地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

全国の天気概況

2017年12月04日 | 健康管理
全国の天気概況

平成29年12月4日

5日は日本付近に強い寒気が流れ込みます。北海道と東北は雪でしょう。ふぶいて見通しの悪い所もありそうです。北陸は冷たい雨や雪で、雷を伴い強く降ることもあるでしょう。さらに、まだ雪に慣れていない近畿北部や山陰、九州北部の平地でも雪が降る見込みで、積雪や凍結に注意が必要です。気温は平年より低い所が多く、特に西日本では真冬並みの寒さとなるでしょう。 (4日 18:05 更新)

・・・平成29年12月4日、NHK NEWS WEB 配信より

私のコメント : 平成29年12月4日、12月5日は日本付近に強い寒気が流れ込みます。雪が降る見込みで、積雪や凍結に注意が必要です。気温は平年より低い所が多く、特に西日本では真冬並みの寒さとなるでしょう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「連絡が取れない。何とかして」悲痛な訴え 安否確認一晩で急増 大分

2017年07月07日 | 健康管理
「連絡が取れない。何とかして」悲痛な訴え 安否確認一晩で急増 大分 崩れた土砂の「天然ダム」、決壊の恐れ

7/7(金) 15:00配信

「連絡が取れない。何とかして」-。大分県日田市には孤立した地域住民の親族らから安否確認を求める悲痛な訴えが寄せられている。その数は7日早朝までに133人。日を追うごとに増えており、豪雨被害の全容はまだ見えない。

【空撮】「天然ダム」決壊のおそれ…大規模な土砂崩れが発生した大分県日田市小野地区

同市によると、6日午後8時までにかかった安否不明者の問い合わせの電話は68人だったが、一晩で倍増した。大半は土砂崩れや河川氾濫など被害が大きい大鶴地区と小野地区の住民情報を求める電話で、ニュースを見た県外の人からの問い合わせも増えているという。

市中心部から両地区への道路は寸断。停電などで電話も不通になっており、市としても被災状況が把握しづらい状況が続く。土砂崩れや河川氾濫など被害が大きい大鶴地区と小野地区の住民情報を求める電話で、ニュースを見た県外の人からの問い合わせも増えているという。両地区はもともと電波状況が悪い地域。停電による固定電話の不通も長引いている。NTTドコモ福岡支店も「日田市の一部で携帯電話がつながりにくくなっているが、危険なため現場に行けない」と話す。

95人の安否が確認できない小野地区では、崩れた土砂が小野川をせき止めて「天然ダム」ができており、決壊の恐れがあるために近づけない状況。同市の行村豊喜統括部長は「孤立地域や電話不通者にどう連絡を取るか、まずその手段から考えないといけない」と沈痛な表情で話した。 西日本新聞社 ・・・ 平成29年7月7日(金)、西日本新聞 15:00配信より

私のコメント : 平成29年7月7日(金)「連絡が取れない。何とかして」-。大分県日田市には孤立した地域住民の親族らから安否確認を求める悲痛な訴えが寄せられている。土砂崩れや河川氾濫など被害が大きい大鶴地区と小野地区の住民情報を求める電話で、ニュースを見た県外の人からの問い合わせも増えているという。土砂崩れや河川氾濫など被害が大きい大鶴地区と小野地区の住民情報、両地区はもともと電波状況が悪い地域。停電による固定電話の不通も長引いている。NTTドコモも「日田市の一部で携帯電話がつながりにくくなっているが、危険なため現場に行けない」と話す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛烈な雨で川あふれ...現地は今、・・・ 大分県にも、大雨特別警報が発表されました

2017年07月05日 | 健康管理
「加計」説明に消極姿勢=閉会中審査で「首相隠し」

学校法人「加計学園」の獣医学部新設などをめぐり衆参両院で閉会中審査の実施が決まった。

ただ、行政がゆがめられたとされる疑惑の中心に居る安倍晋三首相は外遊中。首相が約束した「丁寧な説明」が実現するかどうかは帰国後に持ち越された。東京都議選の惨敗を経ても、国民の疑問に答えることにはなお消極的な姿勢で、野党は「首相隠し」(民進党幹部)と反発している。

