地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

東京六大学野球 神宮球場 2016秋季リーグ戦 早大 - 慶大

2016年10月29日 | 東京六大学野球
平成28年10月29日(土)、東京六大学野球 神宮球場 2016秋季リーグ戦 早大 - 慶大 1回戦

第1試合 試合開始13:02 終了15:18 観衆20000人

東京六大学野球 2016秋季リーグ戦 早大 1 - 慶大 3  1回戦 結果

慶大が終盤に本塁打で勝ち越し、先勝。

[1回裏]慶大・山本瑛の適時打で1点先制
[4回表]早大・佐藤晋の適時打で同点
[7回裏]慶大・郡司のソロ、照屋の適時打で2点勝ち越し



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京六大学応援団、親しみやすく 来年に連盟結成70年

2016年10月20日 | 東京六大学野球
東京六大学応援団、親しみやすく 来年に連盟結成70年

東京六大学応援団連盟が来年、結成から70年を迎える。バンカラなイメージで周囲の学生からは敬遠されがちな時代もあったが、最近は女性が連盟の委員長に就任。自治体も合宿を誘致するなど、雰囲気は様変わりしている。

「明けましておめでとう」。4月9日、東京六大学野球の聖地・神宮球場で、春季リーグ開幕を正月よりも待ち焦がれた人たちが季節はずれのあいさつを交わしていた。

ファンの楽しみの一つが応援団。早稲田大卒の会社員、瑞光卓史さん(46)=東京都文京区=はチアの踊りや演奏に合わせ、メガホン片手に全力で応援する。「悩んでいたとき応援したら楽になった。以来とにかく楽しい」

創設当初、各校は男子学生の地声や太鼓で応援していた。その後「吹奏楽団」と「チアリーディング部」が登場。学ラン姿のいわゆる応援団は「リーダー部」と呼ばれるようになり、最近は3部門が1つの応援団として活動する。

リーダー部はバンカラのイメージが強く、近寄りがたいとされた時代もあった。1993年には団旗の扱い方を巡る加盟校同士の暴力沙汰が報道された。明治大応援団リーダー部では上級生から暴行を受けた元部員の男性が2007年に自殺し、部が解散した。各校のリーダー部員は減り、過度な上下関係などに変化が求められた。

そんな中、法政大応援団は05年度に、チアの女性を副団長に初めて任命。14年度には早稲田大応援部の木暮美季さんが連盟初の女性委員長を務めた。

最近、各応援団は交流サイト(SNS)で情報を発信している。昨春の早慶戦では両応援部員があおり合うポスターが話題を呼び、権威ある広告コンクールに入選した。

応援団の合宿を呼び込む自治体も出てきた。富山県氷見市は昨夏、早大の合宿を誘致。特別チームを結成して合宿の運営をサポートし、市長自ら部員の到着を出迎えた。応援部の発表会には近隣自治体からも人が集まり「市に元気を届け、中高生の向学心に影響を与えた」と市側は説明する。

慶応大応援指導部の部長、山内慶太教授(50)は「六大学それぞれが『その学校の学生、卒業生で良かった』と思え、校風を感じられる応援席を目指してほしい」と話す。〔共同〕

▼東京六大学応援団連盟 慶応、明治、東京、早稲田、立教、法政の応援団(応援部、応援指導部の呼称も)で構成。昭和初期、野球の試合中に早稲田の応援席から慶応の選手にリンゴが投げつけられて乱闘騒ぎになった事件などをきっかけに、トラブル防止や親睦を深める目的で1947年5月に結成された。毎年、連盟祭「六旗の下に」を開催。「コンバットマーチ」などの応援曲のメロディーは、プロや高校野球でも定番となった。 ・・・2016/5/7 日本経済新聞 12:38 配信より 

私のコメント: 東京六大学野球の聖地・神宮球場へ 東京六大学 大学野球 応援に行きましょう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京六大学野球 神宮球場 2016 秋季リーグ戦

2016年10月20日 | 東京六大学野球
平成28年10月18日(火) 東京六大学野球 神宮球場

2016 秋季リーグ戦 明大 4 - 早大 5 ( 3 回戦 )

第1試合 試合開始13:00 終了15:38 観衆4000人

早大が終盤に勝ち越し、勝ち点を3とした。

[2表]M渡辺の適時打、吉田大の適時3塁打で3点先制
[3裏]W木田の適時打で1点返す
[4裏]W八木の適時3塁打、宇都口の適時打で逆転
[6表]M内野ゴロの間に同点
[7裏]W佐藤晋の適時打で1点勝ち越し

