地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

裏千家「初釜式」 結構なお点前で 歴代首相ら濃茶を堪能

2016年01月18日 | 書道
裏千家「初釜式」 結構なお点前で 歴代首相ら濃茶を堪能

安倍晋三首相は16日、東京都新宿区の裏千家東京道場で開かれた新年恒例の「初釜式」に出席した。スーツ姿で正座した安倍首相は、やや緊張した面持ちで十六代千宗室家元がたてた濃茶を堪能した。

 千氏から「いかがでございましょうか」と感想を聞かれると、「結構なお点前で。元気が出てきます」と笑顔を見せた。

 国会で連日の論戦が続く中、日本の伝統文化を通し、つかの間の息抜きを楽しんだようだ。

 初釜式には元首相の福田康夫、鳩山由紀夫、菅直人各氏も同席した。裏千家によると、安倍首相が初釜式に出席したのは平成26年1月以来。 ・・・ 平成28年1月17日(日)、産経新聞 7時55分配信より

私のコメント: 「 調 息 」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都市 青蓮院 執事 村田弦三郎氏より、私は、書道、青蓮院流、成り立ちも、青蓮院にて拝聴し

2015年07月18日 | 書道
京都市 青蓮院 執事 村田弦三郎氏より、私は、書道、青蓮院流、成り立ちも、青蓮院にて拝聴し、書道、青蓮院流 東伏見慈洽 御門跡 著作による数々の書に関しても、青蓮院 東伏見慈洽 御門跡 在職の当時、購入し、また、青蓮院 執事 村田弦三郎氏より、村田弦三郎氏 御作の書についても、贈答いただいた経緯、更に、過去に、私の大伯父にあたる小林青堂 書家が、京都市 粟田口 青蓮院にて書道の研鑽もつみ、そのしたためた書も、当家は、それを贈答されているために、平成27年7月11日に至り、開館20周年記念事業 島根県 津和野町 森鴎外記念館 鴎外忌講演会の講演 開始前に、江戸末期より、京都における各公家陣 七卿落ち 沢宣嘉卿との間にも、関係があり、跡見 花蹊先生の業績、 跡見流 書道の継承 等については、私は、細心の注意をはらって、森鴎外記念館館長 山崎一穎先生 ( 跡見学園理事長・森鴎外記念会 {東京} 会長 ) と 高等学校・大学における書道 教諭 養成に関する学事継承に関し、その対談と対応もした。


しょうれんいん‐りゅう 【青蓮院流】

和様書道の流派の一。伏見天皇の皇子、青蓮院尊円法親王が創始。流麗・平明な書体。江戸時代には御家流(おいえりゅう)と称され、朝廷・幕府などの公文書に用いられたほか、一般庶民にまで広く流布した。尊円流。粟田流。粟田口流。 ・・・ デジタル大辞泉の解説より


平成27年5月27日、福岡県 北九州市 森鴎外旧宅、訪問した。文部大臣 奥野 誠亮代議士が、貢献された当時の話しも、すすめるため、私は、奈良県の出身者と懇談するつもりであったが、懇談出来ず、用件だけを済ませた。

平成27年6月2日、山口県熊毛郡田布施町 佐藤榮作先生 墓参りにあたり、山口県議会議員 吉井利行先生から、その参拝の仕方 等、指南もいただくことができた。私からの供物は、吉井利行先生の奥様と秘書へ、手渡した。

平成27年7月3日、ドイツ総領事館への私からの書面は、到着していると、ドイツ総領事館 広報部から返事があった。

//////////////

文芸春秋社元編集長、高橋一清さん講演

文芸春秋社で編集長を務めた高橋一清さん(70)=益田市出身=が11日、津和野町町田の森鴎外記念館で、同町出身の女優伊沢蘭奢(らんじゃ)(本名・三浦シゲ、1889~1928年)と作家伊藤佐喜雄(1910~71年)の親子をテーマに講演し、互いに思い続けた生涯と絆について解説した。

蘭奢は結婚後、意のままに生きられない女性としての人生に疑問を抱き、故郷を捨て、夫や子と別れて28歳で上京し、新劇女優として脚光を浴びた。高校時代から蘭奢について調べた高橋さんは「活躍と華やかな舞台の裏で、心の中の欠落した(我が子に会えない)思いに苦悩した」と、38歳の若さで生涯を閉じた女性の悲しみを伝えた。 【詳しくは本紙紙面をご覧ください】 ・・・ 平成27年7月13日、山陰中央新報 配信より

