地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

山口県警と自衛隊がテロ発生想定訓練

2017年12月08日 | 山口市
山口県警と自衛隊がテロ発生想定訓練

12/7(木) 19:40配信

訓練には山口県警の機動隊と陸上自衛隊山口駐屯地から隊員あわせておよそ100人が参加しました。銃器をもったテロリストが現れ、警察だけで治安維持できない場合は自衛隊が出動します。

報道陣に公開された車両の移動では自衛隊の車両を現場指揮の拠点まで警察が誘導しました。訓練後、自衛隊の下山太郎陸佐は「2つの組織が一緒のことをするので情報の共有を意識してやっています」と話し、県警機動隊の宮島師樹警部補は「国内でもテロの脅威が高まる中で訓練を通じて自衛隊と緊密な連携をとって有事の際には迅速的確に対応できるようにしていきたい」と話しました。

2020年の東京オリンピックまで3年をきり、警察は11月も訓練を実施するなどテロ対策を進めています。警察は今後も訓練を重ねて自衛隊との連携を強化していきたいとしています。   山口朝日放送 ・・・ 2017/12/7(木) 、yab山口朝日放送 19:40配信 より

私のコメント : 2017/12/7(木)、 「山口県警と自衛隊がテロ発生想定訓練 」 訓練には山口県警の機動隊と陸上自衛隊山口駐屯地から隊員あわせておよそ100人が参加しました。銃器をもったテロリストが現れ、警察だけで治安維持できない場合は自衛隊が出動します。 山口県警と自衛隊 その関係されている地域住民による、防災ボランティア活動 訓練 などにおける、その支援活動の体制も、今後も、さらに、その検討が、必要かと思われる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解任のカタルーニャ州首相、裁判所召喚を拒否

2017年11月02日 | 山口市
解任のカタルーニャ州首相、裁判所召喚を拒否

2017年11月2日 6:55 発信地:マドリード/スペイン

【11月2日 AFP】スペイン北東部カタルーニャ(Catalonia)自治州の独立問題をめぐり同州首相を解任されたカルレス・プチデモン(Carles Puigdemont)氏が、首都マドリードの裁判所による召喚を拒否する意向であることが分かった。同氏の弁護士、ポール・ベカルト(Paul Bekaert)氏が1日明らかにした。プチデモン氏の召喚は、反乱と扇動の疑いについて審問を行うためのもの。同氏は現在、ブリュッセルに滞在している。ベルギー人のベカルト弁護士はスペインのテレビ局TV3のインタビューに応じ、プチデモン氏はマドリードには行かないとした上で、「ここベルギーで審問を受けるべきだと提案した」と語った。スペインの最高刑事裁判所である全国管区裁判所は10月31日、同氏とカタルーニャ州政府元幹部13人に対し、2、3両日に出廷するよう命令。同国を過去数十年間で最大の危機に陥れたカタルーニャ州独立運動について審問を行うとしていた。プチデモン氏の側近であるウリオル・ジュンケラス(Oriol Junqueras)氏の所属政党「カタルーニャ共和主義左翼(ERC)」によると、ジュランケス氏は出廷する予定。他の元政府幹部らが出廷するかどうかは明らかにされていない。(c)AFP/Simon Sturdee with Laurence Boutreux in Barcelona

・・・ 2017年11月2日 、AFP 6:55 発信地:マドリード/スペイン 配信より

私のコメント :2017年11月2日、スペイン北東部カタルーニャ(Catalonia)自治州の独立問題をめぐり同州首相を解任されたカルレス・プチデモン(Carles Puigdemont)氏が、首都マドリードの裁判所による召喚を拒否する意向であることが分かった。ベルギー人ベカルト弁護士はスペインのテレビ局TV3のインタビューに応じ、プチデモン氏はマドリードには行かないとした上で、「ここベルギーで審問を受けるべきだと提案した」と語った。プチデモン氏の側近であるウリオル・ジュンケラス(Oriol Junqueras)氏の所属政党「カタルーニャ共和主義左翼(ERC)」によると、ジュランケス氏は出廷する予定。他の元政府幹部らが出廷するかどうかは明らかにされていない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

