地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

〔東京株式〕押し目買いに下げ渋り(5日、続き)☆差替

2017年12月05日 | マーケティング
〔東京株式〕押し目買いに下げ渋り(5日、続き)☆差替

15時15分配信 時事通信

5日の東京株式市場で、日経平均株価は一時前日比200円近く下落した。その後は出遅れが目立つ鉄鋼や不動産、建設といった内需関連株に押し目買いが入り、下げ幅を縮めた。米国株式市場でのハイテク株安に連鎖する形で、半導体関連株への売りは継続している。しかし、利益を確保した後に内需関連株への投資を積極化する「循環物色」の動きが活発化。市場関係者は、「投資意欲に衰えは見られない」(大手証券)と前向きだ。日経平均は下値のめどとして意識される25日移動平均線(4日時点で約2万2500円)を前に踏みとどまり、「相場の腰は強い」(銀行系証券)という。もっとも、「株価を押し上げるためにはハイテク株が再び上昇することが必要」(前出の大手証券)なため、一段の円安など支援要因が待たれるところだ。(了)

【関連ニュース】 •〔ロンドン株式〕反発(4日)
•〔ロンドン金〕反落(4日)
•〔ロンドン外為〕円、112円台後半(4日)
•〔米株式〕NYダウ、2日ぶりに最高値更新=一時300ドル超の上げ(4日午前)
•〔米株式〕NYダウ、2日ぶりに最高値更新=一時300ドル超の上げ(4日午前)

・・・ 平成29年12月5日、 時事通信最終更新:17時26分  配信より

私のコメント : 平成29年12月5日、平成29年11月30日に株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様の許へ、下記における各対応が 私と株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様との間で、あるため、よって、その連絡 説明文 送信し、内容に関する報告を申し上げている件については、平成29年12月5日になっても、株式会社 丸久 経営企画室 広報 から、その連絡が入らないため、私から、その確認のための連絡、株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様へ入れた。

平成29年11月30日、山口県柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課へ 「平成28年2月3日、株式会社 丸久と柳井市との間で、地域活性化包括連携協定を締結いたしました」における各内容に関し、私は、その確認を入れた。

平成29年11月30日、株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様の許へ、下記における各対応が 私と株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様との間で、あるため、よって、その連絡 説明文 送信し、内容に関する報告を申し上げている。

平成29年11月29日、下記における各対応が私は、あるため、よって、山口県柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課 主査の許へ その連絡 説明文 送信し、内容に関する報告を申し上げている。

平成29年11月29日、「外務省 いわゆる 密約書 不在における諸問題」へいたる内容に関係し、 山口県 山口市  浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番と私は、今までの経緯に関し、その現在へといたり、私からの説明文も添えて、本願寺山口別院 山口教区教務所 輪番応接室において、対談し、その際、「月性生誕200年記念誌を確かに受領しました」との受領書も 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番から 拝受した。そのおり、柳井市 妙圓寺 住職 と、その今までにおける宮様との関係に関して、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番の許へ、その説明を入れた。

平成29年11月29日、山口県 山口市教育委員会 文化財保護課 文化財保護担当 主事より、私の許へ、連絡が入り、私は、その対応を持った。

平成29年11月28日、山口県 観光スポーツ文化部 観光プロジェクト推進室 三浦健治室長、幕末維新プロジェクト班 井上光宏主査と私は、山口県庁にて対談した。その後、山口県下の観光プロジェクト推進室から、山口県 その市町に対応されている内容に関し、山口県観光スポーツ文化部 幕末維新プロジェクト班 井上光宏主査の許へ、問い合わせを入れた。

同日、山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 岡本操室次長と私は、山口県庁にて対談もした。
................................................
柳井市と地域活性化包括連携協定を締結しました

平成28年2月3日、株式会社 丸久と柳井市との間で、地域活性化包括連携協定を締結いたしました。

これは、当社が各市町と連携し、地域の活性化に向けた活動を積極的に行うもので、平成24年の山口県に続き、平成25年以降10市1町と協定し、今回の柳井市で市町とは12例目となります。

この協定の取組み項目は、次の通りです。
(1)地産・地消の推進及び柳井市産農林水産物・加工品等の開発・販売に関すること
(2)柳井市政情報の発信に関すること
(3)健康増進及び食育に関すること
(4)子ども及び青少年育成に関すること
(5)高齢者及び障がい者への支援に関すること
(6)地域や暮らしの安心・安全及び災害対策に関すること
(7)環境問題の対策に関すること
(8)観光・文化及びスポーツの振興に関すること
(9)その他及び市の行政施策、地域の活性化及び住民サービスの向上に関すること