.......................................
平成28年10月16日(日) 東京六大学野球 神宮球場

2016 秋季リーグ戦 慶大 8 - 立大 3 ( 2 回戦 )

第1試合 試合 開始11:00 終了 13:37 観衆11000人

慶大が12安打8得点で勝利し、勝ち点を3とした。

[1表]K山本瑛の適時2塁打で2点先制
[4裏]R高橋信の適時3塁打、藤田の適時打で同点
[5表]K岩見・郡司の適時2塁打、照屋の適時3塁打で5点勝ち越し
[6表]K岩見のソロで追加点
[7裏]R暴投で1点返す

..................................................
早大 - 明大 2回戦

第2試合 試合 開始14:06 終了16:19  観衆13000人

2016 秋季リーグ戦 早大 4 - 明大 0 ( 2 回戦 )

早大が明大打線を零封し、1勝1敗とした。

[5回表]早大・小藤の適時打で1点先制
[7回表]早大・佐藤晋の適時2塁打で1点追加
[9回表]早大・小藤の適時打で2点追加





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年10月18日(火) 東京六大学野球 2016 秋季リーグ戦

2016年10月18日 | 東京六大学野球
平成28年10月18日(火) 東京六大学野球 神宮球場

2016 秋季リーグ戦 明大 4 - 早大 5 ( 3 回戦 )

第1試合 試合開始13:00 終了15:38 観衆4000人

早大が終盤に勝ち越し、勝ち点を3とした。


[2表]M渡辺の適時打、吉田大の適時3塁打で3点先制

[3裏]W木田の適時打で1点返す

[4裏]W八木の適時3塁打、宇都口の適時打で逆転

[6表]M内野ゴロの間に同点

[7裏]W佐藤晋の適時打で1点勝ち越し


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京六大学野球 神宮球場 2016 秋季リーグ戦

2016年10月16日 | 東京六大学野球
平成28年10月16日(日) 東京六大学野球 神宮球場

2016 秋季リーグ戦 慶大 8 - 立大 3 ( 2 回戦 )

第1試合 試合 開始11:00 終了 13:37 観衆11000人

慶大が12安打8得点で勝利し、勝ち点を3とした。

[1表]K山本瑛の適時2塁打で2点先制

[4裏]R高橋信の適時3塁打、藤田の適時打で同点

[5表]K岩見・郡司の適時2塁打、照屋の適時3塁打で5点勝ち越し

[6表]K岩見のソロで追加点

[7裏]R暴投で1点返す

..................................................
早大 - 明大 2回戦

第2試合 試合 開始14:06 終了16:19  観衆13000人

2016 秋季リーグ戦 早大 4 - 明大 0 ( 2 回戦 )

早大が明大打線を零封し、1勝1敗とした。

[5回表]早大・小藤の適時打で1点先制

[7回表]早大・佐藤晋の適時2塁打で1点追加

[9回表]早大・小藤の適時打で2点追加



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京六大学野球 神宮球場 2016 秋季リーグ戦 慶大 - 立大 2回戦

2016年10月16日 | 東京六大学野球
平成28年10月16日(日) 東京六大学野球 神宮球場

2016 秋季リーグ戦 慶大 - 立大 2回戦

第1試合 試合 開始11:00 観衆11000人



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慶大・加藤拓 15K現役最多24勝目 マメつぶし流血熱投

2016年10月16日 | 東京六大学野球
慶大・加藤拓 15K現役最多24勝目 マメつぶし流血熱投

◇東京六大学野球第6週第1日 慶大6―4立大 (2016年10月15日 神宮)

ドラフト上位候補のエース右腕、慶大・加藤拓が6安打4失点も自己最多タイの15三振を奪って完投。現役最多の24勝目を手にした。

右手中指にマメができ、9回は血を流しながらの熱投に「僕自身、勝つのが仕事。勝てて良かった」と安どの表情を浮かべた。明大の結果次第では逆転優勝の可能性もあり「明日も展開次第ではいくつもり」と力強かった。

▼立大・溝口智成監督(優勝争いから後退)これまでも苦しい試合を戦ってきた。まず明日。粘って何とか次につなげたい。

・・・ 平成28年10月16日(日)、スポニチアネックス 7時2分配信より

私のコメント: 東京六大学野球第6週 第2日、神宮球場へ観戦に行こう。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年10月15日(土)、東京六大学野球 2016 秋季リーグ戦 ・・・