「政権奪還時の初心に立ち返り、高い緊張感を持って一つ一つ結果を出すことで、国民の信頼回復に努めたい」。首相は5日、欧州歴訪に先立ち羽田空港で記者団にこう強調した。ただ、首相は「説明」には言及せず、「国政にいっときの停滞も許されない」と述べて野党をけん制した。

民進党は4日の自民党との国対委員長会談で、首相出席での衆院予算委員会の閉会中審査を求めたが、自民党は首相帰国後に改めて協議するとして結論を先送りした。菅義偉官房長官は5日の記者会見で「(首相は)国会で決めれば当然、丁寧に説明する」と述べたが、政権幹部は「国会に出ても、説明不足とか疑惑が深まったと報道される」と後ろ向きだ。

折しも北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射に成功したと発表。首相は、野党も批判しにくいテーマに取り組む姿勢をアピールすることで、局面転換を図る意向とみられる。

だが、首相の政治手法は有権者に見透かされつつある。6月30日の都議選応援演説は屋内であったにもかかわらず、「売り言葉に買い言葉の私の姿勢にも問題があった」と語る首相に対し、「討論になっていないではないか」とやじが飛んだ。国民の疑念に向き合う姿勢を欠く首相が信頼を回復するのは容易でなさそうだ。

・・・ 平成29年7月5日(水)、時事通信 18:13 配信より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
猛烈な雨で川あふれ...現地は今

フジテレビ系(FNN) 7/5(水) 17:50配信

九州地方に5日、発達した積乱雲が帯状に集まる、いわゆる「線状降水帯」ができた。九州地方、福岡、そして大分で激しい雨となっている。福岡・朝倉市は、一段と雨脚が強くなってきた。午後3時半ごろに市内に入ったが、その時から、断続的にたたきつけるような雨が降り続いている。雷も絶えず鳴っていて、恐ろしさを感じる。川や田んぼと、道路の境目がわからなくなっているところも多々あった。川が決壊したとみられている場所は、道路に茶色く濁った水が流れ出ている。取材を続けていると、鉢植えが乗ったコンクリートや大きなケースなどが、勢いよく流れてきて、住民も恐怖を感じているようだった。この雨で、身動きが取れなくなっている住民の姿も多く見られた。道路には、渋滞も発生している。サイレンを鳴らしながら走るパトカーや消防車、自衛隊の車両もあり、異様な光景が続いている。午後5時現在も、断続的な雨が降り続いていて、市内の至るところで川の決壊、また、陥没した橋が落ちたというような情報もあり、被害の全貌が、まだつかみきれていないような状態となっていて、住民も不安を感じている。 最終更新:7/5(水) 17:50 ・・・ 平成29年7月5日(水)、フジテレビ系(FNN) 17:50 配信より

私のコメント: 平成29年7月5日(水)、大分県にも、大雨特別警報が発表されました。数十年に一度の重大な災害が起きる恐れがあり 身の安全を図って下さい。市町村から発表される避難勧告などの情報に注意して下さい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国憲法裁 朴大統領の罷免決定=60日以内に大統領選

2017年03月10日 | 健康管理
韓国憲法裁 朴大統領の罷免決定=60日以内に大統領選

【ソウル聯合ニュース】韓国憲法裁判所は10日午前、朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免を認める決定を言い渡した。決定に伴い、朴氏は韓国憲政史上初めて弾劾により失職した大統領になった。60日以内に大統領選が実施される。投開票日は5月9日などが有力視されている。韓国国会は昨年12月9日、朴氏の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件をめぐり、朴氏に対する弾劾訴追案を可決。憲法裁は今年1月3日から2月27日まで弁論を計17回開き、審理を行ってきた。朴氏はこれまで自身に絡む疑惑が弾劾の理由にならないと主張し、棄却や却下を求めていた。・・・ 2017/3/10(金)、 聯合ニュース 11:23配信

私のコメント : 平成29年3月7日付、山口県 防府市 上田・藤井総合事務所 上田和義弁護士から、その私への連絡文については、上記、及、下記における各対応、及、その医療における対応の関係もあるため、書面にて、平成29年3月10日付、その事実関係ただすための連絡文、送信した。




「防長風土注進案」は、当時の文化、宗教、祭祀 史実も、記載されている。

平成26年8月、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私は、米沢 旧藩主家 上杉家に関する話題も、懇談した。

