地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

「月性生誕200年顕彰プロジェクト」、山口県央連携都市圏域ビジョン、久保田 后子様からの対応、

2017年11月16日 | 山口県 宇部市役所
平成28年12月21日、山口県知事 村岡嗣政殿よりの 平28県史編さん第84号 平成28年12月20日付を貴殿より、私は、拝受したが、「その調査記録 等については、条例第11条第2号該当するといわれる」内容について、「その法的な具体的な根拠と証拠を私に、呈示し、説明せよ」と 私は、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹へ申し述べた。

平成29年、山口県広報広聴課 県民相談室 担当 山根真裕美主査のもとには、以下の対応における 関係している書面も何度も、私からは、提出している。

平成23年9月29日、2学期、山口県教育委員会 教職員課 須藤恒史主幹と対談する。 須藤恒史主幹のご専門は、日本史である。文化勲章を受章されている速水融教授と対談したことを 私は、山口県教育委員会 教職員課 須藤恒史主幹に説明する。山口県文書館は、山口県社会教育・文化財課のもとにあること、山口県教育委員会 教職員課 須藤恒史主幹から聴く。その際、私と当時、労働政策審議会 会長 西川 俊作 慶應義塾大学名誉教授、慶應義塾大学 ゼミ履修関係、及び、私の学校教育 現状、各学会での学事調整のため 大学院にて、私は、西川俊作教授の許へ、その履修希望 出していたこと 説明もした。また、学校教育現場教員の労働条件、学習権の向上、今まで、私が、各方面機関へ働きかけ続けている内容についてを、文部科学省から出されている「学習指導要領」の問題に置き換えられて山口県教育委員会 教職員課 須藤恒史主幹より指導されても困る旨 山口県教育委員会 須藤恒史主幹には言った。


地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月 「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」 産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。


平成28年3月1日、平成27年度 公立学校卒業証書の授与式が、山口県で実施された。山口県立防府商工高等学校の卒業証書授与式には、山口県村岡嗣政知事が、出席され、式辞を述べられた。山口県立防府商工高等学校 卒業式へ私は、出席し、山口県村岡嗣政知事からの式辞も、拝聴した。

同日、山口県宇部市 広聴課 清水様からの連絡内容を私は、受けて、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、その内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査からは、「平成8年頃から、県と市との行政は、横並びという視線となって、山口県から宇部市へ、どうこう言うことができなくなった。」と言われた。

平成29年4月26日、山口県宇部市長 久保田 后子様から私への対応、島根県 津和野町 下森博之津和野町長 と 山口県 山口市 渡辺純忠山口市長 との間にて、平成29年3月30日に、山口県央連携都市圏域ビジョン 「 山口市 津和野町 連携協約書 」の締結に至り、また、今迄、私からの島根県 津和野町への情報開示請求、経過における説明、山口県広報広聴課 佐藤理子主査へ、私は、私の作成による書面で、その連絡内容に関しては、平成29年4月25日、私は、山口県教育庁 人権教育課 推進班 嬉 泰明主査からの助言も得て、山口県広報広聴課 岡崎誠室長、及び、佐藤理子主査の許へと、私は、その確認の連絡を入れた。

平成29年4月21日、山口県庁内にて、私は、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 大田淳夫 課長と面談。山口県知事が、今回の訪露に関する詳細 拝聴する。その際、私からは、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、前 山口県 山本繁太郎知事と私が、当時、その会談した内容も踏まえて、今後の山口県外交における、私が、見通すことのできる内容と感想を 山口県 観光スポーツ文化部 国際課 大田淳夫 課長の許へと述べた。その後、山口県広報広聴課 佐藤理子主査と私との間における内容に関する相談について、平成29年4月24日、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」内容に関し、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、外務省 いわゆる密約書 不在の問題に関係し、その防衛省、外務省の内容 関係する問題で 私が、既 提出済みの書面 山口県広報広聴課内、その確認を入れた後、山口県 政策企画課 調整班 山田知之主査と面談。その後、山口県広報広聴課 岡崎誠室長と 佐藤理子主査による この度、その補足の対応があり、その内容に関し、私は、山口県教育庁 人権教育課 推進班 嬉 泰明主査のもとへと相談に行く。その後、山口県教育庁 教育政策課 教育企画班 中野貴夫主査のもとへも、今迄の経緯に関する説明と、今後の対応に関しての、相談も入れた。

平成29年4月25日、島根県 益田市役所内 島根県 益田市 建築部 建築課 石川主任技師と私は、面談した後、益田市役所 総務部 危機管理課 篠原主査との間で、益田市 危機管理における内容に関し、その会話も交わした。そのあと、益田市 亀井事務所 鶴頭氏と 益田市 社会福祉 施設 話題を中心にし、対談し、その際、益田市 亀井事務所 鶴頭氏から、私は、島根県 益田市にある、株式会社 ひょうま 益田本店の場所を教えてもらい、株式会社 ひょうま 益田本店 まで行き、山口県 入手がしにくいが、株式会社 ひょうま 益田本店にはある その関係 仏事品 購入し、また、株式会社 ひょうま 益田本店 杉山 営業員と私は、対談をした。

( 平成29年4月26日、山口県 村岡嗣政知事、ロシアを 平成29年4月23~28日、訪問中。)

平成29年4月24日、平成29年3月30日に、山口県央連携都市圏域ビジョン 「 山口市 津和野町 連携協約書 」の締結に至り、今迄、私からの島根県 各地方自治体への情報開示請求、その経過における説明の過程、山口県広報広聴課 佐藤理子主査へ、私は、私の作成の書面で、山口県広報広聴課への連絡を入れた経緯もあり、平成29年4月24日に至り、平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を私が、手渡した、そののちにおける各対応があり、当時における山口県広報広聴課の担当者であった山根主査と私との間における、当時の連絡対応内容の件に関しては、山口県広報広聴課 佐藤理子主査の許へ私は入れた。

平成29年4月21日、山口県宇部市長久保田 后子様から私への対応については、島根県 津和野町 下森博之津和野町長 と 山口県 山口市 渡辺純忠山口市長 との間において、平成29年3月30日に、山口県央連携都市圏域ビジョン 「 山口市 津和野町 連携協約書 」の締結に至り、今迄、私からの島根県 津和野町への情報開示請求、その経過における説明の過程、山口県広報広聴課 佐藤理子主査へ、私は、私の作成による書面で、その連絡 入れた経緯があり、4月21日に至り、山口県庁内において、私は、山口県 観光スポーツ文化部 国際課 大田淳夫 課長と面談した。山口県 村岡嗣政知事が、今回の訪露に関する、その内容に至る詳細についても拝聴する。その際に、私からは、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、前 山口県 山本繁太郎知事と私が、当時、その会談した内容も踏まえて、今後の山口県外交における、私が、見通すことのできる内容と感想を 山口県 観光スポーツ文化部 国際課 大田淳夫 課長の許へと述べた。その後、山口県 山口市総合政策部 広報広聴課 広聴 担当係り 来栖佳明副主幹 等の許へ、その概略、説明に行った。その間に、島根県 益田市役所との各対応についても、私には、それがあるため、よって、島根県 益田市 亀井事務所 職員の許へ、重大なる内容に関する相談に関して その事前における事務連絡も入れておいた。