期日前投票で用紙交付ミス=山口市【17衆院選】

2017年10月25日 | 山口市
期日前投票で用紙交付ミス=山口市【17衆院選】

2017/10/21-20:27

山口市選挙管理委員会は21日、衆院選の期日前投票で有権者2人に対し、小選挙区と比例代表の投票用紙を渡す順番を間違ったと発表した。最初に小選挙区の用紙を渡すべきなのに、比例代表の方を先に渡した。2人の小選挙区の投票は無効となる。間違いは同日、市内の期日前投票所で起きた。投票用紙交付係が用紙を自動交付機にセットする際、種類の確認を怠った。投票立会人が途中で気付き、誤った投票用紙を渡された2人は比例代表は問題なく投票した。・・・2017/10/21、時事通信 20:27 配信より

私のコメント :平成29年10月25日、山本繁太郎前山口県知事が、山口県知事選挙のおり、山口県山口市内で、その選挙中、山本繁太郎氏が乗車をされていた車中にて、急に、体調を崩され、山口市内の病院へと、その入院される際、その介抱と看護、世話もされた方から、その当時の様子について、私は、拝聴することができた。故山本繁太郎前山口県知事と私が、対談していた内容も関係することもあり、山本繁太郎前山口県知事は、内閣官房地域活性化統合事務局長を歴任された経緯も踏まえられて、全国における農協活動の充実にも力を入れられて、その経歴を踏まえられ、山口県下、各農協 支所における職員の雇用の確保、各地域で、その地域活性化、また、山口県下、各市役所における各支所の充実、市役所へ、その市職員を一極集中させるのではなく、各地域における職員の雇用の確保、各市役所 支所活動の充実を目指すことも念頭におかれて、山口県下、遊説し、説明され、その歩かれる途上でもあったこと、山本繁太郎前山口県知事が、県知事選挙のおり、山口市内、山本繁太郎氏が、その乗車をされていた車中にて、体調を崩され、山口市内の病院へと、その入院される際、介抱と看護、世話もされた方と私が対談した際に、過去 山口県知事における活動 その補足、説明を入れた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙  山口市長選 3人が立候補

2017年10月24日 | 山口市
選挙  山口市長選 3人が立候補

毎日新聞2017年10月23日 東京朝刊

任期満了に伴う山口市長選は22日告示され、新人の元市議、有田敦氏(50)▽4選を目指す現職の渡辺純忠氏(72)=自民、民進推薦▽新人の元会社役員、湊和久氏(58)--のいずれも無所属の3人が立候補を届け出た。投開票は29日。【祝部幹雄】

 立候補者次の通り。(届け出順)

有田敦(ありた・あつし) 50 [元]市議無新

渡辺純忠(わたなべ・すみただ) 72 中国市長会長(3)無現=[自][民]

湊和久(みなと・かずひさ) 58 [元]会社役員無新

・・・ 2017年10月23日 毎日新聞 東京朝刊

私のコメント : 平成29年10月24日、山口市小郡文化資料館 森 文化財専門員と私は、以下の対応もあるため、その内容に関する対談をした。

平成28年8月9日、私から島根県芸術文化センター 総務担当 高田様へ連絡していた「河内山賢祐氏、朝倉文夫氏 に関する情報について」に関し、平成27年4月24日、島根県 石見美術館 澄川 喜一館長と私が、対談した経緯と経過も踏まえ、島根県芸術文化センター 高田様からの返信文と回答が、私のもとへ到着する。

平成22年7月11日(日)、山口市小郡文化資料館を訪問し、ギヤラリー展示室にある、親類の河内山賢祐 各作品について 説明文の補足等を担当の文化財専門員と対談する。広島原爆 被災モニュメント, 広島市立高女の碑 原盤について、山口市小郡文化資料館パンフレットにも詳しく・・・今後、山口市小郡文化資料館 文化財専門員と私は、その話し合いを続けていきたい。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

主と親と師との三つの大事を説き給へり

2017年10月18日 | 山口市
主と親と師との三つの大事を説き給へり

下山御消息/
建治3年(1277)聖寿56歳

=主師親の三徳=

主師親とは、お釈迦さまに備わった三つの徳のことです。

 「主」とは秩序を

 「師」とは智慧を

 「親」とは愛情を

それぞれ意味します。

 お釈迦さまはこの三徳を悟られ、世の中を安穏な社会へと導き、生きとし生けるものへ、この三徳を授けたいと願われました。

 この願いを素直に受け止め、自らもこの三徳を備えたいと祈る姿が合掌です。日蓮聖人もこれを願っておられます。


『下山御消息』

 このご遺文は、日蓮聖人が代筆して弟子日永の父に出されたお手紙です。

 まず、念仏の信仰をしていた日永が、聖人の説法を聞いて法華経に入信したことを示されます。ついで経文に説かれている予言と、現実との一致を述べられ、法華経の真実を明らかにされました。

