地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

2018年問題…大学曲がり角 少子化直撃、定員割れ4割/統廃合が加速

2018年01月03日 | 教育
2018年問題…大学曲がり角 少子化直撃、定員割れ4割/統廃合が加速

1/3(水) 7:55配信

少子化に伴う18歳人口の減少が続く中、今年は関係者の間で、大学進学者が減少に転じると予測される「大学の2018年問題」が注目の的だ。頭打ちの進学率、4割の大学での定員割れ、大学間の統廃合の加速…。大学は今後、生き残りをかけた“厳冬期”に突入するが、学生の質の確保もこれまで以上に求められる。大きな曲がり角を迎えた大学はどこへ向かうのか。(花房壮)

                   ◇

文部科学省などによると、18歳人口は戦後2度目のピークである平成4年の205万人から下降線をたどり、26年には118万人にまで減少。その後、119万~120万人と持ち直すが、30年には118万人と再び減少に転じ、43年には100万人を割り込むとされる。大学進学率は50%台後半で頭打ちにあり、収益を学生の授業料に依存する大学にとって、18歳人口の減少は経営を直撃する死活問題となっている。ただ、「2018年問題」以前から大学経営を取り巻く環境は厳しさを増している。私立大で入学定員充足率が100%以上の学校数の割合は、8年度には96・2%に上ったが、29年度には60・6%に低下。4割程度で定員割れが慢性化しており、入学者数が定員の半数に満たない大学も10校程度ある。経営難などで他大学と統合するケースも相次いでおり、文科省によると15年度以降、全国で私立大14校が6校に統合され、10校が廃止された。文科省は大学の経営支援策として統合スキームの検討に着手しており、昨年11月の中央教育審議会(中教審)で、現行で可能となっている大学全体を別の学校法人に譲渡する方法以外に、学部単位での譲渡も認める改革案を示した。大学間の再編、統合を促すのが狙いだ。国立大学法人についても、複数の大学をグループ化して経営できるような法改正の是非を、検討事項として中教審に提案している。政府も地方大学振興に関する新たな交付金として、30年度予算に100億円を計上。大学生の東京集中を緩和するため、東京23区にある大学の定員増を原則として認めない法案も作成し、通常国会へ提出する見通しだ。昭和63年に計490校あった国公私立大は現在約780校にまで増加した。ただ、18歳人口が減少モードに再び入る平成30年以降は、本格的な統合・縮小期に入りそうだ。

【関連記事】
• 京大ミスコン中止のかわいそうなワケ エントリー女性の「素行」晒され炎上
• 「ほぼ満点でも不合格」ハーバード大、アジア系米国人を差別か?
• 武田鉄矢 金八先生撮影中 騒ぐ暴走族一喝
• 広島大医学部で何が起きた…追試120人「全員不合格」の仰天
• 文科省が公表の「トンデモ大学一覧表」 受験関係者は必読だ

・・・ 2018/1/3(水)、産経新聞 7:55配信より

私のコメント : 少子化に伴う18歳人口の減少が続く中、今年は関係者の間で、大学進学者が減少に転じると予測される「大学の2018年問題」が注目の的。政府も地方大学振興に関する新たな交付金として、30年度予算に100億円を計上。大学生の東京集中を緩和するため、東京23区にある大学の定員増を原則として認めない法案も作成し、通常国会へ提出する見通しだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成30年 元旦 初詣 山口県 萩市、島根県 津和野町

2018年01月01日 | 教育
平成30年 元旦 初詣 山口県 萩市、島根県 津和野町

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<即位の礼>19年10月に 大嘗祭11月14日か23日

2017年12月31日 | 教育
<即位の礼>19年10月に 大嘗祭11月14日か23日

12/31(日) 7:30配信

政府は、皇太子さまが2019年5月1日に新天皇に即位された後に行う「即位の礼」を同年10月とする検討に入った。新天皇が一度だけ執行する重要な儀式とされる大嘗祭(だいじょうさい)は同年11月14日か23日で調整する。即位の礼と大嘗祭は一連で秋に実施するが、一定の間隔を空ける。

【写真特集】ジュリアナ東京、イチロー、オウム真理教… 平成を25枚の写真で振り返る

19年は国際会議などの行事が立て込むため、政府は今後、政治日程や行事との兼ね合いを踏まえて具体的な日程を調整する。明治時代に即位の儀式などを定めた「登極令(とうきょくれい)」では、即位の礼と大嘗祭は「秋冬の間」「続けてこれを行う」と記されていた。大正天皇以降、二つの儀式は同じ11月に行われ、現憲法下で初の代替わりだった前回も同様だった。しかし、前回は「二つの儀式が近接して新天皇も職員も大きな負担だった」(政府関係者)との反省があり、今回は大嘗祭と間隔を空けるために即位の礼を10月に前倒しする案を検討している。11月上旬は文化勲章授与式(3日)など行事が立て込むことも考慮する。大嘗祭は、暦の上では11月の2回目か3回目の十二支の「卯(う)の日」に行うのが慣例で、天皇陛下の大嘗祭も卯の日の1990年11月22日夕から行われた。19年11月は該当するのが14日と26日となる。大嘗祭は毎年の新嘗祭(にいなめさい)が行われる11月23日より前の11月14日が軸となる。また同じ23日も候補日に挙がっている。19年10月はラグビー・ワールドカップ日本大会(9月20日~11月2日)の期間中だが、政府関係者は「大会と即位の礼は賓客が重ならないため、短期間に何度も招くことにはならない」としている。【野口武則、竹内望】

■2018~19年の主な予定

2018年1月    退位の儀式などを検討する会議設置

夏ごろ      新元号を公表

9月       自民党総裁選

2019年4月    統一地方選

 4月30日    天皇陛下が退位

 5月1日    新天皇が即位・改元

夏        参院選

9月20日     ラグビー・ワールドカップ日本大会(~11月2日)

10月       即位の礼

11月3日     文化勲章授与式

11月14日?23日? 大嘗祭

年内       アフリカ開発会議(TICAD)

【関連記事】
• <「退位19年4月30日」決定 新元号、来年公表>
• <即位時「10連休」政府検討>19年5月1日を祝日に
•<新元号本格調整へ 来年夏めどに公表 周知期間設定>
• <大嘗祭の織布、伝統の地に期待感>

・・・2017/12/31(日) 、毎日新聞 7:30配信 より

私のコメント : 政府は、皇太子さまが2019年5月1日に新天皇に即位された後に行う「即位の礼」を同年10月とする検討に入った。新天皇が一度だけ執行する重要な儀式とされる大嘗祭(だいじょうさい)は同年11月14日か23日で調整する。

平成29年10月30日、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 地域づくり班 田辺賢清 主任主事と対談したおりに、以下の経緯対応もあることも話した。

山口県では、平成20年10月16日、自然保護団体「長島の自然を守る会」などの団体が、原発予定地の埋め立て許可を出さないよう求めた署名計約8万筆を山口県知事に提出、10月20日には山口地裁に対し漁業者が県に埋め立て免許を出さないよう求める提訴を行ったが、その直後10月22日、当時の山口県知事二井関成氏が、中電に対し用地を造成するための公有水面埋立免許を交付され、建設に向け、動き出した。

平成28年7月、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、・・・

山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 から ・・・・

平成29年10月18日、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 との間にて、私は、10月17日に、山口県 山口市役所、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された山口市 収納課 櫨元香恵 職員と 以下に関係し対談もおこない、山口市役所 収納課 櫨元香恵 職員からの、その内容に関する、私への意見があった件に関し、故 山本繁太郎前山口県知事と私との対応と対談の各内容もあるために、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 田辺賢清 主任主事へ、その説明を入れた。

平成29年10月17日、山口県 山口市役所において、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と 以下の内容に関係し、その対談も 私は、おこない、島根県 津和野町日本遺産推進協議会、亀井氏入城400年記念事業実行委員会 発行の「津和野藩主亀井家入城四百年 記念事業のご案内」パンフレットをもとに、山口県 山口市 収納課 櫨元香恵 職員へ、その内容に関し、説明もし、島根県 津和野町教育委員会 教育長から 私宛 公文書開示決定通知書 「平成29年度 津和野藩主亀井家墓所の国史跡指定の意見具申について」、私には、その意見具申について、文化庁との対応がある旨も、具体的に、山口市役所 収納課において、山口市 収納課 櫨元香恵 職員へ説明を入れた。山口市役所 収納課 櫨元香恵 職員からは、それに対し、私への意見があった。山口市役所における対応は、今までの私への対応 経緯と経過もたどり、文化庁、宮内庁 等における国の各機関からの対応も 当該 山口市長へ、それが発生していく旨、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された山口市 収納課 櫨元香恵 職員に対し、過去、萩市長 8代:菊屋嘉十郎(1959年~1983年) 9代:林秀宣(1983年~1987年) 10代:小池春光(1987年~1993年) 11代:野村興児(1993年~2005年) 各市長における、市役所 行政 各話題も交え、私は、その説明をおこなった。

平成29年10月16日、島根県 原子力発電所 設置へといたる経緯に関しては、島根県 代議士と面談、会食もしたおり、整理のため、その後、私は、中国電力株式会社 担当者の許へ連絡を入れて、その事後の調整もしている。

