地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

西日本各地で初雪 冬の便りで「寒波襲来」

2017年12月06日 | 天気予報
西日本各地で初雪 冬の便りで「寒波襲来」

12/6(水) 1:38配信

北海道など、広い範囲に寒気が流れ込み、西日本では各地で初雪を観測した。今シーズン一番の寒気の影響で、北海道・帯広市では、5日午前11時の時点で23cmの積雪になった。帯広市民は、「もう降らなくていいです」と話した。その西の苫小牧では、圧雪アイスバーンとなった国道の交差点で、マイクロバスと大型トレーラーが衝突、18人が病院に搬送された。

そして、横殴りの吹雪の向こうにかすむ、天守閣。北国かと思いきや、ここは西日本、島根・松江市では午前中、初雪が観測された。九州・福岡の山間部では、木々の葉の緑を隠すほどの雪が積もった。さらに初雪は、その南の熊本市でも観測された。

12月5日の観測は、12年ぶりの早さとなる。

原因は、九州北部の上空、およそ1,500メートルに流れ込んだ、氷点下9度以下の強い寒気。

この影響で、山口・下関や広島、四国・高松など、西日本9地点で初雪となった。

一方で東京では、最高気温が14.5度と、平年以上の暖かさに。そして静岡では、毎年1月下旬に開花し始める河津桜が早くも咲き出し、訪れた人々を驚かせた。観光客は、「びっくりしました」、「まさか、この時期に咲いているところが見られるとは思わなかった」などと話した。しかし、6日は、関東も静岡も寒くなり、全国的に1月上旬から下旬並みの気温になる予想。

特に日本海側では、このあとも雪が続き、大雪や吹雪による交通機関の乱れなどに、十分な注意が必要となる。・・・2017/12/6(水)、フジテレビ系(FNN) 1:38配信より

私のコメント : 平成29年12月6日、北海道など、広い範囲に寒気が流れ込み、西日本では各地で初雪を観測した。特に日本海側では、このあとも雪が続き、大雪や吹雪による交通機関の乱れなどに、十分な注意が必要となる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県内の警報すべて解除

2017年09月18日 | 天気予報
県内の警報すべて解除

09月18日 03時25分

松江地方気象台は午前3時9分に安来市と奥出雲町に出されていた大雨警報を解除しました。

また、松江市、安来市、出雲市、雲南市、奥出雲町、川本町、美郷町、邑南町、江津市に出されていた洪水警報と、松江市、出雲市、隠岐の全域に出されていた波浪警報も解除されました。

県内はこれですべての警報が解除されました。

・・・ 平成29年9月18日(月)、島根 NEWS WEB 03時25分 配信より

私のコメント : 平成29年9月18日(月)、松江地方気象台 午前3時9分 島根県内は、大型の台風18号 すべての警報が解除されました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風 明け方から昼前に最接近

2017年09月18日 | 天気予報
台風 明け方から昼前に最接近

09月17日 19時11分

大型の台風18号は、18日明け方から昼前にかけて秋田県に最も接近する見込みです。気象台は、海に面した市と町に暴風警報を出して、暴風に厳重に警戒するとともに高波や高潮にも警戒するよう呼びかけています。また、18日は未明から大雨になるところがある見込みで、気象台は台風への備えを早めに進めるよう呼びかけています。気象庁の発表によりますと、大型の台風18号は17日夜にかけて西日本を通過し、18日は日本海を北東へ進んで明け方から昼前にかけて県内に最も近づく見込みです。台風の影響で県内では風が強まっています。にかほ市では午後5時49分に21メートル、秋田市では午後1時51分に19.6メートル、由利本荘市で午後0時17分に16.3メートルの最大瞬間風速を観測しています。秋田地方気象台は、午後4時前に沿岸の海に面した市と町に暴風警報を出し、厳重な警戒を呼びかけています。予想される最大風速は、海上で30メートル、陸上で25メートルで、最大瞬間風速は、陸上で35メートルから25メートルに達する見込みです。気象台は、18日昼すぎにかけて暴風に厳重に警戒するよう呼びかけています。高波と高潮にも警戒が必要です。海上の波の高さは18日にかけて7メートルと予想され、大しけになる見込みです。また、いまは大潮の時期に近く、台風の接近と満潮時間帯が重なると高潮による浸水の危険性が高まります。秋田港の18日の満潮の時刻は、午前2時36分と午後0時46分で、気象台は、海岸や河口付近では高潮による浸水に警戒するよう呼びかけています。さらに、雨にも警戒が必要です。 県内は18日の未明から大雨になるところがある見込みで、朝から昼前にかけては雷を伴って1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。18日午後6時までの24時間に降る雨の量は、多いところで200ミリと予想されています。気象台は、風や雨が強まる前に早めに備えを進めるよう呼びかけています。 ・・・平成29年9月17日、秋田 NEWS WEB 10時25分配信より

