地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷

地震・噴火・気象災害への対応 文学・文化論攷、副題( 森鴎外と福沢諭吉、三田文学における その後 ・・・ )

「竹島の日」記念式典シンポ 内閣官房室長が参加へ 松江で2月22日

2018年01月11日 | 赤十字活動
「竹島の日」記念式典シンポ 内閣官房室長が参加へ 松江で2月22日

1/11(木) 7:55配信

島根県が制定する「竹島の日」の2月22日、松江市の県民会館で第13回記念式典が開かれる。「竹島問題解決に向けた取り組み」と題したシンポジウムが予定され、内閣官房領土・主権対策企画調整室の高田潔室長が参加する。式典のシンポジウムやフォーラムなどに政府関係者が登壇するのは初めて。式典は、同県と県議会、竹島・北方領土返還要求運動県民会議の3者が主催。シンポジウムのほか、竹島に関する調査・研究協力者や資料提供者、体験証言者らに感謝状が贈られ、竹島領土権確立隠岐期成同盟会の代表者が、問題解決に向けた決意を表明する。式典会場で、シンポジウムやフォーラムなどの形式で竹島問題について討論するのは、平成23年の第6回式典以来だが、政府関係者が登壇するのは初めて。高田室長のほか、島根県が設置した竹島問題研究会の座長を務める下條正男・拓殖大国際学部教授や副座長の佐々木茂・松徳学院高校教諭らが出席する。県竹島対策室は「領土問題の解決や外交交渉などに当たるのは政府。シンポジウムに参加してもらえるのは意義深く、今後の取り組みについて認識を共有したい」としている。内閣官房領土・主権対策企画調整室では「島根県のこれまでの取り組みに敬意を表したい。内閣官房も平成25年2月の企画調整室発足以降は式典に担当政務官が出席し、県の研究会にも担当者がオブザーバー参加している。今後も問題解決に向けて連携したい」と話している。竹島問題をめぐり、島根県は、政府に対し「竹島の日」の閣議決定と国主催の式典開催を要請し、それらの実現までの間は首相や関係閣僚に県の式典へ出席するよう求めている。

【関連記事】
• 知人殺害しようと加熱式たばこに水銀注入、男を逮捕 滋賀
• 不法滞在の中国人らに農作業→収益4900万円隠す 容疑の夫婦を逮捕 茨城
• 静岡県湖西市議会衝撃 児童買春容疑で市議逮捕 辞職避けられずと関係者
• 納谷「力士になれた感じ」 大鵬の孫が新弟子検査受検 初場所でデビューへ
•松嶋尚美、結婚前の破局を明かす「もうプライド高すぎて」

・・・ 2018/1/11(木)、産経新聞 7:55配信 より

私のコメント : 平成30年1月11日、島根県庁 総務課 みなみやま様から、私の許へ、下記 『竹島の日』 私から、その説明している内容、連絡が入り、島根県庁 総務課に対応する。

島根県 出雲市教育委員会と津和野町教育委員会 文化財保護課との文化交流も今までにも、ある。私は、津和野町教育委員会 文化財保護課 職員との間における文化交流と対話 等も通じ、赤十字活動における、島根県下、各地域における文化と歴史発掘における交流、日本赤十字社 青少年赤十字指導者養成へ、教員による、その参加活動、島根県下の各小中学校における青少年赤十字指導の立場にある教職員との間との連携も、それを深めつつ、今回のような学校 事故が、再発しないようにと私は、山口県赤十字賛助奉仕団の一員としての立場で、島根県 日本赤十字社 職員へ 対し 努力もしている。

平成29年5月15日(月)、島根県 津和野町 総務財政課 金子係長との連絡対応、当日、その二度にわたる連絡 対応を持つ。

平成29年5月15日(月)、島根県益田市 危機管理課 廣瀬 雅 課長と私は、私からの島根県益田市長宛ての連絡書面をもとに、以下の対応もあり、その電話における対談をした。

平成29年4月27日、島根県 益田市 総務部 危機管理課 廣瀬 雅 課長と「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、島根県 益田市、津和野町、吉賀町、山口県 岩国市、山口市、宇部市、防府市、 萩市 等 広域における内容、島根県下における一般住民の安全も私は、考え、島根県 益田市 亀井事務所 西村職員に、同席をしてもらい、島根県 益田市 総務部 危機管理課 応接室において、山口県 広報 広聴課へ、私からの既提出済みにおける説明の書面をもとに、対談し、各文書の内容における、その注意点を指摘した。

平成29年4月26日、島根県 益田市への公文書 開示請求した後の経過も経て、私は、その対応先である、島根県 益田市 秘書広報課 職員と連絡対応を持った。同日、島根県 津和野町 総務財政課 職員との間にて、私は、その関係する内容に関し、連絡対応を有した。

平成29年4月25日、島根県 益田市役所内 島根県 益田市 建築部 建築課 石川主任技師と私は、面談した後、益田市役所 総務部 危機管理課 篠原主査との間で、益田市 危機管理に関し、会話も交わした。益田市 亀井事務所 鶴頭氏と 益田市 社会福祉 施設 話題を中心にし、対談し、その際、益田市 亀井事務所 鶴頭氏から島根県 益田市にある、株式会社 ひょうま 益田本店の場所を教えてもらい、株式会社 ひょうま 益田本店 まで行き、仏事品 購入して、株式会社 ひょうま 益田本店 営業員と私は、対談をした。

........................................................................
小室圭さんは横浜市港北区在住。

大学在学中は東京都内の塾で講師のアルバイトをしたほか、自宅近くのフランス料理店でもアルバイトをした。18歳で神奈川県藤沢市の「湘南江の島海の女王&海の王子コンテスト」に応募し、「海の王子」に選ばれた。大学卒業後、大手都銀勤務を経て、現在は東京都中央区の法律事務所に勤務している。そのかたわら、一橋大大学院国際企業戦略研究科に通い、経営法務を専攻しているという。法律事務所の上司は16日夜、報道陣の取材に応じ、「(交際について)全く知らず、ただただ驚いている」と話した。同日夜にニュースが流れた後、小室さんから電話で「報告していなくてすいません」と連絡があり、「びっくりしたけど、おめでたいですね」と祝福したという。・・・ 平成29年5月17日(水)、読売新聞 0:33配信より

私のコメント : 平成29年5月17日(水)、 私は、 山口県 広報広聴課 佐藤理子主査との間にて、私は、以下の内容に関係する内容に関係し、その関係する連絡と対応を持った。

平成29年5月13日(土)、今まで、私は、平成29年4月27日に、島根県 益田市 総務部 危機管理課 廣瀬 雅課長と面談し、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、島根県 益田市、津和野町、吉賀町、山口県 岩国市、山口市、宇部市、防府市、萩市 等 広域における内容、島根県下における一般住民の安全も 私は、考え、島根県 益田市 亀井事務所 西村職員に、同席をしてもらい、島根県 益田市 総務部 危機管理課 応接室において、山口県 広報 広聴課へ、私からの既提出済みにおける説明の書面をもとに、対談し、各文書の内容における、その注意点を指摘した という 島根県益田市との間における事実経緯があり、そのため、島根県 益田市 秘書広報課 秘書課長から 当該 私への対応に、その起因をしている、今までの対応により、私からの意見は、益田市 秘書課長に対し、述べ、その後の対応に関する返事に関しては、島根県 益田市役所 秘書課長より、待っている最中である。

平成29年4月26日、島根県 益田市への公文書 開示請求した後の経過も経て、私は、その対応先である、島根県 益田市 秘書広報課 職員と連絡対応を持った。同日、島根県 津和野町 総務財政課 職員との間にて、私は、その関係する内容に関し、連絡対応を有した。

平成29年4月26日、島根県 益田市役所 職員と私は、以上と以下 内容に関係する内容においての連絡と対応を持った。

平成29年4月25日、島根県 益田市役所内 島根県 益田市 建築部 建築課 石川主任技師と私は、面談した後、益田市役所 総務部 危機管理課 篠原主査との間で、益田市 危機管理に関し、会話も交わした。益田市 亀井事務所 鶴頭氏と 益田市 社会福祉 施設 話題を中心にし、対談し、その際、益田市 亀井事務所 鶴頭氏から島根県 益田市にある、株式会社 ひょうま 益田本店の場所を教えてもらい、株式会社 ひょうま 益田本店 まで行き、仏事品 購入して、株式会社 ひょうま 益田本店 営業員と私は、対談をした。