( 島根県 津和野町が、平成29年3月30日、島根県境を越え、山口県側の6市と形成する連携中枢都市圏「山口県央連携都市圏域」の連携協約を結んだ。 )

平成29年4月24日 、「月性生誕200年顕彰プロジェクト」 以下の内容に関する山口県「明治維新150年プロジェクト『やまぐち未来維新』  【実施テーマ】 『志と行動力、歴史は人がつくる』との各対応があり、私は、山口県柳井市教育委員会 職員との連絡対応を持つ。「月性生誕200年顕彰プロジェクト 柳井ひとづくりアカデミー いま、蘇る幕末維新 全7回 会場:アクティブやない、開演:14時~  公益財団法人 僧月性顕彰会事務局 (大畠公民館内) 共催:柳井市・柳井市教育委員会/後援:山口県・山口県教育委員会・大畠観光協会/特別協賛:(株)丸久 第1回 平成29年4月23日 日曜日 幕末維新の、 ここが面白い 19世紀 東アジアの歴史舞台で 何が起こったのか 三谷 博 【跡見学園女子大学教授】 」
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
平成29年4月24日(月) 、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関する内容に関係し、公益財団法人松風会 水津英三 事務局長と私は、対談し、、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」 および、「NHK 大河ドラマ 花燃ゆ」に関係し、その当該 関係者 防府市長 松浦正人氏 及び 防府市役所 総務部 総務課 松村秘書室長による、その私への各対応に関する説明を入れた。その内容にも関係し、このたび、公益財団法人松風会より 発行、「松陰読本・手引書 吉田松陰の生涯と業績」内容に関し、その「松陰読本・手引書 吉田松陰の生涯と業績」における、補足説明すべき個所に関し 吉田松陰 養母の実家の立場にて、私は、公益財団法人松風会 水津英三 事務局長へ、その該当 箇所の説明を申し上げた。

平成29年3月4日、山口県 宇部市 法輪寺 藤井周道住職から、今迄における、その私へ法輪寺、その寺院,における宗務対応が あり、私から、萩市 三千坊 住職には、従来から、その説明 入れている件に関し、私は、萩市 三千坊 坊守との間において、3月4日、その連絡対応を持ち、萩市 国 重要文化財 民家 森田家 ( 吉田松陰 養母の実家)  における、私の叔母のもとへは、3月4日、萩市 三千坊 坊守との間において、萩市 三千坊にて、その面会をし、その後における 以下の内容 『平成29年3月2日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ、以下の内容に関する対応を持った。山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から 関係する宗務内容 書面で、説明を入れて、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室 明治維新部会 北林健二専門研究員と私が、対談した内容に関しては、その萩市 三千坊 前住職様から「僧 月性の交友と交際」について、萩市 三千坊において、私が、聞き及んでいたこと、及、萩市 三千坊 庫裡内 「 上宮聖徳法王帝説 原本 」 等 ・・・その古文書の件について、萩市 三千坊 住職 等から、その私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へも対応している件に関し、山口市 本願寺山口別院 木下祐祥輪番と私は、本願寺 山口別院 応接室にて、平成29年3月1日、対談し、その後、萩市 三千坊 前住職から「僧 月性の交友と交際」に関して その三千坊 前住職と私との対談内容の件、平成29年3月2日付、その私からの作成による、その説明文も、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番 宛て、それを送信をしているため、山口県 県史編さん室 明治維新部会 北林健二専門研究員と私が、朝方、対談した内容に関し、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室、北林健二専門研究員のもとまで、夕方、面会しに、行き、その際、内容における説明をした。』 内容に関しての、説明を入れた。

平成29年11月15日、山口県知事 村岡嗣政氏、山口県観光スポーツ文化部 小玉典彦部長 配下 藤村正巳審議監(観光・交通・スポーツ 担当)、山口県観光スポーツ文化部 観光プロジェクト推進室 三浦健治室長と山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 岡本操室次長からの各対応に関しては、山口県知事 村岡嗣政氏から、平28年県史編さん第85号、私に対する対応があり、平成29年3月8日、山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 北林健二専門研究員には、私からの連絡文も、手渡し、今までの経緯については、既に、何度も、山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室へ説明に私は、行っているにもかかわらず、山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 岡本操室次長から、私宅へ、その連絡内容に関しても、全く、私は、納得いかない内容であるため、今まで、島根県津和野町、吉賀町、益田市と私との各関係もあり、更に、今まで、度重なる、以下のような対応の経緯あり、山口県広報広聴課 県民相談室 担当の許へ、今回の説明と報告に行った。

平成28年5月13日、山口県広報広聴課 県民相談室 担当 山根真裕美主査のもとへ、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるため、その相談に行った。山口県広報広聴課 県民相談担当との対談 報告は、山口県教職員相談室 相談員へ私は、おこない、その見解 拝聴できた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外務省 北東アジア課 韓国班

2017年10月20日 | 山口県 宇部市役所
「防長風土注進案」は、当時の文化、宗教、祭祀 史実も、記載されている。

平成26年8月、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私は、米沢旧藩主家 上杉家に関する話題も、懇談した。

平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成29年8月9日、山口県知事 村岡嗣政氏より、平29薬 第368号 平成29年8月7日、「決定期間延長通知書」が、私の許へ到着したため、また、下記の状況に関し、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、平成29年8月8日、私の許へ、連絡が入っていて、その対応している各内容は、島根県下における その事案との関係があるため、私は、島根県 松江市 亀井亜紀子先生 事務所へ、連絡 入れて、その調整をおこなった。

平成29年7月21日にも、記事に関係し 地方自治体による統計処理内容に関しても、私は、山口県山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間で、見解の違いが、大きく、発生もしているために、私は、島根県 益田市 総務部 総務管財課へ、連絡を入れ、昨日、島根県 益田市役所にて、総務部 総務管財課 鍵村高徳 様と私が、面談した内容及び、その今後の対応に関する、見通しについて、確認していった。その後、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長の許へ、連絡を入れ、今後の対応、今後の課題、島根県 津和野町と山口県 山口市との間でも、発生していく可能、高いために、慶應義塾大学 商学部にて統計学、産業連関分析学、等 を学び、小尾恵一郎教授、西川俊作教授、辻村和佑教授 等から、学んだ計量経済学、及び、各 学事内容 踏まえ、説明を入れる。