私のコメント : 平成29年9月18日、大型 台風18号の強風域に入ります。 各地域住民は、その各地方自治体による、大型 台風18号の警戒情報にも気を配られたい。また、台風18号は、非常に激しい雨が降るおそれがあり、各気象台では土砂災害や河川の増水、暴風や高波、それに高潮などに警戒し、早めの備えを進めるよう呼びかけています。
....................................................................  
全国市長会長に松浦氏

2017年6月8日05時00分

全国市長会は7日、総会を開き、新しい会長に現会長代理で山口県防府市長の松浦正人氏(74)を選出した。任期は2年。松浦氏は防府市議、山口県議などを経て1998年に防府市長に初当選し、現在5期目。安倍政権の教育政策に賛同する首長でつくる教育再生首長会議の会長も務める。・・・平成29年6月8日 朝日新聞デジタル 05時00分 配信より





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西日本 10日にかけて大気非常に不安定 激しい雨に注意

2017年08月09日 | 天気予報
西日本 10日にかけて大気非常に不安定 激しい雨に注意

8/9(水) 16:28配信

九州北部は9日夜のはじめ頃にかけて、四国は10日(木)明け方にかけて、近畿は10日夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定となる見込み。局地的に雷雲が発達するおそれがあるため、落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨に注意が必要だ。
 
前線を伴った低気圧が、10日朝にかけて対馬海峡から山陰沖を進む見込み。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本は10日にかけても大気の非常に不安定な状態が続く見込み。山口県をのぞく九州北部では、9日夜のはじめ頃にかけて、局地的に1時間に30~40ミリの激しい雨が降るおそれがある。

 <10日夕方までの予想雨量(多い所)>
 佐賀県          80ミリ
 熊本県、大分県、福岡県  60ミリ

 土砂災害、低地の浸水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努める必要がある。・・・平成29年8月9日、 ウェザーマップ  16:28 配信より

私のコメント : 平成29年8月9日、山口県内で、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み すでに、天候、不安定な状態、続いている。島根県内でも、局地的には、山間部、雷雲が発達するおそれがあるため、落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨にも注意が必要。土砂災害、低地の浸水、落雷や竜巻などの激しい突風に対しても警戒が必要。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風5号日本海を北上 北陸は大雨や暴風に要警戒

2017年08月08日 | 天気予報
台風5号日本海を北上 北陸は大雨や暴風に要警戒

8/8(火) 9:30配信

台風5号は日本海を北上中です。北陸は大雨や暴風に警戒が必要です。

台風5号は8日夜にかけて北陸付近を北上する見込みです。再び動きが遅くなるため、周辺では荒れた天気が長引く恐れがあります。この後、北陸や関東甲信を中心に雨が強まる予想で、9日朝までに多い所で200ミリ以上の雨が降りそうです。土砂災害や河川の増水、落雷や竜巻などの突風にも警戒が必要です。台風は東北地方を北上した後、9日夜までには温帯低気圧に変わる見込みです。

【関連記事】
•“列島縦断”台風5号 北陸で大雨・暴風に警戒を
•台風5号 北陸通過し、新潟付近を経て東北へ
•ノロノロで強い台風が北上中 朝にも鹿児島上陸か
•台風5号が奄美地方に接近 長引く大雨や暴風に警戒
•台風5号が北上中 奄美や沖縄 大荒れに警戒・・・平成29年8月8日、テレビ朝日系(ANN)9時30分 配信より

私のコメント : 平成29年8月8日、台風5号は8日夜にかけて北陸付近を北上する見込みです。再び動きが遅くなるため、北陸や関東甲信を中心に雨が強まる予想で、9日朝までに多い所で200ミリ以上の雨が降りそうです。土砂災害や河川の増水、落雷や竜巻などの突風にも警戒が必要です。