平成29年4月27日、島根県 益田市 総務部 危機管理課 廣瀬 雅課長と「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」に関係し、島根県 益田市、津和野町、吉賀町、山口県 岩国市、山口市、宇部市、防府市、萩市 等 広域における内容、島根県下における一般住民の安全も私は、考え、島根県 益田市 亀井事務所 西村職員に、同席をしてもらい、島根県 益田市 総務部 危機管理課 応接室において、山口県 広報 広聴課へ、私からの既提出済みにおける説明の書面をもとに、対談し、各文書の内容における、その注意点を指摘した。

平成29年5月17日(水)、 島根県 益田市 総務部 秘書課長より、私のもとへ、島根県 益田市長より、益田市 危機管理課における、私に対し、公文書開示決定通知書をもとに、その後、その内容に関する 益田市 危機管理課長と私は、益田市役所にて、面談もし、また、その後の対応があり、益田市長からの連絡をいただいた。

平成29年5月16日(火)、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班 内藤智芳主査と私は、面談し、山口県 教育庁 社会教育・文化財課 文化財保護班 世界文化遺産推進室 松藤 暢邦主査との対応の経緯も、踏まえて、明治維新150年祭、明治150年記念事業山口県推進事業に関係する内容にて、私が、山口県 萩市 文化財保護課、及び、 山口県 山口市 教育委員会 文化財保護課 文化財保護担当 肱岡圭介主事と私が、その面談に関する内容を主体にして、その相談をし、その内容に関しては、今まで、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生や宮内庁 宮務課との間でも、私との連絡 対応 等もあるため、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班 内藤智芳主査へ助言を求めた。その際に、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班 内藤智芳主査からは、私の説明における、関係書類における写しも、撮っていただき、親切、丁寧な 対応も、いただき、後日、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班からの正式な回答をいただけるという運びとなった。

.............................................................................
麻生副総理「想像超す異常事態」 九州豪雨関係閣僚会議

九州北部を中心とした豪雨による多数の安否不明や土砂災害の発生を受け、政府は6日午前9時から、首相官邸で関係閣僚会議を開き、被害情報の把握や人命救助に全力であたることを確認した。麻生太郎副総理兼財務相や菅義偉官房長官、稲田朋美防衛相らが出席した。

【写真】関係閣僚会議で話す麻生太郎副総理(左から2人目)=6日午前9時1分、首相官邸、竹花徹朗撮影

会議では、麻生氏が「7月の降雨量のほとんどが半日でいっぺんに集中し、想像を超えるものになっている。異常事態であることに間違いない」と説明。「河川の氾濫(はんらん)、土砂災害はこれからも発生が予想される。数多くの安否の不明者がいる。事態は極めて深刻な状況にある」と述べた。土砂崩落で孤立している福岡県東峰村について、麻生氏は「連絡がとれるところまできた」とし、「強いリーダーシップを発揮し、被害者の救命・救助、住民の避難対策など、被害の拡大防止に全力を尽くしてもらいたい」と指示した。安倍晋三首相は、ドイツで開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせた欧州6カ国歴訪のため、日本を離れている。 朝日新聞社 ・・・ 平成29年7月6日(木)、朝日新聞 10:07 配信より

私のコメント : 平成29年5月29日、寺内 正毅 朝鮮総督の秘書官 吉田茂氏・・・ 及び、当時の外交官 吉田寛氏 おける、その当時 外交内容の対応にもより、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」へ私が、対応している内容を財務大臣 麻生太郎代議士 東京 永田町 衆議院 議員会館 山口秘書の許へ、私は、電話で、その連絡し、財務大臣 麻生太郎代議士 衆議院議員会館 における 山口秘書からの対応を持つことができた。
...................................................................................
北朝鮮ミサイルで 岩国市にただす  (山口県)

米軍岩国基地への空母艦載機部隊の移転計画だ。北朝鮮の弾道ミサイル発射が続く中、岩国市の井原勝介元市長が29日、朝鮮半島の緊張が緩和されるまで艦載機移転の延期をすべきだとして岩国市にその対応を質した。北朝鮮は日本時間の29日午前5時40分ごろ、東部の元山付近から日本海に向け弾道ミサイルを発射、日本の排他的経済水域内に落下したと推定されている。北朝鮮をめぐる緊張が続く中、岩国市の井原・元市長が代表をつとめる市民政党「草の根」は29日、朝鮮半島の緊張が緩和されるまで艦載機移転の延期を求めるべきではないかと岩国市に見解をただした。また「草の根」では、ミサイルへの対応に関して国の方針をそのまま伝えるだけではなく実態に即した対応を検討し、対策をとるべきだと指摘している。草の根では速やかな文書回答を岩国市に求めている。・・・ 平成29年5月29日、 山口放送 18:11 配信より

私のコメント : 平成29年5月29日、山口県 岩国市の井原勝介元市長が代表をつとめる市民政党「草の根」は29日、朝鮮半島の緊張が緩和されるまで艦載機移転の延期をすべきだとして岩国市にその対応を質した。

平成29年5月29日、寺内 正毅 朝鮮総督の秘書官 吉田茂氏・・・ 及び、当時の外交官 吉田寛氏 おける、その当時 外交内容の対応にもより、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」へ私が、対応している内容を財務大臣 麻生太郎代議士 東京 永田町 衆議院 議員会館 山口秘書の許へ、私は、電話で、その連絡し、財務大臣 麻生太郎代議士 衆議院議員会館 における 山口秘書からの対応を持つことができた。

平成29年5月29日、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と私が、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題の当事者としての立場で、その対談もし、外務省と私との今までにおける、連絡経緯、及び、その現在に至る、私の現況に関して、その説明内容に関し、その確認連絡文を 財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長 に送り、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長から、私の許へ、連絡が入り、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と対談した。その後、島根県 益田市役所 秘書課長と私は、その内容に関する案件につき、1日に2回、その連絡と対応を持った。

平成29年5月12日、「麻生太郎財務大臣 による 山口県 萩市民館 講演」に関する話題に関し、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と私は、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題の当事者としての立場で、対談し、外務省との間における、その連絡、事実経緯、及び、その現在に至る、私の現況について 説明を入れた。

同日、島根県 益田市 亀井事務所 職員との間にて、私は、今までの件に関し、その連絡対応を持った。

同日、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と私が、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題の当事者としての立場で、その対談もし、外務省と私との今までにおける、連絡経緯、及び、その現在に至る、私の現況に関して、その説明内容に関しての確認、「麻生太郎財務大臣 による 山口県 萩市民館 講演」に関する財務省 大臣官房 人事課 担当の許へと入れた。
.....................................................
平成29年8月20日(日)、「2017年 中国地方合同ハムの集いin 山口」が、山口県山口市 「防長苑」で開催され、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 会長 高尾義則様より、東邦大学 薬学部における 「災害時におけるアマチュア無線の役割」、薬学部 学生へ向けての講義 内容 等についても、「2017年 中国地方合同ハムの集いin 山口」の参加者は、拝聴することもできた。私は、私の学生時代に、東京都内 (東京都 大田区 大森西) 東邦大学 医学部生との親交 等 もあり、東京都 近郊にある 東邦大学 講義 内容、一際、理解をすることができた。

「山口県赤十字アマチュア無線奉仕団」について、日本赤十字社では、「ボランティア団体」のことを、「奉仕団」と言います。「2017年 中国地方合同ハムの集いin 山口」にて、私は、山口県赤十字アマチュア無線奉仕団 上利雅幸委員長と対談し、過去、私は、公立高等学校 教諭としての立場で、山口県赤十字アマチュア無線奉仕団 団員であったが、外務省 官房総務課からの対応、並びに、日本赤十字社 本社 国際部企画課、日本赤十字社 島根県支部 等についても、私の勤務先の許に入り、私の勤務先 学校の業務についても、その多忙を極めたために、両立がむつかしくなっていった経緯に関しては、それを簡略に説明し、今後、学校現場における 小中高の各教員においても、学校現場における その教員の仕事とも並立でき、各自の自由意志において、「山口県赤十字アマチュア無線奉仕団」へ参加できるような体制づくりについても、日本赤十字社に、求められていく旨 に関する、私からの説明について、山口県赤十字アマチュア無線奉仕団 上利雅幸委員長の許へ、と、入れおいた。

........................................................................
『竹島の日』島根だけに背負わせるな…12回目の式典、形骸化否めず