私のコメント: 津和野町 森鴎外記念館 講演会において、文芸春秋社で編集長を務めた高橋一清さんによる、夏樹静子先生と三田文学の関係、夏樹静子先生と森鴎外作品との関係に関して、早稲田大学文学部卒 高橋一清さんによる早稲田文学の立場による、その解説はなかったため、森鴎外記念館 鴎外忌 講演の主題材 夏樹静子先生 文学作品や出光家と私との間における、それぞれの微妙な立場もあるので、森鴎外記念館 鴎外忌 講演の終了後、詳細に関し、高橋一清さんに 私は、夏樹静子先生 文学作品のお尋ねを入れた。また、津和野町 森鴎外記念館の会場では、高橋一清さんによる 著作物は、販売されていたが、夏樹静子先生の文学作品については、販売 等 されていなかったことについても、三田文学を支援する者の立場から、山陰中央新報による配信の記事に補足し、皆様へ、報告しておきます。

//////////////

平成27年7月13日、お盆迎え火 内閣総理大臣 石橋湛山代議士と岸信介代議士との間における盟約どおり、私は、山口県熊毛郡田布施町 岸信介代議士の墓参りをした。

平成27年7月14日、跡見学園 総務部との連絡対応を持つ。跡見学園における跡見流 書道に関する件について。

平成27年7月15日、山口市 河村建夫代議士 事務所にて、河村建夫代議士 秘書と一緒になつて、安全保障関連法案は15日午後、衆院平和安全法制特別委員会(浜田靖一委員長)で採決が行われ、自民、公明両党の賛成多数で可決された場面をTV放映にて、拝見する。また、津和野町 森鴎外記念館において、高橋一清氏による鴎外忌 講演の内容も 聴き、各関係者からの活躍を祈りながら、平成27年7月14日、跡見学園 理事長に対し、( 私からの跡見学園へ寄付金を寄せ、更に、平成27年5月26日には、跡見学園へ「萩藩閥閲録 山口県文書館」寄贈の件、跡見学園 理事長、図書館よりの礼状を拝受した立場において、 ) その各 学事内容に対応された跡見学園に対する私の心中、言上を申し上げた内容も踏まえ、私の心中につき、山口市 河村建夫代議士 事務所にて、河村建夫代議士 秘書に対し、私の意志 表明をした。

平成27年7月16日(木)、佐藤家より挨拶状を拝受し、私は、防府市 誠英高等学校に、連絡を入れた。

平成27年7月16日、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に、関係もさせらて、私は、日本外務省 国際文化協力室 担当官へ、経過の報告し、松下村塾登録を問題視 韓国報道官発言に対する、日本外務省による見解を聴く、松下村塾登録を問題視する韓国報道官発言に対し、島根県竹島問題との関係についても、それを指摘した。

平成27年7月18日、以下の内容を踏まえて、日本女子大学 私の担当職には、その学事上の連絡を入れた。 7月14日に、跡見学園 総務部との連絡対応を持つ。跡見学園における跡見流 書道に関する件について、その際に、私は、跡見学園 理事長との間において、電話対談した。私は、島根県 津和野町 森鴎外記念館内 その対談ホールにおいて、7月14日、跡見学園 理事長に対して、( 私からの跡見学園へ寄付金を寄せ、更に、平成27年5月26日には、跡見学園へ「萩藩閥閲録 山口県文書館」寄贈の件、跡見学園 理事長、図書館よりの礼状を拝受した立場において、 ) その各 学事内容に対応された跡見学園に対する私の心中、言上を申し上げた内容も踏まえ、私の心中を再度、申し述べたが、学校教育現場における 跡見流 書道の進展と 書道における解釈に関して、目下、日本の書道界において、現状のままで、その跡見流 書道の書は、それが、「くせ字」との解釈 判断との状況が、続くこととなり、私と、跡見学園 理事長との文化学術交流も、進まないままとなる。

日本外務省には、私から、かねてから連絡していた、明治期、初代 外務卿 沢 宣嘉 卿と跡見花蹊との関係 状況に関しては、島根県 津和野町 森鴎外記念館内 対談ホールにおいて、7月11日、跡見学園 理事長に対し、( 私からの跡見学園へ寄付金を寄せ、更に、平成27年5月26日には、跡見学園へ「萩藩閥閲録 山口県文書館」寄贈の件、跡見学園 理事長、図書館よりの礼状を拝受した立場において、 ) その各 学事内容に対応された跡見学園に対する私の心中、言上を申し上げた内容も踏まえて、跡見学園 理事長から私は、その内容に関し、その聴き取りをすることができた。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安保関連法案、衆院特別委で可決…自・公が賛成

2015年07月15日 | 書道
今国会最大の焦点となっている安全保障関連法案は15日午後、衆院平和安全法制特別委員会(浜田靖一委員長)で採決が行われ、自民、公明両党の賛成多数で可決された。

 民主、維新、共産の野党3党は採決に反発、退席したり、浜田氏を取り囲んだりして委員会は混乱した。与党は、関連法案を16日の衆院本会議で可決、参院に送付する方針だ。

 特別委では、採決に先立ち、締めくくり質疑が行われた。首相は法整備の意義について「安全保障環境の変化に目をこらさないといけない。国民の命を守るために切れ目ない対応を可能とする今回の法制が必要だ」と強調した。「残念ながらまだ国民の理解が進んでいる状況ではない。国民の理解が進むようにしていきたい」とも語った。