..................................
台風5号、石川県沖を北上中 JR中央線に遅れ、中央道一部区間通行止め

8/8(火) 8:13配信

台風5号は8日、石川県近くの日本海上に抜けた。今後、日本海の沿岸を新潟県方面へ北上する見通し。西日本から東日本まで広い範囲で断続的に非常に激しい雨が降っており、大雨による河川の増水や土砂災害などに警戒が必要だ。首都圏の各鉄道はJR中央線で一部列車に遅延が発生している他は大きな乱れはみられない。

午前6時までの24時間雨量は鳥取県鹿野町で346・5ミリで8月の最高値を更新。滋賀県米原市では264ミリで観測史上1位を更新した。山梨県大月市でも262・5ミリを観測した。最大瞬間風速は福井県敦賀市で午前4時29分に28メートル、東京都八王子市でも午前1時6分、21・2メートルを観測した。

気象庁のレーダーによると午前7時現在、石川、福井など北陸地方と宮城、山形など東北地方で1時間50ミリ以上の激しい雨となっている。

近畿や北陸など7河川で氾濫の恐れが高まっているとして指定河川洪水予報が出されている。滋賀県内を流れる姉川では長浜市内で洪水が発生。同市内の約60世帯に避難指示が出た。同県愛荘町でも950世帯2503人に避難指示を出した。土砂災害の恐れが高まっているとして群馬、埼玉、山梨、長野など各県では土砂災害警戒情報が出されている。

首都圏の各鉄道ではJR中央線高尾-甲府駅間の上下線で一部列車が運休するなどしてダイヤが乱れている。各新幹線は通常通り運行している。

高速道路では、中央道大月JCT-大月ICの下り線で通行止めになっている。

台風5号は現在も速度が遅いままで各地で影響が続きそうだ。台風の周囲を回るように南東から湿った空気が流れ込むため、中心から離れた地域でも局地的な大雨になることがある。徐々に勢力を弱めながら9日午後までに温帯低気圧に変わる可能性が高い。

気象庁は近畿から東北にかけての各地域で9日までは、1時間50ミリの非常に激しい雨に注意を呼びかけている。

9日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、北陸250ミリ、関東甲信200ミリ、東北180ミリ、東海120ミリ、近畿100ミリ。さらに10日午前6時までの24時間では北陸で100~200ミリ、東北で100~150ミリと予想される。

8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、近畿、北陸20メートル(30メートル)、東海、伊豆諸島18メートル(30メートル)。予想される波の高さは、東海、伊豆諸島6メートル。

台風5号は8日午前5時現在、石川県輪島市の南東約40キロの沖合を時速約25キロで北北東に進んでいる。中心気圧は986ヘクトパスカル。最大風速は20メートル、中心の南東側330キロと北西側220キロの範囲が風速15メートル以上の強風域。

【関連記事】
• 休めますか? 台風下の出勤…「非日常」が問いかけた会社との関係
•なぜ日本では危険な日も仕事をするのか?
• 学習院大生の山岳部主将みせた自己犠牲の精神 2人の遺体はロープでつながれ…
•茨城で地震続発…次はどこで?早川名誉教授、関東から東北8日まで引き続き警戒を
• ミサイル着弾想定の避難訓練に反対する人々、どんな人たち?「訓練を行うことは戦争に人々を動員すること」 ・・・ 平成29年8月8日、産経新聞 8時13分 配信より

私のコメント : 平成29年8月8日、台風5号は、石川県近くの日本海上に抜けた。今後、西日本から東日本まで広い範囲で断続的に非常に激しい雨が降っており、大雨による河川の増水や土砂災害などに警戒が必要。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<台風5号>東日本を北東に縦断へ 大阪や和歌山で猛烈な雨

2017年08月07日 | 天気予報
<台風5号>東日本を北東に縦断へ 大阪や和歌山で猛烈な雨

8/7(月) 19:55配信

台風5号は7日午後3時半ごろ、和歌山県北部に上陸し、紀伊半島の広い範囲を暴風域に巻き込みながら、ゆっくりと北東に進んだ。大阪府や和歌山県などで猛烈な雨が降り、気象庁は土砂災害への警戒を呼びかけている。台風5号は8日、東日本を北東に縦断する見通し。