2016年10月15日 | 東京六大学野球
平成28年10月15日(土)、東京六大学野球 2016 秋季リーグ戦   明大 - 早大 1回戦

第1試合 試合開始11:00 終了14:11 観衆13000人

明大  3 -  早大 1

明大 延長12回に及ぶ熱戦を制し、先勝した。

[1回表]明大・川口の適時打で1点先制 [5回裏]早大・佐藤晋の適時打で同点  [12回表]明大・佐野恵の適時3塁打、犠飛で2点勝ち越し  明大が延長12回に及ぶ熱戦を制し、先勝した。

「 花は桜木、 ・・・・ 」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<東京六大学野球>早慶戦3回戦へ

2016年05月29日 | 東京六大学野球
<東京六大学野球>早慶戦3回戦へ

東京六大学野球は29日、神宮球場で最終週の2回戦が行われ、早大が慶大に雪辱し、3回戦に持ち込んだ。早大は五回に3連続長短打で同点に追いつくと、六回に竹内(4年・松阪)の適時二塁打などで3点を加えた。竹内は3失点で完投した。

(2)1勝1敗

早大

 000023002◆7

 000200001◆3

慶大

(早)竹内-吉見(慶)高橋佑、清水洋、小原大、亀井-須藤▽本塁打 岩見、山本瑛(慶)

・・・ 平成28年5月29日(日)、毎日新聞 22時38分配信より

私のコメント: 東京六大学野球は29日、早慶戦 2回戦が行われ、早大が慶大に雪辱し、3回戦に持ち込んだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早大が春秋連覇 東京六大学野球、最多優勝に

2015年11月01日 | 東京六大学野球
早大が春秋連覇 東京六大学野球、最多優勝に

東京六大学野球の秋季リーグ戦は1日、東京の神宮球場で第8週(最終週)の早慶2回戦があり、早大が2―0で勝ち、勝ち点4で並んだ明大を勝率で上回り、今春に続いて通算45度目の優勝を飾った。早大の優勝回数は、法大の44度を抜いて最多となった。 ・・・ 2015年11月1日、朝日新聞 15時30分配信より

私のコメント: 東京六大学野球、早大が春秋連覇した。早大の優勝回数は、法大の44度を抜いて最多となった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<東京六大学野球>明大が慶大に競り勝ち勝ち点を4に

2015年10月19日 | 東京六大学野球
<東京六大学野球>明大が慶大に競り勝ち勝ち点を4に

東京六大学野球秋季リーグ戦は19日、神宮球場で第6週の3回戦1試合があり、明大が慶大に競り勝って勝ち点を4に伸ばした。明大は24日からの法大戦で勝ち点を挙げれば、2季ぶり38回目の優勝が決まる。

 明大は一回に菅野(4年・東海大相模)の2点適時二塁打で先行し、八回にも2点を加え、継投で逃げ切った。菅野は一回に放った二塁打がリーグ戦通算27本目で、高木大成(慶大、1992~95年、元西武)が持つ最多記録に並んだ。

 (3)明大2勝1敗

 慶大

 000000003◆3

 20000002×◆4

 明大

 (慶)三宮、加嶋、加藤拓-小笠原(明)柳、斉藤、上原-坂本▽本塁打 沓掛(慶)

 ◇明大 菅野剛士(すがの・つよし)外野手(4年)

 打球は左翼線に鋭く伸びた。一回1死二、三塁から放ったリーグ最多タイに並ぶ通算27本目の二塁打は、先制の2点打。「ようやく打てた」と喜んだ。

 振りの鋭い長距離打者で、神奈川・東海大相模高で3年春にセンバツ優勝。明大でも1年春から出場し、中軸を担い始めた2年春に二塁打を9本放った。

 引っ張り専門だった打撃に進境を見せたのは、3年春。「左手首を押し込むように打つと、外角球を逆方向に鋭く飛ばせるようになった」。この日の左翼線二塁打が、その真骨頂だった。

 喜んだ理由は、もう一つある。今季はここまでの9試合で打率が2割台前半に低迷し、二塁打もなし。しかもこの日、リーグ最多安打記録を更新中の高山(4年・日大三)が手首の違和感で不出場。「高山抜きでも勝てる姿を見せたかった」と意を決していた。

 不振を脱し、土曜日から優勝を懸けた法大戦に臨む。「自分が打って優勝を決めたい」。プロ志望届も提出し、意気も上がる。【倉岡一樹】  ・・・ 平成27年10月19日(月)、毎日新聞 19時18分配信より