 民主党の長妻昭代表代行は「国民に説明を尽くしたのか。強行採決は到底認められない」と述べ、採決の取りやめを首相に求めた。同党の大串博志氏も「国民の理解が進んでいない中で採決にゴーサインを出すというのはあり得ない」と批判した。締めくくり質疑は、傍聴席から野党議員の怒号が飛び交う中で行われた。 最終更新:7月15日(水)12時33分 ・・・ 平成27年7月15日(水)、読売新聞 12時33分配信より


私のコメント: 平成27年7月15日、山口市 河村建夫代議士 事務所にて、河村建夫代議士 秘書と一緒になつて、安全保障関連法案は15日午後、衆院平和安全法制特別委員会(浜田靖一委員長)で採決が行われ、自民、公明両党の賛成多数で可決された場面をTV放映にて、拝見する。また、津和野町 森鴎外記念館において、高橋一清氏による鴎外忌 講演の内容も 聴き、各関係者からの活躍を祈りながら、平成27年7月14日、跡見学園 理事長先生に対し、私からの跡見学園へ寄付金を寄せ、更に、平成27年5月26日には、跡見学園へ「萩藩閥閲録 山口県文書館」寄贈の件、跡見学園 理事長、図書館よりの礼状を拝受した立場において、その各 学事内容に対応された跡見学園に対する私の心中、言上を申し上げた内容も踏まえ、私の心中につき、山口市 河村建夫代議士 事務所にて、河村建夫代議士 秘書に対し、私の意志 表明をした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安保法案、採決突き進む与党 「やるほど支持率落ちる」

2015年07月15日 | 書道
安倍政権は安全保障関連法案の採決を15日に強行することを決めた。国民の理解は広まらず、報道各社の世論調査で内閣支持率が軒並み下がる中、維新の党の協力を最後まで模索したが、断念せざるを得なかった。一方、野党は採決欠席で足並みをそろえたように見えるが、維新は「親政権」か「野党路線」かで揺れ続けており、野党共闘にはほど遠いのが実情だ。

「冗談じゃない。維新案を徹底審議しろ」。自民の江渡聡徳・特別委理事が、安全保障関連法案の15日の採決を維新の下地幹郎理事に打診したところ、下地氏は怒鳴りつけた。

 その後、維新欠席のまま開かれた特別委理事会で、江渡氏は改めて、15日の締めくくり総括質疑と委員会採決を提案。民主の長妻昭理事が「採決なしなら喜んで出席する」、共産の赤嶺政賢委員も「審議するほど問題が明らかになる法案だ。日程を決定することには反対だ」と述べた。

 約30分の押し問答の末、浜田靖一委員長(自民)が「野党から批判があることは承知した。委員長としては職権で明日、採決を行いたい」と打ち切った。長妻、赤嶺両氏は「反対」と述べたが、日程はそのまま決まった。

 自民は最後の最後まで、与党だけでの採決強行を避けようと、維新の取り込みを画策した。

 自民、公明両党と維新の幹部は、14日も維新が出した対案について約2時間、協議した。維新が民主と共同提案した領域警備法案について、公明の北側一雄副代表が「軍事衝突になる危険性が高まる」と反対。事実上の「ゼロ回答」(維新の出席者)だったが、自民の高村正彦副総裁は世論の反対が強いことを念頭に、維新の今井雅人政調会長に対し、「政府案の方が広く日本を守れるが、現時点では維新案の方が国民の理解を得られますね」と持ち上げた。

 自民内には「維新は信用できない」との声も根強いが、協議をぎりぎりまで続けたことで「維新の顔は立てた」(幹部)形にもした。参院での採決までにらみ、維新との決定的な対立を避けたのが実情だ。

 安倍内閣の内閣支持率が低下傾向で、世論の法案に対する反対が強い中で採決に踏み切る背景には、安倍晋三首相が法案成立を半ば米国への公約にしたうえ、内閣の最重要法案が成立しないとなれば、首相の求心力に陰りが出るとの懸念がある。

 また、「これ以上やっても法案への理解は深まらないし、政権の支持率もやればやるほど落ちる」(公明党幹部)という中で、支持率がなお4~5割あるうちに採決した方が得策だとの判断がある。 朝日新聞社 ・・・ 平成27年7月15日(水)、朝日新聞デジタル 7時27分配信より

私のコメント: 平成27年7月11日、津和野町 森鴎外記念館にて、高橋一清氏による鴎外忌 講演を私は、聴き、各関係者からのご活躍を祈る。平成27年7月14日、跡見学園 理事長先生に対し、私からの跡見学園へ寄付金を寄せ、更に、平成27年5月26日には、跡見学園へ「萩藩閥閲録 山口県文書館」寄贈の件、跡見学園 理事長、図書館よりの礼状を拝受した立場において、その各 学事内容に対応された跡見学園に対する私の心中について、言上も、申し上げた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