1989年に「平成」を選定した際の当時、島根県選出 竹下登総理大臣におかれては、(1)政府が委嘱した漢籍などの複数の専門家からそれぞれ事前に複数の元号案の提出を受けておく(2)首相の指示を受けて官房長官が数個に絞る(3)各界の有識者による懇談会で意見を求める(4)衆参正副議長の意見を聞く(5)閣議で最終決定--という手順を踏んだ。

湛山回想 (岩波文庫)
高松宮日記 (中央公論社)
『日本古文書学』 雄山閣 伊木寿一 著 1930年
『古文書学』 慶應通信 1949年
「 慶應義塾入社帳 第四索引 」 慶應義塾塾監局 塾史資料室
「 吉川重吉自叙伝 」





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茂木大臣、日本女子大のリカレント教育視察

2017年12月30日 | 教育
茂木大臣、日本女子大のリカレント教育視察

2017年12月22日 21:56

育児や介護などで一度退職した人などが学び直す「リカレント教育」の現場を、茂木経済再生相が視察した。茂木経済再生相が視察したのは、日本女子大学の「リカレント教育課程」。日本女子大学のリカレント教育は、育児や介護などを理由に一度仕事をやめた女性が新たな知識や技術を習得し、再就職やキャリアアップにつなげるためのもの。日本女子大学では、就職先のあっせんも行っていて、再就職率は9割を超えている。リカレント教育課程の修了生「ここでこういう学びをしたのだから、期待していただける企業と出会えることはここの良さだと思う」政府は、看板政策「人づくり革命」の柱に「リカレント教育」を据えていて、人工知能やデジタル技術など、時代のニーズに合わせた知識を学び直し、いつでも再チャレンジができる社会を目指している。茂木経済再生相「ここにチャンスがあると思う。そういったプログラムが全国各地で始まる、拡大していく状況をつくっていきたい」視察を終えた茂木経済再生相は、持続可能なリカレント教育の制度づくりを目指す決意を改めて語った。

・・・ 2017年12月22日、 日本テレビ系(NNN) 21:56 配信より

私のコメント : 2017年12月22日、茂木経済再生相が視察したのは、日本女子大学の「リカレント教育課程」。日本女子大学のリカレント教育は、育児や介護などを理由に一度仕事をやめた女性が新たな知識や技術を習得し、再就職やキャリアアップにつなげるためのもの。日本女子大学では、就職先のあっせんも行っていて、再就職率は9割を超えている。





.......................................................................
「リカレント教育」拡充を検討 新政策原案

2017年12月4日 15:23

「人づくり革命」に向けた、新たな政府の政策パッケージの原案全文を日本テレビが入手した。政府原案では、「人づくりこそが次なる時代を切り拓く原動力である」としている。柱は幼児教育、保育の無償化の推進で、大学などの高等教育も一部の低所得世帯に限って、授業料を免除するなどと明記している。また、「幾つになっても誰にでも学び直しと新しいチャレンジの機会を確保する」として、社会人や退職した人が新しい技術などを学ぶ「リカレント教育」の拡充を、来年夏に向けて検討すると明記している。保育に関する政策の財源の一部には、経済界も3000億円を負担することで合意しているが、中小企業から負担が重すぎるとの声があがっているため、原案では企業内保育所などの運営費については、中小企業の負担を軽くすることを検討するとしている。

・・・ 2017年12月4日、日本テレビ系(NNN) 15:23 配信より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「平成が終わる前に」=開門前から長蛇の列―一般参賀

2017年12月23日 | 教育
「平成が終わる前に」=開門前から長蛇の列―一般参賀

12/23(土) 14:03配信

皇居・宮殿で23日午前に行われた天皇誕生日の一般参賀。

今年は天皇陛下の退位が決まったこともあり、平成が終わる前にご一家での姿を一目見ようと、開門前から昨年の倍を超える1万548人が列を作った。

【動画】天皇陛下、84歳に

この日は雲一つない冬晴れ。福島県や新潟県などからのツアー客や外国人観光客、ベビーカーを押した家族連れなどさまざまな人が皇居を訪れ、宮殿のベランダに立った天皇陛下の言葉に耳を傾けた。初めて一般参賀に訪れたという埼玉県狭山市の無職豊泉章治さん(67)は「こんなに大勢が集まるとは思わなかった」と驚いた様子。「ご成婚のパレードをテレビで見たことを思い出し、両陛下のお姿に時代の移り変わりを感じました」と感慨深げに話した。茨城県ひたちなか市の自営業鳥羽麻美さん(39)は「これから退位に向けて準備も大変かと思うが、退位後はゆっくりしていただけたら」と陛下の健康を気遣った。皇太子さまの即位とともに新皇后となる雅子さまについては、「お元気そうに見えて良かった。衣装もすてきでした」と話した。栃木県足利市の病院でボランティア活動をしているというオーストラリア人のサブリワラ・セーラさん(21)は、「退位すると聞き天皇陛下に会いに来たけど、一般参賀には間に合わなかった。記帳だけしました」と残念そう。知人から借りたという淡いピンク色の着物姿で、「新年の一般参賀の時にもう一度来たいです」と目を輝かせた。 

【関連記事】
• 天皇陛下「祝意に深く感謝」=誕生日の一般参賀-皇居
• 退位の日まで「務め果たす」=天皇陛下、84歳に-皇位継承に向け準備
• 〔写真特集〕皇后美智子さま
•〔写真特集〕皇太子ご一家
• 〔写真特集〕秋篠宮ご一家

・・・ 2017/12/23(土)、時事通信  最終更新 15:48 配信 より

私のコメント : 平成29年12月23日、天皇陛下は、84歳の誕生日を迎えられた。平成29年12月22日、地方自治体による、統計処理内容に関し、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談し、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、今まで、すでに、その学術上における見解の違いが、発生もしているため、書面にて、山口市 職員からの対応より、私は、新たなパソコンも購入し、山口市小郡文化資料館 河内山賢祐氏 作品 整理の対応 パソコン ソフト における データ整理をしなければいけなくなったため、パソコン購入の代金 領収書の写しも添え、私は、その経過に至る、説明文、山口市 収納課 櫨元香恵 職員のもとへ 手渡した。

同日、竹下登元総理大臣が、山口市に来訪され、当時の山口市民へ、その講演をされた内容、並び、その後、小泉純一郎総理大臣が、総理大臣 在任中、萩市 松陰神社 参拝され、また、山口市も訪問されて、山口市 渡辺純忠市長と対談されたという経緯もあるため、その内容にも関係する事柄にて、平成29年12月22日にいたり、山口市役所にて、山口市 収納課 櫨元香恵 職員との間における 対談内容、私から渡辺純忠山口市長 宛に、山口市 収納課 櫨元香恵 職員を通じ、平成29年12月22日付、提出をした私の「弁明書」「特別の事情に関する届」の内容を踏まえ、その内容は、島根県と山口県に亘る各内容もあるため、私から、その内容を確認するための公文書開示請求書を 山口市役所 担当 窓口へ、提出する。その際には、山口市教育委員会 文化財保護課 肱岡圭介主事からの対応もあった。

「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。

「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月 「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」 産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県 益田市役所 総務部より 連絡を私は、いただいた。山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。

平成29年10月30日、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 地域づくり班 田辺賢清 主任主事と対談したおりに、以下の経緯対応もあることも話した。

山口県では、平成20年10月16日、自然保護団体「長島の自然を守る会」などの団体が、原発予定地の埋め立て許可を出さないよう求めた署名計約8万筆を山口県知事に提出、平成20年10月20日山口地裁に対し漁業者が県に埋め立て免許を出さないよう求める提訴を行ったが、その直後 平成20年10月22日、当時の山口県知事二井関成氏が、中電に対し用地を造成するための公有水面埋立免許を交付され、建設に向け、動き出した。

平成28年7月、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、・・・

平成29年10月18日、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 との間にて、私は、10月17日に、山口県 山口市役所、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された山口市 収納課 櫨元香恵 職員と 以下に関係し対談もおこない、山口市役所 収納課 櫨元香恵 職員からの、その内容に関する、私への意見があった件に関し、故 山本繁太郎前山口県知事と私との対応と対談の各内容もあるために、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 田辺賢清 主任主事へ、その説明を入れた。

平成29年10月17日、山口県 山口市役所において、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と 以下の内容に関係し、その対談も 私は、おこない、島根県 津和野町日本遺産推進協議会、亀井氏入城400年記念事業実行委員会 発行の「津和野藩主亀井家入城四百年 記念事業のご案内」パンフレットをもとに、山口県 山口市 収納課 櫨元香恵 職員へ、その内容に関し、説明もし、島根県 津和野町教育委員会 教育長から 私宛 公文書開示決定通知書 「平成29年度 津和野藩主亀井家墓所の国史跡指定の意見具申について」、私には、その意見具申について、文化庁との対応がある旨も、具体的に、山口市役所 収納課において、山口市 収納課 櫨元香恵 職員へ説明を入れた。山口市役所 収納課 櫨元香恵 職員からは、それに対し、私への意見があった。山口市役所における対応は、今までの私への対応 経緯と経過もたどり、文化庁、宮内庁 等における国の各機関からの対応も 当該 山口市長へ、それが発生していく旨、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された山口市 収納課 櫨元香恵 職員に対し、過去、萩市長 8代:菊屋嘉十郎(1959年~1983年) 9代:林秀宣(1983年~1987年) 10代:小池春光(1987年~1993年) 11代:野村興児(1993年~2005年) 各市長における、市役所 行政 各話題も交え、私は、その説明をおこなった。

