地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

チーズ・ワインの関税引き下げへ 日欧EPAで調整

2017年06月19日 | 労働経済学
チーズ・ワインの関税引き下げへ 日欧EPAで調整

現在、最高3割の関税が掛けられているヨーロッパ産のチーズについて、日本政府はEU(ヨーロッパ連合)との経済交渉のなかで、関税を引き下げる方向で調整に入ったことが分かりました。日本政府はEPA(経済連携協定)を巡って、今週に来日したEUの首席交渉官らと非公式に協議を重ねています。交渉関係者によりますと、このなかで日本側は、EUからのチーズの関税を現在の最高約3割からパルメザンなどハードチーズは撤廃、カマンベールなどソフトチーズは引き下げる方向で調整に入ったということです。ワインの関税、1リットル最高125円もなくす方向です。その代わりに日本は、EUに輸出する乗用車に掛けられている10%の関税の撤廃を求めています。来月上旬の合意を目指していますが、特に撤廃の時期を巡って交渉は難航しています。・・・ 平成29年6月17日(土)、テレ朝news 11:50 配信より

私のコメント : 平成29年6月17日(土)、日本政府はEPA(経済連携協定)を巡って、今週に来日したEUの首席交渉官らと非公式に協議を重ねています。日本は、EUに輸出する乗用車に掛けられている10%の関税の撤廃を求めています。そのため、ヨーロッパ産のチーズ、・・・・・等については、まず、その最初、EUからのチーズの関税を現在の最高約3割から 撤廃、カマンベールなどソフトチーズは引き下げる方向で調整に入ったということです。EUからのワインの関税、1リットル最高125円もなくす方向。


地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。

平成29年6月9日に、日本内閣府、及び、財務省、外務省、文部科学省、文化庁、山口県 防府市、山口県教育庁 教職員課、広島県 広島市立大学、広島修道大学、広島大学、九州大学、山口大学、山口県立大学、 ・・・ 等 に亘る その広域 学事 内容であるため、九州大学 貝塚地区 事務部 庶務係り 古賀様 宛てに、私から、連絡文を送信している。

平成29年6月10日、 メキシコにはフォルクスワーゲン(VW)など1800社以上の独企業が進出。独企業にとってNAFTAによる自由貿易体制の維持は重要。メキシコ訪問中のメルケル独首相は9日、ペニャニエト大統領との会談後の記者会見で英下院議員選挙の結果に触れ、英国と欧州連合(EU)の離脱交渉は予定通り進むとの見方を示した。

平成29年6月9日、「 山口県(日本国)とクラスノダール地方行政府(ロシア連邦)との間の貿易・経済・文化・スポーツ・学術 及び 観光分野における協力に関する協定 」 に関し、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 村田真一主査と私は、山口県庁 国際課において、面談をした。

平成29年6月9日、また、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 村田真一主査と私は、山口県庁 国際課において、対談における内容にも関係し、以下の内容、私が、その対応している件について、九州大学 准教授から電話連絡が私の許へ、入り、地方自治体会計に関係する各学事 内容については、更に、「出光興産株式会社と昭和シェル石油株式会社との会計基準における諸問題、その相違 関係との関係もあり、今後、出光興産株式会社と昭和シェル石油株式会社が、合併するかどうかという国際会計基準の上での諸問題にも、連絡している各内容については、それが、到達していくため 」 九州大学 准教授が、作成された手紙で、削除すべき根拠となる わかりやすい理由についても、それを記載をされ、九州大学 から、私の許へ、ご返事いただきたい旨 申し伝えた。





「極東ロシアへの企業進出と会計」 慶應義塾大学三田キャンパス 平成28年10月8、9日 北東アジア学会 第22回 学術大会へ、関係している件について、・・・・・・

平成29年6月6日、九州大学 潮崎智美准教授と私は、当時の勤務先 山口県立防府商業高等学校 私の許へ、外務大臣 官房総務課により、その後の対応も経て、「IFRS導入に伴う監査領域の拡大 EUおよびドイツの事例」 潮崎智美准教授の論文、及び、それに関係する「極東ロシアへの企業進出と会計」 齊藤久美子教授 論文 等における 国際会計学 概略 その学術上における 現況について、解説いただき、今後の対応もあるために、私は、九州大学との間にて、今後、その学術上 種々、展開と進展、予想されるため、私との間における連絡方法 確認した。