.............................
朴槿恵被告が公判で初めて発言「政治報復に終止符を」

10/16(月) 12:32配信

【ソウル聯合ニュース】サムスングループからの巨額の収賄罪などに問われている韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告が16日、ソウル中央地裁で開かれた公判に出席し「さらに勾留が必要だという決定を受け入れ難かった」と述べ、自身の勾留延長を認めた地裁の判断に遺憾の意を示した。また「法治の名を借りた政治報復は私で終止符が打たれるよう望む。全ての責任は私に問い、私のことで法廷に立った公職者や企業家には寛容(な判決)をお願いしたい」と述べた。朴被告が公判の途中で発言するのは初めて。 朴被告はこの日が勾留期限だったが、地裁は13日、証拠隠滅の恐れがあるなどとして勾留期間を最長6か月延長する決定を下した。 朴被告は冒頭「勾留されて週4回ずつ裁判を受けたこの6か月間は惨めな時間だった。1人の人に対する信頼が想像さえできなかった裏切りとして戻ってきて、それにより全ての名誉と人生を失った」と述べた。 また、サムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)被告が朴被告や親友の崔順実(チェ・スンシル)被告側への贈賄罪に問われ公判を受けていることなどを念頭に、「私を信じて国のために献身していた公職者や国の経済のために努力していた企業家が被告に転落し、裁判を受けているのを見ることは耐え難い苦痛だった」と打ち明けた。 大統領在任中は「ロッテやSKだけでなく、誰からも不正な口利きを頼まれたり、聞き入れたりしたことはない」と断言し、「裁判の過程で(収賄)疑惑は事実でないことが十分明らかになったと思う」と無罪を主張した。 朴被告はさらに、勾留延長の決定に「弁護人団も私も無力感を感じざるを得なかった」と述べ、弁護人団が辞意を示したことも明らかにした。時の政権の影響や世論の圧力をはねのけ憲法と良心に従って裁判を行うというはずだという裁判所への信頼は「もはや意味がないという結論に達した」とし、「今後の裁判は裁判所の意向に任せる」と述べた。・・・ 2017/10/16(月) 、聯合ニュース 12:32配信 より

私のコメント : 平成29年10月16日、過去、佐藤栄作首相政権下、私には、韓国前大統領朴槿恵氏が、1963年から1979年まで 韓国大統領、父親 韓国大統領 朴氏に同伴、訪日もされたという 当時からの経過 対応あるため 山口県立防府高等学校 同窓会長 九華会会長 杉山知行先生( 防府ロータリークラブ 会員、日韓間における往来 経験も有されている博識者 )と面会し、対談もした際、簡略に、日韓外交の内容に関し、外務省 北東アジア課 韓国班 大村久美職員と私との連絡対応も、私の元勤務先 において、防府ロータリークラブ インターアクト顧問 教諭 としての立場、並びに、山口県立防府商工高等学校教諭の立場において、当時、その責任を持って、書面も外務省 北東アジア課 韓国班 大村久美職員宛へ送信し、外務省 北東アジア課 韓国班へ説明もしている、その内容に関する報告に関しても、防府ロータリークラブ 皆様へ、今まで、防府ロータリークラブ インターアクト顧問 教諭 としての私の立場、更に、防府市における日韓親善の内容が伝わるようにと、入れた。


米価審議会は1999年の審議会制度の大幅見直しに伴って廃止された。

「情報統制され、議論できなかった。・・・に専念せず、・・に乗り出したことも・・」

「福沢諭吉の横顔」西川俊作 著
「計量経済学のすすめ」
「数量経済史の原点―近代移行期の長州経済 」
『 山梨県の産業化 - 兼業・無制限労働供給と「借りてこられた技術」 - 』 三田商学研究 32巻 1号 

湛山回想 (岩波文庫、1985年12月、)
石橋湛山日記 (上・下巻組、石橋湛一・伊藤隆 編、2001年3月、みすず書房、)

『日本古文書学』 雄山閣 伊木寿一 著 1930年
『古文書学』 慶應通信 1949年

「 慶應義塾入社帳 第四索引 」 慶應義塾塾監局 塾史資料室
「 吉川重吉自叙伝 」 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇退位「来年12月下旬」案=新元号は19年元日から―政府

2017年04月12日 | 山口県 宇部市役所
天皇退位「来年12月下旬」案=新元号は19年元日から―政府

天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位の時期について、2018年12月下旬とする案が政府内に浮上していることが分かった。

新たな元号に改める日は、国民生活への影響を最小限にするため19年1月1日を想定している。元日には新年行事が多く予定されているため、代替わりを前倒しするものの、改元までの移行期間を数日程度にとどめたい考えだ。政府関係者が12日、明らかにした。

陛下が退位される日として候補に挙がっているのは、18年12月26日から31日までの間。同23日は陛下の85歳の誕生日で祝賀行事があり、大正天皇逝去の日に当たる同25日は皇居で祭祀(さいし)が行われることから、同26日以降の代替わりが望ましいとの判断が強まっている。皇太子さまが次の天皇に即位しても、改元までは現在の「平成」が使用される。

退位時期をめぐっては、当初、19年元日に改元と併せて行う案が有力視された。しかし、宮内庁は「元日は皇室にとって極めて重要な日だ」として、新年行事に加えて陛下退位と新天皇即位のための儀式を同じ日に実施することは困難との立場を明確にしていた。 ・・・2017/4/12、 事通信 19:16配信より

私のコメント : 「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」、外務省 北東アジア課、今迄における 天皇陛下、島根県 竹島 ご巡拝の件、 プラザ合意、消費税導入、日独、日韓両間 その金融における ・・・・・。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙 宇部市長選 久保田氏が3選目指し出馬表明 7月 /山口

2017年03月22日 | 山口県 宇部市役所
選挙 宇部市長選 久保田氏が3選目指し出馬表明 7月 /山口

宇部市の久保田后子市長(61)は17日、市役所内で記者会見を開き、任期満了に伴う市長選(7月2日告示、9日投開票)への立候補を表明した。 久保田氏は「市政の発展のため出馬を求める声が多かった」と理由を述べた上で、「取り組んできたさまざまな政策を総合化して質的向上を図り、市民と共に活力と魅力あふれる街づくりをしたい」と抱負を語った。久保田氏は同市議、県議を経て2009年に初当選。現在2期目。 同市長選には県議の岡村精二氏(63)が立候補を表明している。【後藤俊介】 〔山口版〕

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170118/ddl/k35/010/359000c#csidx1e77552f38a60f99a18a906e1cb0e62 Copyright 毎日新聞・・・ 2017年1月18日、 毎日新聞 地方版より

........................................................
萩市長選 藤道氏が初当選 6期24年、野村市政に幕 /山口

任期満了に伴う萩市長選は19日投票され、即日開票の結果、新人で元銀行員の藤道健二氏(57)が、現職の野村興児氏(72)=自民推薦=を破って初当選を決めた。旧市長時代を含めると6期24年続いた野村市政に幕を下ろした。当日有権者数は4万3086人。投票率は前回(47・11%)より15・23ポイント高い62・34%だった。

萩市土原の藤道氏の事務所に「当選」の知らせが届くと歓声が湧き起こった。拍手で迎えられた藤道氏は「厳しい船出になるかもしれないが、市政の再起動に全力で取り組む。観光に偏りすぎた軸を修正し、バランスのとれた市政を運営していく」と語った。

藤道氏の出馬表明は昨年12月。金融機関で中小企業の経営支援などに携わってきた経歴をアピールすると共に「24年も(市長が)同じでは緊張感もチェック機能も失われる」と多選を批判し、「チェンジと市政再起動」を掲げてミニ集会や街頭演説を重ねてきた。

また、観光施設「萩・明倫学舎」などの整備事業計画の中止・見直しを明言。「『ハコモノ』に頼らない均衡ある発展を目指す」と呼び掛け、幅広い層に浸透した。

一方、支持者らが開票を見守った野村氏の事務所は、落選が決まると重苦しい空気に包まれた。野村氏は「このような結果になり申し訳ない。私の力量不足だが、まいた種は必ず花開く」と述べた。

選挙戦では、山陰道や小郡萩道路の推進、明治維新150年に向けた観光施設整備などの実績をアピール。自民党支部組織や市議らの支援を受け、中山間地域の振興策などを訴えたが、野村市政を「長い」とする有権者の声を払拭(ふっしょく)できなかった。【川上敏文】