姉小路公知  猿ヶ辻の変

2015年07月14日 | 書道
朔平門外の変(さくべいもんがいのへん)は、江戸時代末期(幕末)の文久3年5月20日(1863年7月5日)、尊王攘夷を唱える過激派公家として知られた姉小路公知(右近衛少将、国事参政)が、禁裏朔平門外の猿ヶ辻(さるがつじ)で暗殺された事件。猿ヶ辻の変(さるがつじのへん)とも。一殿上人の暗殺に留まらず、当時の中央政局に大きな影響を与え、同年の八月十八日の政変が起きるきっかけにもなった。

姉小路公知暗殺事件

文久3年(1863年)5月20日午後10時頃、朝議を終え、宜秋門から退出して帰宅の途に付いた姉小路公知は、禁裏の築地を北周りに通り、朔平門外を越えたあたりで覆面をした刺客3人に襲われ、顔や胸部に重傷を負った。ただちに自邸に搬送されたが、そこで絶命した。享年25。事件現場には、犯行に使われたとおぼしき刀と犯人のものと思われる木履が遺棄されていたという。

この事件が起きる以前にも、治安の弛緩や政局の激化に伴い江戸では桜田門外の変、坂下門外の変といった政治的テロ事件が続発、また京都では「天誅」と称する要人襲撃事件が相次いでいた。しかし被害者の多くが幕府関係者ないし親幕府派と見られた公家・武士・地下人・学者などであり、加害者側が尊王攘夷過激派と思われるのに対し、朔平門外の変の場合、被害者の姉小路はむしろ当時の破約攘夷派の代表的存在であり、その点が異例であった。

事件の背景

暗殺された姉小路公知は破約攘夷派の若手公家で、長州藩・土佐藩など出身の少壮志士から盟主として仰がれ、政局の中心に躍り出ていた人物であり、薩摩藩とつながりが深く親幕府的な公武合体派の前関白近衛忠煕や、親長州的な過激尊攘思想を好まない右大臣二条斉敬らと対立していた。

暗殺された姉小路公知は破約攘夷派の若手公家で、長州藩・土佐藩など出身の少壮志士から盟主として仰がれ、政局の中心に躍り出ていた人物であり、薩摩藩とつながりが深く親幕府的な公武合体派の前関白近衛忠煕や、親長州的な過激尊攘思想を好まない右大臣二条斉敬らと対立していた。

対外問題を巡る対立構造

この時期の政治状況は、しばしば「尊王攘夷派」と「公武合体派」との対立構造で語られることが多いが、いずれの派も尊王の志は有しており、国防意識という意味においての攘夷概念も少なからず持っていたため、「尊王」対「佐幕」や「攘夷」対「開国」などと単純に対極化できる性質のものではなかった。黒船来航から10年近く経過したこの時期には、すでに攘夷論そのものも変容ないし多様化していた。

一方で、異人斬りに代表される感情的な攘夷論や、その逆に積極的に国を開いて自由交易を行うべきであるとする単純開国論も依然存在したが、この文久期の現実的な攘夷派政治運動としては、幕府の結んだ通商条約を不可としてこれを即刻破棄し、和親条約の段階に戻って改めて外国との交際を仕切り直そうとする「破約攘夷論」(即今攘夷)と、むしろ外国との交易を通じて日本の国力を高め、その上で異国と堂々と対峙すべきとする「大攘夷論」(漸進的攘夷)の2つに集約されていた。薩摩藩や越前藩などの公武合体派、暗殺される直前の姉小路に影響を与えた勝海舟などは後者に属した者であり、必ずしも明確な佐幕・開国論だったというわけではない。

前年まで公武合体的・大攘夷的な構想である航海遠略策を推進しながら、その主唱者である長井雅楽の失脚を境に大きく路線を変更した長州藩がこの時期藩是とした破約攘夷論は、通商条約の締結主体である幕府の外交代表としての正統性を否定するものであり、彼らにとっては幕府の権威を失墜させる有力な政治手段にもなり得た。一方、公武合体派は急激な体制の変化を望まず、大政委任論に従って国政を任された幕府が朝廷と緊密に連携することによって、非常事態を乗り越えようとしていた。そんな中、率兵上京という実力行使で公武合体・幕政改革(→文久の改革)の実を挙げた島津久光(薩摩藩主の父)率いる薩摩藩と、長州藩との政局の主導権を巡る暗黙の対立は尖鋭化していた。姉小路公知は、前者に属する長州藩やそれに同調する土佐藩の一部勢力と結び、三条実美らと江戸へ下って将軍家茂の上洛を強要するなど、破約攘夷派の中核として知られるようになっていく。

文久2年(1862年)12月には朝廷に国事掛が設置され、三条・姉小路らと親幕派公家との間の抗争が本格化する。翌年2月13日には公武合体派の九条尚忠(前関白)・久我建通(前内大臣)・岩倉具視らが失脚し、同日に設置された国事参政・寄人の人事は三条・姉小路ら過激派が独占し、朝政を牛耳りつつあった。