2017.3.15 09:59更新

「竹島の日」の先月22日、松江市で島根県主催の記念式典が行われたが、12回目ともなるとマンネリ化、形骸化は否めないようで、場外での小競り合いさえ、予定調和のように思えてくる。ただ、今年は日本の駐韓大使が一時帰国したままでの開催だった。昨年は政府が式典出席者を発表したのは開催10日前だったが、今年は直前の21日まで発表がなく、「首相か閣僚のお出ましか!?」と妄想もふくらんだが、結局派遣されたのは5年連続で内閣府政務官だった。かつて国主催の式典開催を公約に掲げた現政権。日韓関係が冷え込む今こそ閣僚級派遣を既成事実化させる好機ではなかったか。松本純・領土問題担当相は「諸般の事情を踏まえ総合的に判断した」と政務官派遣の理由を説明した。諸般の事情は大きく変わったのに判断は同じだった。これを韓国側が“抗議してくれた”のは形骸化を避ける救いだったか、いやこれもマンネリか。韓国による竹島不法占拠の出発点となった「李承晩ライン」絡みで拿捕(だほ)・抑留された松江市の小川岩夫さん(78)に「問題解決に向けて何もしていない」と嘆かせるわが国政府は何を考えているのか。竹島問題を島根県だけに背負わせてよいのか。そんなことを考えつつ、会場で売っていた饅頭(まんじゅう)「竹島ものがたり」に手を伸ばし、竹島の島影をかたどった饅頭のてっぺんに爪楊枝(つまようじ)のついたオマケの日の丸を刺してみたのだった。   (小林宏之)

・・・ 2017.3.15、産経新聞 09:59更新 配信より

私のコメント : 平成29年12月16日、山口県薬務課との今迄における、その対応について、日本赤十字社 山口県支部、昔から、その献血推進における諸活動にて、その行動を共にしていた山口県赤十字血液センター 職員と私は、山口市内 ユメタウン 献血車の前にて、面談し、以下の対応があり、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後の対応があり、簡略に、山口県赤十字血液センター 職員へ、その説明を申し上げた。

平成29年10月23日、ニューヨーク 国際連合 本部に勤務され 地元、山口県 山口市へ日本の国連貢献の連絡をされていた 当時、国際連合における医療活動に従事されていた楠川 晃医師 ニューヨーク 国際連合 本部からの対応、及び、慶應義塾大学 産業研究所 並び、慶應義塾大学 福澤研究センター 西川俊作 所長 ( 慶應義塾 福澤研究センターは、福沢諭吉やその門下生、福沢の創立した慶應義塾及びその出身者・関係者の事績について幅広く資料収集・調査研究を行い、さらには福沢や義塾を視野に置きつつ、広く近代日本の研究を目的として設置されています。ですから学校史の編纂所・資料室の機能を備えつつ、役割はそれにとどまりません。その目的を達成するために、慶應義塾 福澤研究センターは慶應義塾内の諸学部・一貫教育校の枠を越えた全塾的な共同研究機関と位置づけられ、義塾外の研究者とも隔てなく連携しながら活動しています。研究・収蔵のための主な施設は、慶應義塾の象徴ともいえる三田キャンパス内の慶應義塾図書館旧館に置かれています。 ) からも、私は、その対応による各経過もへて、ようやく、平成29年10月23日、島根県 津和野町教育委員会文化係より、津和野町 畑迫病院 初代院長 吉田興三医師は、ドイツ人 御雇医師 ヨンケルに学び、その後、東京大学 医学部を卒業され、森林太郎の一年後輩に関する書面による連絡文 受け、東京大学 医学部 血清学研究における 明治33年 当時 細菌研究所、日本国内で、その血清を完成させていく経緯 等の確認をしていくことも、できるようになった。
...................................................................
蘭学資料研究会 研究報告 東京大学医学部血清学教室内 「毛利藩の蘭学」 昭和36年10月21日より

毛利藩の蘭学資料目録

蘭書の部
1)Roode,T.G.A.Dr.:Handboek der natunrkude van den Hollandish,vertaald door K.J.Y.Ipma.Amst.,1809 pp.1631 (mai) (Oomura)
2)Haarst,Wm.van :Natuurbeschouwingen voor jonge lieden,ter verdeling van verstand en hart.le en LeStjkje(in een boek).Amst.,1820-23

以下 省略

( 山口県立図書館 及び 山口大学図書館 蔵 )

13) 省略
14)Dr.von Siebold : Tot Gedachtenis aon mynen vriend Koemaja (Handschrift). 1829 (Hagi-Kumaya)

( 以上 萩、熊谷家 蔵 )

以下 省略

附録  大村益次郎蔵書目録  大村益次郎文書保存会
1. Kleine Oorlog
2.Tweede Afdeeling voor het Tuig.
3.Handboek der natuurkunde van den Hollandsch.

以下 省略

昭和36年10月21日 当時、蘭学資料研究会は、東京大学医学部 血清学教室にありました。蘭学資料研究会 現況について、東京大学から、その後、当方へ連絡が、有りません。その近況については、残念ながら 存じ上げていませんこと報告します。

........................................................................
秋篠宮さまハンガリーに到着 眞子さまと私的旅行

2017/8/19 08:31

【ブダペスト共同】秋篠宮さまは18日夜(日本時間19日朝)、ハンガリーの首都ブダペストの空港に到着された。9月に婚約内定発表を控える長女眞子さまとの私的旅行。眞子さまも羽田空港を遅れて出発しており、19日に現地で合流する。ライフワークとする家畜の研究が目的。眞子さまと農場や博物館などを視察する。国内で公務があった眞子さまは日本時間19日未明に羽田空港を出発、現地時間19日午前にブダペストに到着する。・・・ 平成29年8月19日(土)、共同通信 配信より

私のコメント : 平成29年8月19日(土)、昭和天皇における、その御 膝治療にも関わりを持っていた医学博士の私の叔父からの伝言もあり、今後の医療体制 維持にかかわって、防府市 医学博士の内科医と私は、対談をした。そのおりに、以下の対応もあり、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について、その防府ロータリークラブ 会員である医学博士へ手渡し、現況における私の身の回りの出来事の多くは、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について 私が、その寄稿している説明、内容文のとおり、その当時から、防府ロータリークラブ 会員、会長、幹事 からの その対応によるところが、多い 旨 等について 簡略に説明もした。

平成29年8月18日(金)、山口県教育委員会 高等学校進学奨励費担当 河本憲明氏と私は、面談し、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」に関し、その会報を山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹へ、8月18日に、私が、手渡し、説明した経緯について、簡略な説明も入れ、その後の対応もあるため、今まで、私が、相談している山口県教育委員会の担当職へ、今回の内容に関しても、山口県教育委員会 各学校教育現場での対応もあるため、担当職には、その内容を確認てほしい 旨の伝言を入れた。

平成29年8月18日、山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号の私が執筆投稿している内容に沿い、山口県下において過去、その献血運動推進全国大会 第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))たまわった 皇太子殿下が, ご視察(山口赤十字病院(山口市)) 等の各内容にも 及び、山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹と、第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))後における 山口県 健康福祉部 薬務課から私への 各種に亘る対応に関し、面談をし 宮内庁 宮務課 職員 関口様と私との今までの対応 等 に関しても、簡略に、その説明も入れた。その際の間、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後 開示について、その平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付 私が、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹へ、それを支払い、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から、その領収書を受け取った。

平成29年8月17日(木)、 山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私は、以下の経緯があり、その内容に関する対談した。

平成29年8月7日(月)、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入り、対談した。

平成29年8月4日(金)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した「地域で活躍する人たちのトークセッション」における対談内容、及び、『  加計学園、獣医学部定員減らす 文科省審議会「多すぎる」   愛媛県今治市で獣医学部の新設を計画している学校法人「加計(かけ)学園」が、文部科学省の審議会から「定員が多すぎる」と指摘を受け、学生の入学定員を百六十人から百四十人に修正したことが市の関係者などへの取材で分かった。審議会は八月中に学部設置の可否を判断し、文科相に答申する見通しだ。加計学園は三月末、学部の設置認可を求める申請書を文科相に提出。市関係者によると、審議会から学園の計画に指摘があった。獣医系大学の定員はこれまで全国の十六校で計九百三十人に抑えられ、最多の大学でも百二十人だった。加計学園の計画は既存大学の規模を大きく上回り、日本獣医師会などから獣医師の質の低下を心配する声が上がっている。加計学園の開設準備責任者の吉川泰弘・新学部設置準備室長は取材に、「変更届を出したが、変更内容は明かせない」と答えた。 ・・・ 2017年8月7日  東京新聞 朝刊 配信より  』 配信記事の内容との各対応があるため、私は、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入った山口県 健康福祉部 薬務課 における業務内容についての連絡と調整を山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹との間では、行った。

平成29年8月5日(土)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 8月4日、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した。この日は、県警の警察官らが周辺を警戒。昭恵夫人は約1時間35分間のトークセッションを終え、報道陣には姿を見せずに帰った。