平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成29年1月、柳井市 瑞相寺 住職との間、萩市 梅蔵院における運営、並びに、知恩院 運営の件 等があるため対談した。平成29年2月24日、知恩院 宗務に関係して 山口県 浄土宗 活動における問題で、萩市 梅蔵院 住職との間において、萩市からNHK大河ドラマ 「花燃ゆ」の放送内容にも関係し 宗教問題へと、その端も発している内容に関する連絡をおこなった際、梅蔵院 住職からの重大な法事報告も、私は、いただいた。

平成29年2月25日、柳井市 誓光寺 坊守様のもとへ、萩市 三千坊 住職 継職法要の儀、報告した経緯あり、萩市 三千坊 坊守様との間にて、宗務対応に関する件につき、連絡と対応を持った。
...................
日積地区で独自測定 米軍機騒音 柳井市、苦情急増受け調査・・・

防府商業高等学校へ 勤務中、外務大臣 官房総務課より、私は、外務省 密約書 不在に関する問題に関し、その連絡を受けた後も、外務省 密約書 不在の問題 関係させられ、山本繁太郎前知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるため 平成29年2月23日、書面で、山口県広報広報課 県民相談室へ連絡文を入れて、私が作成した書面の内容に沿い、山口県 環境生活部 環境政策課 大気・化学物質環境班 大嶋裕司 主幹との間で、その内容に関する 面談をした。

平成29年2月28日、山口県歯科医師会 歯科医 医療相談の件に関して、山口県歯科医師会 河野好美様と対談をした。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【動画】冬の寒さ続く 日本海側の雪は次第に止む(18日19時更新)

2017年02月19日 | 健康管理
【動画】冬の寒さ続く 日本海側の雪は次第に止む(18日19時更新)

19日(日)も、この時季らしい寒さが続きますが、雪の降る範囲は次第に狭くなるでしょう。18日(土)は上空の寒気が南下し、前日の春の暖かさから一転して、冬の寒さが戻りました。この寒気の影響が続いて、土曜日の夜遅くは、関東や近畿の一部で、雪や雨の降る所がありそうです。ただ、雪は降っても積もることはないでしょう。

日曜日の朝は、山陰や近畿北部で雪が残りますが、徐々に止んでいく見込みです。午後になると、北陸や東北でも、雪の範囲は狭くなりそうです。太平洋側では、土曜日よりも日差しの届く所が多いでしょう。日曜日の朝は冷え込みが強く、東京では1℃まで下がる見込みです。日中も気温はあまり上がらず、各地でこの時季らしい寒さが続きそうです。来週も、日ごとに気温の変化が大きくなるため、体調管理に注意してください。

(気象予報士・片山美紀)・・・ウェザーマップ  2017/2/18(土) 19:11配信 より

私のコメント : 日本海側の雪は次第に止む 日中も気温はあまり上がらず、各地でこの時季らしい寒さが続きそうです。来週も、日ごとに気温の変化が大きくなるため、体調管理に注意してください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥インフル 岐阜で高病原性確認…8万羽殺処分を開始

2017年01月15日 | 健康管理
鳥インフル 岐阜で高病原性確認…8万羽殺処分を開始

岐阜県は14日、同県山県市の養鶏場で死んでいた鶏の遺伝子検査をした結果、高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。県は15日未明から、この養鶏場で飼育している約8万羽の殺処分を始めた。県は国の指針に基づき、感染確認から72時間以内の17日深夜までに埋却処分を終えたい考え。県は遺伝子検査での陽性反応を受け、殺処分を速やかに実施するため陸上自衛隊に災害派遣を要請し、15日午前0時半すぎから殺処分を始めた。15日午後4時までに3万7825羽の処分を終えた。交通規制などは防疫措置が完了してから21日間続く。【岡正勝】 ・・・ 2017年1月15日、 毎日新聞 20時20分(最終更新 1月15日 20時20分) 配信より

私のコメント : 2017年1月15日、岐阜県は、同県 山県市の養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥インフル グッタリ作業8時間…「二度とやりたくない」 殺処分終えた職員ら、疲労濃く