孝明天皇の立場

ただし、過激派が崇敬する孝明天皇自体、外交面においては破約攘夷論者であると同時に、内政に関しては大政委任論をもって幕府の統治を強く支持しており、破約攘夷派・公武合体派双方にとって矛盾した存在であった。天皇は三条・姉小路や長州藩などの過激派にとって、攘夷論を盾に幕府を恐喝しうる最有力な手段であった(これが後に天皇の意図を矯めた勅旨が濫発される原因となる)が、当の天皇にとっては、過激派の主張するような幕府を頭越しにした天皇親征による攘夷の実行は全く想定になく、むしろ三条・姉小路ら従来の朝幕関係や朝廷社会の秩序を乱す公家らを忌避していた。その反面、公武合体派にとっては、天皇は幕府の支配権を保証してくれる大きな後ろ盾となっていたが、一方でその強硬な攘夷論は翻意させることができず、外交担当者を困惑させていた。このようにどちらの勢力にとっても曖昧な存在であった天皇は、自派に有利な看板として争奪される対象の意味で「玉(ぎょく)」と呼ばれ、対立の激化の原因にもなっていた。

薩摩藩の急浮上

その点、寺田屋騒動で自藩士を含む過激派を粛清し、強引に公武合体策を推進しておきながら、一方で生麦事件を起こして攘夷派を狂喜させた島津久光は、その矛盾した行動ゆえに孝明天皇からの絶大なる信任を獲得し、中央政局での政治的地位を急速に上昇させていた。この時期の島津久光の同志である尊融親王(のちの久邇宮朝彦親王)も、公武合体派の重鎮として朝政における存在感を高めていく。これらの勢力が破約攘夷派の三条・姉小路らと激突するのは必然であり、姉小路暗殺も京都政局および孝明天皇を巡る主導権争いが背景にあると認識され、事件直後から薩摩藩の関与が噂された。

( 以下は、 省略する )

・・・ ウィキペディア フリー 百貨辞典より

以上の内容は、NHK 大河ドラマ 花燃ゆ との現在における その放映内容との相関する関係もあり、その説明を入れていきたいと考えている。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

跡見学園 総務部との対応の件

2015年07月14日 | 書道
平成27年7月14日(火)、跡見学園 総務部との連絡対応を持つ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

跡見学園 総務部 、 跡見 花蹊先生業績に関係 、跡見流 書道の継承

2015年07月13日 | 書道
京都市 粟田口 青蓮院 執事 村田弦三郎氏より、私は、書道、青蓮院流、成り立ちも、青蓮院にて拝聴し、書道、青蓮院流 東伏見慈洽 御門跡 著作による数々の書に関しても、青蓮院 東伏見慈洽 御門跡 在職の当時、購入し、また、青蓮院 執事 村田弦三郎氏より、村田弦三郎氏 御作の書についても、贈答いただいた経緯、更に、過去に、私の大伯父にあたる小林青堂 書家が、京都市 粟田口 青蓮院にて書道の研鑽もつみ、そのしたためた書も、当家は、それを贈答をいただいているため、平成27年7月11日、開館20周年記念事業 島根県 津和野町 森鴎外記念館 鴎外忌講演会の講演 開始前に、江戸末期より、京都における各公家陣 七卿落ち 沢宣嘉卿との間にも、当家は、関係もあり、跡見 花蹊先生の業績、 跡見流 書道の継承 等については、私は、細心の注意をはらって、森鴎外記念館館長 山崎一穎先生 ( 跡見学園理事長・森鴎外記念会 {東京} 会長 ) と 高等学校・大学における書道 教諭 養成に関する学事継承に関し、その対談と対応もした。

平成27年7月13日(月)、跡見学園 総務部 担当者へ、私は、跡見 花蹊先生 業績に関係し、その跡見流 書道の継承、跡見流における書のお尋ねを入れた。なお、有栖川流の書道 その流法、書き方については、現在、高松宮家から秋篠宮家へと、それが、伝承もされている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

跡見学園へ「萩藩閥閲録 山口県文書館」寄贈の件、

2015年06月27日 | 書道
「防長風土注進案」は、伊東多三郎、小葉田淳、三坂圭治の三教授の助言を受け、執筆、編集校正 実務、山口県文書館 石川卓美、廣田暢久、田村哲夫、森田良吉、利岡俊昭の各主事により、防長、山陰地方にまたがる文化、宗教、祭祀、政治、外交 等の内容の史実が、記載されている。

平成26年7月、私は、島根県立石見美術館 専門学芸員と森英恵氏の作品と著作に関して対談した。

平成26年8月、山陰桜友会長と私は、懇談した。

平成26年9月、立正大学 副学長と私は対談、立正大学 石橋湛山先生からの法灯明も、お聴きした。立正大学 副学長に、私から『 萩ものがたり 「山田顕義-法治国家への歩み-」 』を贈呈するに至る経緯につき、その説明をした。