私のコメント: 東京六大学野球秋季リーグ戦は19日、神宮球場で第6週の3回戦1試合があり、明大が慶大に競り勝った。明大は法大戦で勝ち点を挙げれば、2季ぶり38回目の優勝が決まる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慶大、3者連続本塁打で東大に先勝…東京六大学

2015年10月03日 | 東京六大学野球
慶大、3者連続本塁打で東大に先勝…東京六大学

東京六大学野球(3日)――慶大と早大が先勝した。

 慶大は八回、横尾(4年・日大三)、谷田(4年・慶応)、山口(3年・桐光学園)の3者連続本塁打などで5点を挙げ突き放した。

 早大は一回、道端(4年・智弁和歌山)の2点二塁打で先制。継投で立大の反撃をかわして競り勝った。

 ▽慶大5―1東大

 ▽早大4―2立大

・・・ 平成27年10月3日(土)、読売新聞 19時17分配信より

私のコメント: 早稲田 大隈ガーデンの温室内で、その当時は、くつろぐ場所もあり、また、都電に乗って、その都電の走る沿線 丘の上にて、「 練習は不可能を可能にする 」、私の幼い頃に、私の知り合いのお爺さまからは、その意味について、わかりやすく、丁寧に、当時は、その説明をしていただいくこともできていた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<東京六大学野球>「フォークの神様」90歳杉下さん始球式

2015年10月03日 | 東京六大学野球
<東京六大学野球>「フォークの神様」90歳杉下さん始球式

「フォークボールの神様」の異名を取り、プロ野球・中日などで通算215勝を挙げた杉下茂さん(90)が、9月26日の東京六大学野球秋季リーグ戦、明大-早大戦で始球式に登板。母校・明大のユニホーム姿でさっそうと投球し、往年の名投手の貫禄と健在ぶりを示した。

 マウンドのプレートよりやや前から投げ込んだ球は、ノーバウンドで捕手のミットに収まった。肩の調子があまりよくなかったという杉下さんだったが、「練習も何もしていないよ。(捕手まで)えらく遠くに見えた」。観衆からの拍手喝采に満面の笑みを浮かべ、スタンドに向け大きく手を挙げた。

 杉下さんは結成90周年を迎えた東京六大学野球連盟と「同い年」の1925年生まれ。明大から49年に中日入りし、54年には32勝で最多勝、最優秀防御率、沢村賞などに輝き、球団史上初のリーグ優勝と日本一に貢献。58年までの10年間で211勝を挙げた。選手兼任監督を務めた後、61年には大毎(現ロッテ)に移って4勝を挙げ、通算215勝(123敗)で現役引退した。85年に野球殿堂入りを果たしている。代名詞は縦に鋭く落ちるフォークだ。

 「朝から夕方まで投げていた。今では考えられないよね」と明大時代を振り返った杉下さん。90歳を迎えてもなお野球への情熱は衰えない。今年2月には沖縄・北谷の中日キャンプに出向き、臨時コーチも買って出た。

 感慨深いのは、今季限りでの引退を表明した山本昌投手(50)だという。杉下さんが長く持っていた中日の通算勝利記録(211勝)を2012年に抜き、219勝まで更新した思い入れの深い後輩。杉下さんは「ここまでよく頑張ったと思う」とたたえ、笑みを広げた。【倉岡一樹】 ・・・ 平成27年10月3日(土)、毎日新聞 12時10分配信より


私のコメント: 東京六大学野球を観戦しましょう。
学業は芝居の邪魔にならない


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京六大学野球:早慶戦、応援ポスターで舌戦 優勝争い春の最終節

2015年09月23日 | 東京六大学野球
東京六大学野球:早慶戦、応援ポスターで舌戦 優勝争い春の最終節

「ハンカチ以来パッとしないわね、早稲田さん」

「ビリギャルって言葉がお似合いよ、慶応さん」

 ちまたの話題で刺激し合い、厳しい視線を送り合う早大と慶大のチアリーダーがポスターになった。30日から神宮球場で始まる東京六大学野球春季リーグ戦最終節で優勝を争う早慶戦は、伝統の一戦を盛り上げようと、両校の応援部(応援指導部)が共同製作し話題を呼んでいる。

 両校共同のポスター作製は、今年4月末、慶大応援指導部の堤史門(しもん)主将(4年)が、同部OBで大手広告代理店に勤めるコピーライターの近藤雄介さん(23)に相談を持ちかけたことが契機だった。早大に斎藤佑樹投手(日本ハム)が在学した2007〜10年は立ち見も出た早慶戦だったが、注目選手が卒業後は大学構内でチラシを配っても素通りされることが多い中、「満員の神宮でプレーさせてあげたい」という堤主将の思いを近藤さんが意気に感じ、無料で請け負った。