平成29年10月16日、島根県 原子力発電所 設置へといたる経緯に関しては、島根県 亀井亜紀子 代議士と面談、会食もしたおり、整理のため、その後、私は、中国電力株式会社 担当者の許へ連絡を入れて、その事後の調整もしている。

湛山回想 (岩波文庫)
高松宮日記 (中央公論社)

1989年に「平成」を選定した際、当時の竹下登総理大臣は、(1)政府が委嘱した漢籍などの複数の専門家からそれぞれ事前に複数の元号案の提出を受けておく(2)首相の指示を受けて官房長官が数個に絞る(3)各界の有識者による懇談会で意見を求める(4)衆参正副議長の意見を聞く(5)閣議で最終決定--という手順を踏んだ。

『日本古文書学』 雄山閣 伊木寿一 著 1930年
『古文書学』 慶應通信 1949年

「 慶應義塾入社帳 第四索引 」 慶應義塾塾監局 塾史資料室
「 吉川重吉自叙伝 」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<皇室>天皇陛下84歳 「次の時代への継承、準備したい」

2017年12月23日 | 教育
<皇室>天皇陛下84歳 「次の時代への継承、準備したい」

12/23(土) 5:00配信

天皇陛下は23日、84歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち皇居・宮殿で記者会見し、2019年4月末の退位が正式に決まったことについて「残された日々、象徴としての務めを果たしながら、次の時代への継承に向けた準備を、関係する人々と共に行っていきたいと思います」と述べた。今月8日、退位の日を19年4月30日とする政令が閣議決定された。陛下は会見で「再来年4月末に期日が決定した私の譲位については、これまで多くの人々がおのおのの立場で考え、努力してきてくれたことを、心から感謝しています」と語った。陛下は昨年8月8日に公表したおことばで、高齢になることで象徴の務めを全身全霊で果たせなくなることへの懸念を示し、退位の意向をにじませた。有識者会議による議論や衆参両院の正副議長による意見集約を経て、今年6月9日に退位を実現する特例法が国会で成立。今月1日に開かれた皇室会議を経て、退位の日も正式に決まった。特例法の成立や退位日の決定を受け、陛下が公の場で発言するのは初めて。宮内庁によると、陛下は退位後に「上皇」になると全ての公務を新天皇になられる皇太子さまに譲る意向を示している。上皇后になられる皇后さまと共に旧高松宮邸(東京都港区)での仮住まいを経て東宮御所(同区)に転居する。【高島博之】

【関連記事】
• <政府 即位時「10連休」検討 19年5月1日を祝日に>
• <2019年は天皇誕生日なくなる>
• <秋篠宮さま「二重権威あり得ぬ」>
• <「とにかく年末年始だけはやめて」宮内庁と官邸、退位日程巡り綱引き>
• <写真特集>平成を25枚の写真で振り返る

・・・2017/12/23(土)、毎日新聞 5:00配信 より

私のコメント : 平成29年12月23日、天皇陛下は23日、84歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち皇居・宮殿で記者会見し、2019年4月末の退位が正式に決まったことについて「残された日々、象徴としての務めを果たしながら、次の時代への継承に向けた準備を、関係する人々と共に行っていきたいと思います」と述べた。平成29年12月22日、地方自治体による、統計処理内容に関し、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談し、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、今まで、すでに、その学術上における見解の違いが、発生もしているため、書面にて、山口市 職員からの対応より、私は、新たなパソコンも購入し、山口市小郡文化資料館 河内山賢祐氏 作品 整理の対応 パソコン ソフト における データ整理をしなければいけなくなったため、その際におけるパソコン購入の代金 領収書の写しも添え、私は、その経過に至る、説明文、山口市 収納課 櫨元香恵 職員のもとへ 手渡した。

同日、竹下登元総理大臣が、山口市に来訪され、当時の山口市民へ、その講演をされた内容、並び、その後、小泉純一郎総理大臣が、総理大臣在任中、萩市 松陰神社 参拝され、当時の山口市を訪問され、山口市 渡辺純忠市長とも対談されたという経緯もあるため、その内容にも関係する事柄にて、私は、山口市役所にて、山口市 収納課 櫨元香恵 職員との間における対談内容、私から渡辺純忠山口市長 宛に、山口市 収納課 櫨元香恵 職員を通じ、平成29年12月22日付、提出をした私の「弁明書」「特別の事情に関する届」の内容を踏まえ、その内容においては、島根県と山口県に亘る各内容もあるため、私から、その内容を確認するための公文書開示請求書を 山口市役所 担当 窓口へ、提出をした。


地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。

平成29年10月30日、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 地域づくり班 田辺賢清 主任主事と対談したおりに、以下の経緯対応もあることも話した。

山口県では、平成20年10月16日、自然保護団体「長島の自然を守る会」などの団体が、原発予定地の埋め立て許可を出さないよう求めた署名計約8万筆を山口県知事に提出、10月20日には山口地裁に対し漁業者が県に埋め立て免許を出さないよう求める提訴を行ったが、その直後10月22日、当時の山口県知事二井関成氏が、中電に対し用地を造成するための公有水面埋立免許を交付され、建設に向け、動き出した。

平成28年7月、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、・・・

山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 から ・・・・

平成29年10月18日、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 との間にて、私は、10月17日に、山口県 山口市役所、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された山口市 収納課 櫨元香恵 職員と 以下に関係し対談もおこない、山口市役所 収納課 櫨元香恵 職員からの、その内容に関する、私への意見があった件に関し、故 山本繁太郎前山口県知事と私との対応と対談の各内容もあるために、山口県 総合企画部 中山間地域づくり推進課 田辺賢清 主任主事へ、その説明を入れた。

平成29年10月17日、山口県 山口市役所において、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と 以下の内容に関係し、その対談も 私は、おこない、島根県 津和野町日本遺産推進協議会、亀井氏入城400年記念事業実行委員会 発行の「津和野藩主亀井家入城四百年 記念事業のご案内」パンフレットをもとに、山口県 山口市 収納課 櫨元香恵 職員へ、その内容に関し、説明もし、島根県 津和野町教育委員会 教育長から 私宛 公文書開示決定通知書 「平成29年度 津和野藩主亀井家墓所の国史跡指定の意見具申について」、私には、その意見具申について、文化庁との対応がある旨も、具体的に、山口市役所 収納課において、山口市 収納課 櫨元香恵 職員へ説明を入れた。山口市役所 収納課 櫨元香恵 職員からは、それに対し、私への意見があった。山口市役所における対応は、今までの私への対応 経緯と経過もたどり、文化庁、宮内庁 等における国の各機関からの対応も 当該 山口市長へ、それが発生していく旨、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された山口市 収納課 櫨元香恵 職員に対し、過去、萩市長 8代:菊屋嘉十郎(1959年~1983年) 9代:林秀宣(1983年~1987年) 10代:小池春光(1987年~1993年) 11代:野村興児(1993年~2005年) 各市長における、市役所 行政 各話題も交え、私は、その説明をおこなった。

平成29年10月16日、島根県 原子力発電所 設置へといたる経緯に関しては、島根県 亀井亜紀子 代議士と面談、会食もしたおり、整理のため、その後、私は、中国電力株式会社 担当者の許へ連絡を入れて、その事後の調整もしている。

湛山回想 (岩波文庫)
高松宮日記 (中央公論社)

1989年に「平成」を選定した際に、当時の竹下登総理大臣は、(1)政府が委嘱した漢籍などの複数の専門家からそれぞれ事前に複数の元号案の提出を受けておく(2)首相の指示を受けて官房長官が数個に絞る(3)各界の有識者による懇談会で意見を求める(4)衆参正副議長の意見を聞く(5)閣議で最終決定--という手順を踏んだ。

『日本古文書学』 雄山閣 伊木寿一 著 1930年
『古文書学』 慶應通信 1949年

「 慶應義塾入社帳 第四索引 」 慶應義塾塾監局 塾史資料室
「 吉川重吉自叙伝 」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鵬の説教、貴ノ岩への暴行の引き金 危機管理委が見解

2017年12月21日 | 教育
白鵬の説教、貴ノ岩への暴行の引き金 危機管理委が見解

「第一人者である白鵬がいながら(暴行の)結果を防ぐことが出来ず、これが大相撲の信用失墜につながった」。20日にあった日本相撲協会臨時理事会後の記者会見。調査を進めた危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)は報告書の要旨を読み上げながら、厳重注意を提案した午前中の横綱審議委員会を上回る形で、大横綱の責任を明確にした。
 先月30日の中間報告で高野委員長は日馬富士が貴ノ岩に暴力を振るうきっかけになったのが横綱白鵬の説教だったと説明していた。この日はさらに踏み込む。「貴ノ岩に対する説教は酒席で、しかも角界以外の関係者のいる場では不適切だと言わざるを得ない」。事実上、白鵬の行為が暴力の引き金になったと断定した。

 日馬富士を制止したのが白鵬であることを認めつつも、それは殴り始めてすぐではないとした。暴力は数分程度続き、暴力根絶の意識があれば、止めることは可能だったと判断。鶴竜についても、横綱として同様に責任がある、と論じた。