......................................................................
山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹による 私との各対応に関しては、・・・

平成29年8月31日、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹 と 私との各対応に関し、・・・ 私との各対応に関しては、私から、説明しているにもかかわらず、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹に関しては、その納得がいかない点が、山口県防府健康福祉センターから、現在に至るも、私に対しても、それが、多々あるため、私から 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班へ、その情報開示請求後 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹からの対応、また、今までの経緯に関して、私は、そのブログ表記して、その説明もしていかなければいけなくなった。

平成29年8月21日(月)、島根県吉賀町 産業課 糟谷通輔主任、並び、その課長との対応も経て、私は、島根県吉賀町 産業課 ナガフジ 様と対談した。

同日、山口県 情報公開センターへ 私が、山口県 健康福祉部 薬務課へ提出する公文書開示請求の内容について、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 班長 林 雅裕主幹と私は、対談した。

平成29年8月19日(土)、昭和天皇における、その御 膝治療にも関わりを持っていた医学博士の私の叔父からの伝言もあり、今後の医療体制 維持にかかわって、防府市 医学博士の内科医と私は、対談をした。そのおりに、以下の対応もあり、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について、その防府ロータリークラブ 会員である医学博士へ手渡し、現況における私の身の回りの出来事の多くは、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について 私が、その寄稿している説明、内容文のとおり、その当時から、防府ロータリークラブ 会員、会長、幹事 からの その対応によるところが、多い 旨 等について 簡略に説明もした。

平成29年8月18日(金)、山口県教育委員会 高等学校進学奨励費担当 河本憲明氏と私は、面談し、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」に関し、その会報を山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹へ、8月18日に、私が、手渡し、説明した経緯について、簡略な説明も入れ、その後の対応もあるため、今まで、私が、相談している山口県教育委員会の担当職へ、今回の内容に関しても、山口県教育委員会 各学校教育現場での対応もあるため、担当職には、その内容を確認てほしい 旨の伝言を入れた。

平成29年8月18日、山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号の私が執筆投稿している内容に沿い、山口県下において過去、その献血運動推進全国大会 第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))たまわった 皇太子殿下が, ご視察(山口赤十字病院(山口市)) 等の各内容にも 及び、山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹と、第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))後における 山口県 健康福祉部 薬務課から私への 各種に亘る対応に関し、面談をし 宮内庁 宮務課 職員 関口様と私との今までの対応 等 に関しても、簡略に、その説明も入れた。その際の間、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後 開示について、その平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付 私が、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹へ、それを支払い、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から、その領収書を受け取った。

平成29年8月17日(木)、 山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私は、以下の経緯があり、その内容に関する対談した。

平成29年8月7日(月)、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入り、対談した。

平成29年8月4日(金)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した「地域で活躍する人たちのトークセッション」における対談内容、及び、『  加計学園、獣医学部定員減らす 文科省審議会「多すぎる」   愛媛県今治市で獣医学部の新設を計画している学校法人「加計(かけ)学園」が、文部科学省の審議会から「定員が多すぎる」と指摘を受け、学生の入学定員を百六十人から百四十人に修正したことが市の関係者などへの取材で分かった。審議会は八月中に学部設置の可否を判断し、文科相に答申する見通しだ。加計学園は三月末、学部の設置認可を求める申請書を文科相に提出。市関係者によると、審議会から学園の計画に指摘があった。獣医系大学の定員はこれまで全国の十六校で計九百三十人に抑えられ、最多の大学でも百二十人だった。加計学園の計画は既存大学の規模を大きく上回り、日本獣医師会などから獣医師の質の低下を心配する声が上がっている。加計学園の開設準備責任者の吉川泰弘・新学部設置準備室長は取材に、「変更届を出したが、変更内容は明かせない」と答えた。 ・・・ 2017年8月7日  東京新聞 朝刊 配信より  』 配信記事の内容との各対応があるため、私は、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入った山口県 健康福祉部 薬務課 における業務内容についての連絡と調整を山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹との間では、行った。

平成29年8月5日(土)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 8月4日、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した。この日は、県警の警察官らが周辺を警戒。昭恵夫人は約1時間35分間のトークセッションを終え、報道陣には姿を見せずに帰った。

私は、地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。
..........................................................................
「防長風土注進案」は、当時の文化、宗教、祭祀 史実も、記載されている。

平成26年8月、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私は、米沢 旧藩主家 上杉家に関する話題も、懇談した。

平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成29年8月9日、山口県知事 村岡嗣政氏 より、平29薬 第368号 平成29年8月7日、「決定期間延長通知書」が、私の許へ到着したため、また、下記の状況に関し、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、平成29年8月8日、私の許へ、連絡が入っていて、その対応している各 内容は、島根県下における その事案との関係があるため、私は、島根県 松江市 亀井亜紀子先生 事務所へ、連絡 入れて、その調整をおこなった。

平成29年7月21日にも、平成29年7月14日、記事に関係する 地方自治体による統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私は対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているため、 私は、島根県 益田市 総務部 総務管財課へ、連絡を入れ、昨日、島根県 益田市役所にて、益田市 総務部 総務管財課 鍵村高徳 様と私が、面談した内容及び、その今後の対応に関する、見通しについて、相互に確認をしていった。 祭政一致。・・・

平成29年7月14日に、上記、記事内容に関係する 地方自治体による、その統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているために、 その後、私は、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長の許へ、連絡を入れ、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 河良 職員と 統計調査処理、国からの センサス 調査と集計 島根県 津和野町と 山口県 山口市 総務部 情報管理課 統計調査 と その対応処理の諸関係における、違いに関して、今後の対応、今後の課題、島根県 津和野町と 山口県 山口市との間では、発生していく可能が、非常に、高いため、慶應義塾大学 商学部にて、私が、統計学、産業連関分析学、等 を学び、小尾恵一郎教授、岩田 暁一教授、西川俊作教授、辻村和佑教授 等から、学んだ 計量経済学、及び、各 学事内容を踏まえ、簡略な説明を入れておく。

米価審議会は、農林水産省の諮問機関として、存在していた審議会の一つ。農林水産大臣の諮問に応じ 1999年の審議会制度の大幅見直しに伴って廃止された。

「福沢諭吉の横顔」西川俊作 著
「計量経済学のすすめ」
「数量経済史の原点―近代移行期の長州経済 」
「学問のすゝめ」福沢諭吉 著

湛山回想 (岩波文庫、1985年12月、)
湛山座談 (岩波書店〈同時代ライブラリー〉、1994年2月、)
石橋湛山日記 (上・下巻組、石橋湛一・伊藤隆 編、2001年3月、みすず書房、)

『日本古文書学』 雄山閣 伊木寿一 著 1930年
『日本書道の変遷』 岩波書店 1935年
『古文書学』 慶應通信 1949年
............................................................
山口県防府健康福祉センター ( 山口県防府環境保健所)の件 )

2009年10月6日(火)、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)に 天神まちかどフェスタで掲示した献血推進パネルを返却しに行く。担当の薬剤師資格保持 職員から、「フェスタで献血推進の活動写真が撮れましたか。」と尋ねられる。

「今年は、実質、私一人で、今回、インターアクトクラブ生徒を指導し、天神まちかどフェスタで、献血推進活動と募金活動を担当したので、記録写真を撮るゆとりが従来のように、ありませんでした。誠に残念でした。」と山口県防府環境保健所 薬剤師資格保持 職員に対し10月6日(火)は、答えていた。

しかし、今日、12月9日(水)に、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)の薬剤師資格保持 職員よりFAXが、突然、勤務先に入信されてくる。

その文書内容について、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、あの方に確認をしに行く。あの方は、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、で各電話応対に忙殺されていた。そばにいた防府環境保健所 職員に説明を聞き。その内容についての記載事項がわかり、その内容をまとめ。夕方、勤務先から山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)にまとめた内容について、山口県防府環境保健所 職員に持って行く。

今日は特に、新型インフルエンザの対応にも、山口県防府環境保健所 職員皆様、忙しい様子であった。
.....................................................................
韓国議員の竹島上陸に「毅然たる対応を」…記念式典で島根知事 政務官も出席