 近藤さんはキャッチコピーを1000作以上考え、5種類のポスターを作った。一番の自信作はチアリーダーのもの。早稲田実高時代に夏の甲子園を制し、「ハンカチ王子」の異名を取った斎藤投手とベストセラー本「学年ビリのギャルが、1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」を映画化した「ビリギャル」からヒントを得た。

 いつもは両校の応援部が別々にポスターも作っていたが、両校のチアリーダーを撮影するなど早慶共同で製作。予算も5万円に抑えた。完成したポスターを部のフェイスブックに掲載するとインターネットを通じて広がった。

 「10年以上遠ざかっていたけれど、今年は行く」「野球に興味なかったけど楽しそう」。部室にも、問い合わせの電話が相次いだ。「大学内でも人気低迷で苦しんでいたのに……。こんなになるとは思わなかった」と堤主将は驚く。今年90周年の節目の「六大学の天王山」。堤主将は「スタンドの盛り上げは僕らの本業。ポスター以上の興奮をお約束します」。【長田舞子】 ・・・毎日新聞 2015年05月29日 東京夕刊より

私のコメント: 東京六大学野球 早慶戦、応援ポスターで舌戦 優勝争い 秋の応援ポスターは、・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

注目のイケメン大砲、慶大の谷田 最後の秋を3戦連発の好発進

2015年09月21日 | 東京六大学野球
注目のイケメン大砲、慶大の谷田 最後の秋を3戦連発の好発進

10月に行われるドラフトの注目株、慶大の谷田成吾外野手(神奈川・慶応高)が、9月12日に開幕した秋季リーグで絶好のスタートを切った。開幕カードとなった立大との3試合で、3戦連続本塁打を含む12打数5安打9打点の大活躍。パワフルな打撃に加えて端正な顔立ちも魅力のスター候補は、最後のアピール機で鮮烈なインパクトを残し憧れのステージへ殴り込む。

 イケメンの表情は緩みっぱなしだった。9月12日の1回戦で1点を追う九回無死一、二塁で右翼席へ起死回生の逆転サヨナラ本塁打。勢いは止まらず、13日の2回戦では1-0の三回1死一、二塁で再び右翼席に運び、14日の3回戦では2-2の八回1死一塁で左翼ポール際に決勝の本塁打を放って勝ち点獲得の原動力となった。

 今秋第1号を「完璧でした」、第2号を「打った瞬間に入ると思った」と振り返ったスラッガー。2回戦を落とした際は「(本塁打が)序盤のいいところで出たのはよかったけど…」と残念そうだったが、「何としても勝ち点を取りたい」と臨んだ3回戦で値千金の第3号を放ってみせた。

 高校時代から長打力に定評があり、今秋の3本を加えたリーグ戦の通算本塁打数は歴代15位タイの13本となった。背番号は慶大出身で巨人で長くプレーする高橋由伸と同じ「24」。リーグ通算最多本塁打記録の23本塁打を放った先輩を彷彿とさせることから、“ヨシノブ2世”の異名を取る。

ドラフトイヤーとなる大事な最終学年は春につまずいた。41打数6安打で打率は1割台に低迷し、本塁打も1本にとどまった。しかし、大学日本代表の一員として臨んだ7月のユニバーシアードでは12打数6安打1本塁打と復調。チームの優勝(決勝は雨天中止で台湾と両チーム優勝)に大きく貢献した勢いを秋につなげている。

 打順の変更も前向きに捉えている。春は全11試合中9試合で3番に、2試合で4番に入ったが、今秋の3試合はすべて4番を任されている。「塁上にランナーがいる場面で打席が回ってくることが多いのでやりがいはある」。9打点の荒稼ぎは、主砲の重圧に屈するどころか力へと変えている証といえる。

 長くプレーを見守ってきたプロの評価がこの秋だけで激変するわけではないだろうが、ドラフト直前に評価を上げる選手も決して珍しくはない。野球の醍醐味の1つである長打力が持ち味で、さわやかな笑顔という華も併せ持つ長距離砲は、自身の価値を高めるために最後のシーズンでバットを振り続ける。 ・・・ 平成27年9月21日(月)、産経新聞  14:00 配信より

私のコメント: 10月に行われるドラフトの注目株、慶大の谷田成吾外野手が、9月12日に開幕した秋季リーグで絶好のスタートを切った。“ヨシノブ2世”の異名を取る。 関係される皆様方におかれては、10月に行われるドラフトも 注目をしていきたいものである。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加