・・・ 平成29年12月20日、朝日新聞デジタル 配信より

私のコメント : 平成29年12月20日、「第一人者である白鵬がいながら(暴行の)結果を防ぐことが出来ず、これが大相撲の信用失墜につながった」。12月20日にあった日本相撲協会臨時理事会後の記者会見。調査を進めた危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)は報告書の要旨を読み上げながら、厳重注意を提案した午前中の横綱審議委員会を上回る形で、大横綱の責任を明確にした。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本大学 広報部 大学史編纂課

2017年12月01日 | 教育
平成29年12月1日、日本大学 広報部 大学史編纂課、私の担当へ、明治維新150年、及び、日本大学創設130年に向け、日本大学による、その取り組みにおける内容に関し、私は、問い合わせを入れて、その回答を得た。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋篠宮さま52歳 ご夫妻の記者会見の全文(上)

2017年11月30日 | 教育
秋篠宮さま52歳 ご夫妻の記者会見の全文(上)

毎日新聞2017年11月30日 05時00分(最終更新 11月30日 08時09分)

秋篠宮さまは52歳の誕生日を前に紀子さまとともに記者会見された。会見全文は次の通り。

•<秋篠宮さま52歳>ご夫妻の記者会見の全文(中)
•<秋篠宮さま52歳>ご夫妻の記者会見の全文(下)
•<秋篠宮さま52歳>「二重権威あり得ぬ」上皇と新天皇併存
•<秋篠宮さま52歳>「退位後、ゆったりとした時間を」
•<皇室会議>開始時間を12月1日午前9時45分に変更

(宮内記者会代表質問)

(問1)殿下にお伺いします。6月に「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が成立、公布され、天皇陛下が退位されることが決まりました。率直な受け止めとともに、両陛下はお代替わりのその日まで、どのようなお気持ちで活動をされていくと思われますか。陛下の退位後には、天皇と上皇が併存することになり「二重権威」を危惧する声も聞かれますが、今後の皇室の在り方についてはどうお考えですか。

(秋篠宮さま)昨年夏のお気持ちを表明されて以降、様々な意見がありましたけれども、この6月にその法案が通って、それで公布されたことをですね、私たち家族はそのことについて一様に安堵しております。今まで80を過ぎても非常に多くの務めをしてこられました。譲位をされた後は、できるだけゆったりとした時間を過ごしていただきたいと私は思います。またその次の質問についてですけれども、このことについては私のことではありませんし、私がお気持ちを忖度して何か言うことでもないと思います。それについては、直接にお二方に聞かれるのがよろしいのではないかと思います。

(記者)二重権威について。

(秋篠宮さま)二重権威についてですけれども、権威という言葉には幾つかの意味が含まれているように思います。その人にいわゆる何て言いましょうか、その人に元々付いているものもあるかもしれません。一方で、その権威によって何かこう、例えば人を従わせるとかそういうような意味合いもあるかもしれません。もし、今私がお話をした後者の方であるとするならば、陛下は元々譲位をするときには、それまでされていた国事行為を始め、全ての公的な活動を次の天皇に譲るという気持ちを持っておられました。そのことからも、そういう二重権威という言葉が適当であるとするならばですが、心配する若しくは危惧するという向きがあったとしても、そういうことはあり得ないと私は、それははっきりと言えます。

(記者に質問を確認されて)もう一つは?

(記者)今後の皇室の在り方。

(秋篠宮さま)今後の皇室の在り方については、恐らく今まで皇室が続いてきて、ずっと以前から(続いていて)続けていった方がいいもの、そういうものももちろんあると思います。また一方で、時代というのは変わってきます。やっぱりその時々の求められることというのもまた変わってくると思います。そのことを常に念頭に置いておくことが必要ではないかと考えます。もちろん、これは陛下もおっしゃっていたと思いますけれども、「国民と苦楽を共にし、国民の幸せを願いつつ、務めを果たしていく」、ということがその最も基本的なところにあると考えます。

(問2)殿下にお伺いします。皇太子さまが即位されると、殿下は皇位継承順位第1位の皇嗣となられますが、抱負をお聞かせください。今後、皇太子さまの公務を引き継ぐことが想定されます。ご一家を支える皇嗣職の在り方とともに、これまで務めてこられたご活動の分担についてもお考えをお聞かせください。

(秋篠宮さま)これは今までに例が見られないことでもあり、なかなか抱負といっても、まだ想像がつかないところもかなり多くあります。実際にそういう形になって、そしてそれが始動していく中で様々に試行錯誤をしていくことになるのではないかなと思います。また、皇嗣職の在り方についてですが、これも始まってみないと分からないところがあると思います。その職という一つの組織の在り方ですので、当然そのハードな面とソフトな面とあると思いますけれども、実際にはその規模であったりとか、人員配置であったりとか、そういうことは役所の方(ほう)もいろいろ考えていることと思います。また、その職の内容については、先ほど言いましたように、どういう職の在り方がふさわしいかというのを追い追い考えていく必要があるとともに、ある程度前もって方針を考えておく必要があるように考えます。(記者に質問を確認されて)もう一つは分担?

(記者)活動の。

(秋篠宮さま)活動の分担ですね。これは、皇太子殿下とも話合いをしながら進めていかなければいけないと思います。ただ、そういう代替わりがあって、恐らく皇太子殿下の方から私の方へ、譲るというものがかなりあるのではないかと思います。それらのものについては、できる限り私の方で引き受けたいと思っております。一方、私が以前から行っているもの、そしてまた、団体の総裁であったり、名誉総裁をしているものもあります。実際に全体としてその物理的にどこまで可能なのか、このこともよく考えていかないといけないなと思っています。そして、もう一つは私が今しているものを今度は譲る先がないという事情もあります。その辺りも含めて、追い追い皇太子殿下ともご相談をしていきたいと考えております。

(問3)両殿下にお伺いします。眞子さまのご婚約が内定しました。お相手の小室圭さんについてどのような印象をお持ちで、お二人にどのような家庭を築いてほしいとお考えですか。ご婚約内定以降、眞子さまのご結婚について、両陛下からどのような言葉を掛けられ、その際のご様子はどのようなものであったでしょうか。ご結婚により眞子さまが皇籍を離れ、皇族が減少することについても併せてお考えをお聞かせください。

(秋篠宮さま)まず、小室さんの印象ですけれども、(妃殿下をご覧になって)初めて会ったのは、いつ頃でしょうか。

(紀子さま)(殿下を振り向かれて)いつ頃でしょう。

(秋篠宮さま)多分、2013年ぐらいかと思いますけれども、そのときが、初めてになります。そのときの印象は、大分その、緊張していたということもあったかもしれませんけれども、非常に真面目な人だというのが第一印象でした。そして、その後も何度も会っておりますけれども、その印象は、変わっておりません。また、娘のこと、娘の立場もよく理解してくれていると思います。

(記者)結婚後、どのような家庭を築いてほしいとお考えですか。

(秋篠宮さま)どのような家庭というのも、なかなか、私から言うのも難しいですけれども、本人たちが幸せだと思う家庭であれば、それでいいなと思います。(妃殿下をご覧になって)どうでしょうか。

(紀子さま)初めの印象についてですが、初めてお会いし、話をしましたときに、丁寧で穏やかな印象を受けました。そして今も、同じような印象を持っております。先日になりますが、小室さんのピアノを聴きたいと話をしましたところ、快く応じてくださり、小室さんの優しいピアノの音色を聴きながら、私たちは心和むひとときを過ごしました。これから、二人が歩み、築いていく生活が幸せであるよう、心から願っております。

(記者)両陛下からは、どのようなお言葉を。

(秋篠宮さま)そうですね。両陛下からは、おめでとう、良かったねという趣旨のお言葉がありました。大変うれしそうなご様子でした。

(紀子さま)両陛下は、長女の眞子が初めての孫であり、大切にお見守りくださり、結婚する相手に会ったことを、大変お喜びくださりました。

(記者)皇籍を離れて、皇族が減少することについては、いかがですか。

(秋篠宮さま)今の制度では、女性の皇族が結婚をすれば、皇籍を離れることになります。一方で、皇室の中で、女性の占める割合が非常に多いわけです。結婚して皇籍を離れるというのは、制度の問題ですので、そのことについて、私が何か、ここで言うことではないと思います。よくその、皇族の数が少なくなると、いろいろ活動に支障が出るのではないか、ということを耳にすることがあります。しかし、それぞれの皇族の活動の中で、もちろんその、共通、共通というのは同じという意味ではなくて、皇族としてのその仕事を、何と言いましょうか、例えば、ある行事に出席する、宮中の行事に出席するとか、その他もろもろあるわけですけれども、それ以外に、かなりの部分で、個人に帰属しているものも多いですね。そのことを考えますと、これはあくまで、個人に帰属してしまいますので、仮に人数が減少したとしても、そこには、その点に関しては、それほどの影響は出ないのではないかと思います。先ほども申しましたように、これは、今の制度では少なくなっていく、これは、そのとおりなわけですけれど、私は、以前もお話ししたかなと思いますが、やはり現状では、その人数の中で、できる範囲、できる仕事をしていくのが、適当ではないかと思っております。

(紀子さま)よろしいでしょうか。(殿下に確かめられる。)長女が結婚しましてからも、(私は、宮様とご一緒に)お互いに健康に気をつけながら、期待される皇族としての大事な務めや、さまざまな活動を、心を込めて努めてまいりたいと思います。