 そして、親孝行のためにも正しい信仰をしなければならないと結ばれ、父親もこの書によって入信することになります。

・・・ 日蓮宗 ホーム > 法話 > 今月の聖語 > 2015年 >「 2015年10月 主と親と師との三つの大事を説き給へり 」 ページより
......................................
平成29年10月17日、山口県 山口市役所において、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と 以下の内容に関係し、その対談も 私は、おこない、島根県 津和野町日本遺産推進協議会、亀井氏入城400年記念事業実行委員会 発行の「津和野藩主亀井家入城四百年 記念事業のご案内」パンフレットをもとに、山口県 山口市 収納課 櫨元香恵 職員へ、その内容に関し、説明もし、島根県 津和野町教育委員会 教育長から 私宛 公文書開示決定通知書 「平成29年度 津和野藩主亀井家墓所の国史跡指定の意見具申について」、私には、その意見具申について、文化庁との対応がある旨も、具体的に、山口市役所 収納課において、山口市 収納課 櫨元香恵 職員へ説明を入れた。山口市役所 収納課 櫨元香恵 職員からは、それに対し、私への意見があった。よって、山口市役所における対応は、今までの私への対応 経緯と経過もたどり、文化庁、外務省、財務省、経済産業省、農林水産省、厚生労働省、宮内庁 等における国の各機関からの対応も 当該 山口市長へ、それが発生していく旨、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された山口市 収納課 櫨元香恵 職員に対し、過去、萩市長 8代:菊屋嘉十郎(1959年~1983年) 9代:林秀宣(1983年~1987年) 10代:小池春光(1987年~1993年) 11代:野村興児(1993年~2005年) 各市長における、その地方自治体 市役所 行政 各話題も交え、私は、その説明をおこなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
県公安委員会 委員長に倉田氏 14~15年に続き2度目 /山口

県公安委員会は12日、任期満了に伴い退任する香川敬委員長(65)の後任に、元県立高校長の倉田恵子氏(69)を選任した。就任は19日付で任期は1年。倉田氏が委員長を務めるのは2014~15年に続き2度目。 倉田氏は下松市出身。1970年に広島女子大卒業後、県内で高校教諭となり、鹿野高や岩国総合高の校長などを歴任した。退職後、県私立学校審議会委員を務めた後、12年から県公安委員となった。【真栄平研】 ・・・ 平成29年7月14日(金)、毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント : 平成29年7月14日、上記、及び、下記の記事内容に関係する 地方自治体による、その統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているために、 その後、私は、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長の許へ、連絡を入れた。しかし、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長が、 平成29年7月14日(金) 午後から、津和野町 役場に、不在なため、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 河良 職員と 統計調査処理、国からの センサス 調査と集計 島根県 津和野町と 山口県 山口市 総務部 情報管理課 統計調査 と その対応処理の諸関係における、違いに関して、今後の対応、今後の課題、島根県 津和野町と 山口県 山口市との間では、発生していく可能が、非常に、高いため、よって、慶應義塾大学 商学部にて、私が、統計学、産業連関分析学、等 を学び、小尾恵一郎教授、岩田 暁一教授、西川俊作教授、辻村和佑教授 等から、学んだ 計量経済学、及び、各 学事内容を踏まえ、簡略な説明を入れておく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
県公安委員長 後任に香川氏 /山口

県公安委員会は15日、任期満了を迎えた弁護士の弘田公委員長の後任に、公安委員で学校法人理事長の香川敬氏(64)を選任したと発表した。就任は19日付で任期は1年。【杉山雄飛】 〔山口版〕  ・・・2016年7月16日 毎日新聞 山口県 地方版 配信より

私のコメント : 平成29年7月13日、山口県公安委員長、弁護士 弘田公委員長の後任に、学校法人理事長の香川敬氏が、現在、就任もされています。NHK 大河ドラマ 「花燃ゆ」 放映をされた後、世界からの対応 等が、その放映の後、地元 山口県下における関係者には、ありますため、全国の皆様からも、山口県公安委員長へ ご協力の程も、よろしく お願い申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口・渡辺市長復帰 元気な姿で会見 進退は明言せず