2016年12月03日 | 健康管理
鳥インフル グッタリ作業8時間…「二度とやりたくない」 殺処分終えた職員ら、疲労濃く

食用アヒルからH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市北部の農場では29日午後、殺処分の作業を終えた青森県の職員が重い足取りでタクシーやバスに乗り込んだ。8時間作業した20代の男性職員は「きつかった。二度とやりたくない」と疲れ切った様子だった。

職員らは防護服の上から消毒液を噴射されていた。ある男性職員は「鳥を運ぶ袋が足りなくなるなど、初めてのことで準備不足もあったが、みんな一生懸命だった」と話した。

殺処分は午後8時すぎに全て終了。県の幹部は「(ウイルスの確認から)目標だった24時間以内に処分できて良かった。引き続き早期の収束に向けて取り組みたい」と前を向いた。

一方、新潟県関川村の養鶏場で約31万羽の殺処分を進める同県。29日午後の対策会議後、報道陣の取材に応じた米山隆一知事は「今のところ大きな混乱はない」と引き締まった表情を見せた。・・・ 平成28年11月30日(水)、産経新聞 08:35 配信より
...............................
鳥インフルエンザ 感染すでに30件超 過去最速の勢い

大陸間を移動する渡り鳥を介して日本国内に広まる高病原性の鳥インフルエンザ。ウイルスの国内感染例は今季、11月末までで30件と過去最速のペースで増加しており、環境省など国は「過去最大規模の流行になるおそれもある」とみて、養鶏場などへ最大級の警戒を呼びかけている。

環境省によると、今月2日までに野鳥に関連して高病原性ウイルスが確認されたのは33件。1シーズンでの最多は平成22~23年の58件だが、11月末時点の件数は今季が過去最多だ。22~23年は家禽(かきん)でも9県の24農場で確認、約183万羽が殺処分されている。

今季の野鳥感染例は岩手県から鹿児島県まで、既に広範囲に及んでいる。環境省は11月21日、それまでに秋田、鳥取、鹿児島の各県で高病原性ウイルスが確認されたことから、警戒レベルを最高の「3」に引き上げ。

同省や農林水産省は、野鳥関連施設や養鶏場、全国の自治体などに監視体制の徹底を要請していた。

韓国ではこれに先立つ10月28日、野鳥から、のちに青森や新潟の家禽で確認されることになる「H5N6型」の高病原性ウイルスが採取された。同型はこれまで、日本国内では確認されていなかったという。

環境省は「ウイルス侵入自体を防ぐのは不可能で、早期に発見して拡大を抑制するしかない」と強調。野鳥が持ち込んだウイルスは小動物などが媒介して家禽に広がる恐れがあり、国は自治体と協力し、発見地点の10キロ圏内で監視を強化。死骸やふんなど汚染物の発見に努めている。

人への感染の恐れが基本的に少ない鳥インフルエンザが警戒されるのは、人から人へ感染する「新型インフルエンザ」へ突然変異する可能性があるからだ。

農水省の担当者は「鳥インフルの拡大防止には、消毒などの対策が重要。靴底に付いたウイルスを持ち込んでしまうこともあり、海外から帰った人は特に農場に近づかないでほしい」と話している。 ・・・ 平成28年12月3日(土)、産経新聞  14:38配信より

私のコメント: 日本国内に広まる高病原性の鳥インフルエンザ。ウイルスの国内感染例は今季、環境省など国は「過去最大規模の流行になるおそれもある」とみて、養鶏場などへ最大級の警戒を呼びかけている。環境省によると、今月2日まで 高病原性ウイルスが確認されたのは33件。1シーズンでの最多は平成22~23年の58件だが、11月末時点の件数は今季が過去最多だ。今季の野鳥感染例は岩手県から鹿児島県まで、既に広範囲に及んでいる。環境省は11月21日、それまでに秋田、鳥取、鹿児島の各県で高病原性ウイルスが確認されたことから、警戒レベルを最高の「3」に引き上げ。 花燃ゆ、鳥燃ゆ、・・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青森で鳥インフル…高級食材フランス鴨で確認

2016年11月29日 | 健康管理
青森で鳥インフル…高級食材フランス鴨で確認

青森県は28日、青森市内の農場で、フランス料理などの高級食材として使われるフランス 鴨(がも) 10羽が死んでいるのが見つかり、毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザを確認したと発表した。