(秋篠宮さま)これは、あなたがですね。

(紀子さま)はい。私たち、そうですね。

・・・2017年11月30日、毎日新聞 最終更新 08時09分 配信より

私のコメント : 平成29年11月30日、東レ株式会社 広報室広報課 福田様と私は、連絡、及び、その対応を持った。

...........................................
平成29年8月28日(月)、島根県 津和野町 総務財政課 と連絡対応を持ち、その後、津和野町 教育委員会へ行き、「津和野藩主 亀井家 入場四百年 記念事業のご案内」に関する準備 等、津和野町 教育委員会 職員と対談し、「津和野藩主 亀井家 入場四百年 記念事業のご案内」、その付随する内容に関し、私と文化庁との対応もあるため、津和野町長 宛への、私からの公文書開示請求書 提出していることも、その際、連絡を入れておいた。

平成29年8月28日、「 武田薬品工業(株)  ( 省 略 )  文書 」の件、その山口県庁から私への公文書開示に関しては、武田薬品工業(株) 大阪本店 窓口への問い合わせした後に、武田薬品工業(株) 光工場 光オフィス 畠堀 様より その担当 連絡先について、私に、教授をしていただいた。

平成29年8月28日、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室と私は、その連絡対応における、その後の経過もあり、確認のために、萩市長宛てへ、私からの公文書開示請求書を提出した。

平成29年8月28日、東レ株式会社 広報室 別所達也広報課長と私は、下記に関する内容に関する、その外務省 中東欧課 ハンガリー 担当 安倍様と私との間における 対談内容もあり、私の現況については、私から、山口県 萩市長宛へ、私から、その公文書 開示請求書、等、その提出しをている現況 経緯に関する書面も、送信して、東レ株式会社からの私の許へ、その助言と支援もお願い申し上げたい旨 書面にして、送信した。その受取人 東レ株式会社 広報室 山田様。

..............................................
平成29年8月25日、外務省との間にて、私は、以下の対応における内容があるため、外務省 中東欧課 ハンガリー 担当 安倍様の許へと、連絡を入れた。

平成29年8月24日、過去、外務大臣 官房総務課より、私の勤務先に、「外務省 密約書 不在の問題に関して、連絡が入っている内容」 との関連も、今回、以下における配信の各記事には、あるため、8月24日 外務省 中東欧課 に、外交上における、その私の知っている範囲にて、私は、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、等における外交内容に関する、重要な外交上における経過 報告を入れた。この件で、不明な点がある方は、私からの経過 報告を入れた 外務省 中東欧課 ハンガリー 担当 安倍様へ、その 連絡をして下さい。

.......................................................
東レ、ハンガリーにPPS樹脂コンパウンドの生産設備

日系・欧州自動車メーカーのニーズに対応、製品評価と試作対応のスピード向上

2017/08/24 11:34

東レは、米国子会社でラージトウ炭素繊維を製造するZoltek社のハンガリー工場内にポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂コンパウンドの生産設備を新設する(ニュースリリース)。新設備の年産能力は3000tで、2018年3月から稼働する予定だ。 欧州に製造設備を設置することで、東レは製品評価と試作対応のスピードを速め、欧州市場への供給体制を強化すると同時に新規需要の開拓を目指す。東レグループが欧州に樹脂コンパウンドの生産拠点を設置するのは、これが初めて。今後は、日本と中国、韓国、タイ、米国と合わせた6カ国8拠点体制でPPS樹脂コンパウンドを供給することになる。各拠点を連携させて製品開発・評価機能を高めるとともに、現地生産によるタイムリーな供給体制を整える。 PPS樹脂は耐熱性や耐薬品性、機械強度、難燃性に優れることから、自動車の電装部品やエンジン部品などに使われる。特に欧州では、自動車の燃費や二酸化炭素排出量に関する規制、安全規制が厳しく、部材の樹脂化などによる軽量化ニーズが高まっている。それに伴い、欧州系自動車メーカーによるPPS樹脂の使用量が増加。さらに、電気・電子機器やOA機器、住宅関連部品などでもPPS樹脂の採用が広がっていることから、東レは今回の増産を決めた。 同グループは、年産2万7600tのPPSベースポリマーの生産能力を持ち、ポリマー・コンパウンドから繊維、フィルムまでを供給している。2015年には、欧州で樹脂のマーケティングと技術サービスの機能を有する販売会社として、Toray Resins Europe社をドイツに設立。日系自動車部品メーカーや欧州自動車部品メーカーと連携しながら、現地で技術サービスを提供する体制を整えてきた。Zoltek社のハンガリー工場に新設備を設置した後も、欧州における営業・マーケティング活動については引き続きToray Resins Europe社が担当する。   松田 千穂 ・・・平成29年8月24日(木) 、日経 テクノロジーオンライン  11:34 配信より

私のコメント : 平成29年8月24日、過去、外務大臣 官房総務課より、私の勤務先に、「外務省 密約書 不在の問題に関して、連絡が入っている内容」 との関連も、今回、以上における配信の各記事には、あるため、8月24日 外務省 中東欧課 安倍 様に、外交上における、その私の知っている範囲にて、私は、ハンガリー王国、ルーマニア王国、ブルガリア王国 等 その重要な外交上における経過 報告に関しては、外務省 中東欧課 ハンガリー 担当 安倍 様の許へ と入れた。

「ハンガリー・モデル 1937」
1936年にM29の遊底部やメカを改良して9mmショート弾を使用するM37が完成した。この銃はハンガリー軍の制式となったが、1941年、ドイツの支配下に置かれるとドイツ空軍のパイロット自衛用として採用することを決め、P.Mod.37 と呼んで生産させた。第2期の発注からドイツは改良点を指摘し、その指示に従って改良生産、1941年から44年にかけ、ドイツ空軍向けに量産されたP.Mod.37 は 約 9万挺が納入され、ドイツ空軍のパイロット護身用としてヨーロッパの空を飛んだ。以下は、省略 ・・・「 HUNGARY PISTOL 世界のピストル図鑑 株式会社 光人社 」 より
.............................................
秋篠宮さまと眞子さま ハンガリーで「国宝の豚」視察

8月21日 5時05分

ハンガリーを訪問している秋篠宮さまと長女の眞子さまは、ハンガリー原産で「食べられる国宝」として知られるマンガリッツァ豚の飼育の様子を視察されました。

続きを読む

秋篠宮さまと眞子さまは、現地時間の20日、ハンガリー南部のブガツを訪問し、馬車に乗って、観光用の農場に到着されました。農場には家畜の飼育場があり、お二人は、およそ200年前にハンガリーで生まれた品種で、高級食材として知られるマンガリッツァ豚の飼育の様子をご覧になりました。マンガリッツァ豚は、全身が巻き毛で覆われているのが特徴で、国が国宝に認定し、「食べられる国宝」としても知られています。秋篠宮さまは、ニワトリや豚などの家畜の研究をしていて、担当者からマンガリッツァ豚は、脂肪分が多い一方でコレステロールは低く健康食でもあるといった説明を受けられていました。眞子さまも秋篠宮さまとともに説明に熱心に耳を傾けられていました。お二人は、現地時間の21日に、マンガリッツァ豚を生産している農家などを訪問し、22日には、日本に向けてハンガリーを出発される予定です。帰国後の来月3日には、眞子さまと同級生の小室圭さんとの婚約内定の発表と記者会見が、行われることになっています。・・・平成29年8月21日 NHK NEWS WEB 5時05分 配信より

.............................................
平成29年8月28日(月)、山口県 萩市 総務課 秘書室 秘書係 高杉保江主査と私が、その対応をもっている内容の件に関し、その担当をされている 山口県 萩市農業委員会 事務局長 鷲頭英明氏の許へ、私は、確認の連絡を入れた。

平成29年7月11日(火)、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 秘書係 高杉保江主査との間で、私は、連絡している経緯があり、山口県 広報 広聴課へ、私から、既提出済みにおける説明書面をもとにして、その関係する内容の件で、対談。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国連安保理緊急会合の開催を要請~日米韓

2017年11月29日 | 教育
国連安保理緊急会合の開催を要請~日米韓

11/29(水) 8:25配信

アメリカ・ニューヨークでは北朝鮮国連代表部の関係者がNNNの取材に応じ、「ミサイルはアメリカに向け発射したものだ」と話した。ニューヨークにある北朝鮮国連代表部関係者の多くはコメントを避けたが、ある外交官はNNNのカメラなしの取材に応じ、「日本でなくアメリカを狙ったものだ」「アメリカが挑発をやめない限り北朝鮮はミサイル開発を続ける」と話した。発射直後にここまで意図を明確にするのは異例のこと。一方、日本政府はアメリカ・韓国とともに国連安全保障理事会の緊急会合の開催を要請した。緊急会合は日本時間30日午前6時半から開催される予定。

【関連記事】
•銃弾は韓国側にも…北兵士“亡命の瞬間”緊迫映像公開
•国連安保理、緊急会合開催の方向で調整
•安保理の緊急会合 北へ“石油輸出禁止”は
•北への制裁強化は...国連安保理が緊急会合へ
•北ミサイル受け 国連安保理あす緊急会合へ