【衝撃】突風で飛んできた瓦などがあたり、窓ガラスなどが割れたコンビニ

気象庁によると、7日午後、和歌山県湯浅町で観測史上最多となる1時間に80ミリの猛烈な雨を記録。大阪府泉南市や同府貝塚市付近では、レーダーによる解析で1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられる。台風の周辺にも発達した雨雲がかかり、四国地方や山梨県、三重県などでも大雨になり、愛知県豊橋市では突風でトラックが横転するなどの被害が出た。

台風の動きが比較的遅いため、雨雲が長時間にわたり同じ場所にとどまり、大雨で土砂災害のリスクが高まっている。気象庁は和歌山県や奈良県などに土砂災害警戒情報を出して警戒を呼びかけた。

台風5号は7日午後6時現在、奈良市付近にあり、中心気圧975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル。時速約20キロで北東に進んだ。

予想される8日午後6時までの24時間降水量は、多いところで▽東海地方350ミリ▽近畿、北陸地方300ミリ▽関東甲信地方250ミリ▽東北地方180ミリ--となっている。

近畿や四国の一部自治体では避難勧告が出され、JR西日本などで鉄道のダイヤも乱れた。関西国際空港や大阪(伊丹)空港でも欠航が相次いだ。また、関西電力によると、和歌山県内を中心に午後6時現在で約2万5800軒が停電している。【池田知広】

【関連記事】

• <気になる台風の進路>
• <全国の明日の天気>
• <台風5号情報>
• <全国の警報と注意報>
• <全国の降水短時間予報>

・・ 平成29年8月7日、毎日新聞 19時55分 配信より

私のコメント : 平成29年8月7日、台風5号は8日、東日本を北東に縦断する見通し。 予想される8日午後6時までの24時間降水量は、多いところで▽東海地方350ミリ▽近畿、北陸地方300ミリ▽関東甲信地方250ミリ▽東北地方180ミリ-- 等 との予想になっている。 台風5号は7日午後6時現在、奈良市付近にあり、中心気圧975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル。時速約20キロで北東に進んでいる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風5号の進路 日本アルプスの影響で再び意見分かれる

2017年08月07日 | 天気予報
台風5号の進路 日本アルプスの影響で再び意見分かれる

8/7(月) 17:44配信

西日本を中心に影響をもたらしている台風5号。週明けの段階で各機関の予想が再び分かれてきました。

そのわけと、警戒エリアを解説していきます。

世界の各機関による最新の解析では、台風5号は四国あるいは近畿に上陸後しばらく陸地を進んでいくところまではほぼ揃っています。

その後、大きく2つに予想が分かれています。

1)北陸方面へ北上し日本海に抜けていくコース

2)関東方面へ南下し太平洋に抜けていくコース

なぜ、分かれているのか。

◆弱体化した台風がアルプスで真っ二つか
それは台風は上陸後、勢力を弱めるため、進んだ先の日本アルプスを乗り越えられず、地形の抵抗を大きく受けるからです。

結果、台風本体の雲がアルプスの北と南に真っ二つに分かれる可能性があります。

2つになった雲の塊のうち、どちらを台風とするのか。

その判断が各機関で異なり始めており、進路予想の違いに影響しています。

ただし、どちらのルートであろうが台風本体の雲が二手に分かれる形になりますので、広範囲で雨風の影響に警戒が必要になってきます。 ウェザーニュース・・・平成29年8月7日、ウェザーニュース 17時44分 配信より

私のコメント : 平成29年8月7日、世界の各機関による最新の解析では、台風5号は四国あるいは近畿に上陸後しばらく陸地を進んでいくところまではほぼ揃っています。予想が分かれています。北陸方面へ北上し日本海に抜けていくコース、関東方面へ南下し太平洋に抜けていくコース との 二つの予想がある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「迷走」台風5号 ノロノロ接近中

2017年08月04日 | 天気予報
「迷走」台風5号 ノロノロ接近中

8/3(木) 21:02配信

非常に勢力の強い台風5号が、ゆっくりと北上している。九州では人々が、その猛威への備えを急いでいた。

7月21日に発生した台風5号は、迷走の末、非常に強い勢力で、日本の南の海上をノロノロと時速15kmの速さで北西に進んでいる。

4日に最接近する見込みの沖縄・南大東島では、防災アナウンスが流れていた。
サトウキビは強い風で左右になびき、花も風に揺れている。

4日夜に、風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがある、鹿児島・奄美地方。
台風に備え、港では漁船をクレーンで陸揚げし、観光客が宿泊するホテルでは、窓ガラスが割れないよう補強作業が行われていた。

