などの市民ら67人が畑に種をまいた。種のまき方や害虫対策の木酢液の濃度を変えるなど、数多くのパターンを試し、より効果的な育生方法を探るという。実習に先立ち、あいさつした永松悟市長は「杵築を含む国東半島の農業は70代が中心で、この先10年の人口激減が予測されている。地理的制約から大規模経営が難しい中山間地はさらに深刻。狭い農地で収益が見込める数少ない作物として、生薬に注目した。新たな挑戦に期待します」と述べた。地元で農業を営む小野義美市議(69)も実習生として参加。「この辺でどんどん増えている耕作放棄地を何とかしたい。高齢の農業者らが『難しい生薬でも作ってみせるぞ』と張り切っている。将来は薬膳料理コースや健康飲料などを提供する宿泊施設ができればいい」と話した。 ・・・平成29年5月23日、毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント : 平成29年5月23日、大分県 杵築市 山香町 旧山香農業高の農場で、薬用植物の試験栽培を行っている。データを集約し、参加者各自が来春以降、商業ベースでの栽培を目指す。大分県 杵築市は2015年夏に製薬会社などで作る公益社団法人・東京生薬協会などと連携協定を結び、同年春に閉校した同農高の実習畑で、28種の薬用植物の栽培実験を続けてきた。 大分県や同協会によると漢方薬の原料は9割を中国からの輸入に頼っているが、価格の上昇や品質のばらつきなどのリスクがあるため、東京生薬協会側は国内の栽培地を探してきた。

「福沢諭吉の横顔」 Keio UP選書 / 西川 俊作 著, 慶應義塾大学出版会 
.......................................................
【秋田県豪雨】 佐竹敬久知事出演のCM、龍角散が放送中止 ゴルフ虚偽説明への批判配慮

2017.7.29 15:46更新

秋田県が記録的大雨に遭った際に宮城県にゴルフに出掛けていた佐竹敬久知事が県部長の同行を虚偽説明していた問題で、製薬会社の龍角散(東京)は佐竹知事が出演する「龍角散ののどすっきり飴(あめ)」のCMの放送を中止した。知事への批判に配慮したとみられる。

佐竹知事は秋田藩主・佐竹家の分家、佐竹北家の21代当主。龍角散の主力製品「龍角散」は江戸時代後期に今の秋田県美郷町六郷に住んでいた秋田藩の典医、藤井玄淵(げんえん)が調剤。3代目の正亭治(しょうていじ)が改良して12代藩主、義堯(よしたか)のぜんそくを治したのが始まりとされる。

こうした縁から、美郷町は龍角散や東京生薬協会と連携協定を締結し、生薬の甘草の試験栽培を開始。八峰町では、のどすっきり飴の原料であるカミツレ(カモミール)の栽培が行われている。

龍角散は平成25年11月から佐竹知事が出演するCMを放送。現職知事の民間企業CM出演は話題を呼んでいた。

当初は、秋田を舞台に、殿様の側近が典医役の俳優、香川照之さんに「殿ののどの具合が良いのは、そちのあめのおかげじゃ」と話しかけ、世が世なら本物の殿様である佐竹知事が「ほうびは何がよい?」と質問、香川さんが薬草畑を希望する-という内容だった。

27年11月から放送された第2弾は、ヒロインのタレント、安田聖愛さんとカミツレ農場主役の俳優、綿引勝彦さんが緑の中で演技。最後に佐竹知事が「秋田での本格栽培、始まりましたね」「秋田でのハーブ作り、順調ですね」と語っていた。

龍角散はホームページからCM動画のリンクを外したが、29日午後1時現在、同社フェイスブックや動画投稿サイトで見ることができる。

佐竹知事は22~23日に起きた大雨被害の際、宮城県へ1泊2日のゴルフ旅行に出掛け、23日午前の大雨に関する関係機関との連絡会議に間に合わなかった。当初、同行者を「友人」と説明していたが、実際には県の部長2人が含まれていた。 ・・・平成29年7月29日(土)、産経新聞 15:46 配信より

私のコメント : 平成29年7月29日(土)、 秋田県 佐竹知事は秋田藩主・佐竹家の分家、佐竹北家の21代当主。龍角散の主力製品「龍角散」は江戸時代後期に今の秋田県美郷町六郷に住んでいた秋田藩の典医、藤井玄淵が調剤。3代目の正亭治が改良して12代藩主、義堯 のぜんそくを治したのが始まりとされる。こうした縁から、秋田県 美郷町は龍角散や東京生薬協会と連携協定を締結し、生薬の甘草の試験栽培を開始。秋田県 八峰町では、のどすっきり飴の原料であるカモミールの栽培が行われている。
.........................................
秋田豪雨1週間 農事法人「7割減収に」 大仙に災害救助法適用決定

2017.7.29 12:40更新

秋田県を襲った記録的な豪雨からきょう29日で1週間となる。秋田新幹線が始発から運行を再開する予定で、8月3日から秋田市で始まる「竿燈まつり」など観光への影響は避けられそうだ。ただ豪雨被害が大きかった大仙市は28日、災害救助法の適用が決定。同市はじめ県内全域で農作物への影響が懸念されている。当初不在で批判を浴びた佐竹敬久知事が出演するテレビCMは一時放送中止が決まるなど、余波はまだ続きそうだ。(藤沢志穂子)