農林水産省によると、高病原性の確認は、 家禽(かきん) では今冬、全国で初めて。この農場では、約1万6500羽のフランス鴨を飼育している。県はこの農場で飼育されている全ての鳥類を殺処分する。

県畜産課によると、この農場では、フランス鴨を建物9棟で飼育している。28日朝、農場の管理者が、1棟で10羽が死んでいるのを見つけ、青森家畜保健衛生所(青森市)に連絡した。死んだ10羽のうち5羽と、同じ建物で弱っていた5羽の簡易検査を行った結果、9羽から陽性反応が出た。さらにウイルスの遺伝子検査を行い、高病原性と確認した。  ・・・2016年11月28日、読売新聞 23時42分 配信より
.............................
新潟、青森で家禽から鳥インフル 今冬初、32万羽超殺処分も

新潟県は28日、同県関川村の養鶏場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。青森県も同日、青森市の家禽農場で、食用アヒルから鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表。農林水産省によると、国内で家禽から陽性反応が出たのは今冬初めて。

関川村の養鶏場は鶏約31万羽を、青森市の農場は食用アヒル約1万6500羽をそれぞれ飼育。新潟、青森両県は、遺伝子などを調べる検査で高病原性鳥インフルエンザの陽性と確認されればいずれも全て殺処分する方針。

政府は28日夜、首相官邸の内閣危機管理センターに情報連絡室を設置。安倍晋三首相は情報収集や国民への正確な情報伝達などを関係省庁に指示した。・・・2016年11月28日、産経新聞 23:06配信より

私のコメント: 新潟、青森で 家禽から鳥インフル確認されたと発表 今回の発生より、 安倍晋三首相は情報収集や国民への正確な情報伝達などを関係省庁に指示した。都道府県 畜産課への農林水産省からの指導、支援活動についてもいのる。祭政一致。






 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

首相動静―10月19日

2016年11月28日 | 健康管理
首相動静―10月19日

【午前】9時27分、官邸。54分、藤井聡内閣官房参与。10時50分、土居征夫城西大特任教授。11時3分、麻生太郎副総理兼財務相、財務省の佐藤慎一事務次官、福田淳一主計局長。39分、佐藤、福田両氏出る。56分、麻生氏出る。

【午後】0時6分、エドワード・ルトワック米戦略国際問題研究所シニアリサーチャーと昼食。秋葉剛男外務省外務審議官同席。1時3分、衆院第1議員会館。歯科診療室で治療。49分、官邸。51分、バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長と会談。竹田恒和日本オリンピック委員会(JOC)会長同席。2時15分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、石兼公博外務省総合外交政策局長、防衛省の前田哲防衛政策局長、河野克俊統合幕僚長。3時16分、ブラジルのテメル大統領を出迎え。記念撮影。17分、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。26分、テメル大統領と首脳会談。4時18分、署名式。共同記者発表。52分、働き方改革に関する現場との意見交換会。加藤勝信働き方改革担当相、塩崎恭久厚生労働相同席。6時5分、安全・安心なまちづくり関係功労者への表彰。記念撮影。37分、公邸。テメル大統領を歓迎する首相主催の夕食会。7時52分、テメル大統領を見送り。・・・ 平成28年10月19日、朝日新聞デジタル 19時24分配信より

私のコメント:平成28年10月19日、安倍晋三首相は、1時3分、衆院第1議員会館。歯科診療室で治療。49分、官邸。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<大麻>「町おこし」ご用心 厚労省「栽培許可、慎重に」

2016年11月26日 | 健康管理
<大麻>「町おこし」ご用心 厚労省「栽培許可、慎重に」

厚生労働省が大麻の栽培許可の申請に監視を強めている。栽培はしめ縄などの原料にする大麻草農家に限って認められているが、過疎に悩む自治体に「町おこしになる」と持ち掛けて新たに許可を得ようとする動きが各地で見られるためだ。10月には栽培業者が大麻を吸引していたことが判明して逮捕される事件も起き、同省は小冊子などで自治体に「甘言に乗らないで」と呼び掛けている。