奄美サンプラザホテルの東郷隆博支配人は「きのうから宿泊が少しずつキャンセル出ておりまして、あしたの花火大会が中止になりましたので。一番の夏の大イベントで稼ぎ時だったんですけど、非常に残念でございます」と話した。

4日、奄美地方で予想される最大瞬間風速は50メートル。
波の高さは11メートルと、猛烈なしけとなるおそれがある。
大きな白波が押し寄せていたのは、宮崎・日南市の海岸。

台風5号は、6日から7日にかけて、九州に接近するおそれがある。

九州北部豪雨で被災した福岡・朝倉市。
台風接近に備え、警戒が続いていた。
市内のブドウ園では、太陽の日を浴び、収穫目前の巨峰が。
来週から始まる巨峰狩りに向け、点検作業に追われていた。
平成巨峰園の養父治広さんは「葉っぱが落ちんように、祈るだけです」と話した。

夏野菜のナスを扱う農家では、早めの収穫を行い、苗が強い風で傷まないよう支柱にくくりつける作業を行い、台風の接近に備えていた。

一方、国際宇宙ステーションから撮影された画像には、反時計回りに渦を巻く台風5号がとらえられていた。

宇宙飛行士のツイッターには、「スーパー台風『ノルー(台風5号)』。この気象現象は、驚くほどのサイズだ。250マイル(およそ402km)上空からでもそのパワーを感じることができる」とつづっていた。

宇宙飛行士も驚くほどの巨大な渦。

6日から7日にかけて接近するおそれがある九州の豪雨被災地では、特に2次災害などに警戒が必要となる。 ・・・平成29年8月3日(木) 、フジテレビ系(FNN)  21:02 配信より

私のコメント : 平成29年8月3日(木)、非常に勢力の強い台風5号が、北上している。 九州では人々が、台風5号 猛威への備えを急いでいた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風5号 4日以降 大東島地方や奄美地方に接近のおそれ

2017年08月02日 | 天気予報
台風5号 4日以降 大東島地方や奄美地方に接近のおそれ

8月2日 18時41分

非常に強い台風5号は、日本の南の海上を北西へ進んでいて、4日以降、勢力を保ったまま沖縄県の大東島地方や鹿児島県の奄美地方に接近するおそれがあります。気象庁は、最新の情報を確認し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

続きを読む

気象庁の観測によりますと、非常に強い台風5号は、2日午後6時には、日本の南の海上をゆっくりとした速さで北西へ進んでいます。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風5号は、今後も勢力を保ったまま北西へ進む見込みで、4日以降、沖縄県の大東島地方や鹿児島県の奄美地方に接近するおそれがあります。その後、予報円の中心を進んだ場合、次第に北寄りに進路を変え、6日から7日にかけて、九州の西の海上を北上する見込みです。

台風の接近に伴って、大東島地方や奄美地方では次第に風が強まり、4日には非常に強い風が吹くおそれがあるほか、沿岸は波が高まって3日から大しけとなり、奄美地方では、4日には猛烈にしけるおそれがあります。

気象庁は、最新の台風情報を確認し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。台風の進路に当たる地域では、自分が住んでいる場所で、どのような災害が起きやすいかや、避難場所の位置を防災マップで確認するなど備えを進めてください。 ・・・ 平成29年8月2日、NHK NEWS WEB 18時41分 配信より

私のコメント : 平成29年8月2日、 気象庁は、最新の台風情報を確認し、備えを進めるよう呼びかけています。台風の進路に当たる地域は、どのような災害が起きやすいか、防災マップで確認するなど備えを進めてください。 九州北部では、台風の進路によっては 8月6日ごろから 大雨や大荒れの天気となるおそれがあります。また、祭政一致についても、国や各地域においても、その関心を持たれ、勤められていかれたいと願う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風5号、小笠原大荒れに 暴風、大雨に警戒呼び掛け