平成29年6月2日、広島県 広島市立大学 国際学部 潮﨑智美准教授より、私宛てへ、当時の「ドイツ会計制度改革の本質的特徴」及び、「IFRS導入に伴う監査領域の拡大 EUおよびドイツの事例」の各論文 謹呈をしていただいているために、その論文との対応があり、広島市立大学 国際学部へ連絡するが、潮﨑智美准教授が、平成26年3月31日、広島市立大学 国際学部をご退職になり、福岡県 九州大学で教鞭をとられている旨を広島市立大学 国際学部 庶務係りより拝聴し、私は、福岡県 九州大学 経済学部・大学院経済学府・大学院経済学研究院 庶務係りへ、その論文に関する事柄にて、九州大学 経済学部 潮﨑智美准教授へ お尋ねに関する 連絡を入れた。・・・・・

平成22年11月29日、山口県教育庁 教職員課 人事企画班に、山口県 防府市 本校、中谷教頭より 平成22年11月24日 まで と期限決めて提出させられた私の意見書について確認の連絡する。山口県教育庁 教職員課 人事企画班は、その事実関係については、把握していないので、確認してから 返事するとのこと。

......................................................
【大動脈が危ない 関門新ルート実現を】(上)巨大災害への備え必要

■現ルート遮断で経済損失年14兆円

下関北九州道路(第2関門ルート)の構想復活から2年が経過した。関門海峡をはさむ自治体は今年度予算に調査費を計上した。だが、地元経済界の希望とは裏腹に、実現に向けた動きは遅々として進まない。本州と九州を結ぶ関門国道トンネル、関門鉄道トンネル、関門橋、新幹線の4本の大動脈は刻々と限界に近づいている。問題点を改めて検証してみたい。

                  ◇

盛夏も過ぎ去ろうとしていた8月27日。国土交通省に、山口県の村岡嗣政知事らの姿があった。下関北九州道路整備促進期成同盟会の会長として、関門新ルート建設の陳情だった。

村岡氏らは、北九州市で7月24日に開かれた整備促進大会で採択された「道路の早期実現」「実現に向けた調査検討」「予算確保」の3項目を太田昭宏国交相に手渡した。

「東アジアのゲートウエイとして役割を期待され(中略)地域経済を支える基盤となる道路網の充実・強化によるストック降下を発揮させることが急務(中略)本州と九州の連絡強化が喫緊の課題…」

期成同盟会のほか、下関北九州道路建設促進協議会、中国経済連合会・九州経済連合会関門連携委員会も大挙して関係省庁、政府与党に訴えかけた。

だが、概算要求が終了した平成28年度予算案で、調査費など費用が付くかは不透明な状況だ。

彼らの前に立ちふさがったのは、またしても「道路」という“言葉の亡霊”だった。

                  ◇

「私は道路特定財源制度を廃止して、(平成)21年度から一般財源化すること、そして10年間の道路計画を見直して5年に短縮することをお約束いたしました」

20年4月30日、福田康夫首相は、首相官邸での記者会見で、事実上の「道路建設との決別」を宣言した。

国債、地方債の残高が合わせて800兆円を抱え、その後の少子・高齢化社会が視野に入ってきた当時、やむを得ない判断だった。

下関北九州道路は全国6海峡をトンネルや橋で結ぶ国の海峡横断プロジェクトの1つとして、20年に凍結された。その後も、「道路建設との決別」が、関門新ルートにとって大きな重しとなっている。

                  ◇

果たして下関北九州道路は本当に無駄なのだろうか-。

平成23年3月に起きた東日本大震災は、インフラをずたずたに引き裂いた。経済・生産活動への影響は被災地だけでなく、全国に拡散した。東北地方で作っている部品が届かないため、九州にある自動車工場の生産も一時ストップした。インフラの複線化など「リダンダンシー(二重性)」が再認識された。

関門橋、関門トンネル、関門鉄道トンネルの現ルートが、何らかの原因で遮断された場合、九州は文字通り孤島となる。この経済損失を、九州経済連合会が22年に行った「関門トンネル・関門橋の交通遮断に伴う経済損失影響に関する報告書」が想定している。