市長選開票結果=選管最終発表

当 13,823 藤道健二 57 無新

  12,805 野村興児 72 無現

藤道健二(ふじみち・けんじ) 57 無新(1)
 [元]日本長期信用銀行員▽政治団体代表[歴]日本政策金融公庫職員▽会社員▽一橋大 〔山口版〕

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170320/ddl/k35/010/380000c#csidx8d9da14a91a0b599badf0fea8516183    Copyright 毎日新聞 ・・・ 2017年3月20日、毎日新聞 地方版より

私のコメント : 平成28年(2016年) 3月25日付、宇部市の久保田后子市長から私は、直筆による、その手紙をいただき、その対応のため、私を取り巻く状況についても 以下のような内容についても、その説明をしている。



「福沢諭吉の手紙」 慶應義塾編 岩波文庫 について

早稲田大学 大学史 資料センターより 毎年 創立記念日(10月21日)に 刊行されています「大隈重信関係文書」と併読していくと、一層理解できる内容になります。
 
「人は、誠実でなくては何事も成就しない 誠実とは、自分が従事している仕事に対して親切なことである 伊藤博文」 

地方自治体 職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されています。「米市場の部分開放」、熊本県産米、熊本地震、TPP、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、宍道湖に緋色燃ゆ、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」

産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員 池尾和人、伊藤元重、今井敬、大賀典雄、大田弘子、奥島孝康、今井務、木村尚三郎、香西泰、河野光雄、小島明、小長啓一、宍戸善一、島田晴雄、竹内佐和子、武富將、辻義文、鳥居泰彦、中谷巌、中西真彦、福岡道生、本間正明、三輪芳朗、諸井虔、八代尚宏、弓倉礼一、吉岡初子、鷲尾悦也、

「​産業連関分析ハンドブック」に 『​数量経済史』 ​(2)​ 「長州表と戦前期表」についてが論述されています。慶應義塾大学 在学時代、沖縄県農産品について私は、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成23年12月「長州の経済構造 西川俊作 著・編者 一橋大学 斎藤修名誉教授」が発刊となった。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」に関する論文、立正大学情報メディアセンターから、入手できた。伊木寿一、石橋湛山による分析・研究方法も、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町 日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係について、私の慶應義塾大学における卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」について、宝暦時、津和野 堀家との関係もあり、慶應義塾大学 商学部 西川俊作教授の許へ提出した、私の父 森田良吉氏が、山口県文書館に勤務していた当時、私が、見聞した文化交流の経緯、島根県津和野町教育委員会 職員へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援をもと、山口県文書館 研究主事の努力より、関係各位へお尋ねをいれ、その歴史考証、書き下しの語訳 完成されたものである。


平成28年3月1日(火)、平成27年度 公立学校卒業証書の授与式が、山口県で実施された。山口県立防府商工高等学校の卒業証書授与式には、山口県村岡嗣政知事が、出席され、式辞を述べられた。

同日、山口県宇部市 広聴課 清水様からの連絡内容を私は、受けて、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、その内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査からは、「平成8年頃から、県と市との行政は、横並びという視線となって、山口県から宇部市へ、どうこう言うことができなくなった。」と言われた。


平成29年1月12日、山口県 観光スポーツ文化部 山口県史編さん室 大村勇主幹、吉岡健一主査と私は、面談した。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、山口県 観光スポーツ文化部 山口県史編さん室 大村勇主幹、吉岡健一主査と面談した内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。

平成29年2月28日、 山口県議会の2月定例会は28日開会し、議長選挙の結果、柳居俊学さんが新しい山口県議会 議長に選出された。

平成29年 3月 1日、村岡嗣政山口県知事が、山口県立山口高等学校 卒業証書授与式へ出席された様子を山口県では、テレビ報道された。

平成29年3月1日、山口県 山口市 浄土真宗本願寺派 本願寺山口別院 木下祐祥輪番へ私から西本願寺 第25代専如門主 ご巡拝 等に関係する宗務内容 書面で、説明を入れ、萩市 三千坊 住職様と坊守様から、私への対応内容が、浄土真宗本願寺 宗派の内外へ対応している件に関して、山口市 本願寺山口別院、木下祐祥輪番から、私は、本願寺別院 応接室にて、助言、得ることもできた。
.........................................
平成29年1月21日、外務省 密約書 不在の問題に関係し、過去に、山口県 柳井市に居住していた日本大学 本部 総務部 および、日本大学 創設者 山田顕義研究 その関係が深い私の祖父から、その病院名についても、よく聞かされていた 山口県防府市にある、吉田整形外科へ行き、日本大学 医学部 吉田義夫医学博士と、今迄の経緯について、日本大学 校友会 山口県支部 世話係 等もしていた私の叔父が、平成29年1月4日に逝去したという事実経緯、並びに、日本大学 校友会における、その私の叔父との対談の経過対応、また、明治維新百年祭のおり  山田顕義研究、および 防長医学史における、その日本大学 医学部 田中助一医学博士 等の対応もあり、平成29年1月6日における私からの連絡の各書面 等についても 防府市 上田和義弁護士へ渡していたが、その連絡書面における各内容については、それが、日本大学 医学部 吉田義夫医学博士へ届かなかったという、私からの書面と医学博士 吉田義夫医師 あて 私からのはがきも手渡し、医療の問題、対応内容に関し、対談をした。
........................................
蘭学資料研究会 研究報告 東京大学医学部血清学教室内 「毛利藩の蘭学」 昭和36年10月21日より
毛利藩の蘭学資料目録
蘭書の部
1)Roode,T.G.A.Dr.:Handboek der natunrkude van den Hollandish,vertaald door K.J.Y.Ipma.Amst.,1809 pp.1631 (mai) (Oomura)
2)Haarst,Wm.van :Natuurbeschouwingen voor jonge lieden,ter verdeling van verstand en hart.le en LeStjkje(in een boek).Amst.,1820-23
以下 省略
( 山口県立図書館 及び 山口大学図書館 蔵 )
13) 省略
14)Dr.von Siebold : Tot Gedachtenis aon mynen vriend Koemaja (Handschrift). 1829 (Hagi-Kumaya)
( 以上 萩、熊谷家 蔵 )
以下 省略
附録  大村益次郎蔵書目録  大村益次郎文書保存会
1. Kleine Oorlog
2.Tweede Afdeeling voor het Tuig.
3.Handboek der natuurkunde van den Hollandsch.
以下 省略
昭和36年10月21日 当時、蘭学資料研究会は、東京大学医学部 血清学教室にありました。蘭学資料研究会 現況について、東京大学から、その後、当方へ連絡が、有りません。その近況については、残念ながら 存じ上げていませんこと報告します。
........................................
平成29年2月28日、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室 明治維新部会 専門研究員から私の許へ、お礼の連絡が入った件で、その内容に関する件にて、今後の対応があり、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室へ私は、挨拶に行き、その担当者から、私への連絡に関して、お願いをした。

同日、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査の許へ、山口県 総合企画部 スポーツ・文化局 県史編さん室 明治維新部会 専門研究員から私の許へ、お礼の連絡が入った件で、県史編さん室 明治維新部会の内容に関する件にて、その報告を入れ、今日、山口県議会にて、投票、選出をされる山口県議会議員 議長選挙に関する話題となった。