当社は柳井市内にアルク柳井中央店を営業しておりますが、今後店舗での観光PRや市政情報の発信、地元商品のPRや販促などの取組みをさらに強化して進めていきたいと考えております。具体的には、今春に同店に導入予定の知能ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した柳井市の情報発信や観光PRなどを行う、平成29年に柳井市遠崎の妙円寺の住職で維新の師とも言われる月性(げっしょう)の生誕200年を記念して行われるイベントへの協賛などの協議を進めてまいります。当社は、今後も引き続き県内の各市町と同様協定を締結し、地域に密着したローカルスーパーマーケットとしての役割を果たして行きたいと考えています。

地域活性化包括連携協定締結式について
1.日時   平成28年2月3日(水) 11時開会
2.場所   柳井市役所 4階 庁議室
3.出席者  柳井市    市長      井原 健太郎 様
       株式会社丸久 代表取締役社長 田中 康男

本件にかかわるお問い合わせ 経営企画室 広報担当 浅原(TEL 0835-38-1511)

 ・・・ 株式会社 丸久 配信 より
..................................................
○ 株式会社丸久

柳井市(以下「甲」という。)と株式会社丸久(以下「乙」という。)とは、災害時の活動
への協力に関し、次のとおり協定を締結する。

(要請)
第1条 甲は、市内において地震、風水害、その他の災害が発生し、又は発生するおそれがある場合において、乙に対し、乙の保有する物資の供給を要請することができる。

(要請手続き)
第2条 前条に掲げる要請は、災害時における物資の供給要請書(別記第1号様式)をもって行うものとする。ただし、緊急を要する場合は、口頭で要請し、その後速やかに文書を交付するものとする。

2 前項ただし書きの場合にあっては、乙は甲の意思を確認の上、第3条に定める措置をとるものとする。

(要請事項の措置)
第3条 乙は、甲から前条の要請を受けたときは、営業に支障のない範囲において、要請事項について速やかに適切な措置をとるとともに、その措置事項を甲に連絡するものとする。

(物資の範囲)
第4条 甲が乙に供給を要請する物資は、次の各号に掲げるもののうち、乙が保有又は調達可能な物資とする。
(1) 別表1に掲げる物資
(2) その他、甲が指定する物資

(物資の費用負担)
第5条 乙が物資の供給の実施に要した費用は、甲が負担するものとする。
2 物資の取引価格は、災害発生直前の適正価格に基づき、甲乙協議の上、別途定めるものとする。

(物資の運搬・引渡し)
第6条 物資の引き渡し場所は、甲が指定するものとし、引渡し場所までの運搬は、原則として乙が行うものとする。ただし、乙の運搬が困難な場合は、別に甲の指定するものが行うものとする。
2 甲は、当該指定場所に職員を派遣し、乙の提出する物資納品書(別記第2号様式)により確認の上、物資を引き取るものとする。

(費用の請求及び支払い)
第7条 乙は、物資の引き渡しが完了したときは、請求書により甲に費用を請求するものとする。
2 甲は、前項の請求書を受理したときは、内容を確認し、遅滞なく費用の支払いを行うものとする。

(支援体制の整備)
第8条 乙は、災害時における円滑な協力を図るため、社内及びグループ各社との広域応援体制並びに情報連絡体制の整備に努めるものとする。

(平常時の防災活動への協力)
第9条 甲及び乙は、この協定に定める事項を円滑に推進するため、平素から情報交換や甲が行う防災訓練への参加等に努め、緊急時に備えるものとする。

(有効期限)
第10条 この協定は、平成24年 7月 9日から、その効力を有するものとし、甲また
は乙が文書をもって協定の終了を通知しない限り、その効力を持続するものとする。

(その他)
第11条 この協定に定めない事項又は、疑義が生じたときは、その都度、甲乙協議の上決定するものとする。

この協定の成立を証するため、この証書2通を作成し、甲乙各1通を保有する。
- 66 -
平成24年 7月 9日
別表1(第4条関係)
災害時の主な必要物資一覧表
種類    物 資 名
食器類 茶わん、汁わん、皿、箸等
日用品雑貨
タオル、下着、トレーニングウエア上下、雨具類、軍手、
チリ紙(トイレロール)、なべ、やかん、バケツ、ポリ袋
紙オムツ(大人用)、紙オムツ(小人用)
光熱材料 マッチ、ライター、ローソク、懐中電灯、卓上ボンベ、乾電池
食料
米穀、パン等麦製品、缶詰、インスタント食品、カップめん、
おにぎり、弁当、ペットボトル(水)等