2017年07月30日 | 天気予報
台風5号、小笠原大荒れに 暴風、大雨に警戒呼び掛け

2017.7.30 09:08

台風5号は29日、勢力を維持したまま小笠原諸島に接近し、小笠原諸島は大荒れとなった。強い台風9号も同日、先島諸島近くの海上を進んだ。気象庁は暴風や高波、大雨による土砂災害に警戒を呼び掛けている。また、29日午後3時ごろ、南シナ海で台風10号が発生した。気象庁によると、これで7月に発生した台風は8個となり、昭和46年に並んで最多の発生数となった。台風5号は30日午前0時現在、父島の南約260キロの海上を、時速約20キロで南南西へ進んでいる。中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径80キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。小笠原諸島で30日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は20メートル(30メートル)、波の高さは6メートル。これまでに降った大雨で地盤の緩んでいる所があるとして、気象庁は土砂災害に注意するよう呼び掛けている。 ・・・ 平成29年7月30日、産経新聞 09:08 配信より

私のコメント : 平成29年7月30日、平成29年7月29日午後3時ごろ、南シナ海で台風10号が発生した。気象庁によると、これで7月に発生した台風は8個となり、昭和46年に並んで最多の発生数となった。祭政一致、・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟県佐渡島で1時間に約110ミリの猛烈な雨

2017年07月18日 | 天気予報
新潟県佐渡島で1時間に約110ミリの猛烈な雨

7/18(火) 0:03配信

気象庁は、新潟県佐渡市両津付近で17日午後11時40分までの1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとして、記録的短時間大雨情報を発表した。全国的に大気の状態が不安定となっているため、18日にかけても急な雷雨や局地的な豪雨に警戒が必要だ。

日本付近には暖かく湿った空気が流れ込み、上空には寒気が流れ込んでいるため、大気の状態が非常に不安定となっていて、雷雨や局地的な非常に激しい雨が発生しやすくなっている。この状態は18日にかけても続くため、引き続き天気の急変に警戒が必要だ。

【記録的短時間大雨情報】

1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測または解析し、さらにその地域にとって数年に一度程度しか発生しないような大雨である場合に発表される情報。周辺地域では、土砂災害や河川の増水など、災害の危険性が高まっているため警戒が必要となる。 ・・・ 平成29年7月18日(火)、 ウェザーマップ 0:03配信 より

私のコメント : 平成29年7月18日(火)、全国的に大気の状態が不安定となっているため、18日にかけても急な雷雨や局地的な豪雨に警戒が必要だ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

揺れの大きかった自治体で大雨警報・注意報、土砂災害警戒情報の発表基準引き下げ

2017年07月12日 | 天気予報
〔鹿児島県薩摩震度5強〕揺れの大きかった自治体で大雨警報・注意報、土砂災害警戒情報の発表基準引き下げ(7/12)

気象庁は、きのう11日11:56頃に発生した鹿児島湾を震源とする地震で揺れの大きかった自治体を対象に、大雨警報・注意報と土砂災害警戒情報について、発表基準の引き下げを行うと発表しました。

今回の地震により揺れの大きかった地域では、地盤が緩んでいる可能性が高いため、降雨時には崖崩れなどの土砂災害に警戒してください。

■大雨警報・注意報および土砂災害警戒情報の発表基準が変更される地域
【通常基準の8割で運用する自治体】
・鹿児島県:鹿児島市

◆用語解説「土砂災害警戒情報」
・大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報。周囲の状況や雨の降り方にも注意し、危険を感じたら躊躇することなく早期避難を。 レスキューナウ ・・・ 平成29年:7月12日(水) 、レスキューナウ 2:00 配信より

私のコメント : 平成29年7月12日(水) 、気象庁は、きのう11日11:56頃に発生した鹿児島湾を震源とする地震で揺れの大きかった自治体を対象に、大雨警報・注意報と土砂災害警戒情報について、発表基準の引き下げを行うと発表しました。異常気象と天候の急変に対応され、他の自治体でも、地震で揺れ、大雨警報・注意報、「土砂災害警戒情報」に関する発表 等 配慮 されていかれたいと感じる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州豪雨、3千人態勢で捜索…被害全体像見えず

2017年07月11日 | 天気予報
九州豪雨、3千人態勢で捜索…被害全体像見えず

7/11(火) 11:42配信

九州北部の豪雨災害は11日、甚大な被害を受けた福岡県朝倉市と東峰(とうほう)村で罹災(りさい)証明の申請受け付けが始まった。

被災地では警察、消防、自衛隊約3000人態勢による捜索が続き、警察犬も投入された。福岡、大分両県の死者は25人。朝倉市と福岡県うきは市では依然として計23人と連絡が取れていない。安倍首相は12日に被災地入りし、各地の被害状況を視察する。