「麻栽培の伝統を復活させたい」。大麻取締法違反で今月起訴された上野俊彦被告(37)は2013年4月、こう訴えて鳥取県から許可を得て、同県智頭(ちづ)町で大麻草栽培を始めた。大麻は譲渡や所持が大麻取締法で禁じられているが、都道府県の許可があれば栽培できる。町も手続きに協力し、上野被告は大麻を加工した麻薬成分の入っていない炭や種子の油などを特産品として販売。事業は順調に見えた。

しかし、現場には次第に乱用目的で人が集まるようになった。厚労省によると、被告は通常はフェンスで囲う畑を開放して草取りや刈り取りなどの体験ツアーを企画し、ネットで「大麻セラピー」と紹介されていたという。被告自身も栽培したものと別の大麻を所持した疑いで逮捕された。

北海道東川町は昨秋、大麻草を建築資材やバイオ燃料、漢方原料などに活用したいと、民間団体と共同で地方創生の国家戦略特区の指定などを国に提案。しかし智頭町の事件を受け、東川町は「大麻吸引が目的だと誤解されてしまう」と、国との協議打ち切りを決めた。また、関西のある村の住民から「村が大麻を特産品にしようと動いているが、法律上問題ないのか」との相談が県に寄せられたこともあった。

25日には、男女22人が長野県の山間部の集落に移住して大麻を違法栽培していたことが発覚。このケースは自治体が関与していない。

厚労省は今月、「ご注意ください! 大麻栽培でまちおこし!?」と題した自治体向けパンフレットを作り、厳格な審査を求める通知も出した。「大麻栽培を大規模な産業として発展させた例はない」と指摘し、「もうかる」「無限の可能性がある」といった誘い文句に乗らないよう注意している。

こうした監視強化に戸惑う人もいる。神社界や神職を養成する皇学館大などで作る「伊勢麻振興協会」(三重県伊勢市)は、国産の麻で神事を執り行おうと、今月末に県に栽培許可の申請を予定している。2年前から会員を栃木県鹿沼市の農家に派遣し、栽培技術を学んでいるという。

同大教授の新田均理事は「事件はいい迷惑だ。薬物成分は厳しく取り締まられるべきだが、繊維としての大麻まで悪者にされたように感じる」とこぼす。【熊谷豪】

 ◇医療用の大麻 日本に存在せず

大麻を巡っては、所持の罪で起訴された元俳優の高樹沙耶被告(53)が、今夏の参院選で「医療用大麻の解禁」を訴えていたことも話題になった。大麻はがんの痛みを和らげる目的で米国の一部の州で使われているが、日本に医療用の大麻は存在しない。

既に国内ではモルヒネなどが医療用麻薬として承認されている。ただし処方される量は、米国の約15分の1。日赤医療センター(東京都渋谷区)の的場元弘・緩和ケア科部長は「麻薬使用は患者に抵抗感がある。吐き気などの副作用もあるので家族も反対する」と説明する。

このため、安全性と有効性が確認されている今の医療用麻薬で十分だというのが、厚労省の見解だ。担当者は「大麻解禁の議論は時期尚早」と話す。

国会でも取り上げられた。安倍晋三首相の妻昭恵さんは週刊誌のインタビューで「いまは大麻に興味がある」「もちろん吸うわけではありません。一つは医療用。もう一つは『祈とう用』」と発言。大西健介衆院議員(民進)が質問主意書で安倍首相の見解をただしたところ、政府は今月15日、「政治家個人または私人としての見解で、政府として答える立場にない」との答弁書を閣議決定した。・・・平成28年11月26日(土)、毎日新聞 15:00配信より

私のコメント: 安倍晋三首相の妻昭恵さんは週刊誌のインタビューで「いまは大麻に興味がある」「もちろん吸うわけではありません。一つは医療用。もう一つは『祈とう用』」と発言されている。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

普天間、5年内停止「協力したい」 山口・岩国市議会議長

2016年09月17日 | 健康管理
普天間、5年内停止「協力したい」 山口・岩国市議会議長

【宜野湾】山口県岩国市議会の桑原敏幸議長が12日、宜野湾市役所で佐喜真淳市長と意見交換した。取材に対し「沖縄の基地負担を全国で分かち合うべきだ。5年以内の運用停止に協力したい」と述べ、佐喜真市長に沖縄の基地負担の分散を提案したと話した。