おおむね上記の品目を基準とし、災害や緊急度の状況に合わせて、甲、乙協議の上、その都度指定できるものとする。

・・・柳井市 ホームページより の 抜粋


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三井化学 ギヤ油調整剤 岩国大竹で4割増強

2017年12月01日 | マーケティング
三井化学 ギヤ油調整剤 岩国大竹で4割増強

2015年06月23日

三井化学は、自動車ギヤ油の粘度を調整する炭化水素系合成油「ルーカント」を増強する。岩国大竹工場(山口県玖珂郡)の生産能力を2016年中に3〜4割増やし、計1万8000トンに拡大する。燃費向上のニーズが高まるなか、ギヤの負荷を減らせる調整剤の需要が増加していることに対応する。添加剤を総合展開する大手メーカー、米ルーブリゾールとの提携を機に販路も広がっており、海外の自動車生産に近い立地などを候補に第2の生産拠点の検討も進める。・・・2015年06月23日、The Chemical Daily Co., Ltd 配信より

..................................................................................
<三菱マテ子会社不正>三菱電線工業の社長更迭 改ざん引責

12/1(金) 20:12配信

◇後任社長に三菱マテリアルの高柳喜弘執行役員

三菱マテリアル子会社の三菱電線工業は1日、村田博昭社長(60)が取締役に降格し、後任社長に三菱マテリアルの高柳喜弘執行役員(54)が就く人事を発表した。就任は1日付。同社で発覚した製品検査データ改ざん問題の責任を問われ、更迭された形だ。村田氏は、製品の品質データ改ざんの事実を知りながら取引先への出荷を続けていたことを記者会見で認めていた。出荷した可能性のある企業は229社に上る。三菱マテリアルは、高柳氏を新社長に就任させ、ガバナンス(企業統治)強化や再発防止策の策定を主導する狙い。村田氏は引き続き、取締役として改ざん問題の対応に当たるという。一方、三菱マテリアルは同日、社外取締役などで構成する特別調査委員会を社内に設置したと発表した。品質データ改ざんが発覚した子会社の三菱電線と三菱伸銅は11月中旬に調査委員会をそれぞれ設置していたが、親会社の三菱マテリアルにはなかった。三菱マテリアルは同日付で、品質管理の専任部署として「品質管理部」を新設したことも発表した。【安藤大介】

【関連記事】
• <三菱マテ系不正>不適合品、半年以上も出荷し続ける
•<三菱マテ改ざん>防衛装備にも不正ゴム製品 装備庁が発表
• <一方、神戸製鋼は>不正「40年以上前から」元社員ら証言
• 論点:「ものづくり」に異変?
• 三菱マテリアル:子会社データ不正 神鋼の改ざんと酷似 社内カンパニー制が壁か

・・・ 2017/12/1(金)、毎日新聞  22:53 配信より

私のコメント : 2017年12月1日、三菱マテリアル子会社の三菱電線工業は1日、村田博昭社長が取締役に降格し、後任社長に三菱マテリアルの高柳喜弘執行役員が就く人事を発表した。就任は1日付。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

株式会社 丸久と柳井市との間で、地域活性化包括連携協定を締結いたしました・・・

2017年11月30日 | マーケティング
平成29年11月30日、山口県柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課へ 「平成28年2月3日、株式会社 丸久と柳井市との間で、地域活性化包括連携協定を締結いたしました」における各内容に関し、私は、その確認を入れた。

平成29年11月30日、株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様の許へ、下記における各対応が 私と株式会社 丸久 経営企画室 広報担当 浅原様との間で、あるため、よって、その連絡 説明文 送信し、内容に関する報告を申し上げている。

平成29年11月29日、下記における各対応が私は、あるため、よって、山口県柳井市教育委員会 生涯学習・スポーツ推進課 主査の許へ その連絡 説明文 送信し、内容に関する報告を申し上げている。

平成29年11月29日、「外務省 いわゆる 密約書 不在における諸問題」へいたる内容に関係し、 山口県 山口市  浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番と私は、今までの経緯に関し、その現在へといたり、私からの説明文も添えて、本願寺山口別院 山口教区教務所 輪番応接室において、対談し、その際、「月性生誕200年記念誌を確かに受領しました」との受領書も 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番から 拝受した。そのおり、柳井市 妙圓寺 住職 と、その今までにおける宮様との関係に関して、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 山口教区教務所 木下祐祥輪番の許へ、その説明を入れた。

平成29年11月29日、山口県 山口市教育委員会 文化財保護課 文化財保護担当 主事より、私の許へ、連絡が入り、私は、その対応を持った。

平成29年11月28日、山口県 観光スポーツ文化部 観光プロジェクト推進室 三浦健治室長、幕末維新プロジェクト班 井上光宏主査と私は、山口県庁にて対談した。その後、山口県下の観光プロジェクト推進室から、山口県 その市町に対応されている内容に関し、山口県観光スポーツ文化部 幕末維新プロジェクト班 井上光宏主査の許へ、問い合わせを入れた。