平成26年10月、山口県 防府市 防府護国神社 山田顕義 撰文碑の整備に関し 防府市 職員と私は懇談した。

平成26年10月、東京都 立正大学情報メディアセンターからの対応もあり、伊木寿一氏の紹介より、立正大学へ寄託されていた「長州藩士桂家文書」、立正大学からの更なる寄託先 等、概略、知る。

平成26年10月、山口県 岩国市 公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館に行き、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成26年10月、「長州藩士桂家文書」に関する論文、東京都 立正大学情報メディアセンターから、入手ができた。伊木寿一氏から研究方法、私は、拝聴している。

平成26年11月、山梨県 代議士へ依頼していた資料、到着し、伊木寿一氏から古文書研究方法 解釈に関して、前進ができた。

伊木寿一氏から古文書研究方法に関し、私が拝聴していた伊木寿一氏による考え方や伝承、研究方法内容が、今後、更に、深まっていけば、山梨県の福祉も建設的なものになっていくと感じる。

山梨県 河口浅間神社は、富士山大噴火を鎮めるため勅令により建立され、天然 災害 等を鎮める為に、祀ってあります。

平成27年1月 島根県 津和野町 森鴎外記念館 「鴎外を離れて鴎外作品を読む『普請中』」大塚美保教授による講演が開催された。

平成27年3月 島根県 津和野町 森鴎外記念館 津和野会場にて 津和野町 森鴎外記念館 山崎一穎館長と講演前、言葉を交わした。森鴎外記念館 講演前、私は、津和野町 亀井家別邸、亀井家 墓所 墓参り、森鴎外 撰文碑 周辺の清掃にあがった。

平成27年3月10日 メルケル独首相と日本の各首脳との会談内容、戦後、日独間、未解決のままであった日独同盟 外交問題そのものである。

平成27年4月24日、島根県 益田市 石見美術館 館長室にて 澄川 喜一館長と私は、対談した。対談の内容、早稲田大学・朝倉彫塑館 大隈重信像について、東京スカイツリー、東京都 根津美術館の話題、茶華道の話題 等。

平成27年5月16日、島根県 津和野町 森鴎外記念館 山崎一穎館長と私は、「長州藩 防長風土注進案」 と 「萩藩閥閲録」との相互扶助 関係について、当時、石橋湛山先生が、貢献された内容を説明し 跡見学園へ私から「萩藩閥閲録 山口県文書館」を寄贈するにあたり、その関係する説明文を添付した。

平成27年5月26日、跡見学園へ「萩藩閥閲録 山口県文書館」寄贈の件、跡見学園 理事長、図書館より、礼状を私は、拝受した。

平成27年5月27日、福岡県 北九州市 森鴎外旧宅、訪問した。文部大臣 奥野 誠亮代議士が、貢献された当時の話しも、すすめるため、私は、奈良県の出身者と懇談するつもりであったが、時間の制約があり、懇談出来ず、用件だけを済ませた。

平成27年6月2日、山口県熊毛郡田布施町 佐藤榮作先生 墓参りにあたり、山口県議会議員 吉井利行先生の奥様と秘書から、私は、その参拝の仕方 等、指南もいただくことができた。私からの供物に関しては、吉井利行先生の奥様と秘書へ、その供物を手渡した。

島根県 津和野町 森鴎外記念館 において、私から 跡見学園へ「萩藩閥閲録 山口県文書館」寄贈の件、跡見学園 理事長、図書館より、礼状、拝受した後 平成27年6月27日、跡見学園 理事長より、個人的に、お気持ちの品、山口市 私の家へご恵贈していただき、その品々の対応についても、私の実家 萩市 黒川 国重要文化財 民家 森田家 住宅 内の仏壇へ、供えにあがり、私から 森田家 親族へ、対談と説明を入れた。

その対談と説明の内容について、・・・ 私の父 森田良吉 氏は、山口県文書館 主事 時代より、宮内庁との各対応もあり、当時より、著名な学者による助言 等も得て、大名家 末裔の方々との学術交流、文化活動における各 支援活動を行っていた文化活動の内容に関し、萩市 黒川 国重要文化財 民家 森田家 親族へ、その詳細 説明をした。

平成27年6月27日、跡見学園 理事長よりのお気持ちの品、山口市 私の家へご恵贈していただき、その対応についても、私の実家 萩市 黒川 国重要文化財 民家 森田家 住宅 内の仏壇へ、供えにあがった、しかし、その経過を視ていると、その後、跡見学園 理事長からのお供え物については、それにより、当家の祭りや宮中のお祭り 等おいても 重大なる不幸が発生する予兆があるための予感が私に、発生し、平成27年7月、それに関する、その説明についての書類を添付するとともに、跡見学園 理事長へ、跡見学園 理事長よりのお気持ちの品は、返送した。