2017.2.22 20:45更新

韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)の早期領土権確立を求め、同県が定めた「竹島の日」の22日、松江市の県民会館で記念式典が開かれた。韓国・釜山の日本総領事館前への慰安婦像設置をめぐり、日本側が駐韓大使を一時帰国させるなど日韓関係が厳しい状況に陥る中で迎えたこの日、溝口善兵衛知事は韓国国会議員らの竹島上陸に触れ、「極めて遺憾。政府は毅然(きぜん)とした姿勢で対応を」と訴えた。記念式典は島根県などが主催し、今年で12回目。政府からは務台(むたい)俊介内閣府政務官が出席し、「竹島にも慰安婦像を設置しようとする韓国の動きは、受け入れられない」と批判した。政務官の派遣は第2次安倍晋三内閣発足以後5年間続いているが、県が求めた首相や関係閣僚らの出席は今回も見送られ、政府主催の式典も実現していない。式典にはこのほか、超党派の領土議連や地元選出の国会議員8人を含め、460人が出席。竹島領土権確立隠岐期成同盟会長を務める池田高世偉(こうせい)隠岐の島町長は「埋もれた竹島に関する記録や記憶を掘り起こす活動は地元の責務だが、町や県の取り組みには限界がある」とし、政府に基本姿勢を強く示すよう求めた。式典に先立ち、島根県議会の「竹島領土権確立議員連盟」が主催する「竹島問題を語る国民交流会」も県民会館で開かれ、領土議連の国会議員や竹島にゆかりの深い隠岐の島町の住民ら約130人が参加した。会場周辺には、右翼団体約30団体や複数の韓国人グループなどが詰めかけ、竹島の主権確立を求めたり、式典に反対したりする街宣活動を展開。島根県警などが740人態勢で警備に当たった。・・・ 2017.2.22 、産経新聞 20:45更新 配信より

.....................................................................
「にゃんでも相談してにゃ~」ゆるキャラ〝しまねっこ〟に感謝状、島根県弁護士会 

2017.12.6 10:47更新

島根県弁護士会がPR用のポスターやグッズを製作し、デザインに起用した県観光キャラクター「しまねっこ」に5日、感謝状を贈った。今年の憲法施行70周年に併せ、県弁護士会や同会運営の各法律相談センターを県民に知ってもらおうと、ポスター(A2判、100枚)とクリアファイル(A4判、400枚)を製作。どちらも同じデザインで、六法全書を手に「にゃんでも相談してにゃ~」と呼びかけるしまねっこを中心に据えた。松江市内でこの日、岸田和俊会長がしまねっこに感謝状を手渡し、「私たちはPR不足。しまねっこの人気にあやかりたい」と話した。ポスターは関係機関に送付しており、今後イベント会場などでクリアファイルを配布する。また、9日には県内5カ所で無料法律相談会を開く。会場は次の通り(開催時間はいずれも午後1時~4時半で事前予約が必要。(電)0852・21・3450)。県弁護士会会議室(松江市)▽イオンモール出雲(出雲市)▽隠岐島文化会館(隠岐の島町)▽浜田市役所分室▽石西ひまわり基金法律事務所(益田市)。・・・2017.12.6 、産経新聞 10:47更新 配信より

私のコメント : 島根県弁護士会がPR用のポスターやグッズを製作、デザインに起用した県観光キャラクター「しまねっこ」に、平成29年12月5日、感謝状を贈った。憲法施行70周年に併せ、島根県弁護士会や同会運営の各法律相談センターを県民に知ってもらおうと、ポスターとクリアファイルを製作。「にゃんでも相談してにゃ~」と呼びかけるしまねっこを中心に据えた。松江市内でこの日、島根県弁護士会 岸田和俊会長がしまねっこに感謝状を手渡し、「私たちはPR不足。しまねっこの人気にあやかりたい」と話した。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『竹島の日』島根だけに背負わせるな…12回目の式典、形骸化否めず

2017年12月17日 | 赤十字活動
『竹島の日』島根だけに背負わせるな…12回目の式典、形骸化否めず

2017.3.15 09:59更新

「竹島の日」の先月22日、松江市で島根県主催の記念式典が行われたが、12回目ともなるとマンネリ化、形骸化は否めないようで、場外での小競り合いさえ、予定調和のように思えてくる。ただ、今年は日本の駐韓大使が一時帰国したままでの開催だった。昨年は政府が式典出席者を発表したのは開催10日前だったが、今年は直前の21日まで発表がなく、「首相か閣僚のお出ましか!?」と妄想もふくらんだが、結局派遣されたのは5年連続で内閣府政務官だった。かつて国主催の式典開催を公約に掲げた現政権。日韓関係が冷え込む今こそ閣僚級派遣を既成事実化させる好機ではなかったか。松本純・領土問題担当相は「諸般の事情を踏まえ総合的に判断した」と政務官派遣の理由を説明した。諸般の事情は大きく変わったのに判断は同じだった。これを韓国側が“抗議してくれた”のは形骸化を避ける救いだったか、いやこれもマンネリか。韓国による竹島不法占拠の出発点となった「李承晩ライン」絡みで拿捕(だほ)・抑留された松江市の小川岩夫さん(78)に「問題解決に向けて何もしていない」と嘆かせるわが国政府は何を考えているのか。竹島問題を島根県だけに背負わせてよいのか。そんなことを考えつつ、会場で売っていた饅頭(まんじゅう)「竹島ものがたり」に手を伸ばし、竹島の島影をかたどった饅頭のてっぺんに爪楊枝(つまようじ)のついたオマケの日の丸を刺してみたのだった。   (小林宏之)

・・・ 2017.3.15、産経新聞 09:59更新 配信より

私のコメント : 平成29年12月16日、山口県薬務課との今迄における、その対応について、日本赤十字社 山口県支部、昔から、その献血推進における諸活動にて、その行動を共にしていた山口県赤十字血液センター 職員と私は、山口市内 ユメタウン 献血車の前にて、面談し、以下の対応があり、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後の対応があり、簡略に、山口県赤十字血液センター 職員へ、その説明を申し上げた。

平成29年10月23日、ニューヨーク 国際連合 本部に勤務され 地元、山口県 山口市へ日本の国連貢献の連絡をされていた 当時、国際連合における医療活動に従事されていた楠川 晃医師 ニューヨーク 国際連合 本部からの対応、及び、慶應義塾大学 産業研究所 並び、慶應義塾大学 福澤研究センター 西川俊作 所長 ( 慶應義塾 福澤研究センターは、福沢諭吉やその門下生、福沢の創立した慶應義塾及びその出身者・関係者の事績について幅広く資料収集・調査研究を行い、さらには福沢や義塾を視野に置きつつ、広く近代日本の研究を目的として設置されています。ですから学校史の編纂所・資料室の機能を備えつつ、役割はそれにとどまりません。その目的を達成するために、慶應義塾 福澤研究センターは慶應義塾内の諸学部・一貫教育校の枠を越えた全塾的な共同研究機関と位置づけられ、義塾外の研究者とも隔てなく連携しながら活動しています。研究・収蔵のための主な施設は、慶應義塾の象徴ともいえる三田キャンパス内の慶應義塾図書館旧館に置かれています。 ) からも、私は、その対応による各経過もへて、ようやく、平成29年10月23日、島根県 津和野町教育委員会文化係より、津和野町 畑迫病院 初代院長 吉田興三医師は、ドイツ人 御雇医師 ヨンケルに学び、その後、東京大学 医学部を卒業され、森林太郎の一年後輩に関する書面による連絡文 受け、東京大学 医学部 血清学研究における 明治33年 当時 細菌研究所、日本国内で、その血清を完成させていく経緯 等の確認をしていくことも、できるようになった。
...................................................................
蘭学資料研究会 研究報告 東京大学医学部血清学教室内 「毛利藩の蘭学」 昭和36年10月21日より

毛利藩の蘭学資料目録

蘭書の部
1)Roode,T.G.A.Dr.:Handboek der natunrkude van den Hollandish,vertaald door K.J.Y.Ipma.Amst.,1809 pp.1631 (mai) (Oomura)
2)Haarst,Wm.van :Natuurbeschouwingen voor jonge lieden,ter verdeling van verstand en hart.le en LeStjkje(in een boek).Amst.,1820-23

以下 省略

( 山口県立図書館 及び 山口大学図書館 蔵 )

13) 省略
14)Dr.von Siebold : Tot Gedachtenis aon mynen vriend Koemaja (Handschrift). 1829 (Hagi-Kumaya)

( 以上 萩、熊谷家 蔵 )

以下 省略

附録  大村益次郎蔵書目録  大村益次郎文書保存会
1. Kleine Oorlog
2.Tweede Afdeeling voor het Tuig.
3.Handboek der natuurkunde van den Hollandsch.