同日、山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 岡本操室次長と私は、山口県庁にて対談もした。

平成29年6月9日、日本内閣府、及び、財務省、外務省、文部科学省、文化庁、山口県 防府市、山口県教育庁 教職員課、広島県 広島市立大学、広島修道大学、広島大学、九州大学、山口大学、山口県立大学、慶應義塾大学 塾長室 ・・・ 等 に亘る その広域 学事 内容であるため、九州大学 貝塚地区 事務部 庶務係 古賀様 宛て、私から、連絡文を送信している。

平成29年2月10日、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、2月9日、私の許へ、連絡が入った内容に関し、私の現況における、その状況 説明については、防府市 上田・藤井総合法律事務所 職員へ入れた。

平成29年1月20日、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士との間において、司法における、その多方面に亘る事柄に関し、私は、その対談をした。
.................................................
柳井市と地域活性化包括連携協定を締結しました

平成28年2月3日、株式会社 丸久と柳井市との間で、地域活性化包括連携協定を締結いたしました。

これは、当社が各市町と連携し、地域の活性化に向けた活動を積極的に行うもので、平成24年の山口県に続き、平成25年以降10市1町と協定し、今回の柳井市で市町とは12例目となります。

この協定の取組み項目は、次の通りです。
(1)地産・地消の推進及び柳井市産農林水産物・加工品等の開発・販売に関すること
(2)柳井市政情報の発信に関すること
(3)健康増進及び食育に関すること
(4)子ども及び青少年育成に関すること
(5)高齢者及び障がい者への支援に関すること
(6)地域や暮らしの安心・安全及び災害対策に関すること
(7)環境問題の対策に関すること
(8)観光・文化及びスポーツの振興に関すること
(9)その他及び市の行政施策、地域の活性化及び住民サービスの向上に関すること

当社は柳井市内にアルク柳井中央店を営業しておりますが、今後店舗での観光PRや市政情報の発信、地元商品のPRや販促などの取組みをさらに強化して進めていきたいと考えております。

具体的には、今春に同店に導入予定の知能ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した柳井市の情報発信や観光PRなどを行う、平成29年に柳井市遠崎の妙円寺の住職で維新の師とも言われる月性(げっしょう)の生誕200年を記念して行われるイベントへの協賛などの協議を進めてまいります。

当社は、今後も引き続き県内の各市町と同様協定を締結し、地域に密着したローカルスーパーマーケットとしての役割を果たして行きたいと考えています。

地域活性化包括連携協定締結式について
1.日時   平成28年2月3日(水) 11時開会
2.場所   柳井市役所 4階 庁議室
3.出席者  柳井市    市長      井原 健太郎 様
       株式会社丸久 代表取締役社長 田中 康男

本件にかかわるお問い合わせ 経営企画室 広報担当 浅原(TEL 0835-38-1511)

 ・・・ 株式会社 丸久 配信 より
...................................................
○ 株式会社丸久

柳井市(以下「甲」という。)と株式会社丸久(以下「乙」という。)とは、災害時の活動
への協力に関し、次のとおり協定を締結する。

(要請)
第1条 甲は、市内において地震、風水害、その他の災害が発生し、又は発生するおそれがある場合において、乙に対し、乙の保有する物資の供給を要請することができる。

(要請手続き)
第2条 前条に掲げる要請は、災害時における物資の供給要請書(別記第1号様式)をもって行うものとする。ただし、緊急を要する場合は、口頭で要請し、その後速やかに文書を交付するものとする。

2 前項ただし書きの場合にあっては、乙は甲の意思を確認の上、第3条に定める措置をとるものとする。

(要請事項の措置)
第3条 乙は、甲から前条の要請を受けたときは、営業に支障のない範囲において、要請事項について速やかに適切な措置をとるとともに、その措置事項を甲に連絡するものとする。

(物資の範囲)
第4条 甲が乙に供給を要請する物資は、次の各号に掲げるもののうち、乙が保有又は調達可能な物資とする。
(1) 別表1に掲げる物資
(2) その他、甲が指定する物資

(物資の費用負担)
第5条 乙が物資の供給の実施に要した費用は、甲が負担するものとする。
2 物資の取引価格は、災害発生直前の適正価格に基づき、甲乙協議の上、別途定めるものとする。

(物資の運搬・引渡し)
第6条 物資の引き渡し場所は、甲が指定するものとし、引渡し場所までの運搬は、原則として乙が行うものとする。ただし、乙の運搬が困難な場合は、別に甲の指定するものが行うものとする。
2 甲は、当該指定場所に職員を派遣し、乙の提出する物資納品書(別記第2号様式)により確認の上、物資を引き取るものとする。

(費用の請求及び支払い)
第7条 乙は、物資の引き渡しが完了したときは、請求書により甲に費用を請求するものとする。
2 甲は、前項の請求書を受理したときは、内容を確認し、遅滞なく費用の支払いを行うものとする。