2017年08月20日 | 山口市
山口・渡辺市長復帰 元気な姿で会見 進退は明言せず

2017/08/19

右自然気胸で入院していた渡辺純忠山口市長が18日、公務に復帰し、市役所であった定例記者会見で元気な姿を見せた。「入院前より元気になった。市民の皆さまに迷惑を掛けたので償うために一生懸命職務に専念する」と述べた。 市役所本庁舎整備問題について「任期中に(移転場所の)方針を示したい」とする従来の姿勢を強調。10月に投開票される市長選挙への出馬には「庁舎問題に影響を及ぼさない形で進退も並行して考えていく」とした。 渡辺市長は7月30日ごろから息苦しさなどを感じ、8月4日に入院。手術を受けて15日に退院… ・・・平成29年8月19日(土)、山口新聞 配信より

私のコメント : 平成29年8月19日(土)、入院していた渡辺純忠山口市長が8月18日、公務に復帰され、山口市役所 定例記者会見で 「入院前より元気になった。市民の皆さまに迷惑を掛けたので償うために一生懸命職務に専念する」と述べた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渡辺・山口市長 4選出馬明言せず /山口

2017年07月30日 | 山口市
渡辺・山口市長 4選出馬明言せず /山口

毎日新聞 2017年6月13日 地方版

山口市の渡辺純忠市長(72)は12日、市議会の一般質問で任期満了に伴う次期市長選(10月29日投開票)への対応を問われたが、計画期間が来年3月までとなる市総合計画完遂の意欲を示す一方で、出馬に関する明確な言及は避けた。 市議会最大会派・県央創造清風会の蔵成幹也市議が質問した。 蔵成市議は、1市4町合併(2005年)後のまちづくりをまとめた現行の市総合計画が、今年度で終わることなどを指摘したうえで「市長は今秋に任期満了となる。(来年4月に始まる次期総合)計画を順調にスタートさせるためにも引き続きリーダーシップを発揮してほしい」と述べ、4選出馬表明へ水を向けた。しかし、渡辺市長は「現総合計画に掲げる施策に全力で取り組んでおり、これに専念することが私の意気込みだと理解してほしい」などと述べるにとどめた。 次期市長選を巡っては、今のところ立候補表明者は出ていない。【祝部幹雄】 〔山口版〕 ・・・ 平成29年6月13日、毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント : 以下 配信のとおり

...................................................
宇部市長選挙・久保田后子氏が無投票で3選

任期満了に伴う宇部市長選挙が、2日告示され現職の久保田后子氏が24年ぶりの無投票で3選を果たした。久保田氏は「選挙公約に掲げたものは、確実に前進、実現させる。それによってまちがどこまで元気になるか、みんなでやっていかなければならない」と話した。3回目の当選を果たした久保田后子氏は、東京都出身の62歳。1995年に宇部市議会議員選挙に初当選し、その後、県議会議員を経て2009年の宇部市長選挙に初当選、山口県で初めての女性市長となった。久保田氏は、これまでの2期8年の実績として行財政改革や常盤公園を核にした観光振興などを挙げ、3期目は、地域の活力を生み出すためにイノベーションの起点となる産業振興政策などへ力を入れていくとしている。今回の宇部市長選挙には、去年12月に宇部市区選出の県議会議員が立候補を表明したが、病気のため出馬を断念するなどしたため、1993年以来、24年ぶりの無投票となった。久保田氏の3期目の市長としての任期は、7月18日からの4年間だ。 ・・・ 2017/7/2 18:16 山口放送 配信より

私のコメント : 山口県 宇部市長選挙・自民党 久保田后子氏が、無投票で3選を果たした。
..............................................
選挙 宇部市長選 あす告示 現職以外動きなし 無投票の公算大 /山口

任期満了に伴う宇部市長選は2日、告示される。無所属で3選を目指す現職の久保田后子氏(62)以外に立候補の動きはなく、無投票になる公算が大きい。市長選が無投票になれば、2004年の合併新市誕生以来初めて。 久保田氏は、2期8年の実績をアピール。地元産業の発展などを訴え支持拡大を図っている。市長選を巡っては、自民系県議が病気を理由に出馬を断念し、共産党も候補者擁立を見送った。 立候補の届け出は2日午前8時半~午後5時、市役所4階の第3第4委員会室で受け付ける。投開票は9日。 6月1日現在の選挙人名簿登録者数は14万1123人(男6万6288人、女7万4835人)。【後藤俊介】 〔山口版〕 ・・・ 平成29年7月1日、毎日新聞   地方版 配信より