第31回 土・水研究会 農作物によるカドミウム・ヒ素の吸収とそのリスク管理

(NIAES 30周年記念ワークショップ) (2014年2月26日)

独立行政法人農業環境技術研究所は、2014年2月26日(水曜日)、午後、つくば国際会議場(エポカルつくば)中ホール200 において、第31回 土・水研究会 「農作物によるカドミウム・ヒ素の吸収とそのリスク管理」 を開催します。

国内外において、食品の安全性に対する意識・関心が高まっています。カドミウムについては、食品衛生法に基づくコメの基準が平成23年2月に見直された一方で、コメ以外の農作物についても低減対策の推進が求められています。また、ヒ素については、農産物からの摂取において、わが国では米の寄与が大きいことが明らかになっています。

これらの問題を解決するため、農林水産省委託プロジェクト 「生産・流通・加工工程における体系的な危害要因の特性解明とリスク低減技術の開発」 において技術開発に取り組んできました。

そこで本研究会では、カドミウム・ヒ素などの有害化学物質について、 (1) 行政的な状況、 (2) 化学洗浄や植物を用いたカドミウム汚染土壌浄化技術、カドミウム低蓄積品種など新しい手法を応用したリスク管理技術、 (3) 植物体中のカドミウム等のイメージング技術、 (4) コメにおけるヒ素吸収低減技術 について、最新の情報や研究成果を報告して討論を行います。

今年は農業環境技術研究所の設立30周年に当たるため、農環研における土壌研究30年の歩みについても紹介します。

開催概要

プログラム(予定)

13:00 開会あいさつ

(独)農業環境技術研究所 理事長 宮下 淸貴

13:10 農業環境研究における土壌研究の歩み

(独)農業環境技術研究所    荒尾 知人

13:20 農作物中のカドミウム・ヒ素をめぐる情勢

農林水産省消費・安全局農産安全管理課 青木 政典

13:50 農作物のカドミウム吸収抑制のために(1)化学洗浄法

(独)農業環境技術研究所    牧野 知之

14:20 農作物のカドミウム吸収抑制のために(2)ファイトレメディエーション

(独)農業環境技術研究所    村上 政治

14:50 農作物のカドミウム吸収抑制のために(3)低蓄積品種

(独)農業環境技術研究所    石川  覚

15:20  <休憩>

15:40 RIイメージング技術を用いた植物体内におけるカドミウムの動態解析

日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門 鈴井 伸郎

16:10 放射光源蛍光X線分析装置によるカドミウム・ヒ素局在性の可視化

(独)農業環境技術研究所    山口 紀子

16:40 資材・水管理による水稲のヒ素吸収抑制

島根大学生物資源科学部・附属生物資源教育研究センター 松本 真悟

事務局・問合せ先:
〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
(独)農業環境技術研究所 土壌環境研究領域 荒尾 知人
電話: 029-838-8311 

・・・ (独)農業環境技術研究所 配信 より

私のコメント : 平成29年2月2日、山口県内においては、現在、カドミウム米が、山口県内で流通されていること 等に関して、山口県内 今日のテレビ報道において、初めて、最近になり、それが、明らかとなってきました。


平成29年1月30日、「維新の先覚月性の研究」内容に関し、その内容を編纂している過程にて、その編纂業務、手伝っていた柳井市の関係 継承者の重要な一人としての立場で、1月30日、柳井市役所内にて、私は、柳井市教育委員会 職員と対談した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天皇陛下、微熱で宮中祭祀取りやめられる 葉山ご静養は予定通り

微熱のため、30日午前の宮中祭祀(さいし)を取りやめられた天皇陛下は、予定通りのご静養のため、神奈川県の葉山御用邸へ向かわれた。天皇皇后両陛下は、午後2時すぎ、葉山御用邸に向け出発された。皇居を出る際には、沿道の人たちに、陛下は、元気な笑顔を見せられていた。宮内庁によると、陛下は、早朝から微熱があったため、午前中に予定されていた宮中祭祀である、孝明天皇例祭の儀への出席を、大事をとって取りやめられた。陛下には、のどの痛みやせきなど風邪の症状はなく、先週末に接種した肺炎球菌ワクチンによる影響の可能性があるという。陛下は、熱が下がりつつあるということで、予定通り、皇后さまと30日から5日間、葉山御用邸で静養されるという。  最終更新:1/30(月) 18:41 ・・・2017/1/30、 フジテレビ系(FNN) 18:41配信より