(支援体制の整備)
第8条 乙は、災害時における円滑な協力を図るため、社内及びグループ各社との広域応援体制並びに情報連絡体制の整備に努めるものとする。

(平常時の防災活動への協力)
第9条 甲及び乙は、この協定に定める事項を円滑に推進するため、平素から情報交換や甲が行う防災訓練への参加等に努め、緊急時に備えるものとする。

(有効期限)
第10条 この協定は、平成24年 7月 9日から、その効力を有するものとし、甲また
は乙が文書をもって協定の終了を通知しない限り、その効力を持続するものとする。

(その他)
第11条 この協定に定めない事項又は、疑義が生じたときは、その都度、甲乙協議の上決定するものとする。

この協定の成立を証するため、この証書2通を作成し、甲乙各1通を保有する。
- 66 -
平成24年 7月 9日
別表1(第4条関係)
災害時の主な必要物資一覧表
種類 物 資 名
食器類 茶わん、汁わん、皿、箸等
日用品雑貨
タオル、下着、トレーニングウエア上下、雨具類、軍手、
チリ紙(トイレロール)、なべ、やかん、バケツ、ポリ袋
紙オムツ(大人用)、紙オムツ(小人用)
光熱材料 マッチ、ライター、ローソク、懐中電灯、卓上ボンベ、乾電池
食料
米穀、パン等麦製品、缶詰、インスタント食品、カップめん、
おにぎり、弁当、ペットボトル(水)等

おおむね上記の品目を基準とし、災害や緊急度の状況に合わせて、甲、乙協議の上、その都度指定できるものとする。 ・・・柳井市 ホームページより の 抜粋



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷凍ムール貝を自主回収=表示不鮮明で―マルハニチロ

2017年10月25日 | マーケティング
冷凍ムール貝を自主回収=表示不鮮明で―マルハニチロ

10/24(火) 13:00配信

マルハニチロは24日、チリ産の調理済み冷凍ムール貝「殻付きボイルムール貝」(ガーリックバター味)など3商品を自主回収すると発表した。バターなどを含むにもかかわらず原材料表示の印字が不鮮明で、アレルギーを持つ人に食べないよう呼び掛けている。対象は5800個に上る。

貼り付けるシールの耐水性が不足していたために、冷凍する際に表示が薄くなった可能性があるという。現時点で健康被害は確認されていない。問い合わせは「お客様相談室」(0120)040826まで。 

【関連記事】
• 雪見だいふく回収=プラスチック片混入-ロッテ
• はごろも、コーン缶詰を自主回収=1万1千個、アルミ片混入
•コンタクトレンズ自主回収=ジョンソン・エンド・ジョンソン
•交換商品も欠陥の恐れ=アイライナーで2度目の回収-資生堂
• 乳酸菌飲料「ピルクル」回収=通常と異なる味-日清ヨーク

・・・ 2017/10/24(火) 、時事通信 13:00配信 より

私のコメント:マルハニチロは10月24日、チリ産の調理済み冷凍ムール貝「殻付きボイルムール貝」(ガーリックバター味)など3商品を自主回収すると発表。原材料表示の印字が不鮮明で、アレルギーを持つ人に食べないよう呼び掛けている。対象は5800個に上る。チリ産の調理済み冷凍ムール貝「殻付きボイルムール貝」(ガーリックバター味)など3商品に 貼り付けるシールの耐水性が不足していたため、冷凍する際に表示が薄くなった可能性があるという。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

島根県産 米、玄米茶、・・

2017年04月18日 | マーケティング
平成29年4月17日、島根県内まで、私は、出向いて、地球の温暖化より、地域の天候や気温差による対応 等も 受けても、島根県産 米、玄米茶、・・・は、 品質が良く、また、その味も良く、健康にも良い島根県産の農産物を私は、購入した。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山石油工場火災 工場側「深くおわび」

2017年01月24日 | マーケティング
和歌山石油工場火災 工場側「深くおわび」

22日夕方に和歌山県の石油工場で起きた大規模な火災で工場側が23日、謝罪し、むりに消火するのではなく、中にあるガスを燃やし尽くす形で鎮火を進めることを明らかにした。22日午後4時前、和歌山・有田市の東燃ゼネラル石油・和歌山工場で起きた大規模な火災。原油から潤滑油を精製する24時間稼働の施設から出火。当時、工場にいた従業員は全員避難し無事だった。ただ、においや煙は広がり、工場周辺の住民2986人に避難指示が出され、そのうち約600人が避難した。JR西日本は、初島駅を避難指示が出た午後6時から最終電車まで電車を停車させず通過させる措置を取った。23日は始発から通常運転に戻っているものの、火災発生から22日夜にかけて異例の対応に。避難指示は23日午前4時過ぎに解除されたが、住民生活にも大きな影響が出た。この工場では4日前の18日にも別の場所でタンクから火が出る火災が起きていて、再発防止を表明した矢先の出来事だった。東燃ゼネラル石油・和歌山工場 加藤英治工場長「このような短期間で大きな火災事故が2回連続で起きたことを深くおわび申し上げ、ご心配をおかけしたことを深く反省しております」「今回の発生場所とは1.6キロ離れており、直接的な関係はないと考えております」「ここで燃焼しているものは液化ガスと思われるため、安全のために消火するよりも周辺を冷却しながら燃やし尽くす方がより安全である」残ったガスに再び火がついた場合、大きな爆発が起きる恐れがあるため、完全には火を消さずガスを燃やし尽くす形で進められている、今回の消火活動。警察や消防は今後、鎮火を待ち詳しい出火原因を調べる方針。 ・・・ 平成29年1月23日(月)、日本テレビ系(NNN) 21:37配信より