私のコメント :  自民党総裁、自民党副総裁、今回の都議会選挙の結果 受け、その結果に関して、当該 関係する山口県 地元 選挙区における、宇部市長 久保田后子氏 への対応、今後、更に、注目されていくこととなる。祭政一致、・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
選挙 宇部市長選 共産が候補擁立断念 無投票の公算大 /山口

任期満了に伴う宇部市長選(7月2日告示、9日投開票)で、共産党県北南地区委員会(時田洋輔委員長)が、独自候補擁立を事実上断念したことが25日、分かった。市長選に出馬を表明しているのは現職の久保田后子氏(62)だけで、無投票になる公算が大きい。党地区委員会によると、人選が難航しているうえ、投開票日が来月9日に迫り、選挙運動期間も限られることから擁立しない方針を固めた。26日に正式決定する。関係者は取材に対し「現段階での擁立は物理的にも不可能。無投票は非常に残念だ」と話した。【後藤俊介】・・・ 2017年6月26日 毎日新聞 地方版 配信より

私のコメント 平成29年7月1日(土)、任期満了に伴う宇部市長選(7月2日告示、9日投開票)で、共産党県北南地区委員会 時田洋輔委員長が、独自候補擁立を事実上断念したことが6月25日、分かった。現職の久保田后子氏(62)だけで、無投票になる公算が大きい。 共産党県 党地区委員会によると、「現段階での擁立は物理的にも不可能。無投票は非常に残念だ」と話した。共産党県北南地区委員会 時田洋輔委員長からの対応は、東京都議選挙へ与える影響も大きい。共産党県北南地区委員会 時田洋輔委員長、党地区委員会によると、人選が難航しているうえ、投開票日が来月9日に迫り、選挙運動期間も限られることから擁立しない方針を固めたという今回の対応、明日の東京都議選挙 共産党候補者へ、その与える影響も、大なるものがある。また、明日、その東京都議選挙結果 東京都内の各都民から、その当選者からの信認を得て、更に、山口県内外からも、注目される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山口県 広報広聴課、山口県宇部市長 久保田 后子様、・・・・・

平成29年4月26日、山口県宇部市長 久保田 后子様から私への対応、島根県 津和野町 下森博之津和野町長 と 山口県 山口市 渡辺純忠山口市長 との間にて、平成29年3月30日に、山口県央連携都市圏域ビジョン 「 山口市 津和野町 連携協約書 」の締結に至り、また、今迄、私からの島根県 津和野町への情報開示請求、経過における説明、山口県広報広聴課 佐藤理子主査へ、私は、私の作成による書面で、その連絡内容に関しては、平成29年4月25日、私は、山口県教育庁 人権教育課 推進班 嬉 泰明主査からの助言も得て、山口県広報広聴課 岡崎誠室長、及び、佐藤理子主査の許へと、私は、その確認の連絡を入れた。

平成29年4月21日、山口県庁内にて、私は、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 大田淳夫 課長と面談。山口県知事が、今回の訪露に関する詳細 拝聴する。その際、私からは、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、前 山口県 山本繁太郎知事と私が、当時、その会談した内容も踏まえて、今後の山口県外交における、私が、見通すことのできる内容と感想を 山口県 観光スポーツ文化部 国際課 大田淳夫 課長の許へと述べた。その後、山口県広報広聴課 佐藤理子主査と私との間における内容に関する相談について、平成29年4月24日、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」内容に関し、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、外務省 いわゆる密約書 不在の問題に関係し、その防衛省、外務省の内容 関係する問題で 私が、既 提出済みの書面 山口県広報広聴課内、その確認を入れた後、山口県 政策企画課 調整班 山田知之主査と面談。その後、山口県広報広聴課 岡崎誠室長と 佐藤理子主査による この度、その補足の対応があり、その内容に関し、私は、山口県教育庁 人権教育課 推進班 嬉 泰明主査のもとへと相談に行く。その後、山口県教育庁 教育政策課 教育企画班 中野貴夫主査のもとへも、今迄の経緯に関する説明と、今後の対応に関しての、相談も入れた。