両県の災害対策本部などによると、朝倉市、東峰村、大分県日田市の住宅被害は、全半壊計121棟、床上・床下浸水は計237棟。ただ、朝倉市が把握する市内の床上浸水が15棟にとどまるなど、被害の全体像は分かっていない。

朝倉市では午前8時過ぎから、市役所などで罹災証明の申請受け付けが始まった。東峰村では防災無線などを使って住民に申請を呼びかけるという。

罹災証明書は公的支援を受けるために必要で、家屋被害判定に応じて仮設住宅入居の可否や義援金の受取額などが決まる。8日に受け付けを開始した日田市では、10日午後5時時点で約310件の申請があった。

日田市では226世帯629人を対象に避難指示が継続しており、依然、120人が孤立状態となっている。読売新聞の11日午前10時時点のまとめでは、朝倉市、東峰村、日田市で計1526人が避難所に身を寄せている。

気象庁によると、九州北部は12日朝にかけ、梅雨前線が南下する影響で、局地的に雷を伴った強い雨の降る恐れがある。同日朝までの24時間雨量は、九州北部の多い所で50ミリと予想されている。

・・・ 平成29年7月11日(火)、読売新聞 11:42配信 より

私のコメント : 平成29年7月11日(火)、九州北部の豪雨災害は11日、福岡県朝倉市と東峰村で 罹災証明の申請 受け付けが 始まった。朝倉市では午前8時過ぎから、市役所などで罹災証明の申請受け付けが始まった。東峰村では防災無線などを使って住民に申請を呼びかけるという。

罹災証明書は 公的支援を受けるために 必要で、家屋被害判定に応じて 仮設住宅入居の可否や 義援金の受取額などが決まる。 8日に受け付けを開始した 大分県 日田市では、10日午後5時時点で約310件の申請があった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<九州豪雨>「ほっとした」朝倉で孤立の294人一挙に救助

2017年07月08日 | 天気予報
<九州豪雨>「ほっとした」朝倉で孤立の294人一挙に救助

九州北部豪雨で、孤立した集落からの住民の救助活動が本格化した。福岡県朝倉市では自力で避難できない住民を7日に一挙294人救助し、同日午後9時現在で孤立者は1人になった。救助者を乗せたヘリコプターが到着する現場では、家族や知人らとの再会に涙する人の姿もあった。残る1人も自衛隊が8日朝から救助する。

朝倉市の甘木公園では7日、救助した住民を乗せたヘリコプターが続々と到着。午後3時40分ごろ、海上自衛隊のヘリで助け出された同市佐田地区の手島国栄さん(87)が、警察官に支えられながら地上に降り立った。

ヘリの到着を遠巻きに見守っていた娘の町田ちく子さん(66)らは、手島さんを見つけると思わず駆け寄り、たまらず手をとった。町田さんは目を赤くし「5日の午後3時半から連絡がつかなくなって、生死もわからなかった。ほっとした。とにかくそれだけ」。思ったより元気そうな母の姿に、胸をなで下ろした。

同市黒川地区の農家、林利則さん(70)と秀子さん(66)も家族や愛犬とともに無事に助け出された。到着を待ちわびていた娘の安丸小百合さん(36)から「お母さん」と声をかけられると、秀子さんは安心した様子で笑顔を見せた。

林さんによると、黒川地区は大雨で流れ出た土砂に道路が寸断され、孤立状態が続いている。停電の中、備蓄していた食料を食べてしのいだという。「復旧には金も時間もかかる。集落は高齢者が多く、もう崩壊してしまうかもしれない」と話し「停電し、通信も遮断されてほとんど情報が入ってこなかった」と振り返った。

一方、同県東峰村では、7日午後8時現在で313人が孤立状態という。村は同日昼から自衛隊の協力で孤立集落への支援物資の搬送を始めた。土砂が道路を塞いでいる地点まで車両で運び、そこからは徒歩で集落に届ける。自衛隊は県道の復旧作業も急いでおり、渋谷博昭村長は「この村始まって以来の大災害。皆さんが不安を持たないよう全力で取り組みたい」と話した。【佐野格、中村清雅】・・・2017年7月7日、毎日新聞 22:57配信より

私のコメント : 平成29年7月7日、九州北部豪雨で、孤立した集落からの住民の救助活動が本格化した。福岡県朝倉市では自力で避難できない住民を7日に一挙294人救助し、同日午後9時現在で孤立者は1人になった。救助者を乗せたヘリコプターが到着する現場では、家族や知人らとの再会に涙する人の姿もあった。残る1人も自衛隊が8日朝から救助する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州豪雨で特別警報中 稲田氏ら防衛政務三役が一時不在