2017/11/29(水)、日本テレビ系(NNN) 8:25配信より

私のコメント : 平成29年11月29日、山口県 山口市教育委員会 文化財保護課 文化財保護担当 主事より、私の許へ、連絡が入り、私は、その対応を持った。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菅野博之氏が最高裁判事に就任 「裁判所の質をアップ」

2017年09月09日 | 教育
菅野博之氏が最高裁判事に就任 「裁判所の質をアップ」

2016年9月5日22時31分

最高裁判事に5日付で就任した前大阪高裁長官の菅野博之氏(64)が、最高裁で記者会見した。「事件一つひとつに、人の人生や会社の命運がかかっている。それぞれの立場に共感を持ってものを見ないといけない。それは最終審であっても同じだと思う」と抱負を語った。

印象に残った最近の裁判を問われると、認知症の男性が列車にはねられて死亡した事故で、介護していた家族に損害賠償責任はないと判断した今年3月の最高裁判決を挙げた。菅野判事は「国民の間でも議論が成熟していない、難しい課題が裁判所に持ち込まれる時代になってきている。期待、ニーズに負けないように裁判所も質をアップしていかなければならない」と述べた。

菅野判事は、同じく裁判官出身で8月24日に定年退官した千葉勝美氏の後任。北海道出身で東北大卒。1980年に裁判官に任官し、水戸地裁所長や東京高裁部総括判事などを務めた。 ・・・ 2016年9月5日、朝日新聞デジタル 22時31分

私のコメント : 平成28年9月、最高裁判事に5日付で就任した前大阪高裁長官 菅野博之氏は、最高裁で記者会見されて、「事件一つひとつに、人の人生や会社の命運がかかっている。それぞれの立場に共感を持ってものを見ないといけない。それは最終審であっても同じだと思う」と抱負を語っている。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加計学園の獣医学部新設認可、答申「保留」 教育環境に課題 文科省審議会

2017年08月25日 | 教育
加計学園の獣医学部新設認可、答申「保留」 教育環境に課題 文科省審議会

2017.8.25 14:02更新

政府の国家戦略特区制度を活用した学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画について、認可するかどうかを審議している文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)は25日、林芳正文部科学相への答申を保留した。理由について文科省は「継続審査のため説明できない」としているが、学生の教育環境が整っていないと判断したとみられる。

設置審は学園側から今後提出される修正案を審査した上で、10月下旬にも認可の可否を判断する見通し。

学園は平成30年4月の開設を目指しており、認可されれば獣医学部の新設は昭和41年の北里大以来となる。

設置審はこれまで、学園側の申請を受け、愛媛県今治市で予定している岡山理科大獣医学部の新設計画について、教育課程や財務状況、学生確保の見通しなどを調べていた。

5月には、教育の質の確保に問題があるとして、入学定員や教員の構成について再考を促し、学園側はその後、入学定員数を減らし、教員を増員するなど計画の一部を改めた書類を提出していた。

関係者によると、設置審は今月9日に開いた非公開の会合で、学生の実習計画など教育環境に課題があるとして、答申の判断を保留する方向で意見がまとまったという。設置審は今後、学園側に計画の見直しを求めた上で、審査を続ける方針。

学園の獣医学部新設計画をめぐっては、文科省前事務次官の前川喜平氏が5月、手続き面で「行政がゆがめられた」と主張し、安倍晋三首相の関与の有無をめぐっても政府・与党と野党が激しく対立していた。

・・・ 平成29年8月25日、産経新聞 14:02 配信より

私のコメント : 平成29年8月25日、政府の国家戦略特区制度を活用した学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画について、認可するかどうかを審議している文部科学省の大学設置・学校法人審議会(設置審)は8月25日、林芳正文部科学相への答申を保留した。理由について、文科省は「継続審査のため説明できない」としているが、学生の教育環境が整っていないと判断したとみられる。学園側から今後提出される修正案を審査した上で、10月下旬にも認可の可否を判断する見通し。加計学園は平成30年4月の開設を目指しており、認可されれば獣医学部の新設は昭和41年の北里大以来となる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農and食 米で6次産業化を 母の味「飲むおかゆ」商品に 増田高3年・中川大地さん /秋田

2017年08月22日 | 教育
農and食 米で6次産業化を 母の味「飲むおかゆ」商品に 増田高3年・中川大地さん /秋田

毎日新聞2017年8月17日 地方版

増田高校(横手市)農業科学科3年の中川大地さん(17)は、羽後町で稲作や花の温室栽培を営む専業農家に生まれ育った。祖父と父親が規模拡大を図ってきた農業を継ぎたいと志を抱く。また、安定した収入が得られるように、米を材料に生産から加工、販売までを一貫して行う「6次産業化」に取り組みたいと構想を練る。 地元・羽後町に昨年7月、道の駅がオープンするのを前に、母親から「米で6次産業化、やってみねが」と誘いを受けた。果物や野菜を材料にした6次産業化は聞いたことがあるが、米でできるのかは半信半疑だった。第1弾は、中川家が作る米「金のいぶき」をジェラートの材料として提供。玄米のままでも食味が良い品種で、甘くてすっきりしていると観光客らから好評を得た。そして第2弾が、母親が作るおかゆだ。生米をさっと洗っただけで、栄養満点のぬか層を多く残してそのまま炊く。米粒の原形をとどめないほどドロドロになり、とても甘い。 これを「飲むおかゆ」と名付け、コーンポタージュのように、缶に詰めて商品化できないか。今後の課題だ。冬は70代の祖父が道路工事に、40代の父親も除雪に、働きに出る。そうした背中を見てきただけに農家の収入安定は切実な願いだ。卒業後は、2年制の農業大学校への進学を希望。1年のときから実習を経験でき、祖父が元気なうちに戻ってきて、米作りを習いたいと考えたからだ。農作業に汗を流すことが好きという中川さんは「米価下落や人口減少など取り巻く環境は厳しいですが、米の加工品で町外から集客し、地域の農家の所得向上を図りたい」と力強く語る。【大槻英二】 ・・平成29年8月17日(木)、毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント : 増田高校(横手市)農業科学科3年の中川大地さんは、羽後町で稲作や花の温室栽培を営む専業農家に生まれ育った。安定した収入が得られるように、米を材料に生産から加工、販売までを一貫して行う「6次産業化」に取り組みたいと構想を練る。 地元・羽後町に昨年7月、道の駅がオープンするのを前に、母親から「米で6次産業化、やってみねが」と誘いを受けた。果物や野菜を材料にした6次産業化は聞いたことがあるが、米でできるのかは半信半疑だった。第1弾は、中川家が作る米「金のいぶき」をジェラートの材料として提供。玄米のままでも食味が良い品種で、甘くてすっきりしていると観光客らから好評を得た。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍首相、核兵器禁止条約に言及せず 「原爆の日」式典

2017年08月06日 | 教育
安倍首相、核兵器禁止条約に言及せず 「原爆の日」式典

2017年8月6日08時47分

広島は6日、被爆72年目となる「原爆の日」を迎えた。広島市中区の平和記念公園では午前8時から平和記念式典が開かれ、広島市の松井一実(かずみ)市長が「平和宣言」を読み上げた。7月に国連で採択された核兵器禁止条約に触れ、日本政府に「核保有国と非核保有国との橋渡しに本気で取り組んでいただきたい」と求めた。一方、続いてあいさつした安倍晋三首相は、条約に言及しなかった。

特集:核といのちを考える

 冒頭で、この1年間に死亡が確認された被爆者5530人の名を記した名簿が原爆死没者慰霊碑に納められた。死没者の数は、30万8725人となった。慰霊碑への献花に続き、原爆投下時刻の「午前8時15分」に、「平和の鐘」が鳴らされ、参列者が黙禱(もくとう)を捧げた。松井市長は平和宣言で改めて核兵器を「絶対悪」と強調。「核兵器の使用は、一発の威力が72年前の数千倍にもなった今、敵対国のみならず自国をも含む全世界の人々を地獄へと突き落とす行為であり、人類として決して許されない行為です」と述べた。また、核兵器禁止条約が122カ国の賛同で採択された点を「廃絶に向かう明確な決意が示されました」と評価。「各国政府は『核兵器のない世界』に向けた取り組みをさらに前進させなければなりません」と訴えた。日本政府は「核兵器国と非核兵器国の対立をいっそう深め、両者の協力を重視する我が国の立場に合致しない」(岸田文雄・前外相)などとして、核保有国とともに条約交渉をボイコットし、署名もしない方針を明らかにしている。この日の式典には各国駐日大使らが参列。核保有国では米、英、仏、ロシアが出席したが、中国は欠席した。広島・長崎の被爆者は高齢化が進み、3月末の厚生労働省のまとめによると、平均年齢は81・41歳。被爆者健康手帳を持つ人の数は16万4621人で、1957年度の手帳交付開始以降、過去最少となった。(宮崎園子)・・・ 平成29年8月6日、朝日新聞デジタル  08時47分 配信より

私のコメント : 平成29年8月6日、広島は6日、被爆72年目となる「原爆の日」を迎えた。日本政府は「核兵器国と非核兵器国の対立をいっそう深め、両者の協力を重視する我が国の立場に合致しない」(岸田文雄・前外相)などとして、核保有国とともに条約交渉をボイコットし、署名もしない方針を明らかにしている。