岩国基地には2014年8月に普天間所属のKC130空中給油機15機が移駐されている。桑原議長は「基地負担を受け入れてきた岩国だからこそ声を上げることができる。同じ日本でありながら沖縄だけに(基地負担を)押しつけるのはおかしい」と強調した。

桑原議長ら岩国市の保守系市議12人は12日から県内を視察している。 ・・・ 2016年4月13日、琉球新報 10:33 配信より

私のコメント: 岩国基地に、2014年8月には、普天間所属のKC130空中給油機15機が移駐された。2016年4月12日、山口県岩国市議会の桑原敏幸議長が、宜野湾市役所で佐喜真淳市長と意見交換した。取材に対し「沖縄の基地負担を全国で分かち合うべきだ。5年以内の運用停止に協力したい」と述べた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

普天間移設に「見通し」 山口・岩国市長が認識

2016年09月16日 | 健康管理
普天間移設に「見通し」 山口・岩国市長が認識

【宜野湾】山口県岩国市の福田良彦市長は22日、宜野湾市役所を訪れ、岩国への米軍厚木基地(神奈川県)からの空母艦載機受け入れについて、米軍普天間飛行場返還・移設問題の見通しがつくことが前提だとしていた件を問われ「普天間の見通しが立っていないという状況ではない」との認識を示した。佐喜真淳宜野湾市長との面談後、記者団に対し答えた。

福田氏は2017年度をめどに予定される厚木からの艦載機59機の受け入れ条件に、治安・騒音対策のほか、普天間問題の進展を挙げていた。佐喜真氏との面談では、福田氏が米軍KC130空中給油機の普天間から岩国への移駐や、那覇-岩国間の航空便就航を報告。両氏は就航を契機とした宜野湾と岩国の観光、経済交流などについて意見交換した。

福田氏は「沖縄の負担軽減のみならず安全保障政策の議論、環境づくりを岩国市としても発信していきたい」とも述べた。

福田氏は同日、県庁で安慶田光男副知事とも面談した。安慶田氏は「岩国市には普天間飛行場の負担軽減で理解していただき、KC130を受け入れてもらっており、感謝申し上げる」と謝意を述べた。 ・・・ 2016年2月23日、琉球新報 10:41 配信より

私のコメント: 2016年2月23日、山口県岩国市の福田良彦市長は、沖縄県 宜野湾市役所を訪れ、「 ( 岩国への米軍厚木基地 からの 空母艦載機 受け入れについて、米軍 普天間飛行場 返還・移設問題の見通しが つくことが 前提だ としていた件 ) (その) 普天間の見通しが立っていない という 状況ではない 」との認識を示している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稲田防衛相 南スーダン訪問中止

2016年09月15日 | 健康管理
稲田防衛相 南スーダン訪問中止

マラリア予防薬の副作用で体調崩す

【ワシントン村尾哲】防衛省は15日、稲田朋美防衛相が17日に予定していた南スーダン訪問を取りやめたと発表した。訪問のため服用したマラリア予防薬の副作用で体調を崩したことが理由。15日午後(日本時間16日朝)のカーター米国防長官との初会談は予定通り行い、17日に帰国する。 稲田氏は日本を15日未明に出発し、米国に14日夕(日本時間15日午前)に到着したが、途中で予防薬が原因とみられるアレルギー症状が出た。体調が悪いまま南スーダン入りしてマラリアを媒介する蚊に刺されると感染の恐れがあり、中止を決定した。副作用では、めまいや倦怠(けんたい)感、下痢などの症状が出る場合があるという。稲田氏は米国訪問後、17日に南スーダンに移動し、国連平和維持活動(PKO)に従事する陸上自衛隊部隊を視察し、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」などの新任務を付与する際の判断材料とする予定だった。・・・ 平成28年9月15日(木)、毎日新聞 20時15分(最終更新 9月15日 20時49分) 配信より

私のコメント: 防衛省は15日、稲田朋美防衛相が17日に予定していた南スーダン訪問を取りやめたと発表した。稲田氏は米国訪問後、17日に南スーダンに移動し、国連平和維持活動(PKO)に従事する陸上自衛隊部隊を視察し、「駆け付け警護」などの新任務を付与する際の判断材料とする予定だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<熊本地震>大雨で捜索中断 南阿蘇3700人に避難指示