報告書によると、関門橋と関門トンネルが遮断された場合、1年間に約14兆円の経済損失が発生するとした。現ルートの遮断は九州のみならず、国内全体に影響が広がる可能性が高い。

九州内で行われた企業ヒアリング(25年)では、想定される具体的な被害が報告されている。

「エアバッグは爆発物扱いであるため、現行法上は内航船や航空便では運搬が不可能である。在庫を圧縮するため、毎日トレーラーによる陸送で4便(現状)~8便(ピーク時)の物量であるため、関門海峡の陸路が遮断されると、九州内での完成車生産がストップしてしまう」(完成車メーカー)

「時期によっては九州内では白菜が取れない。白菜やキャベツのような葉茎菜類、玉ねぎのような根菜類は本州から移送している。白菜は長野県からの入荷が最も多い」(食品卸し)

山口、福岡両県の試算によれば、下関北九州道路は建設費を除いても2070億円の経済効果があるとされる。それ以上に、将来の南海地震など巨大災害に備え、「国土強靱(きょうじん)化」の一環として整備される意味合いは大きい。

                  ◇

【用語解説】海峡横断プロジェクト

国の大規模な道路やトンネル建設を伴う横断道路構想。内訳は(1)東京湾口(神奈川県横須賀市-千葉県富津市)(2)伊勢湾口(愛知・渥美半島-三重・志摩半島)(3)紀淡海峡(4)関門海峡(5)豊予海峡(6)島原天草長島連絡の各道路。平成20年の政府決定で凍結されたが、第2次安倍晋三政権発足後、復活の機運が高まっているとされる。 ・・・ 平成27年9月22日(火)、産経新聞 7時55分配信より

私のコメント:関門橋、関門トンネル、関門鉄道トンネルの現ルートが、何らかの原因で遮断された場合、九州は文字通り孤島となる。この経済損失を、九州経済連合会が22年に行った「関門トンネル・関門橋の交通遮断に伴う経済損失影響に関する報告書」が想定している。 関門新ルート実現、大型地震 等の災害に備えて、早期着工、その構想について、すでに、その議論をされていた山本繁太郎 前山口県知事の時代から、それが、望まれている。

....................................................
全国市長会長に松浦・防府市長

全国市長会は7日、都内で開いた総会で、新会長に山口県 防府市の松浦正人市長を選出した。任期は2年。松浦氏は記者会見し「基礎自治体の声を国や関係機関に発信していく先兵として働く」と述べた。重点テーマとして所有者不明の土地対策や地方大学の振興などを挙げた。松浦氏は森民夫前会長(前新潟県長岡市長)の新潟県知事選出馬に伴い昨年9月から会長代理を務めていた。会長が欠けた場合の規定が未整備で会長空席が9カ月に及んだため、今回、評議員会で後任を選べるよう会則の一部を改めた。・・・ 平成29年6月7日(水)、日本経済新聞 18:39 配信より

私のコメント : 平成29年6月7日(水)、全国市長会は、都内で開いた総会で、新会長に山口県防府市の松浦正人市長を選出した。松浦氏は記者会見し「基礎自治体の声を国や関係機関に発信していく先兵として働く」と述べた。その重点テーマとしては、所有者不明 土地対策、地方大学 振興などを挙げた。

....................................
首相動静―6月7日

【午前】9時52分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。宴会場「鶴の間」で全国市長会議に出席し、あいさつ。10時28分、官邸。51分、国会。53分、参院議長応接室。11時2分、参院本会議場。参院本会議。46分、官邸。56分、大西倉雄山口県長門市長。

【午後】0時2分、茨城県鉾田市の「ほこたブランド大使」の米川優子さんらの表敬。額賀福志郎自民党衆院議員同席。1時36分、高島宗一郎福岡市長。47分、日本マイクロソフトの平野拓也社長。2時12分、タイのソムキット副首相らの表敬。3時1分、谷内正太郎国家安全保障局長、北村滋内閣情報官、石兼公博外務省総合外交政策局長、防衛省の前田哲防衛政策局長、河野克俊統合幕僚長。42分、フィリピンのカエタノ外相の表敬。4時17分、紀州梅の会「梅娘」の山本彩佳さん、長野理江さんらの表敬。世耕弘成経済産業相同席。5時27分、東京・元赤坂の迎賓館。  ・・・ 2017年6月7日、朝日新聞デジタル 記事18時54分 配信より