平成29年4月25日、島根県 益田市役所内 島根県 益田市 建築部 建築課 石川主任技師と私は、面談した後、益田市役所 総務部 危機管理課 篠原主査との間で、益田市 危機管理における内容に関し、その会話も交わした。そのあと、益田市 亀井事務所 鶴頭氏と 益田市 社会福祉 施設 話題を中心にし、対談し、その際、益田市 亀井事務所 鶴頭氏から、私は、島根県 益田市にある、株式会社 ひょうま 益田本店の場所を教えてもらい、株式会社 ひょうま 益田本店 まで行き、山口県 入手がしにくいが、株式会社 ひょうま 益田本店にはある その関係 仏事品 購入し、また、株式会社 ひょうま 益田本店 杉山 営業員と私は、対談をした。

( 平成29年4月26日、山口県 村岡嗣政知事、ロシアを 平成29年4月23~28日、訪問中。)

平成29年4月24日、平成29年3月30日に、山口県央連携都市圏域ビジョン 「 山口市 津和野町 連携協約書 」の締結に至り、今迄、私からの島根県 各地方自治体への情報開示請求、その経過における説明の過程、山口県広報広聴課 佐藤理子主査へ、私は、私の作成の書面で、山口県広報広聴課への連絡を入れた経緯もあり、平成29年4月24日に至り、平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を私が、手渡した、そののちにおける各対応があり、当時における山口県広報広聴課の担当者であった山根主査と私との間における、当時の連絡対応内容の件に関しては、山口県広報広聴課 佐藤理子主査の許へ私は入れた。

平成29年4月21日、山口県宇部市長久保田 后子様から私への対応については、島根県 津和野町 下森博之津和野町長 と 山口県 山口市 渡辺純忠山口市長 との間において、平成29年3月30日に、山口県央連携都市圏域ビジョン 「 山口市 津和野町 連携協約書 」の締結に至り、今迄、私からの島根県 津和野町への情報開示請求、その経過における説明の過程、山口県広報広聴課 佐藤理子主査へ、私は、私の作成による書面で、その連絡 入れた経緯があり、4月21日に至り、山口県庁内において、私は、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 大田淳夫 課長と面談した。山口県 村岡嗣政知事が、今回の訪露に関する、その内容に至る詳細についても拝聴する。その際に、私からは、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、前 山口県 山本繁太郎知事と私が、当時、その会談した内容も踏まえて、今後の山口県外交における、私が、見通すことのできる内容と感想を 山口県 観光スポーツ文化部 国際課 大田淳夫 課長の許へと述べた。その後、山口県 山口市総合政策部 広報広聴課 広聴 担当係り 来栖佳明副主幹 等の許へ、その概略、説明に行った。その間に、島根県 益田市役所との各対応についても、私には、それがあるため、よって、島根県 益田市 亀井事務所 職員の許へ、重大なる内容に関する相談に関して その事前における事務連絡も入れておいた。

( 島根県 津和野町が、平成29年3月30日、島根県境を越え、山口県側の6市と形成する連携中枢都市圏「山口県央連携都市圏域」の連携協約を結んだ。 )

平成29年4月24日 、「月性生誕200年顕彰プロジェクト」 以下の内容に関する山口県「明治維新150年プロジェクト『やまぐち未来維新』  【実施テーマ】 『志と行動力、歴史は人がつくる』との各対応があり、私は、山口県柳井市教育委員会 職員との連絡対応を持つ。「月性生誕200年顕彰プロジェクト 柳井ひとづくりアカデミー いま、蘇る幕末維新 全7回 会場:アクティブやない、開演:14時~  公益財団法人 僧月性顕彰会事務局 (大畠公民館内) 共催:柳井市・柳井市教育委員会/後援:山口県・山口県教育委員会・大畠観光協会/特別協賛:(株)丸久 第1回 平成29年4月23日 日曜日 幕末維新の、 ここが面白い 19世紀 東アジアの歴史舞台で 何が起こったのか 三谷 博 【跡見学園女子大学教授】 」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
平成29年4月24日(月) 、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関する内容に関係し、公益財団法人松風会 水津英三 事務局長と私は、対談し、、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」 および、「NHK 大河ドラマ 花燃ゆ」に関係し、その当該 関係者 防府市長 松浦正人氏 及び 防府市役所 総務部 総務課 松村秘書室長による、その私への各対応に関する説明を入れた。その内容にも関係し、このたび、公益財団法人松風会より 発行、「松陰読本・手引書 吉田松陰の生涯と業績」内容に関し、その「松陰読本・手引書 吉田松陰の生涯と業績」における、補足説明すべき個所に関し 吉田松陰 養母の実家の立場にて、私は、公益財団法人松風会 水津英三 事務局長へ、その該当 箇所の説明を申し上げた。