以下 省略

昭和36年10月21日 当時、蘭学資料研究会は、東京大学医学部 血清学教室にありました。蘭学資料研究会 現況について、東京大学から、その後、当方へ連絡が、有りません。その近況については、残念ながら 存じ上げていませんこと報告します。

........................................................................
秋篠宮さまハンガリーに到着 眞子さまと私的旅行

2017/8/19 08:31

【ブダペスト共同】秋篠宮さまは18日夜(日本時間19日朝)、ハンガリーの首都ブダペストの空港に到着された。9月に婚約内定発表を控える長女眞子さまとの私的旅行。眞子さまも羽田空港を遅れて出発しており、19日に現地で合流する。ライフワークとする家畜の研究が目的。眞子さまと農場や博物館などを視察する。国内で公務があった眞子さまは日本時間19日未明に羽田空港を出発、現地時間19日午前にブダペストに到着する。・・・ 平成29年8月19日(土)、共同通信 配信より

私のコメント : 平成29年8月19日(土)、昭和天皇における、その御 膝治療にも関わりを持っていた医学博士の私の叔父からの伝言もあり、今後の医療体制 維持にかかわって、防府市 医学博士の内科医と私は、対談をした。そのおりに、以下の対応もあり、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について、その防府ロータリークラブ 会員である医学博士へ手渡し、現況における私の身の回りの出来事の多くは、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について 私が、その寄稿している説明、内容文のとおり、その当時から、防府ロータリークラブ 会員、会長、幹事 からの その対応によるところが、多い 旨 等について 簡略に説明もした。

平成29年8月18日(金)、山口県教育委員会 高等学校進学奨励費担当 河本憲明氏と私は、面談し、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」に関し、その会報を山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹へ、8月18日に、私が、手渡し、説明した経緯について、簡略な説明も入れ、その後の対応もあるため、今まで、私が、相談している山口県教育委員会の担当職へ、今回の内容に関しても、山口県教育委員会 各学校教育現場での対応もあるため、担当職には、その内容を確認てほしい 旨の伝言を入れた。

平成29年8月18日、山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号の私が執筆投稿している内容に沿い、山口県下において過去、その献血運動推進全国大会 第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))たまわった 皇太子殿下が, ご視察(山口赤十字病院(山口市)) 等の各内容にも 及び、山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹と、第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))後における 山口県 健康福祉部 薬務課から私への 各種に亘る対応に関し、面談をし 宮内庁 宮務課 職員 関口様と私との今までの対応 等 に関しても、簡略に、その説明も入れた。その際の間、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後 開示について、その平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付 私が、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹へ、それを支払い、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から、その領収書を受け取った。

平成29年8月17日(木)、 山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私は、以下の経緯があり、その内容に関する対談した。

平成29年8月7日(月)、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入り、対談した。

平成29年8月4日(金)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した「地域で活躍する人たちのトークセッション」における対談内容、及び、『  加計学園、獣医学部定員減らす 文科省審議会「多すぎる」   愛媛県今治市で獣医学部の新設を計画している学校法人「加計(かけ)学園」が、文部科学省の審議会から「定員が多すぎる」と指摘を受け、学生の入学定員を百六十人から百四十人に修正したことが市の関係者などへの取材で分かった。審議会は八月中に学部設置の可否を判断し、文科相に答申する見通しだ。加計学園は三月末、学部の設置認可を求める申請書を文科相に提出。市関係者によると、審議会から学園の計画に指摘があった。獣医系大学の定員はこれまで全国の十六校で計九百三十人に抑えられ、最多の大学でも百二十人だった。加計学園の計画は既存大学の規模を大きく上回り、日本獣医師会などから獣医師の質の低下を心配する声が上がっている。加計学園の開設準備責任者の吉川泰弘・新学部設置準備室長は取材に、「変更届を出したが、変更内容は明かせない」と答えた。 ・・・ 2017年8月7日  東京新聞 朝刊 配信より  』 配信記事の内容との各対応があるため、私は、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入った山口県 健康福祉部 薬務課 における業務内容についての連絡と調整を山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹との間では、行った。

平成29年8月5日(土)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 8月4日、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した。この日は、県警の警察官らが周辺を警戒。昭恵夫人は約1時間35分間のトークセッションを終え、報道陣には姿を見せずに帰った。

......................................................................
山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹による 私との各対応に関しては、・・・

平成29年8月31日、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹 と 私との各対応に関し、・・・ 私との各対応に関しては、私から、説明しているにもかかわらず、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹に関しては、その納得がいかない点が、山口県防府健康福祉センターから、現在に至るも、私に対しても、それが、多々あるため、私から 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班へ、その情報開示請求後 山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 林雅裕主幹からの対応、また、今までの経緯に関して、私は、そのブログ表記して、その説明もしていかなければいけなくなった。

平成29年8月21日(月)、島根県吉賀町 産業課 糟谷通輔主任、並び、その課長との対応も経て、私は、島根県吉賀町 産業課 ナガフジ 様と対談した。

同日、山口県 情報公開センターへ 私が、山口県 健康福祉部 薬務課へ提出する公文書開示請求の内容について、山口県 健康福祉部 薬務課 麻薬毒劇物班 班長 林 雅裕主幹と私は、対談した。

平成29年8月19日(土)、昭和天皇における、その御 膝治療にも関わりを持っていた医学博士の私の叔父からの伝言もあり、今後の医療体制 維持にかかわって、防府市 医学博士の内科医と私は、対談をした。そのおりに、以下の対応もあり、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について、その防府ロータリークラブ 会員である医学博士へ手渡し、現況における私の身の回りの出来事の多くは、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」について 私が、その寄稿している説明、内容文のとおり、その当時から、防府ロータリークラブ 会員、会長、幹事 からの その対応によるところが、多い 旨 等について 簡略に説明もした。

平成29年8月18日(金)、山口県教育委員会 高等学校進学奨励費担当 河本憲明氏と私は、面談し、「山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号」に関し、その会報を山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹へ、8月18日に、私が、手渡し、説明した経緯について、簡略な説明も入れ、その後の対応もあるため、今まで、私が、相談している山口県教育委員会の担当職へ、今回の内容に関しても、山口県教育委員会 各学校教育現場での対応もあるため、担当職には、その内容を確認てほしい 旨の伝言を入れた。

平成29年8月18日、山口県青少年赤十字 賛助奉仕団 会報 第36号の私が執筆投稿している内容に沿い、山口県下において過去、その献血運動推進全国大会 第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))たまわった 皇太子殿下が, ご視察(山口赤十字病院(山口市)) 等の各内容にも 及び、山口県 健康福祉部 薬務課 林雅裕主幹と、第37回 献血運動推進全国大会へ ご臨席(山口県スポーツ文化センター(山口 市))後における 山口県 健康福祉部 薬務課から私への 各種に亘る対応に関し、面談をし 宮内庁 宮務課 職員 関口様と私との今までの対応 等 に関しても、簡略に、その説明も入れた。その際の間、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から 私は、山口県健康福祉部 薬務課への公文書開示請求、その件名: 「平成28年度山口県薬務行政の概要」について平成29年8月7日、山口県情報公開センターにおかれるに至った山口県薬務課内での説明と合意内容に関する文書、その開示の日時: 平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付を確認後 開示について、その平成29年8月15日以後、写しの交付に要する費用の納付 私が、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹へ、それを支払い、山口県健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹から、その領収書を受け取った。

平成29年8月17日(木)、 山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹と私は、以下の経緯があり、その内容に関する対談した。

平成29年8月7日(月)、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入り、対談した。

平成29年8月4日(金)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した「地域で活躍する人たちのトークセッション」における対談内容、及び、『  加計学園、獣医学部定員減らす 文科省審議会「多すぎる」   愛媛県今治市で獣医学部の新設を計画している学校法人「加計(かけ)学園」が、文部科学省の審議会から「定員が多すぎる」と指摘を受け、学生の入学定員を百六十人から百四十人に修正したことが市の関係者などへの取材で分かった。審議会は八月中に学部設置の可否を判断し、文科相に答申する見通しだ。加計学園は三月末、学部の設置認可を求める申請書を文科相に提出。市関係者によると、審議会から学園の計画に指摘があった。獣医系大学の定員はこれまで全国の十六校で計九百三十人に抑えられ、最多の大学でも百二十人だった。加計学園の計画は既存大学の規模を大きく上回り、日本獣医師会などから獣医師の質の低下を心配する声が上がっている。加計学園の開設準備責任者の吉川泰弘・新学部設置準備室長は取材に、「変更届を出したが、変更内容は明かせない」と答えた。 ・・・ 2017年8月7日  東京新聞 朝刊 配信より  』 配信記事の内容との各対応があるため、私は、山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹より、私の許へ、連絡が入った山口県 健康福祉部 薬務課 における業務内容についての連絡と調整を山口県 健康福祉部 薬務課 香川裕子主幹との間では、行った。