2016年04月22日 | 健康管理
<熊本地震>大雨で捜索中断 南阿蘇3700人に避難指示

熊本地震は21日、発生から1週間を迎えた。被災地ではインフラの復旧作業が徐々に進むが、依然として約9万人が避難生活を送っている。毎日新聞の集計では、死者48人の他、エコノミークラス症候群などによる震災関連死が疑われるケースも10人を数えている。また、安否不明者2人の捜索は21日、雨のため捜索が一時中断され、南阿蘇村は村内の13地区1585世帯の3700人以上に避難指示を出した。最も多くの犠牲者が出た同県益城(ましき)町ではボランティアの受け付けが始まり、激しい雨の中を各地から駆け付けた人たちが登録手続きをした。

熊本県内では21日未明から雨が降り始め、同県南阿蘇村河陽の高野台団地で安否不明者の捜索を続けていた自衛隊や警察などは同日午前4時11分、土砂崩落の危険があるとして捜索を中断した。前線が通過する昼過ぎにかけて、雷を伴う非常に激しい雨が降る見込み。熊本地方気象台は県内に大雨洪水警報を出し、地震で地盤が緩んだ地域での土砂災害に注意を呼びかけた。

 気象台によると、前線を伴った低気圧が21日中に東シナ海から対馬海峡を通過し、昼過ぎにかけて徐々に雨が激しくなる見込み。21日の1時間最大雨量は多いところで70ミリ、22日午前6時までの24時間雨量は多いところで150ミリと予測している。また、阿蘇地方と天草地方では非常に強い風が吹き、陸上で最大瞬間風速35メートルを予想している。

 陸上自衛隊第13旅団司令部(広島県)の総務課広報室長の鈴木克典3等陸佐は「非常に悔しい思いだ。一秒でも早く救出したいという思いは変わっていない。隊員に疲労はたまっているが、士気はまったく落ちていない」と話した。

 毎日新聞の集計では、土砂崩れの恐れがあるなどして、少なくとも県内7市町村の2612世帯6611人に避難指示が出ている。【田中将隆、杉山雄飛、川上珠実】 ・・・ 平成28年4月21日(木)、毎日新聞 13時54分配信より

私のコメント: 熊本県内では21日未明から雨が降り始め、同県南阿蘇村河陽の高野台団地で安否不明者の捜索を続けていた自衛隊や警察などは同日午前4時11分、土砂崩落の危険があるとして捜索を中断した。今回の熊本地震 救援活動を行っている自衛隊、警察関係者、医療関係従事者の健康管理についても、政府関係者は、気を配っていってもらいたいと感じる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「元気になって無罪放免になりました」 講演先で救急搬送の石原元都知事

2015年06月08日 | 健康管理
島根県益田市で7日に開かれた講演会で体調不良を訴え、救急搬送された石原慎太郎元東京都知事(82)が8日、講演先の島根県から羽田空港に到着した。石原氏は「軽い熱中症みたいになった」と述べ、元気な姿を見せた。石原氏は同日午後3時ごろ、羽田空港に到着。しっかりとした足取りで、関係者ともに到着出口に姿を見せた。集まった報道陣に石原氏は、「長い時間しゃべりすぎたみたい。水を飲むのが足りなかったみたいで、軽い熱中症みたいになった」と説明。「もう元気になって、(病院からも)無罪放免になりました」と笑顔を見せた。石原氏は7日午後、益田青年会議所主催の講演会に出席。講演開始から約30分後に体の体調を訴え、救急車で益田赤十字病院(益田市)に搬送されていた。 ・・・ 平成27年6月8日(月)、産経新聞 15時48分配信より

私のコメント: 島根県益田市で7日に開かれた講演会から、益田赤十字病院へ救急搬送された石原慎太郎元東京都知事が、講演先の島根県から8日午後3時ごろ、羽田空港に到着された。島根県益田市 医療関係者 皆様のご支援、ご尽力についても感謝する。平成27年6月8日、石原慎太郎元東京都知事に関しては、内閣総理大臣 佐藤栄作先生 時代から引き継ぎ 事項 等もあり、島根県益田市 亀井亜紀子先生 事務所、及び、山口県熊毛郡田布施町 岸信夫先生 事務所には、私は、連絡も入れた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加