私のコメント : 平成29年1月30日、山口県熊毛郡田布施町 山口県議会議員 吉井利行先生の事務所へ行く。佐藤栄作先生が、総理大臣就任 当時 「佐藤寛作手控」を発行へ準備された当時 佐藤寛作氏が、浜田県令(現在 島根県)時代iにおける逸話を 熊毛郡田布施町 山口県議会議員 吉井利行先生の事務所内にて、吉井利行先生の担当 事務職 との間にて、交わす。その後、私と 山口県庁 職員、山口県議会事務局との話題をまたぎ、その新たな山口県議会議長 人選についての話題となった。その山口県熊毛郡 田布施町をあとにし、山口県柳井市役所 教育委員会にて、「宇都宮黙l霖・吉田松陰 往復書簡」と 「月性と吉田松陰」における、展望について、柳井市教育委員会の職員との間にて、その対談、台湾、韓国、中国からも、豊前国・肥前国・安芸国で漢詩文・仏教を学び、また京阪・江戸・北越を遊学し名士と交流し、長門国萩では益田親施・福原元僴・浦元襄などに認められ、吉田松陰、久坂玄瑞らとも親しかった、江戸時代末期(幕末期)の僧。周防国大島郡遠崎村(現在の山口県柳井市遠崎)、妙円寺の住職。贈正四位。 その月性における研究は、世界的に、関心も、高いことを聴いた。

「平成28年12月28日、山口県 柳井市 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書担当課長から 私への対応の件については、以下の内容について、書面で、私から連絡文を 柳井市 総務部 総務課へ送信し、山口県 柳井市 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書担当課長 から、私への対応 待ちとなった。

件名: 別紙 私からの連絡文 山口県 柳井市役所 弘津多美恵秘書課長との連絡対応が私に、ありますが、柳井市役所 弘津多美恵秘書課長からのご返事が、私の許へ来なく、困っております状況を島根県益田市政策企画局人口拡大課 監査委員会事務局・公平委員会事務局政策企画係長様へ報告しています件、

いつもお世話になります。別紙 私からの連絡文 山口県 柳井市役所 弘津多美恵秘書課長との連絡対応が私にありますが、私の許へ、ご返事、柳井市役所 弘津多美恵秘書課長よりの書面にてお願いを申し上げます。」の内容に関し、

平成29年1月30日、同じ 山口県 柳井市 庁舎内における柳井市役所 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書課長と私は、対談した後、その関係している柳井市役所 担当の職員のもとへ、柳井市役所 総務部 総務課 弘津多美恵 秘書課長よりは、私を引率いただき、内容に詳しい、柳井市役所 担当課の立場の説明を私は、聞いた。

平成29年1月30日、宮内庁によると、陛下は、午前中に予定されていた宮中祭祀である、孝明天皇例祭の儀への出席を、取りやめられた。いままで、私は、京都 栗田口 青蓮院にて、孝明天皇、ご乗車もされていた駕籠についても、その場所、何度も参拝し、当時 青蓮院 執事長と会話も交し、遥拝している。



平成28年6月29日、山口県柳井市役所 総務部 総務課 星出歳之主任から、連絡が二度あり、その対応の件、柳井市役所においては、なぜ、私どもに対し、その戸籍誤記が、つづいていたかの理由について、柳井市役所からの説明、及び、柳井市役所より、その戸籍誤記が、続けられてきたことにより、その不利益をこうむっている私へ、その謝罪に関する、柳井市長 井原健太郎氏との面会、及び、柳井市役所 市民生活課 職員による、その説明における際の柳井市長 井原健太郎氏による、その立ち会い につき、その話し合いを持った。

..................................
梅本純正さん 96歳=元厚生事務次官、元環境事務次官、元武田薬品工業社長

梅本純正さん 96歳(うめもと・よしまさ=元厚生事務次官、元環境事務次官、元武田薬品工業社長)昨年12月28日、老衰のため死去。葬儀は家族葬で営んだ。喪主は妻澄子(すみこ)さん。 厚生省(現厚生労働省)の事務次官を経て、71年7月に発足した環境庁(現環境省)の初代事務次官に就任。官房副長官を経て、86年から91年まで武田薬品工業社長を務めた。 ・・・ 平成28年1月7日、毎日新聞  東京朝刊より

..................................
元厚生事務次官宅連続襲撃事件(もとこうせいじむじかんたく れんぞくしゅうげきじけん)とは、

2008年(平成20年)11月に発生した連続殺傷事件である。

概要 

2008年11月17日と11月18日に元厚生省(現厚生労働省)事務次官の自宅が襲撃される事件が発生。死者2人、重傷者1人を出す事態となった。

最初の事件から5日後の11月22日午後9時に、当時46歳の男性がレンタカーで警視庁に出頭し、自分が厚生事務次官を殺害したと供述した。11月23日午前2時、警視庁は男がレンタカーに血のついた2本を含めた刃物など犯行時に使ったとされる物証を携えていたため、銃刀法違反で男を逮捕した。

( 中略 )

男は出頭直前に、「元厚生次官宅襲撃事件について。今回の決起は年金テロではなく、34年前に保健所に飼い犬を殺された仇討ちである。最初から逃げる気は無いので今から自首する」旨のEメールを新聞社やテレビ局などのマスコミに送っており、これが事実上の犯行声明とされた ( 略 )

・・・ 「 Wikipedia フリー百貨事典 」  より  その関係する部分より 引用











コメント
この記事をはてなブックマークに追加