同日、公益社団法人 山口県歯科医師会 医療相談の件に関して、山口県歯科医師会 相談員と対談。その際、山口県歯科医師会 相談員から、私のブログ表示している件に関し、山口県歯科医師会からの注文が、入るが、私から、「公益社団法人 山口県歯科医師会の職員 等が、公序良俗に反する行為や反社会的な行為があるなら、私のブログから、その指摘された内容、削除もするが、その内容が私のブログにあると思えない。今後、山口県歯科医師会下、その歯科 医療における問題 等、それが、解決をされたならば、山口県歯科医師会相談員から、その指摘をされる個所は、今後、私は、それを削除する。等・・・」、各歯科医師から診療を受けている県民の立場も代表し、私は、山口県歯科医師会相談員へ申し伝えた。(平成29年2月28日、山口県歯科医師会歯科医 医療相談の件に関して、山口県歯科医師会に、カルテと診断書の内容、その相談に行った件、平成29年3月17日、山口県歯科医師会 顧問弁護士より助言を得た。)

平成29年2月28日、上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士と私は、書面をもとに、対談した。

同日、山口県教職員 相談室に行き、以上の内容、及び、下記の内容については、その私が、昭和56年 当時からの山口県 浄土真宗本願寺派 仏教青年会 会員歴、宗教 活動歴もとにして、その方面における、その活動歴がない山口県教職員 相談室 相談員と私は、対談をした。

『平成29年2月27日、萩市 浄土真宗本願寺派、三千坊 坊守様より、挨拶状に関する 下書きの連絡文が、私の許へ到着し、朝方、私からのその返信文を、三千坊 坊守様へ、送信する。 平成29年2月27日 夕方になり、その返信文を見た 三千坊 坊守様から 私の許へ、電話での、連絡が入る。その際、「 平成29年2月26日に、萩市 三千坊へ参拝したおり、三千坊 坊守様へ、私から手渡している私の書面、文面のとおりに、萩市 三千坊 住職と坊守様の間に立つことが、容易ではない状況にあること、今回、平成29年2月27日付 私による返信文、その文章においては、表現もし 書いているつもりの旨 等」を、萩市 浄土真宗本願寺派 三千坊 坊守様へは、私から、申し伝えた。』

井上真央 『花燃ゆ』 最終回を報告、吉田松陰の末の妹・文を演じた女優 井上真央が、平成27年12月13日、山口・防府市にある楫取夫妻の墓前を訪ね、最終回の放送を迎えることを報告されて、平成27年12月14日、吉田松陰 養母の実家にあたる山口県 萩市 国重要文化財民家に指定されている森田家 その祭祀を代表して、私は、防府市 楫取夫妻の墓前を弔った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇部空港開港50年、7月1日に記念式典 11月にかけて記念行事やキャンペーン実施

2016年07月01日 | 山口県 宇部市役所
宇部空港開港50年、7月1日に記念式典 11月にかけて記念行事やキャンペーン実施

昭和41年の開港から50周年を迎える宇部空港で7月1日、記念式典が開催される。空港に係る地方公共団体や航空会社など13機関・部署で構成する開港50周年記念事業連絡会議では、11月にかけて多数の記念行事やキャンペーンの実施を計画している。

7月1日の記念式典では、ANAホールディングス(ANAHD、東京都港区、TYO:9202)関連会社の東京・羽田地区に勤務する社員で構成する「ANAオーケストラ」によるコンサートのほか、関係者らの挨拶、花束贈呈、キャンドルセレモニー、くす玉割りなどが予定されている。

式典には主催者として村岡嗣政山口県知事、来賓として航空会社代表(ANA)、畑原基成山口県議会議長、久保田后子宇部市長らが出席予定。キャンドルセレモニーでは巨大ケーキに50本の蝋燭を立て、50人の小学生とともに空港の50歳を祝う。

当日朝の同空港出発便の搭乗客には、航空3社のロゴと50周年記念ロゴ入りのボールペン、50周年記念クリアファイル等の記念品をプレゼントする。対象便は、7時40分発のANA692便、同45分発のJAL290便、9時40分発のSFJ12/ANA3812便。

このほか、当日は50周年記念フォトフレームを背景にした航空各社職員との記念撮影会、周辺の道の駅が出展する観光物産フェア、宇部市の加工メーカーが開発した「金属製ギター」演奏会などが開催される。

7月1日以降も各種記念行事やキャンペーンが行われる。県交通政策課は7月1日から8月31日まで、空港利用促進振興会と共同で「開港50周年記念アーカイブパネル展」を開催。宇部日報社(宇部市)の協力で、開港から50年間の空港に関する新聞記事を展示する。

宇部市は7月23日の第62回宇部市花火大会で開港50周年記念の音楽花火を打ち上げるほか、11月5日・6日の第65回宇部まつりで各航空会社のブース展示等を行う。

全日本空輸(ANA、東京都港区)は8月1日、萩市などが舞台の映画『八重子のハミング』(平成29年全国公開予定)の特別試写会を宇部市内で開催。また、夏頃をめどに宇部空港で50年前の空港・宇部市内の様子や新聞記事などをパネル展示する記念パネル展を実施する。

ANAでは夏以降、宇部市と共同で羽田空港のディスプレイによる観光PRを実施する。11月には希望者を募集し空港内の公園への山桜の記念植樹を予定している。

航空会社として就航10周年でもあるスターフライヤー(SFJ、北九州市小倉南区、TYO:9206)は夏以降、宇部市と共同で東京線特化型の利用促進キャンペーンの実施を予定。キャンペーンの内容は後日発表する。

県観光連盟は、7月から来年3月までの毎月、開港50周年を記念した観光物産フェアを11回開催する。県観光プロジェクト推進室は、空港ビル会社と共同で国際線ターミナルビル1階の観光情報プラザの展示内容をリニューアルし、秋頃に完成する予定。

・・・ 2016年6月26日00時11分38秒 宇部ジャーナル 配信より - 交通, 行政- タグ: ANA, ANAHD, JAL, スターフライヤー, 久保田后子, 宇部市,

私のコメント: 昭和41年の開港から 50周年を迎える宇部空港で、今まで、その様々な局面において 宇部空港における、各飛行機への燃料 補給や整備 等においても 貢献されている出光興産 航空燃料 担当部 今後のご活躍を祈る。 宇部ジャーナルは、宇部・関門地域を中心に、様々な情報を発信しています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英EU離脱 地方の不満が爆発 経済停滞、離脱派あおる

2016年06月26日 | 山口県 宇部市役所
英EU離脱 地方の不満が爆発 経済停滞、離脱派あおる

【ロンドン三木幸治】英国民は23日の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を選んだ。直前の世論調査の結果では、残留派が盛り返していただけに、国民の選択に離脱派からも驚きの声が上がった。離脱選択の背景には、英国の地方経済の停滞と住民の不満、それをあおった離脱派の戦略があった。

「英国(政府)は冷戦終結後、人口が集中する都市の経済成長に重点を移し、地方住民は長年にわたって不公平感と怒りを感じていた」。英ガーディアン紙のジョン・ハリス記者はそう指摘する。地方では移民流入によって家賃の安い住宅が不足し、労賃の下押し圧力が高まっていた。離脱派は住民の不満をうまく利用し、「金を持っているなら残留に、金を持っていないなら離脱に投票しよう」「テーク・バック・コントロール(主権を取り戻そう)」と呼びかけた。