私のコメント :  平成29年1月23日(月)、 22日夕方に和歌山県の石油工場で起きた大規模な火災で工場側が23日、謝罪し、むりに消火するのではなく、中にあるガスを燃やし尽くす形で鎮火を進めることを明らかにした。「 ここで燃焼しているものは 液化ガス と思われるため、安全のために消火するよりも周辺を冷却しながら燃やし尽くす方がより安全である 」とも 東燃ゼネラル石油・和歌山工場 加藤英治工場長は、のべられている。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガソリン安売り激化1L85~87円…他店悲鳴

2015年12月03日 | マーケティング
ガソリン安売り激化1L85~87円…他店悲鳴

愛知県常滑市の中部国際空港対岸部でガソリンの安売り競争が激しさを増している。

 外資系と地場のガソリンスタンド(GS)2店が、レギュラーガソリンを1リットルあたり85~87円で販売、全国平均を45円ほど下回る極端な安値競争になっている。消費者からは歓迎する声がある一方、競合店からは「このままでは店が潰される」と悲鳴が上がっている。

 安売り競争の火付け役は、今月18日に「地域最安値」をキャッチフレーズにオープンした米国の会員制量販店「コストコ中部空港倉庫店」のGSだ。レギュラー1リットルあたり115円で売り出したところ、前日まで117円で販売していた近くのGS「ユニーオイル常滑りんくうSS」が対抗値下げに踏み切った。

 ユニーオイルを経営する石油販売業「バロン・パーク」(愛知県半田市)は「安売王が長いことウチの看板だ」(統括部長)と互いに一歩も譲らない値下げ合戦に突入し、翌19日にはいずれも100円を下回った。

 コストコ側も「1日に何度もライバルの看板を確認して値下げ」(広報担当者)を繰り返し、27日には午前10時の時点で、コストコが87円、ユニーオイルが85・8円にまで下がった。 ・・・ 平成27年11月28日(土)、読売新聞 5時25分配信より

私のコメント: 他の都道府県でも、同様な状況が、発生していくと、レギュラーガソリンの消費者にとっては、好ましい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岸田外相:20日から訪露…北方領土問題、仕切り直し

2015年09月21日 | マーケティング
岸田外相:20日から訪露…北方領土問題、仕切り直し

外務省は19日、岸田文雄外相が20日からロシアを訪問し、ラブロフ外相とモスクワで会談すると発表した。21日に予定される会談で、プーチン大統領の年内訪日につなげるため、停滞する北方領土問題の協議を仕切り直し、成果を上げられるかが問われる。岸田、ラブロフ両氏の会談は2014年2月以来。メドベージェフ首相やロシアの閣僚らが相次いで北方領土を訪問し、モルグロフ外務次官が「北方領土問題についての対話は一切しない」と発言するなど、日露関係は良好とはいえない状況だ。外務省幹部は会談の位置づけを「プーチン氏訪日準備のためのキックオフ」と説明。領土問題や平和条約締結交渉について「日本政府の立場を明確に伝えたい」と語った。岸田氏は会談で、閣僚らの北方領土訪問に改めて遺憾の意を伝えたうえで、領土問題解決の重要性を強調する。また、シュワロフ第1副首相とも会談するほか、岸田氏が日本側委員長を務める「貿易経済日露政府間委員会」の開催も予定している。【高橋恵子】 ・・・ 毎日新聞 2015年09月19日 22時53分 配信より

私のコメント: 戦後はじめての日露関係の修復時には 当時 石橋湛山代議士が、日露間の国交の回復に至る頃に、尽力もされていた。
.................................