 ◆新幹線きょう再開

秋田新幹線は23日、運行する奥羽本線の区間内で線路脇に大規模な崩落が見つかり、大曲-秋田間が運休となった。JR東日本秋田支社では24時間3交代、1日当たり延べ300人の体制で復旧を急ぎ、週末の運行再開にこぎつけた。28日現在、豪雨による観光への影響は限定的で、秋田市の宿泊施設では「キャンセルはほとんど出ていない」(県観光文化スポーツ部)。田沢湖(仙北市)周辺を走る県道が現在、通行止めだが「竿燈まつりの前日までには復旧させたい」(県建設部)という。一方、建物被害は深刻だ。28日午後4時現在、大仙市は300戸以上が床上浸水に見舞われているなど、県内の床上・床下浸水は同市や横手市などを中心に約1700戸に上る。大仙市には28日、災害救助法の適用が決定、同市の救援対策にかかる費用について県や国が一部を支援することになる。

 ◆大豆やダリアも…

今後、影響が広がりそうなのが農作物だ。28日午前9時現在、県内の被害額は約22億円だが、まだ全容が不透明で、金額はさらに拡大するとみられる。大仙市協和小種地区では大豆の葉が泥をかぶり、光合成で養分を蓄えられず、根元の土が固まって酸素が入らない状態だ。農事組合法人「たねっこ」の工藤修代表理事は「このままだと7割の減収となる」と肩を落とす。秋田市雄和平沢地区では、園芸メガ団地が冠水。農事組合法人「平沢ファーム」では、県が特産品としてPRしていたハウス栽培のダリアが冠水し、成長途中の苗がしおれた。「球根は2日間、水につかると腐る。咲き始めた花には害虫がつき、売り物にならない」と斉藤又右衛門代表理事。県では個別に農業経営のフォローアップを進める方針だ。

 ◆知事CMを一時中止

秋田地方気象台によると、29日の県内は雨が降る地域がある見通しで「土砂災害に注意が必要」という。こうした背景から製薬会社の龍角散(東京)は、佐竹知事が出演するのどあめのテレビCMの一時放送中止を決めた。「被災を受けた方々に配慮した」(マーケティング部)という。 ・・・ 平成29年7月29日(土)、産経新聞 12:40 配信より

私のコメント : 平成29年7月29日、秋田県を襲った豪雨からきょう7月29日で1週間となる。秋田新幹線が始発から運行を再開する予定で、豪雨被害が大きかった大仙市は7月28日に、災害救助法の適用が決定された。秋田県内全域で農作物への影響が懸念されている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米大統領が北朝鮮に警告「誰も見たことないこと起きる」

2017年08月11日 | 山口県庁
米大統領が北朝鮮に警告「誰も見たことないこと起きる」

8月11日 10時23分

アメリカのトランプ大統領は北朝鮮が検討しているとするグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射について、「グアムに何かしたら、誰も見たことのないようなことが起きる」と述べ、弾道ミサイルを発射すれば対抗措置を取る可能性を示唆し、強く警告しました。

続きを読む

北朝鮮は先にアメリカのグアム島周辺に向け、中距離弾道ミサイル「火星12型」を4発同時に発射する計画を検討していると明らかにし、「日本の上空を通過させる」などと具体的な飛行ルートも予告しています。

これについて、アメリカのトランプ大統領は10日、滞在先のニュージャージー州で記者団に対し、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長を念頭に、「彼がグアムに何かしたら、誰も見たことのないようなことが北朝鮮で起きる。これは挑発ではない」と述べ、弾道ミサイルを発射すれば対抗措置を取る可能性を示唆し、強く警告しました。

また、トランプ大統領は「グアムやアメリカ、日本や韓国を脅すことはさせない」とも述べ、アメリカだけでなく同盟国の日本や韓国の防衛に全力を挙げる姿勢も強調しました。

そのうえで、「ミサイル防衛の予算を大幅に増やしていく」と述べ、北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に対して、アメリカ軍の防衛能力を強化する考えを明らかにしました。

米国防長官 外交で事態打開の考え

アメリカのマティス国防長官は10日、記者会見で北朝鮮への対応について、「私の任務と責任は軍事的な選択肢を持つことだが、現在のアメリカの取り組みは外交が主導していて、私はそこにとどまりたい」と述べたうえで、戦争になれば破滅的な結果をもたらすとして、外交による事態の打開を追求すべきだという考えを改めて示しました。

一方で、アメリカ軍の態勢について問われたのに対し、マティス長官は「われわれが何をするかを事前に敵に知らせたくないが、われわれの準備はできている」と強調しました。

また、これに先立って、マティス長官は記者団に対し、「よりよい未来を望むか、さらに悪い未来を望むかは北朝鮮次第だ」と述べ、北朝鮮に対し、核・ミサイル開発や挑発行動をやめるよう改めて強く迫りました。

・・・ 平成29年8月11日(木)、NHK NEWS WEB 10時23分 配信より

私のコメント : 平成29年8月11日(木)、北朝鮮は先にアメリカのグアム島周辺に向け、中距離弾道ミサイル「火星12型」を4発同時に発射する計画を検討していると明らかにし、「日本の上空を通過させる」などと具体的な飛行ルートも予告、アメリカのトランプ大統領は10日、滞在先のニュージャージー州で記者団に対し、北朝鮮 金正恩 朝鮮労働党委員長を念頭に、「彼がグアムに何かしたら、誰も見たことのないようなことが北朝鮮で起きる。これは挑発ではない」と述べ、対抗措置を取る可能性を示唆。

日本海沿岸 地域、山口県、島根県、鳥取県 等の関係自治体、関係する諸機関における、今後の対応に関しても、内外の関係機関からは、注目もされていくとみられる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加