平成29年8月5日(土)、山形県 南陽市交流プラザ蔵楽で 8月4日、農業や地域づくりに取り組む人たちが意見を交わす「地域で活躍する人たちのトークセッション」が行われ、特別ゲストで安倍昭恵首相夫人が出演した。この日は、県警の警察官らが周辺を警戒。昭恵夫人は約1時間35分間のトークセッションを終え、報道陣には姿を見せずに帰った。

私は、地方自治体の職員にも「産業連関表」の教育啓発について努力をしています。

西川俊作教授の論文は「産業連関表」が利用されている。「米市場の部分開放」、山口県産米、花燃ゆ、島根県産米、

通産大臣 佐藤信二 平成9年3月
「日本経済の構造改革―産業構造審議会総合部会基本問題小委員会中間とりまとめ」
産業構造審議会総合部会基本問題小委員会委員長 辻村江太郎、

「産業連関分析ハンドブック」「長州表と戦前期表」が論述されています。私の大学生の時代には、沖縄県農産品について、西川俊作教授と話し合いを持っていた。

平成26年10月「長州藩士桂家文書」論文、立正大学から入手。伊木寿一、石橋湛山による研究方法、私は、拝聴している。

平成27年10月、津和野町日原にて、宮本常一氏と日原町史との関係、慶應義塾大学 卒業論文 題名「萩藩宝暦の改革と熊谷五右衛門」、慶應義塾 西川俊作教授の許へ提出、父、森田良吉が、山口県文書館に勤務していた当時、私が見聞した文化交流の経緯を津和野町教育委員会へ説明した。

「防長風土注進案」「萩藩閥閲録」は、石橋湛山、伊木寿一からの支援を受け、山口県文書館 研究主事の努力より、完成されたものである。

平成28年6月7日、島根県吉賀町職員より「吉賀記を読む ~歴史が語る~ 」に関し、説明を受けた。

平成28年12月5日、島根県益田市役所総務部より連絡を私は、いただいた。

山口県 山口市役所 総合政策部 企画経営課 政策調整 担当 主幹、副主幹と面談した。

山口県 AIR SEOUL 空港 担当 職員と連絡を持ち、山口県 環境生活部 環境政策課との間にて 私は、面談をした。その内容は、「 外務省 いわゆる 密約書 不在の問題 」に関係している。

平成28年12月22日、山口県庁 山口県観光スポーツ文化部 県史編さん室 大村勇主幹と私との対応があり、山口県 萩市 総務企画部 総務課 秘書室 三好亮二秘書係長より、萩市役所にて、萩市の立場について、その説明と解釈を私は、聞いた。島根県 津和野町へ私は、行き、島根県 津和野町 商工観光課 職員と私は、津和野における観光に関する面談もし、その後、津和野町 教育委員会 文化財係 主任主事と今まで、山口県 萩市 ・島根県 津和野町 間に亘る経緯に関する文化財保護に関する課題 等も説明を申し上げた。

...........................................................................
「防長風土注進案」は、当時の文化、宗教、祭祀 史実も、記載されている。

平成26年8月、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生と私は、米沢 旧藩主家 上杉家に関する話題も、懇談した。

平成26年9月、立正大学 石井富美子 副学長と対談し、石橋湛山先生からの法灯明を拝聴する。

平成26年10月、山口県 岩国市、公益財団法人 吉川報效会 吉川史料館 館長に、「吉賀記」に関し、学術助言を得た。

平成28年6月20日、島根県吉賀町役場、吉賀町長 中谷勝様と面談、日本赤十字社 島根県支部 「いとすぎしまね 第22号 平成27年9月30日 」を手渡す。

平成28年7月11日、出光経営側と創業家、平行線。平成28年4月5日 表千家 同門会 全国大会 萩市 国重要文化財 民家 熊谷家住宅 茶室 茶会ヘ 岸信夫代議士 来席、花燃ゆ、

平成29年8月9日、山口県知事 村岡嗣政氏 より、平29薬 第368号 平成29年8月7日、「決定期間延長通知書」が、私の許へ到着したため、また、下記の状況に関し、山口県 防府市 上田・藤井総合法律事務所 上田和義弁護士から、平成29年8月8日、私の許へ、連絡が入っていて、その対応している各 内容は、島根県下における その事案との関係があるため、私は、島根県 松江市 亀井亜紀子先生 事務所へ、連絡 入れて、その調整をおこなった。

平成29年7月21日にも、平成29年7月14日、記事に関係する 地方自治体による統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私は対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているため、 私は、島根県 益田市 総務部 総務管財課へ、連絡を入れ、昨日、島根県 益田市役所にて、益田市 総務部 総務管財課 鍵村高徳 様と私が、面談した内容及び、その今後の対応に関する、見通しについて、相互に確認をしていった。 祭政一致。・・・

平成29年7月14日に、上記、記事内容に関係する 地方自治体による、その統計処理内容に関しても、私は、山口県 山口市役所にて、山口市 総務部 情報管理課 統計調査 担当 主査も歴任された 山口市 収納課 櫨元香恵 職員と対談をし、山口市 収納課 櫨元香恵 職員と私との間では、その学術上における見解の違いが、大きく、発生もしているために、 その後、私は、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長の許へ、連絡を入れ、島根県 津和野町 つわの暮らし推進課 河良 職員と 統計調査処理、国からの センサス 調査と集計 島根県 津和野町と 山口県 山口市 総務部 情報管理課 統計調査 と その対応処理の諸関係における、違いに関して、今後の対応、今後の課題、島根県 津和野町と 山口県 山口市との間では、発生していく可能が、非常に、高いため、慶應義塾大学 商学部にて、私が、統計学、産業連関分析学、等 を学び、小尾恵一郎教授、岩田 暁一教授、西川俊作教授、辻村和佑教授 等から、学んだ 計量経済学、及び、各 学事内容を踏まえ、簡略な説明を入れておく。

米価審議会は、農林水産省の諮問機関として、存在していた審議会の一つ。農林水産大臣の諮問に応じ 1999年の審議会制度の大幅見直しに伴って廃止された。

「福沢諭吉の横顔」西川俊作 著
「計量経済学のすすめ」
「数量経済史の原点―近代移行期の長州経済 」
「学問のすゝめ」福沢諭吉 著

湛山回想 (岩波文庫、1985年12月、)
湛山座談 (岩波書店〈同時代ライブラリー〉、1994年2月、)
石橋湛山日記 (上・下巻組、石橋湛一・伊藤隆 編、2001年3月、みすず書房、)

『日本古文書学』 雄山閣 伊木寿一 著 1930年
『日本書道の変遷』 岩波書店 1935年
『古文書学』 慶應通信 1949年
............................................................
山口県防府健康福祉センター ( 山口県防府環境保健所)の件 )

2009年10月6日(火)、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)に 天神まちかどフェスタで掲示した献血推進パネルを返却しに行く。担当の薬剤師資格保持 職員から、「フェスタで献血推進の活動写真が撮れましたか。」と尋ねられる。

「今年は、実質、私一人で、今回、インターアクトクラブ生徒を指導し、天神まちかどフェスタで、献血推進活動と募金活動を担当したので、記録写真を撮るゆとりが従来のように、ありませんでした。誠に残念でした。」と山口県防府環境保健所 薬剤師資格保持 職員に対し10月6日(火)は、答えていた。

しかし、今日、12月9日(水)に、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)の薬剤師資格保持 職員よりFAXが、突然、勤務先に入信されてくる。

その文書内容について、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、あの方に確認をしに行く。あの方は、山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)、で各電話応対に忙殺されていた。そばにいた防府環境保健所 職員に説明を聞き。その内容についての記載事項がわかり、その内容をまとめ。夕方、勤務先から山口県防府健康福祉センター(山口県防府環境保健所)にまとめた内容について、山口県防府環境保健所 職員に持って行く。

今日は特に、新型インフルエンザの対応にも、山口県防府環境保健所 職員皆様、忙しい様子であった。
.....................................................................
韓国議員の竹島上陸に「毅然たる対応を」…記念式典で島根知事 政務官も出席