「神輿の祭典」、30団体が一斉渡御 寒河江まつり

寒河江まつりを締めくくる「第33回神輿(みこし)の祭典」が20日夜、寒河江市中心部で繰り広げられ、担ぎ手と観客が一体となって熱気に満ちた空間を作り上げた。「絆~未来を笑顔(えが)く~」をテーマにした今年は去年よりひとつ多い30団体が参加。寒河江八幡宮の御霊(みたま)が入る「本社神輿」や神輿側面に付いた鉄製の取っ手を鳴らし、甚句に合わせて担ぐ「ドッコイ神輿」、「セイヤ ソイヤ」と掛け声をかけて担ぐ「江戸前神輿」など、特徴が異なる神輿が中心市街地を練り歩いた。午後6時に寒河江八幡宮を出発した神輿は約3時間かけてJR寒河江駅前のみこし公園に集結し、迫力あふれる一斉渡御(とぎょ)を開始。観客は担ぎ手たちの熱い思いに呼応するように、神輿の動きに合わせて体を揺すったり、拍手を送ったりしながら祭りの高揚感に浸っていた。同祭典は去年「市民のまつり」に制定され、今年3月には「ふるさとイベント大賞優秀賞」に選ばれるなど、名実共に寒河江市を代表する行事に位置付けられている。 山形新聞社 ・・・ 平成27年9月20日(日)、山形新聞 22時21分配信より

私のコメント: 山形県 寒河江には、私が、慶應義塾大学 在学中に、日蓮聖人の教えについても その身体も張って、慶應義塾大学 内外にて、戒律を守りながら、私に対して、一対一にて、懸命に、その導き、教えていただいた慶應義塾 サークル活動における先輩もいる。

.................................

山形市長選、佐藤孝弘氏が初当選…自公など推薦

山形市長選は13日、投開票が行われ、新人で元経済産業省職員の佐藤孝弘氏(39)(無所属=自民、公明、次世代、改革推薦)が、新人で元防衛省職員の梅津庸成氏(48)(無所属=民主、共産、社民、生活推薦)ら2人を破り、初当選を果たした。投票率は56・94%(前回は47・60%)だった。佐藤氏は前回選に続く立候補で、自民のほか、公明の推薦も得て支持を広げた。梅津氏は、3期目の今期限りで引退する市川昭男市長(74)を支援してきた民主、社民両党の市議らが擁立した。安全保障関連法案に反対を唱えて野党勢力の結集を目指したが、及ばなかった。 ・・・ 2015年09月13日 読売新聞 23時24分 配信より

私のコメント: 山形県山形市は、今まで、約半世紀の間、非自民系 首長が、その市政を担っていた。

.................................
<次世代・平沼氏>自民復党願を提出

次世代の党の平沼赳夫党首(76)=衆院岡山3区=が自民党に復党したい意向を示し、自民党岡山県連が党本部に復党の要請文を送ったことが分かった。要請文は18日付。県連幹部によると、平沼氏が今月15日、県連に復党願を提出。県連側も了承し、県連会長の橋本岳衆院議員=岡山4区=と幹事長の天野学県議の連名で要請文を出した。平沼氏は「残された政治生命を自民党で終えたい」と理由を説明していたという。【五十嵐朋子】 ・・・ 平成27年9月19日(土)、毎日新聞 22時55分配信より

私のコメント: 次世代の党の平沼赳夫党首(76)=衆院岡山3区=が自民党に復党したい意向を示し、平沼氏は「残された政治生命を自民党で終えたい」と理由を説明していたという。岡山県 政局と動向も注目していく必要性がある。私と坂本倫城氏 ( 岡山県出身 私への民事判決文を出された、その判事 ) との対応経緯に関しては、私の一連のブログ記事より、それを配信、説明もしている。




以下についても、その関連の記事となる。



岡山市が来月10、11日に社会実験

◇県庁通りを車線規制、買い物客誘導し中心部活性化

岡山市が10月10、11両日、県庁通りの一部区間で1車線を規制し、歩行者に開放する社会実験を行う。イオンモール岡山の買い物客を周辺に誘導することで、市中心部の活性化につなげる狙いだ。1年越しで実現し、市は「車優先から、人を優先する街づくりに変え、にぎわいを生み出したい」としている。(桑田睦子)実験は、県庁通りの約900メートル(市役所筋―表町商店街)で両日の午前11時~午後4時に実施。東向き一方通行2車線のうち、一部区間で北側車線の通行を規制し、ベンチを置いて歩行者が散策を楽しめるようにする。また、今年5月の大型連休に行った社会実験と同様に、西川緑道公園筋も西側の約270メートル(県庁通り―桶屋橋)を11日正午~午後4時、歩行者天国にする。オープンカフェを設けるほか、飲食を楽しめるブースを充実させる。市は、昨年12月のイオンモール岡山の開業を控え、県庁通りの通行を規制し、オープンカフェを設ける社会実験を計画。県警から「交通への影響を正しく評価できない」「周辺で懸念される渋滞対策に専念すべきだ」などと指摘され、断念していた。今年5月の社会実験も、初の大型連休で交通状況を予測できず、県庁通りは規制しなかった。しかし、市が交通量を調べると、イオンモールの開業前と比べ、休日で約1・2倍、平日はやや少なかった。県警も「渋滞による大きな混乱は起きていない」と判断し、社会実験が実現することになった。前回の実験では、緑道公園筋周辺の人出が5000人を超えた。表町商店街に向かう交差点の歩行者も、イオンモール開業前の1・9~2・8倍に上り、市は「にぎわいを生む一定の効果はあった」と分析。今回も来場者や沿道の店舗、交通事業者らにアンケートを行う。11日には交通量を調べ、周辺道路への影響や歩行者の変化を検証する。市庭園都市推進課の亀井良幸課長は「快適に市街地を歩く魅力を感じてもらいたい。新しい店を見つけるなどし、実験後もまち歩きを楽しんでほしい」と呼びかける。 2015年09月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun ・・・ 平成27年9月15日、読売新聞 配信より