2017年07月07日 | 天気予報
九州豪雨で特別警報中 稲田氏ら防衛政務三役が一時不在

九州豪雨で福岡、大分両県に特別警報が出ていた六日昼、稲田朋美防衛相と若宮健嗣防衛副大臣、防衛政務官二人の政務三役の四人全員が約四十分間、防衛省を不在にした。稲田氏は「政務」を理由に一時間以上、省外へ出た。自衛隊は約千六百人態勢で救助、復旧活動をしており、自民党内から批判が出た。

菅義偉官房長官は同日の記者会見で、稲田氏ら政務三役は、外出中も同省付近にいて、連絡を受ければすぐに戻れる状況だったと説明。「対応に問題があったとは考えていない」と強調した。

稲田氏は夜になって報道機関の質問に文書で答え、不在の理由について「民間の方々との防衛政策に関する勉強会に出席した」と説明した。その上で、自身の対応について「問題があったとは考えていない」とした。

政府三役全員が不在だった点については「防衛相が東京を離れる場合は、副大臣または政務官が代理できるよう調整することを定めた閣議了解がある。災害時に政務三役が常に在庁することを定めた規範はない」とした。

稲田氏は午前、豪雨対応について同省で記者団に「自衛隊にあらゆる手段で情報収集し、人命救助を第一義として対処に万全を期すよう指示した」と話した。

これに関し、自民党の石破茂元防衛相は六日夜、BSフジの番組で「あり得ないことだ。なんで起こったかきちんと検証しないと、本当に国民に対して申し訳ない」と述べた。(新開浩)・・・2017年7月7日、東京新聞 朝刊 配信より

私のコメント : 平成29年 (2017年)7月7日、現在、山口県山口市内も、降雨量が、普段の降雨時より、増加している傾向、見られる。
............................................................................
島根に猛烈な雨 一時特別警報

気象庁は五日未明、猛烈な雨が降り重大な危険が差し迫っているとして、島根県西部の浜田市、益田市、邑南(おおなん)町、津和野町の四市町に大雨特別警報を発表した。約五時間半後に解除されたが、土砂災害や河川の氾濫などに最大級の警戒が続いた。四市町に隣接する広島県北部も大雨となり、両県で計六万人以上に避難指示・勧告が出された。

広島市安佐北区の鈴張川の中州では五日午前、男性が倒れているのが発見された。既に死亡しており、広島県警安佐北署は増水した川で流された可能性があるとみて調べる。島根県でも、益田市の六十代男性が避難中に土砂崩れに巻き込まれ顔などに軽傷を負った。

避難指示・勧告の対象は五日午前十時現在、島根県が浜田市と益田市、邑南町で計約一万三千世帯の約二万八千人に、広島県が安芸高田市と北広島町など五市町で計約一万六千世帯の約三万六千人に上った。

浜田市の周布川や広島県の江の川上流では氾濫危険水位に達し、周辺の道路に冠水などの影響が出た。

浜田市では道路の土砂崩れの影響で、同市金城町波佐地区の十四戸が孤立状態となったが、住民はいずれも電話で無事が確認された。特別警報が出された四市町では、公立学校も全て休校とした。

JR西日本米子支社によると、島根県益田市の山陰線岡見-鎌手間の二カ所で線路下の土砂がそれぞれ幅約十メートルにわたって流出し、浜田-益田間の運転を見合わせた。広島県三次市と島根県江津市を結ぶ三江線も全線が運休した。

気象庁によると、朝鮮半島の高気圧に押されて梅雨前線が南下し、西日本から東日本に停滞。東シナ海から前線に向かって湿った空気が流れ込み、複数の積乱雲が細長い帯状の固まりになった「線状降水帯」が形成された。

この積乱雲が中国地方の上空に次々と流れ込み、浜田市で一時間に八〇ミリを超える猛烈な雨が降ったほか、島根県西部と広島県北部の複数の観測点で三時間雨量が一〇〇ミリを超えた。梅雨前線は数日間、大きく動かず停滞するとみられ、大雨に警戒が必要だ。 ・・・ 2017年7月5日、東京新聞 夕刊配信より
コメント
この記事をはてなブックマークに追加