都市部では住民の7割近くが残留に票を入れたが、郊外や地方都市では離脱が残留を上回るケースが目立った。世論調査によると、学歴による支持の差は顕著で離脱派は大卒以上で29%だが、義務教育修了では66%。年齢別でも、幼い時から英国がEU加盟国だった18〜24歳では離脱派が25%で加盟時に成人していた65歳以上では61%と圧倒的だ。アナリストのサラ・マーティン氏は「保守的な高齢者に(現状への)不満と反発が強かった」と分析する。

世論調査会社「ナットセン・ソシアルリサーチ」のカービー・スウェールズ理事は「離脱派は英国の主権問題に焦点を当てたが、残留派は『離脱すると経済がどれだけ落ち込むか』と経済を重視した」と指摘。残留派の主張は都市住民を対象にしており、地方住民には響かなかったとみられる。

「離脱派が住民投票と総選挙の違いを認識し、効果的な選挙運動を行った」と分析するのは、ロンドン大学のアナンド・メナン教授(欧州政治)だ。総選挙では選挙区で候補者が勝つ必要があるが、住民投票で最も重要なのは投票率で、「離脱派は『選挙に行こう』と訴え続けた」。実際、離脱派の支持者が多いと言われる地域で投票率が上がり、残留派が多いとされるスコットランドでは投票率が伸び悩んだ。

一方、ハリス記者は労働者階級の離脱派を率いていたのは「英国独立党のファラージ党首でもボリス・ジョンソン前ロンドン市長でもない。人々のムードだった」と指摘。「大半の離脱派は、ジョンソン氏らを残留派の人と同じくらいに懐疑的な目で見ている」と大衆迎合的に扇動されたとの見方を否定した。  ・・・ 2016年6月25日、 毎日新聞 22時01分(最終更新 6月26日 01時11分) 配信より

私のコメント: 英国民は、国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を選んだ。離脱選択の背景には、英国の地方の停滞と住民の不満があった。

平成28年6月24日(金) 、宇部市教育委員会 教育長 白石千代様よりの平成28年6月21日付、宇教学び第64号 公文書、及び、宇部市議会議長 重枝尚治様よりの平成28年6月22日付、宇議第177号 公文書、及び、宇部市長 久保田后子様よりの公文書を私は、受け取ったことより、平成28年5月17日に、外務省 中東欧課 石倉様へ報告し、そのG7. 伊勢志摩サミットに対応 件、外務省 経済安全保障課、外務省 中東欧課へ報告を入れ、山口県広報広聴課へ確認している内容も 私から、その説明をしながら、宇部市 広報・シティセールス部 広報課 三好様との連絡対応を持った。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<英EU離脱>世界同時株安に発展 NY株一時500ドル安

2016年06月25日 | 山口県 宇部市役所
<英EU離脱>世界同時株安に発展 NY株一時500ドル安

◇G7財務相と中央銀行総裁が緊急電話協議

 英国の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が確実になったことを受けて24日、世界の金融市場は大荒れとなり、英国を震源地とする世界同時株安の様相となった。主要7カ国(G7)の財務相と中央銀行総裁は緊急電話協議を行い、「市場の動向と金融の安定を緊密に協議し、適切に協力する」などとする共同声明を発表し密接に連携して対応する姿勢を強調した。

 英国のEU離脱が現実味を帯びたことで世界経済の先行き懸念が高まった。投資家の間にリスクを避けようとする姿勢が強まって株が売られ、安全資産とされる円や日本国債などが買われた。

 東京株式市場は全面安となり、東証1部上場銘柄がすべて下落する場面もあった。日経平均株価は取引時間中に前日終値比1374円34銭安の1万4864円01銭まで下落。終値は前日比1286円33銭(7.9%)安の1万4952円02銭で、4カ月ぶりに1万5000円を割り込んだ。

 株安はアジア各国に広がり、韓国の株式指数の終値は3.1%安、中国の指数の終値は1.3%安だった。震源地の欧州の株価指数は一時、英国で8%、ドイツで10%それぞれ下落した。米ニューヨーク株式市場でもダウ工業株30種平均が、取引開始直後に前日終値比500ドル以上(約3%)値下がりした。

 一方、東京外国為替市場の円相場は一時、約2年7カ月ぶりに1ドル=100円を突破し、99円00銭まで急騰した。円は対ユーロ、対ポンドでも上昇。一時1ユーロ=109円30銭、1ポンド=133円31銭といずれも3年6カ月ぶりの円高水準となった。

 金融市場に「英国離脱ショック」が走ったことで、投資家は比較的安全な資産とされる国債市場に資金を移した。東京債券市場では、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りが一時、マイナス0.215%をつけ、過去最低水準を更新した。【和田憲二、片平知宏】 ・・・ 平成28年6月24日(金)、毎日新聞 23時38分配信より

私のコメント: 平成28年6月24日(金) 、宇部市教育委員会 教育長 白石千代様よりの平成28年6月21日付、宇教学び第64号 公文書、及び、宇部市議会議長 重枝尚治様よりの平成28年6月22日付、宇議第177号 公文書、及び、宇部市長 久保田后子様よりの公文書を私は、受け取ったことにもより、平成28年5月17日に、外務省 中東欧課 石倉様へ報告し、そのG7. 伊勢志摩サミットに対応 件、外務省 経済安全保障課、外務省 中東欧課へ報告を入れ、山口県広報広聴課へ確認している内容についても 私から、その説明をしながら、宇部市 広報・シティセールス部 広報課 三好様との連絡対応を持った。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英EU離脱ならG7声明発表へ、市場鎮静化ねらう=政府筋

2016年06月23日 | 山口県 宇部市役所
英EU離脱ならG7声明発表へ、市場鎮静化ねらう=政府筋

[東京 23日 ロイター] - 主要7カ国(G7)は、英国の欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票で離脱派が多数となった場合、市場の鎮静化に向けた緊急声明を出す方向で調整している。複数の政府関係者が23日、明らかにした。G7はこれまでも2014年のウクライナ情勢緊張や、12年の欧州債務危機の深刻化を受けて、市場の混乱を鎮めるために声明を出してきた。今回、離脱となった場合の為替市場の混乱を想定し、過去のG7や20カ国・地域(G20)の声明を参考に「為替の過度の変動や無秩序な動きが経済に悪影響を与えうる」ことなどを確認しつつ、あらゆる政策を動員する姿勢を示す。政府関係者によると、今回は当事者の英国がG7に含まれるため、最終的な文言調整については国民投票の結果が出るまで継続的に行われるもようだ。併せて日本政府は、離脱派が大勝した時の円急騰に備え、麻生太郎財務相の声明を公表することも検討する。 *内容を追加します。・・・平成28年6月23日(木)、ロイター 配信より

私のコメント: 平成28年6月23日(木)、山口県 宇部市議会議長 重枝尚治様より、宇議第177号 平成28年6月22日、私宛ての公文書が到着した。その公文書を読み、その対応のために、私は、宇部市議会 議会総務課 議事調査係 担当 池田様へ、連絡を入れて、宇部市議会議長 重枝尚治様からの「宇議第177号 平成28年6月22日、公文書」に関する話し合いを持った。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇部市職員・地籍調査で書類偽造 (山口県)