広島市中区の平和記念公園では午前8時から平和記念式典が開かれ、広島市の松井一実 市長が「平和宣言」を読み上げた。7月に国連で採択された核兵器禁止条約に触れ、日本政府に「核保有国と非核保有国との橋渡しに本気で取り組んでいただきたい」と求めた。また、一方、続いてあいさつした安倍晋三首相は、広島県の地元  岸田文雄 前外相による 今迄における、安倍晋三首相への対応があり、条約について、言及すらしなかった。


加計学園グループの挑戦―先賢の志で切り開いた私学教育の道
鶴蒔 靖夫 / IN通信社

岡山理科大学附属高等学校過去入学試験問題集平成30年春受験用(実物に近いリアルな紙面のプリント形式過去問) (岡山県高等学校過去入試問題集) 教英出版

英数学館高校【広島県】 H29年度用過去問題集10(H28【3科目】+模試)
カーサ・フェミニナ教育研究所 / カーサ・フェミニナ教育研究所

1才6カ月から入園まで子育て大百科―年齢別+テーマ別情報でよくわかる! (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ大百科シリーズ) ベネッセコーポレーション

リクルート事件・江副浩正の真実
江副浩正 / 中央公論新社

正義の罠 リクルート事件と自民党 二十年目の真実
田原 総一朗 / 小学館

竹下政権の崩壊―リクルート事件と政治改革
朝日新聞政治部 / 朝日新聞社

リクルートゲートの核心―「消費税」仕掛人たちの巨大疑獄
すずさわ書店

英数学館中学校【広島県】 予想問題集B10
カーサ・フェミニナ教育研究所 / カーサ・フェミニナ教育研究所

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小3から英語、国家を意識させる内容も 学習指導要領案

学習指導要領の改訂スケジュール

文部科学省は14日、小中学校で教える内容を定めた学習指導要領と幼稚園の教育要領の改訂案を公表した。グローバル化や人工知能(AI)の発達などへの対応から授業のあり方を見直し、小学3年から英語を始めるために授業時間数も増やす「質も量も」を鮮明にした。社会科では竹島と尖閣諸島を「固有の領土」と初めて明記。「国家」を意識させる内容も盛り込んだ。新要領は幼稚園が2018年度、小学校が20年度、中学校は21年度から全面実施される。「脱ゆとり」を掲げ、40年ぶりに授業時間を増やした前回08年改訂の内容は維持。「公共の精神」や「道徳心」などを重視する改正教育基本法(06年施行)の理念がより反映された内容となる。今回の改訂案のポイントは小学校の英語だ。歌やゲームなどを通じた「外国語活動」の開始を現行の小5から小3に早め、「聞く・話す」を中心に年間35コマ(週1コマ)をあてる。小5からは教科書を使う正式な教科「外国語科」に格上げされ、「読む・書く」を加えて授業時間を年間70コマに倍増させる。この結果、小3~小6の授業時間は各学年35コマずつ増える。18、19年度は移行期間とし、17年度中に教材配布や教員研修を進める。また、情報活用力を重視し、小学校ではコンピューターを動かすための指示を体験するプログラミング教育も必修化する。一方で改訂案は、「何を学ぶか」が中心だった従来の指導要領を転換。「何ができるようになるか」を明確にし、そのために「何を」「どのように」学ぶかを明確にした。答えのない問題に挑む力をつけさせるとして、先生が一方的に教える形ではなく、討論やグループ活動などを通じ、「主体的・対話的で深い学び」への工夫を求めた。「国家」を意識させる内容も盛り込んだ。小5の社会で、竹島、北方領土、尖閣諸島が「我が国の固有の領土であることに触れること」と明記。中学の地理では、すでに記載のある北方領土に加え、竹島と尖閣諸島が日本固有の領土であり、尖閣については「領土問題は存在しないことも扱う」とした。政府の統一的な見解に沿った内容だ。一方、教員の長時間勤務が指摘される中、学校現場の負担は増すことになり、「質と量」を両立させられるかが課題になる。(水沢健一)

     ◇

〈学習指導要領〉文部科学省が小中高校の各学年で最低限教えるべき内容と授業時間を示した文書。文科相が学校教育法に基づいて示し、教科書編集の基準になる。約10年ごとに全面改訂され、1947年に試案が公表されてから今回で8回目。授業改善に関する記述などが増え、前回の08年改訂に比べて分量は約1・5倍になった。…2017年2月14日、 朝日新聞デジタル 18時23分 配信より

私のコメント : 平成29年(2017年)2月15日、山口県 萩市 国重要文化財 民家 森田家、熊谷家 両家における その該当、宮内庁との間における、その祭祀 継承に関係されている 山口県 萩市 浄土真宗本願寺派 古萩山 三千坊 住職における話題が、 山口県 萩市 国重要文化財 民家 森田家 居住 私の叔母から、連絡が入る。 東京都 宮内庁との対応と関係も私には、今迄、あるため、慎重に、私の叔母からの連絡内容については、対応もした。
..........................................................................
山口)青い光に浮かぶ画聖の庭 雪舟庭をライトアップ

室町時代の禅僧で、画聖と称された雪舟が築庭したとされる常栄寺「雪舟庭」(山口市宮野下)で22日、ライトアップが始まった。青色の照明が、国の史跡・名勝にもなっている日本庭園を幻想的に浮かび上がらせている。ライトアップは25日までの午後5時~9時。拝観料300円(小学生以下無料)が必要。(山本悠理)・・・ 2016年12月23日、朝日新聞デジタル 03時00分 配信より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
常栄寺「雪舟庭」守りたい

室町時代の水墨画家・雪舟の作とされる常栄寺「雪舟庭 (常栄寺庭園)」。国の史跡・名勝にも指定されている庭の整備・維持を支援しようと、市民グループ「雪舟庭の庭を守る会」が寄付を呼びかけている。常栄寺は大名だった大内政弘(1446~95)が別邸として建て、雪舟に築庭させたといわれている。見学者から大人1人300円の拝観料を徴収しているが、会によると、1992年ごろに年間8千万円ほどあった寺の収入は、訪問者の減少で2015年には約1530万円まで落ち込んだ。寺によると、運営には整備費、維持管理費など毎年計3千万円が必要で、国や自治体の補助金を充てても、過去5年の平均で年800万円近くが不足するという。檀家がほとんどないことも原因だ。こうした状況を変えようと2年前に会が発足、318万円を集めた。昨年は寺の運営資金が90万円不足し、会が2年分の寄付金として200万円を贈った。補修費用などがかさみ、1千万円近くが不足する年もあるという。末永汎本(ひろもと)会長(77)は「雪舟庭は山口市民にとっても、観光資源として重要。維持していきたい」と寄付を呼びかける。1口につき、事業所1万円、個人5千円。問い合わせは会の事務局(083・922・2272)。

(棚橋咲月)・・・ 2017年2月9日、朝日新聞 山口地方版 配信より
...........................................................
「陛下のご相談相手」宮内庁参与に竹崎前最高裁長官

皇室の重要事項などについて天皇陛下の相談役となる宮内庁参与に、前最高裁長官の竹崎博允(ひろのぶ)氏(70)が1日付で就任した。同庁によると、元最高裁判事は過去にもいたが長官経験者は初。平成18年から参与を務めた東大名誉教授の三谷太一郎氏(78)は願い出により3月31日付で退任した。宮内庁参与は現在5人。 ・・・ 平成27年4月1日(水)、産経新聞 7時57分配信より

私のコメント: 今後、皇室の重要事項について、竹崎博允氏が、宮内庁内外における様々な専門知識を有する関係者からの情報も得て、はたしてかないといけない内容が、増えている。

.........................................................
平成25年1月9日、株式会社 大林組 CSR室 広報部 広報第一課に、私から、その送信済の内容

株式会社 大林組 CSR室 広報部 広報第一課 御中   いつもお世話になります。私の実家 萩市森田家住宅が、国重要文化財 民家が指定されており、その国重要文化財 名義変更の際、私は、文化庁文化財建造物保護 担当の大林玲子様との連絡経緯が発生し、その後、当家における宗務内容について、大林玲子様に、私が、お世話になっているからです。株式会社 大林組様に、私が、連絡いたしましたのは、文化庁における、以上の対応内容もあるからです。また、更に、ご連絡を申し上げる理由には、国宝 出雲大社保存修理事業に際し、出雲大社保存修理 担当者より、私に、「出雲大社 工事前、出雲大社の素屋根の周りを囲む事業について、株式会社 大林組様が、その事業に作業従事された」との御教えもいただいているからです。以上の内容につきまして、大林組より、私に、ご返事をいただきたいと存じます。よろしくお願い申し上げます。( 平成25年1月9日、送信済)
.........................................................
都知事選 小泉元首相「これからも原発ゼロの国造りめざす」

小泉純一郎元首相は9日夜、東京都知事選で細川護煕元首相が落選したことについてコメントを発表した。全文は次の通り。「残念な結果ですが、細川さんの奮闘に敬意を表します。これからも『原発ゼロ』の国造り目指して微力ですが、努力を続けて参ります。御支援賜わりました皆様に心から厚く御礼申し上げます 小泉純一郎」・・・平成26年2月9日(日)、産経新聞 21時36分配信より