私のコメント: 平成29年6月7日 9時52分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。宴会場「鶴の間」で全国市長会議に出席し、あいさつ。午後 0時2分、茨城県鉾田市 「ほこたブランド大使」の米川優子さんらの表敬。額賀福志郎自民党衆院議員 同席。 午後 4時17分、紀州梅の会「梅娘」の山本彩佳さん、長野理江さんらの表敬。5時27分、東京・元赤坂の迎賓館。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Problems in Food and Reformation of Agricultural Structure In Japan

2015年12月30日 | 労働経済学
Problems in Food and Reformation of Agricultural Structure In Japan

-- -- Centering around Rice Surplus -- -- by Agricultural Policy Center




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日韓合意 支援団体の説得困難 慰安婦像聖域化、挺対協「撤去受け入れない」

2015年12月29日 | 労働経済学
日韓合意 支援団体の説得困難 慰安婦像聖域化、挺対協「撤去受け入れない」

【ソウル=名村隆寛】ソウルの日本大使館の前に違法に設置された「慰安婦像」の撤去・移転について、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相は日韓外相会談で、「関連団体との協議を通じて適切に解決するよう努力する」と確約した。しかし、韓国では慰安婦問題は“聖域”と化しており、誰も異を唱えられない雰囲気が広がっているのが実情だ。元慰安婦の多くや支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」(挺対協)は合意に反発しており、世論の説得も容易ではない。

 現在、解体され工事中の日本大使館の前に2011年、慰安婦像を設置したのが挺対協だ。地元の行政当局は設置許可さえ出しておらず、外国公館に対する侮辱行為はウィーン条約にも違反している。

 しかし、韓国政府は「民間団体が自発的に設置したものだ」(外務省報道官)とし、違法行為を黙認してきた。日本大使館前では毎週、像を囲んで対日非難の抗議集会が開かれている。

 今回、韓国政府は「公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知」(尹外相)したとし、ようやく日本の抗議を受け入れた。しかし、合意を受け28日に記者会見した元慰安婦の間では「韓国政府の決定に従う」との声が出た一方で、「合意は無視する」といった反発が強い。

 挺対協は合意を「被害者や国民を裏切る外交的談合だ」と非難し、像の撤去・移転に関し「韓国政府の介入はあり得ない」と猛反発した。韓国紙も「韓国社会での合意で移転はできようが、その象徴性のため政府が一方的に移転できない」(朝鮮日報)と否定的だ。

 また、慰安婦像が日本大使館前から撤去されても、別の場所に移される可能性が高い。像は韓国各地で増え続け、昨年から今年にかけてソウル市内や地方で新たに複数設置された。

 韓国だけでなく、米国各地にも慰安婦の碑や像が設置されている。外相会談で韓国側は「第三国での慰安婦関連の動きは支持しない」との認識を示したが、韓国紙は「韓国政府が海外の像に、何ができるのか」と断言している。

 韓国では来年新学期から小学高学年から高校までを対象に、新たに「慰安婦教育」の授業が始まる。「最終的かつ不可逆的な解決」で合意したにもかかわらず、慰安婦像は撤去どころか今後も増え続け、慰安婦問題が韓国国内で“歴史の真実”として語り継がれていく可能性は残っている。・・・ 平成27年12月29日(火)、産経新聞 7時55分配信より


私のコメント: 過去に、「 椅子に座る少女像 」の絵を 山口県立宇部高等学校 文化祭 美術部の展示場で、私は、見たこともある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月末、公立高生75.9% 95年に次ぐ高水準 /山梨

2015年12月29日 | 労働経済学
10月末、公立高生75.9% 95年に次ぐ高水準 /山梨

県教委は11日、来春に公立高校を卒業予定の高校生の10月末現在の就職内定率が75・9%(前年同期比2・5ポイント増)だったと発表した。1995年の同時期(76・4%)に次ぐ水準で、製造業を中心に卸・小売業などの職種でも求人が増え、県教委は「希望職種に就職できるチャンスが拡大している」と分析している。