平成29年3月4日、山口県 宇部市 法輪寺 藤井周道住職から、今迄における、その私へ法輪寺、その寺院,における宗務対応が あり、私から、萩市 三千坊 住職には、従来から、その説明 入れている件に関し、私は、萩市 三千坊 坊守との間において、3月4日、その連絡対応を持ち、萩市 国 重要文化財 民家 森田家 ( 吉田松陰 養母の実家)  における、私の叔母のもとへは、3月4日、萩市 三千坊 坊守との間において、萩市 三千坊にて、その面会をし、その後における 以下の内容 『平成29年3月2日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ、以下の内容に関する対応を持った。山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から 関係する宗務内容 書面で、説明を入れて、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室 明治維新部会 北林健二専門研究員と私が、対談した内容に関しては、その萩市 三千坊 前住職様から「僧 月性の交友と交際」について、萩市 三千坊において、私が、聞き及んでいたこと、及、萩市 三千坊 庫裡内 「 上宮聖徳法王帝説 原本 」 等 ・・・その古文書の件について、萩市 三千坊 住職 等から、その私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へも対応している件に関し、山口市 本願寺山口別院 木下祐祥輪番と私は、本願寺 山口別院 応接室にて、平成29年3月1日、対談し、その後、萩市 三千坊 前住職から「僧 月性の交友と交際」に関して その三千坊 前住職と私との対談内容の件、平成29年3月2日付、その私からの作成による、その説明文も、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番 宛て、それを送信をしているため、山口県 県史編さん室 明治維新部会 北林健二専門研究員と私が、朝方、対談した内容に関し、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室、北林健二専門研究員のもとまで、夕方、面会しに、行き、その際、内容における説明をした。』 内容に関しての、説明を入れた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院

2017年03月09日 | 山口市
平成29年3月9日、平成29年3月1日に、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関し、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 その担当職から、以下の 表示もしている内容に関し、浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院からの助言と説明が入り、その説明内容に対して、私は、納得をした。

防府商業高等学校へ 勤務中、外務大臣 官房総務課より、私は、外務省 密約書 不在に関する問題に関し、その連絡を受けた後も、外務省 密約書 不在の問題 関係させられ、山本繁太郎前知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるため 平成29年2月23日、書面で、山口県広報広報課 県民相談室へ連絡文を入れて、私が作成した書面の内容に沿い、山口県 環境生活部 環境政策課 大気・化学物質環境班 大嶋裕司 主幹との間で、その内容に関する 面談をした。

平成29年2月28日、山口県歯科医師会 歯科医 医療相談の件に関して、山口県歯科医師会 河野好美様と対談をした。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口市役所 都市整備部 都市計画課

2016年05月31日 | 山口市
平成28年5月31日(火)、山口市役所 都市整備部 都市計画課 より 電話連絡 等 も何も、その事前の連絡がなく、山口市役所 都市整備部 都市計画課 よりFAX 連絡文が、突然、到着し、私は、驚く。山口市役所 都市整備部 都市計画課 と 新・旧 河内山賢祐作 井上公園にある 井上馨像についての歴史考証 山口市役所 都市整備部 都市計画課 田中様との間にて、私は、その連絡と調整をした。


山口市 井上公園 井上馨像

井上馨は明治維新の元勲の一人で、長州藩を武装恭順に説き伏せた人物として知られています。井上馨の銅像が建立されています、この像は二代目。初代は第二次世界大戦中に銅搬出の為に溶かされた。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野村證券株式会社 徳山支店、山口市役所

2016年04月27日 | 山口市
平成28年4月27日(水)、野村證券株式会社 徳山支店 法人課長 村澤賢雄様と私は、面談し、野村證券株式会社 徳山支店 法人課長代理 佐々木様と今まで、面談、説明した経緯と山口市役所と野村證券株式会社 徳山支店 法人課からの私への対応について、整理をする。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口市議会 議長と面会し、手渡した 津和野町との対応に関する 各 書類・文書 等をもとに

2015年11月24日 | 山口市
平成27年11月24日(火)、山口市議会 市議会長室において、私は、山口市議会議長 原真也先生と面会し、私が手渡した 津和野町との対応に関する 各 書類・文書 等をもとに、対談し、その各 書類・文書についても、それを読まれた後に、山口市議会議長 原真也先生からの私への支援について、依頼した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加