2016年06月01日 | 山口県 宇部市役所
宇部市職員・地籍調査で書類偽造 (山口県)

宇部市は1日、土地の境界を決める地籍調査を担当していた職員が書類を偽造していたことを明らかにした。宇部市は、この職員を有印私文書偽造の疑いで警察に告発した。不正な事務処理を行なっていたのは、宇部市地籍調査課に勤務していた38歳の男性主任だ。宇部市によると、男性職員は2010年度から2013年度にかけて土地の境界を確認する地籍調査で所有者があたかも立ち会ったかのように自分で署名・押印をして書類を偽造し、土地の境界線を決めていたという。先月2日、地権者からの指摘で不正が発覚した。この職員による不正な事務処理は16人分で63件あったという。宇部市は、不正を行った男性職員を有印私文書偽造、同行使の疑いで宇部署に告発するとともに、近く懲戒処分を行うという。宇部市の久保田市長は、「再発防止と信頼の回復に全力で取り組む」とコメントしている。 [ 6/1 19:34 山口放送] ・・・ 平成28年6月1日(水)、日テレNEWS24 山口放送 19:34 配信より

私のコメント:

平成28年6月1日(水)、 山口県下、宇部市職員・地籍調査で書類偽造については、他の市町村 各自治体 職員についても、その関係するような同様な話しが、ないかどうか、確認をしていく必要があると感じる。

宇部市広報・シティセールス部広聴課広聴係 においては、下記 記載どおりの対応、「平成28年3月10日、山口県 宇部市広報・シティセールス部広聴課広聴係清水様と私は、連絡対応を持つ。そして、宇部市広報・シティセールス部広聴課長から、宇部市 長久保田 后子氏が、平成21年6月28日、宇部市長に当選以来における宇部市における、政治業績に関し 私に、説明をされたという 内容についても」、その内容が、依然として、続いていることも 皆様へ、公表しますとともに、私に対しては、心ある皆様方による、それに対する温かいご支援も、賜りたいと、お願い申し上げます。

平成28年3月10日、山口県 宇部市広報・シティセールス部広聴課広聴係清水様と私は、連絡対応を持つ。現在、山口県 宇部市広報・シティセールス部広聴課広聴係清水様と私は、fax連絡文を相互にとりかわし、かみあわない点に関し、宇部市役所内において、対談した。そのおりには、宇部市教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課 佐野恵子様には、山口県 宇部市における鎌倉時代からの宇部市内 吉見関係の伝承・その地名について、宇部市教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課においても、吉見の関係者が、存命中に、そのとりまとめをしていってもらいたいという要望についてを伝えた。宇部市広報・シティセールス部広聴課長からは、宇部市 長久保田 后子氏が、平成21年6月28日、宇部市長に当選以来における宇部市における、政治業績に関し 私に、説明をされた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口県宇部市役所広報・シティセールス部 広報課 より

2016年04月06日 | 山口県 宇部市役所
平成28年4月6日、宇部市長 久保田后子氏に 面会希望しているにもかかわらず、山口県宇部市役所広報・シティセールス部 広報課 清水様より、それに対し、脅しと脅迫拒否の言動も、私に対し、繰り返し、続いたために、やむなく、宇部市長 久保田后子氏への私からの連絡内容も 表記して、その後、宇部市長 久保田后子氏によるこの度、宇部市教育委員会 松田靖教育次長における、その人事、 山口県教育庁内に関しては、今後の対応もあるので、山口県教育庁 教育政策課 教育企画班 安武宏典主査に 私は、面会し、山口県教育庁 教育政策課 内において、私からの書面と宇部市長 久保田后子氏から私への手紙に関し、その経緯、その説明もした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇部市長 久保田后子氏による・・・

2016年03月28日 | 山口県 宇部市役所
平成28年3月1日(火)、平成27年度 公立学校卒業証書の授与式が、山口県で実施された。山口県立防府商工高等学校の卒業証書授与式には、山口県村岡嗣政知事が、出席され、式辞を述べられた。山口県立防府商工高等学校 卒業式へ私は、出席し、山口県村岡嗣政知事からの式辞も、拝聴した。

同日、山口県宇部市 広聴課 清水様からの連絡内容を私は、受けて、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、その内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査からは、「平成8年頃から、県と市との行政は、横並びという視線となって、山口県から宇部市へ、どうこう言うこと山口県宇部市 広聴課 清水様からの連絡ができなくなった。」と言われた。

平成28年3月28日(月)、山口県 宇部市長 久保田后子氏による、その私への手紙内容も受けて、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、その内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行く。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査からの内容に関する助言を得て、山口県教育委員会教育長からの私に対し、その文書内容における経過 等の対応があるために、私は、山口県教育庁 人権教育課 推進班、山口県教職員相談室 担当の職員へ報告しに行く、更に、山口市役所 広報広聴課、市民税課、及び、山口市 都市整備部 都市整備課 市街地整備担当 塩川勝重主幹 、山口市 都市整備部 計画整備課 街路公園担当 田中秀実主幹の許へ、その関係している内容の説明に行った。同日、山口県宇部市役所 広聴課 清水様からは 私が、平成28年3月26日付け郵送便における、再請求書が、山口県宇部市役所 宇部市長 久保田后子氏、宇部市役所 広聴課 清水様へ 到着した旨の連絡を受けた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<選抜高校野球>最後まで流れ引き戻せず 東邦・藤嶋

2016年03月26日 | 山口県 宇部市役所
<選抜高校野球>最後まで流れ引き戻せず 東邦・藤嶋

 ○明石商(兵庫)3-0東邦(愛知)●(2回戦・26日)

 ◇東邦・藤嶋健人投手(3年)

 痛烈な当たりが中堅を超えると、思わず天を仰いだ。そして、苦笑い。0-1の七回1死二塁。適時二塁打で決定的な2点目を許すと、最後まで流れを引き戻せなかった。

 球が高かった。この適時二塁打も内角を狙った球が外角高めへ。八回の3失点目も浮いた直球を狙われた。「力みもあった。投げよう、投げようとしてしまった」

 一昨年夏は1年生で甲子園の土を踏み、マウンドで叫ぶ気迫あふれる姿が注目を集めた。ただ、闘争心が力みにつながり、痛打を浴びることもあった。主将を任されて精神面をコントロールできるようになったはずが、大舞台でまたも悪癖が顔をのぞかせた。「その辺が甘いところかな」

 優勝候補のエース兼4番。打席ではチーム唯一の複数安打を放つ意地も見せた。それでも届かなかった頂点。「完敗か?」と報道陣に問われると、きっぱり否定し、「次やったら、絶対負けるわけにはいかない」。闘争心を手なずけ、成長の手助けにしていきたい。【新井隆一】 ・・・ 平成28年3月26日(土)、毎日新聞 18時43分配信より

