地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

夏樹静子氏による 「 女優X 伊澤蘭奢の生涯 」 高橋一清氏に、私が、聞くと・・・

2015年07月12日 | 文学
開館20周年記念事業 島根県 津和野町 森鴎外記念館 鴎外忌講演会

・演題  開館20周年記念事業 鴎外忌講演会

     「母と子の絆 女優 伊澤蘭奢 と 作家 伊藤佐喜雄」

・講師  高橋一清氏 ( 松江観光協会観光文化プロデューサー・元「別冊文藝春秋」 編集長 )

・日時  平成27年7月11日(土)  14:00~

・場所  森鴎外記念館  ( 津和野町 ) 2階 会議室

平成27年7月11日 開館20周年記念事業 島根県 津和野町 森鴎外記念館 鴎外忌講演会 その終了後 16:20 過ぎ、森鴎外記念館にて 高橋一清氏と私は、面談し、夏樹静子氏による 「 女優X 伊澤蘭奢の生涯 」の執筆に関し、 松江観光協会観光文化プロデューサー ・ 元 「別冊 文藝春秋」 編集長 高橋一清氏へ、私は、質問を入れた。

高橋一清氏から、私が、聞くところによると 夏樹静子氏による 「 女優X 伊澤蘭奢の生涯 」の執筆に関し、夏樹静子氏が、その原稿を書くにあたって、その題材は、高橋一清氏により提供されたということであったが、「 女優X 伊澤蘭奢の生涯 」については、御結婚の年にあたる1993年 、平成5年 4月15日、文藝春秋社より発刊されている、よって、1989年、平成元年 以降、その作品についての具体的な構想がねられていることになる。夏樹静子氏の代表作 「Wの悲劇」については、光文社より、1982年、昭和60年2月5日、それが発売されている。松本清張氏 没年等との符合関係も、見えてくる。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏樹静子氏による 女優 伊澤蘭奢 と 作家 伊藤佐喜雄

2015年07月11日 | 文学
開館20周年記念事業 島根県 津和野町 森鴎外記念館 鴎外忌講演会

・演題  開館20周年記念事業 鴎外忌講演会

     「母と子の絆 女優 伊澤蘭奢 と 作家 伊藤佐喜雄」

・講師  高橋一清氏 ( 松江観光協会観光文化プロデューサー・元「別冊文藝春秋」 編集長 )

・日時  平成27年7月11日(土)  14:00~

・場所  森鴎外記念館  ( 津和野町 ) 2階 会議室

平成27年7月11日(土) 開館20周年記念事業 島根県 津和野町 森鴎外記念館 鴎外忌講演会 その終了後 16:20 過ぎ、森鴎外記念館にて 高橋一清氏と私は、面談し、夏樹静子氏による「 女優X 伊澤蘭奢の生涯 」の執筆に関して、 松江観光協会観光文化プロデューサー ・ 元 「別冊文藝春秋」 編集長 高橋一清氏へ、その質問を入れた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森鴎外記念館 森鴎外生誕150周年記念事業 大妻女子大学 文学部長 須田喜代次教授による講演

2014年12月06日 | 文学
平成25年1月20日(日)、津和野 森鴎外記念館において森鴎外生誕150周年記念事業 大妻女子大学 文学部長 須田喜代次教授による森鴎外生誕記念講演「学問の自由研究と芸術の自由発展ー鴎外における学問そして芸術ー」が開催された。津和野 森鴎外記念館 講演会場、満席で、また、須田喜代次先生による充実した講演内容に、誠に、有意義な時を過ごす事も出来た。私は、講演終了後、大妻女子大学 文学部長 須田喜代次教授と面会し、三田文学と鴎外先生との関係、また、慶応義塾 三田 図書館を創設における森鴎外先生との関係、「学問の自由研究と芸術の自由発展ー鴎外における学問そして芸術ー」に関連して、大妻女子大学 文学部長 須田喜代次教授に話題提供し、慶応義塾大学における森鴎外研究、私が、慶応義塾大学 塾生時代から、対応している事実経緯を説明、今後のご厚誼についても、森鴎外記念会理事、森鴎外記念館協議会委員を勤められている大妻女子大学 文学部長 須田喜代次教授にお願いした。

私が、慶應義塾大学の在学中に、恩師の慶應義塾大学 西川俊作教授から、森鴎外先生の御子孫についても、慶應義塾で学ばれていたことを私は、お聴きしている。よって、当時の具体的な慶應義塾と森家との関係も、慶應義塾と森鴎外先生の現在に至る御子孫にあたる関係のある身近な方には、その内容に関し、申し述べることができる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加