私のコメント: 昨年12月、イオンモール岡山の開業により、広島県内からの岡山県岡山市への集客もあり、岡山市の労働賃金が値上がりした 旨 等、平成27年9月20日、岡山県在住の者より私は、聴いた。

//////////////

関電、水島に火力発電所建設計画 中国地方に初進出、17年夏稼働

関西電力(大阪市)が三菱商事(東京)と共同で、倉敷市・水島コンビナートの三菱化学水島事業所(同市潮通)構内に石炭火力発電所の建設を計画していることが15日、分かった。出力は11万キロワット、投資額は数百億円規模とみられ、2017年夏の稼働を目指す。中国電力(広島市)の管内である中国地方に、別の大手電力会社が火力発電所を設けるのは初めて。関電にとっても中国地方以西への本格進出は初となる。電力業界では16年4月の電力小売り全面自由化をにらみ、従来の垣根を越えて電力大手が売電に乗り出す動きが加速しつつあり、中国地方でも競争が激化しそうだ。関電の子会社と三菱商事が共同出資会社「水島エネルギーセンター」を設立し、三菱化学水島事業所のプラント跡地(1万7千平方メートル)を賃借して建設する。生み出した電力は特定規模電気事業者(新電力)への売電を想定している。岡山県と公害防止協定に基づく事前協議を終え、現在、倉敷市と協議を進めている。着工は7月の予定。環境対策として、石炭は密閉型施設(容量6千トン)に貯蔵し、ばいじん対策を施したトラックやベルトコンベヤーで運ぶ。発電所の運転管理は三菱化学が担当する。石炭火力は、比較的低コストで安定的に発電できるメリットがある。関電は東日本大震災後、保有原発をすべて停止。代替の火力発電所の燃料費が膨らむなどし、15年3月期は4年連続の赤字の見通しとなっている。新たな収益源を確保するため、商社などと組んで秋田、宮城、千葉県にも石炭火力発電所の建設を検討している。電力小売り全面自由化 2016年4月に家庭向け市場が開放され、消費者が電力会社を自由に選べるようになる。電力小売りは、電気事業法により大手電力10社が地域ごとに独占してきたが、2000年の大口需要家向けを皮切りに段階的に緩和。異業種の参入や、大手電力会社が地域外に進出する動きが活発化している。 ( 2015年04月16日 山陽新聞 07時55分 更新より )
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本側「科学的根拠に欠ける」と反論も台湾が日本産食品に新規制へ

2015年04月14日 | マーケティング
【台北=田中靖人】台湾の衛生福利部(厚生省に相当)食品藥物管理署(FDA)は14日までに、東京電力福島第1原発事故で汚染された疑いのある食品の輸入を防ぐためとして、日本産の食品に産地証明書の添付など新たな規制を設ける手続きに入ったと明らかにした。5月中旬にも実施される見通し。

 新規制は、都道府県ごとの産地証明に加え、乳幼児用食品などでは放射性検査証明の添付を義務付ける。台湾は東日本大震災直後から福島、群馬、栃木、茨城、千葉の5県産の食品の輸入を禁じており、規制強化となる。

 台湾は香港、米国に次ぐ日本の農林水産物の輸出先で、2013年の実績は700億円を超える。日本側は新規制について「科学的根拠に欠ける」と反対してきたが、3月下旬にこれら5県産の食品が他県産として違法に輸入されていた問題が発覚、当局に規制強化の圧力が強まっていた。 ・・・ 平成27年4月14日(火)、産経新聞 08:41 配信より


私のコメント: 消費者保護の観点から、 台湾の衛生福利部(厚生省に相当)食品藥物管理署(FDA)が、日本産の食品に産地証明書の添付など新たな規制を設ける手続きに入ったと明らかにした。5月中旬にも実施される見通し詳細内容に関しては、NHKをはじめとし、各報道・マスコミ関係者より、日本国民に、それを説明していく義務がある。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加