私のコメント: 平成28年3月26日、選抜高校野球 兵庫県へ出張中 山口県高校野球連盟会長との間において、私は、電話での連絡対応を持った。その内容は、以下、平成28年3月26日(土)に、宇広要第138号 平成28年3月25日 付け 山口県宇部市長 久保田后子様による 私へ対する返信文は、私が、山口県宇部市長 久保田后子様へ、請求書として出した書面を「市長への手紙」として、すりかえもされ、その返事をされるという宇部市長 久保田后子様 による政治行為は、私に対して、精神的な、非情な、苦痛を負わせているため、宇部市長 久保田后子様に対し、平成28年3月26日、私は、その内容に関しての再請求もし、また、今回、新たな証拠資料として、その証拠書類 平成22年教職第485号 平成23年2月3日 山口県教育委員会教育長 教職員課人事企画班 担当 人事企画班教育調整監主幹 松田靖氏 による書面(写し)別紙も、今回、山口県宇部市長 久保田后子様には、それを提出し、今後の対応に関し、山口県高校野球連盟会長から 私への助言を求めたという内容。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関西電力、高浜原発3号機の運転を停止

2016年03月10日 | 山口県 宇部市役所
関西電力、高浜原発3号機の運転を停止

関西電力高浜原子力発電所3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分決定を受け、関電は10日夜、運転中だった3号機を停止させた。

 司法判断で運転中の原発が止まるのは初めて。

 この日午前10時、核分裂反応を抑える制御棒を原子炉に挿入する作業を開始。徐々に出力を下げ、原子炉は午後7時59分に停止した。

 3号機は1月29日に再稼働し、2月26日から営業運転していた。4号機は2月26日に再稼働したが、3日後に原子炉が自動停止するトラブルが発生。現在は冷温停止の状態で、稼働していない。 ・・・ 平成28年3月10日(木)、読売新聞 20時17分配信より

私のコメント: 平成28年3月10日、山口県 宇部市広報・シティセールス部広聴課広聴係清水様と私は、連絡対応を持つ。現在、山口県 宇部市広報・シティセールス部広聴課広聴係清水様と私は、fax連絡文を相互にとりかわし、かみあわない点に関し、宇部市役所内において、対談した。そのおりには、宇部市教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課 佐野恵子様には、山口県 宇部市における鎌倉時代からの宇部市内 吉見関係の伝承・その地名について、宇部市教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課においても、吉見の関係者が、存命中に、そのとりまとめをしていってもらいたいという要望についてを伝えた。宇部市広報・シティセールス部広聴課長からは、宇部市長 久保田 后子氏が、平成21年6月28日、宇部市長に当選以来における宇部市における、政治業績に関し 私に、説明をされた。宇部市ホームページ 「市長の部屋」内に「市長の活動」ページが新設されました。ご覧下さい。

平成28年3月10日(木)、出光興産株式会社 広報CRS室を経由し、私は、出光興産株式会社 本社 販売部 則定様と出光興産株式会社 徳山支店があった当時の山口県下 宇部市の状況に関し、その連絡対応を持った。

平成28年3月9日(水)、山口市 山口合同ガス株式会社 山口支店へ私は、行き、山口合同ガス株式会社 山口支店 供給部 供給課 立石義雄課長と私は、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書 」に関する 面談し、自宅の前には、自家所有の駐車場 スペースもあるため、その条件をつけて、私は、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書 」に関する契約書をとりかわした。

平成28年3月9日(水)の同日、防府市 防府ロータリークラブ インターアクトクラブ活動 顧問教師の立場において、私が、お世話になっていた株式会社 羽嶋松翠園 代表取締役 羽嶋秀一様のもとへ、連絡を入れた。

平成28年3月7日(月)、山口市 山口合同ガス株式会社 山口支店へ私は、行き、山口合同ガス株式会社 山口支店 供給部 供給課 立石義雄課長と私は、「 ガス導管埋設のための私道使用承諾書 」に関する 面談をした。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇部市広報・シティセールス部広聴課、宇部市教育委員会

2016年03月10日 | 山口県 宇部市役所
平成28年3月10日、山口県 宇部市広報・シティセールス部広聴課広聴係清水様と私は、連絡対応を持つ。現在、山口県 宇部市広報・シティセールス部広聴課広聴係清水様と私は、fax連絡文を相互にとりかわし、かみあわない点に関し、宇部市役所内において、対談した。そのおりには、宇部市教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課 佐野恵子様には、山口県 宇部市における鎌倉時代からの宇部市内 吉見関係の伝承・その地名について、宇部市教育委員会事務局 学びの森くすのき・地域文化交流課においても、吉見の関係者が、存命中に、そのとりまとめをしていってもらいたいという要望についてを伝えた。宇部市広報・シティセールス部広聴課長からは、宇部市 長久保田 后子氏が、平成21年6月28日、宇部市長に当選以来における宇部市における、政治業績に関し 私に、説明をされた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口県宇部市広聴課

2016年03月04日 | 山口県 宇部市役所
平成28年3月4日(金)、山口県宇部市広聴課 より連絡文をいただき、その内容文に関し、私が理解できない点に関して、その問い合わせを山口県宇部市広聴課 へ入れた。

その関係する 配信 記事

平成28年3月2日(水)、私が、山口県 総合企画部 広報広聴課  県民相談 担当 山根真裕美 主査へ 平成28年3月1日、面談し、以下、その連絡している内容に関する、確認を入れた。

平成28年3月1日(火)、平成27年度 公立学校卒業証書の授与式が、山口県で実施された。山口県立防府商工高等学校の卒業証書授与式には、山口県村岡嗣政知事が、出席され、式辞を述べられた。山口県立防府商工高等学校 卒業式へ私は、出席し、山口県村岡嗣政知事からの式辞も、拝聴した。

同日、山口県宇部市 広聴課 清水様からの連絡内容を私は、受けて、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査のもとへ、その内容に関し、前 山口県山本繁太郎知事と私との今までの対談内容に関する内容もあるために、相談に行った。山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査からは、「平成8年頃から、県と市との行政は、横並びという視線となって、山口県から宇部市へ、どうこう言うことができなくなった。」と言われたために、私からは、山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査に対し、「 山口県 宇部市長 久保田后子氏による対応 原因がもとで、心痛になり、山口県知事が、病気になったり、その後においては、亡くなったり、また、現 山口県村岡嗣政知事や山口県全体のイメージが、今後 さらに ダウンしないようにと、平成30年 明治維新150年に向け、 やまぐち幕末ISHIN祭 を山口県における、今後の展開の内容も照らし (  防府市による 今までのNHK 大河ドラマ 花燃ゆ、防府市税 予算配分、その市民税 費用対効果 等における結果の対応もあり )また、 宇部市長 久保田后子氏 へ 平成28年2月22日、宇部市 広報・シティセールス部 秘書課長 谷山幸恵氏を通じて、私が、書面で、その請求し連絡している内容については、迅速に、宇部市役所から善処するようにと、・・・等 山口県広報広聴課 県民相談担当 山根真裕美主査から、山口県宇部市 広聴課へ伝えて欲しい 」旨を伝えた。

平成28年3月2日(水)、山口県 総合企画部 広報広聴課 県民相談 担当 山根真裕美 主査に山口県民相談室内て、平成28年3月2日に、面談し その内容に関しては、山口県教育庁 人権教育課 推進班 主査、指導主事へ、私からの今までの経緯に関する書面 内容について、私は、その写しをとってもらい、対応もしてもらう。

同日、今までの経緯に関しては、山口県 山口市総合政策部 広報広聴課 公聴担当 兼 市民相談担当 中川義則 主幹、山口市総合政策部 政策管理室長補佐 兼企画経営課 総務担当主幹 兼 中核都市推進室 中村武司 主幹とも私は、面談した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加