 高校教育課によると、来春の公立高卒業予定者は全日制と定時制を合わせて6584人。2割にあたる1319人が就職を希望している。希望者のうち10月末現在の内定者は1001人(前年同期比28人増)。内定率は75・9%で、男女別では、男子77・5%、女子73・3%だった。

 学科別では、工業科85・3%(同3・9ポイント減)▽商業科83・9%(同5・7ポイント増)▽総合学科79・8%(同7・2ポイント増)▽農業科76・2%(同10・8ポイント増)▽普通科42・9%(同2・6ポイント増)▽専門教育学科0%−−となった。同課によると、大学生の就職活動の時期が後ろ倒しになったことで、高校生への採用連絡が遅れるなどの影響も一部で出ているという。【藤渕志保】  ・・・ 2015年12月23日 毎日新聞  山梨県地方版より

私のコメント: 山梨県教委は2015年12月11日、来春に公立高校を卒業予定の高校生の10月末現在の就職内定率が75・9%(前年同期比2・5ポイント増)だったと発表した。1995年の同時期(76・4%)に次ぐ水準で、製造業を中心に卸・小売業などの職種でも求人が増え、山梨県教委は「希望職種に就職できるチャンスが拡大している」と分析しているとのこと、山梨県教委 高校教育課によると、大学生の就職活動の時期が後ろ倒しになったことで、高校生への採用連絡が遅れるなどの影響も一部で出ているという。各県の県教委 高校教育課におかれても、山梨県教委による 2015年12月11日、来春に公立高校を卒業予定 就職内定率の発表内容は、その参考となる事例であると思われる。



「 The Japanese-German Conference in Tokyo, Sept. 25-27, 1979 」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県内有効求人倍率0.02ポイント上昇 11月・正社員は最高更新

2015年12月28日 | 労働経済学
県内有効求人倍率0.02ポイント上昇 11月・正社員は最高更新

山形労働局が25日に発表した11月の県内雇用情勢によると、有効求人倍率(季節調整値)は1.23倍で、前月より0.02ポイント上昇した。県内の正社員の有効求人倍率(原数値)は前月より0.02ポイント高い0.76倍で、統計を取り始めた2005年度以降最高の倍率を4カ月連続で更新した。同労働局は「改善が緩やかに続いている」との県内雇用情勢判断を5カ月連続で継続した。

 全国の有効求人倍率(季節調整値)は1.25倍。

 本県の11月の新規求人数(パートを含む全数、原数値)は前年同月より10.9%減少し7316人。このうち正社員求人は0.2%増の2834人で、雇用環境の改善に伴って人材確保が難しくなり、好条件の求人として増えている。全国の正社員の有効求人倍率(原数値)は0.82倍。

新規求人を主な産業別にみると、本県基幹産業の製造業が4.5%減の1100人。内訳では前年同月に大口求人のあった金属製品(54人)が43.8%減、最上地域の求人が充足されてきた繊維(89人)が29.9%減などと減少した。そのほかの産業では、大口求人が10月に前倒しされた卸・小売業が11.3%減の1336人、慢性的な人手不足が続く医療・福祉が14.1%増の1170人。派遣が減っているサービス業は54.1%減の738人。宿泊・飲食サービス業は11.0%増の678人、建設業は6.6%減の637人。

 11月の新規求職者数(パートを含む全数、原数値)は0.7%増の4495人。一部でより条件の良い職場を求める動きがあり、自己都合離職者、在職者が増えた。

 新規は求人が減って求職者が増えたものの、有効求人数は増え、有効求職者が減ったため、有効求人倍率が上昇した。

 県内ハローワーク別の有効求人倍率(原数値)は村山1.61倍、酒田1.38倍、鶴岡1.32倍、山形1.30倍、新庄1.16倍、長井1.15倍、米沢1.12倍、寒河江0.99倍。  ・・・ 2015年12月26日、山形新聞 08:44 配信より

私のコメント: 山形労働局が25日に発表した11月の県内雇用情勢によると、有効求人倍率(季節調整値)は、前月より 上昇した。山形県内の正社員の有効求人倍率(原数値)は、前月より高い、統計を取り始めた2005年度以降最高の倍率を4カ月連続で更新した。 家庭での夕食は、日本海沖でとれた魚も、食べたい。


「 The Japanese-German Conference in Tokyo, Sept. 25-27, 1979 」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加