私のコメント : この度、小泉純一郎元首相の奮闘についても、私は、敬意を表します。

以下については、細川護煕元首相政権下の最高裁判所 判決によるものです。



山口県萩市 黒川 国重要文化財 民家 森田家 住宅内における 弁護士、牧師活動の件 その後の経過記事について、山口地方裁判所にて、萩市 黒川 国重要文化財 森田家 住宅内 における 弁護士、牧師活動の件について、当時、民事法廷にて、山口地方裁判所 判事 坂本倫城様に、私は、異議を唱えました。しかし、当時の山口地方裁判所 判事 坂本倫城様 (岡山県出身) は、「その内容について、何ら問題はない。」と私の主張についてを取り下げられました。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
文化庁長官 関与 国指定 重要文化財 民家の所有者 変更に関する件

以下 文化庁 及び 内閣府との記録は、私と伯母との対応において発生しているものです。叔父(父の弟)との関係において生じているものでは、ないことをブログにて説明します。

問 庁 : 文化庁長官
諮問日:平成15年6月 3日 (平成15年(行情)諮問第326号)
答申日:平成15年8月11日 (平成15年度(行情)答申第251号)

事件名:重要文化財の所有者変更に関する文書の一部開示決定に関する件

答 申 書
第1 審査会の結論
重要文化財特定住宅の所有者変更について(文化庁原議書)及び文化財所有者氏名等変更届(以下「本件対象文書」という。)につき,その一部を不開示とした決定について,諮問庁が不開示とすることとしている部分については,不開示が妥当である。

第2 異議申立人の主張の要旨
1 異議申立ての趣旨
本件異議申立ての趣旨は,行政機関の保有する情報の公開に関する法律(以下「法」という。)3条の規定に基づく行政文書の開示請求に対し,平成14年11月15日付け諸庁財第124号により文化庁長官が行った一部開示決定について,これを取り消し,本件対象文書の開示を求めるというものである。

2 異議申立ての理由
異議申立人の主張する異議申立ての主たる理由は,異議申立書及び意見書の記載によると,おおむね以下のとおりである。当家では,重要文化財の特定住宅が,亡祖父の財産の寄与分,遺留分を含め,特定個人に相続はすんでいない。そのため,当家の宗教活動,奉仕活動が停止に近い状態になっている。文化庁の不開示とされた個人印により,国重要文化財の特定住宅を管理している当家の相続が中断したままである。今後の国重要文化財の管理運営に大きな問題が生じる。これまで文化庁から発送された担当者名が明記されていない文書や,いままでの文化庁職員の対応よって,異議申立人に,それに関わる必要のない多大の出費,時間の制約と精神的な苦痛を与えている。よって,不開示とされた個人印の印影の開示を求める。

( 以 下 省 略 )

第6 答申に関与した委員

吉村?則,高木佳子,戸松秀典

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
その後、以下の内容、関連もし 配信をしていますので、皆様には、この状況についても 注視をしていただきたいと私から、お願い申し上げます。

「広島市立舟入高女の碑について 」

今までの私のボランティア活動歴についての話しをします。 山口市小郡文化資料館に、故河内山賢祐の作品と遺品が展示してあります。遺作、遺品の管理について、私の祖父が、河内山賢祐と近い親類であったこともあり、遺族の立場を代表する意味でも芸術文化財ボランティアの立場でも、旧小郡町時代よりその作品等について、散逸しないように細かく注文をつけ私は、今日まで至っています。私が、当時、小学校の修学旅行に広島に行くという折に、その当時存命であった私の祖父と祖母が、「広島の平和記念公園に、河内山の叔父さんの原爆慰霊碑の彫刻があるから、見てきなさい。」と言われたことを覚えています。しかし、私の小学校修学旅行は、集団行動で、勝手に個人行動で広島の平和記念公園を見て回ることが、出来ずに、その時は、どこにその碑があるのか、わからずじまいでした。33年の歳月が、流れ、ようやく河内山賢祐と湯川秀樹との二人の構想による「広島市立舟入高女の原爆慰霊碑」が、広島市中区の区役所を訪問し、その場所を教えてもらい中区の中を流れている川沿いに確認することができました。風雪に耐え、乙女のレリーフは胸を強く打つ作品でした。広島市立舟入高女の碑の原版は、山口市小郡文化資料館に残されています。大叔父の河内山賢祐と湯川秀樹博士は、どのような考えで、このすばらしい作品を残そうとしたのかは、今となっては、二人とも故人となっているので、聞くよしもありません。先人の平和に対する想いを若い世代に語り継ぐことが必要です。司法のボランティアを議論することすら 機会もなく、又、司法現場の弁護士や判事さんにおかれても、様々なボランティア活動について理解と参加等の配慮をお願いしたいと感じることがあります。今後とも皆様にご協力をお願い申し上げます。


地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花 燃ゆ、島根県産米、宍道湖に 緋色燃ゆ、・・・・・・・

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。

平成29年1月、柳井市 瑞相寺 住職との間、萩市 梅蔵院における運営、並びに、知恩院 運営の件 等があるため対談した。平成29年2月24日、知恩院 宗務に関係して 山口県 浄土宗 活動における問題で、萩市 梅蔵院 住職との間において、萩市からNHK大河ドラマ 「花燃ゆ」の放送内容にも関係し 宗教問題へと、その端も発している内容に関する連絡をおこなった際、梅蔵院 住職からの重大な法事報告も、私は、いただいた。

平成29年2月25日、柳井市 誓光寺 坊守様のもとへ、萩市 三千坊 住職 継職法要の儀、報告した経緯あり、萩市 三千坊 坊守様との間にて、宗務対応に関する件につき、連絡と対応を持った。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。

平成29年4月3日、山口県 浄土真宗本願寺派 本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番と対談する。外務省 いわゆる 密約書 不在の問題に関する件、木下祐祥輪番と私は、意見交換することができた。本願寺 山口別院 山口教区 教務所 木下祐祥輪番との間にて、私は、その宗務における心情を感じ取ることができた。
.................................................
核廃絶へ「長崎計画」 草案策定、国際赤十字会議が閉幕

核兵器の禁止と廃絶に向けた国際赤十字・赤新月運動長崎会議が26日、閉幕した。長崎市での3日間の会期中に、国連で議論が進む核兵器禁止条約の交渉を後押しする「長崎行動計画」の草案を策定した。計画案では、各国の赤十字がそれぞれの政府と対話し、核兵器禁止条約の交渉に参加することや、条約の成立に向けた動きを推し進める役割を再確認した。青少年に対する核兵器をめぐる意識の向上や、核兵器廃絶に関する青少年の活動の支援も盛り込んだ。会議は日本赤十字社と赤十字国際委員会(ICRC)が主催。35カ国の赤十字社の代表や、禁止条約の交渉に参加する外交官らが参加した。ICRCのキャスリーン・ラワンド法務局武器関連部長は、閉会後の記者会見で「核兵器禁止条約という歴史の転換点になる時期に開かれ、各国の代表が集まり多くのことを合意した。大きな意義があった」と話した。行動計画は今後4年間の核兵器の禁止と廃絶に向けた活動方針として、トルコで11月に開かれる、各国の赤十字社・赤新月社やICRCなどが集まる国際赤十字・赤新月運動代表者会議で採択される。(山野健太郎)・・・ 平成29年4月27日、朝日新聞デジタル 16時10分 配信より

私のコメント : 平成29年4月27日、核兵器の禁止と廃絶に向けた国際赤十字・赤新月運動長崎会議が、閉幕した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山本創生相「省庁間のやり取り 記録義務づけ検討」

2017年08月03日 | 教育
山本創生相「省庁間のやり取り 記録義務づけ検討」

8月1日 14時21分

山本地方創生担当大臣は閣議のあとの記者会見で、国家戦略特区での獣医学部の新設をめぐり文部科学省と内閣府の間で行われた調整などの記録が残っていないことに批判があることを踏まえ、今後、記録の作成を義務づけることなどを検討する考えを示しました。

続きを読む

国家戦略特区の獣医学部の新設をめぐって、文部科学省と内閣府の間で行われた調整などの記録が残っていないことに批判があることを踏まえ、安倍総理大臣は先に、行政文書の取り扱いなど政府内の意思決定のプロセスの透明化を進める考えを示しています。

これについて山本地方創生担当大臣は閣議のあとの記者会見で「各省間のやり取りがあったときはお互いに内容を確認したうえで議事録を残していく手続きがこれから必要になると思う」と述べ、省庁間の調整や交渉の記録の作成を義務づけることなどを検討する考えを示しました。

一方、山本大臣は先月28日に北九州市で行った講演で「自助の精神を発揮して稼ぐことに頑張るところはどんどん応援する。そうでないところには応援しない」などと発言したことについて、記者団が「失言という認識はないか」と質問したのに対し、「地方創生の原則だと思っている」と述べました。・・・ 平成29年8月1日、NHK NEWS WEB 14時21分 配信より

私のコメント : 平成29年8月1日、国家戦略特区の獣医学部の新設をめぐり、文部科学省と内閣府の間で行われた調整などの記録が残っていないことに批判があることを踏まえて、安倍総理大臣は先に、行政文書の取り扱いなど、政府内の意思決定のプロセス透明化を進める考えを示している。これについて、山本地方創生担当大臣は「各省間のやり取りがあったときはお互いに内容を確認したうえで議事録を残していく手続きがこれから必要になると思う」と述べた。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加