2017.2.22 20:45更新

韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)の早期領土権確立を求め、同県が定めた「竹島の日」の22日、松江市の県民会館で記念式典が開かれた。韓国・釜山の日本総領事館前への慰安婦像設置をめぐり、日本側が駐韓大使を一時帰国させるなど日韓関係が厳しい状況に陥る中で迎えたこの日、溝口善兵衛知事は韓国国会議員らの竹島上陸に触れ、「極めて遺憾。政府は毅然(きぜん)とした姿勢で対応を」と訴えた。記念式典は島根県などが主催し、今年で12回目。政府からは務台(むたい)俊介内閣府政務官が出席し、「竹島にも慰安婦像を設置しようとする韓国の動きは、受け入れられない」と批判した。政務官の派遣は第2次安倍晋三内閣発足以後5年間続いているが、県が求めた首相や関係閣僚らの出席は今回も見送られ、政府主催の式典も実現していない。式典にはこのほか、超党派の領土議連や地元選出の国会議員8人を含め、460人が出席。竹島領土権確立隠岐期成同盟会長を務める池田高世偉(こうせい)隠岐の島町長は「埋もれた竹島に関する記録や記憶を掘り起こす活動は地元の責務だが、町や県の取り組みには限界がある」とし、政府に基本姿勢を強く示すよう求めた。式典に先立ち、島根県議会の「竹島領土権確立議員連盟」が主催する「竹島問題を語る国民交流会」も県民会館で開かれ、領土議連の国会議員や竹島にゆかりの深い隠岐の島町の住民ら約130人が参加した。会場周辺には、右翼団体約30団体や複数の韓国人グループなどが詰めかけ、竹島の主権確立を求めたり、式典に反対したりする街宣活動を展開。島根県警などが740人態勢で警備に当たった。・・・ 2017.2.22 、産経新聞 20:45更新 配信より






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国連事務次長が北朝鮮に到着 高官らと会談へ

2017年12月05日 | 赤十字活動
国連事務次長が北朝鮮に到着 高官らと会談へ

12月5日 18時33分

国連のフェルトマン事務次長が、5日、北朝鮮のピョンヤンを訪れ、北朝鮮の高官らに対して、弾道ミサイルの発射など挑発をやめるよう、働きかけるとみられます。

続きを読む

国連で政務を担当するフェルトマン事務次長は5日、中国・北京を経由して北朝鮮に出発し、ピョンヤンの空港に到着しました。

国連によりますと、今回の訪問は北朝鮮側の招きによるもので、フェルトマン事務次長は、滞在中、リ・ヨンホ(李勇虎)外相ら、北朝鮮高官と会談するほか、現地の国連機関の関係者らと面会するということです。

国連で政務を担当する事務次長が北朝鮮を訪問したのは、2010年に当時のパン・ギムン(潘基文)事務総長の特使として派遣されて以来、7年ぶりです。

国連は北朝鮮側との会談で、「政策などに関して幅広く議論する」としていて、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮に対し、弾道ミサイルの発射など、これ以上の挑発をやめるよう、働きかけるとみられます。

一方、北朝鮮は国連安全保障理事会の制裁で、国際機関による人道支援の活動に大きな影響が出ていると主張してきたことから、制裁は不当だという立場を示すとともに、核・ミサイル開発はアメリカに対抗するための自衛的な措置だと、アピールするとみられます。

韓国「訪問きっかけに対話に応じること希望」

国連のフェルトマン事務次長が北朝鮮を訪問することについて、韓国統一省の関係者は5日、「国連のグテーレス事務総長が、繰り返し仲介役を担うと表明されていたと理解している」としてこれまでの取り組みを評価しました。

さらに「今回の訪問をきっかけに、北が国際社会との対話に応じることを希望する」とし、訪問に期待を示しました。

そのうえで、韓国政府の立場については、「北の核問題については、非核化を最終目標にして、段階的に交渉を進めていく。今は、制裁と圧力を通じて、対話に応じるように努力するべきだ」として、北朝鮮が核・ミサイルの開発を進める現状では圧力が重要だと説明しました。・・・平成29年12月5日、NHK NEWS WEB 18時33分 配信より


私のコメント ; 平成29年12月5日、国連で政務を担当するフェルトマン事務次長は5日、ピョンヤンの空港に到着しました。国連によりますと、今回の訪問は北朝鮮側の招きによるもので、フェルトマン事務次長は、滞在中、リ・ヨンホ(李勇虎)外相ら、北朝鮮高官と会談するほか、現地の国連機関の関係者らと面会するということです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「北」ミサイル余波 株価下落

2017年08月29日 | 赤十字活動
「北」ミサイル余波 株価下落

8/29(火) 12:05配信

北朝鮮によるミサイル発射を受けて、日経平均株価は一時、1万9,300円を割り込んだ。

29日午前の東京株式市場は、投資家の間でリスクを回避しようという姿勢が強まり、取引開始直後から、幅広い銘柄に売り注文が広がった。

平均株価は続落し、下げ幅は一時160円を超え、およそ4カ月ぶりの安値水準をつけた。

外国為替市場では、比較的安全資産とされる円を買う動きが広がり、円相場は一時、1ドル = 108円台前半まで円高が進んだ。

平均株価、午前の終値は、28日に比べ、118円95銭安い、1万9,330円95銭、TOPIX(東証株価指数)は、1,595.79だった。・・・ 平成29年8月29日(火)フジテレビ系(FNN)配信より

私のコメント : 平成29年8月29日(火)、プラザ合意、島根県庁、島根県知事、日本赤十字社 島根県支部 事業推進課長 天野仁美様、島根県 総務部 総務課 竹島資料室 太田様、竹島 密約、・・・。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「山口県赤十字アマチュア無線奉仕団」、日本赤十字社 本社 国際部企画課、日本赤十字社 島根県支部 

2017年08月21日 | 赤十字活動
平成29年8月20日(日)、「2017年 中国地方合同ハムの集いin 山口」が、山口県山口市 「防長苑」で開催され、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟 会長 高尾義則様より、東邦大学 薬学部における 「災害時におけるアマチュア無線の役割」、薬学部 学生へ向けての講義 内容 等についても、「2017年 中国地方合同ハムの集いin 山口」の参加者は、拝聴することもできた。私は、私の学生時代に、東京都内 (東京都 大田区 大森西) 東邦大学 医学部生との親交 等 もあり、東京都 近郊にある 東邦大学 講義 内容、一際、理解をすることができた。

「山口県赤十字アマチュア無線奉仕団」について、日本赤十字社では、「ボランティア団体」のことを、「奉仕団」と言います。「2017年 中国地方合同ハムの集いin 山口」にて、私は、山口県赤十字アマチュア無線奉仕団 上利雅幸委員長と対談し、過去、私は、公立高等学校 教諭としての立場で、山口県赤十字アマチュア無線奉仕団 団員であったが、外務省 官房総務課からの対応、並びに、日本赤十字社 本社 国際部企画課、日本赤十字社 島根県支部 等についても、私の勤務先の許に入り、私の勤務先 学校の業務についても、その多忙を極めたために、両立がむつかしくなっていった経緯に関しては、それを簡略に説明し、今後、学校現場における 小中高の各教員においても、学校現場における その教員の仕事とも並立でき、各自の自由意志において、「山口県赤十字アマチュア無線奉仕団」へ参加できるような体制づくりについても、日本赤十字社に、求められていく旨 に関する、私からの説明について、山口県赤十字アマチュア無線奉仕団 上利雅幸委員長の許へ、と、入れおいた。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雨災害義援金の受け付け口座

2017年07月31日 | 赤十字活動
大雨災害義援金の受け付け口座

07月30日 12時29分

秋田県などは、今回の大雨で被害を受けた人たちを支援するため、「秋田県大雨災害義援金」を受け付けています。

義援金を受け付けているのは、口座名義「日本赤十字社秋田県支部長」で、口座番号は秋田銀行本店普通預金「516304」、北都銀行本店普通預金「888228」です。

口座名義「社会福祉法人秋田県共同募金会」でも義援金を受け付けていて、口座番号は秋田銀行本店普通預金「902756」、北都銀行本店普通預金「304416」です。

また郵便振替口座では、口座名義「日赤秋田県大雨災害義援金」で口座番号は「00190-1-673458」。

口座名義「秋田県共同募金会秋田県大雨災害義援金」で口座番号は「00170ー5ー634690」で義援金を受け付けています。

いずれも振込手数料は免除されるということです。

義援金は8月31日まで受け付けられ、被災した人たちの生活支援などに役立てられます。

・・・ 平成29年7月30日(日)、 NHK NEWS WEB  18時30分 配信より

私のコメント : 平成29年7月30日(日)、 7月22日から23日にかけての記録的な大雨で川が氾濫し、大きな被害を受けた秋田県 大仙市では、30日、多くのボランティアが集まり、復旧作業を支援しました。秋田県 大仙市社会福祉協議会によりますと、被害が大きかった協和地区と西仙北地区では、31日以降もボランティアの受け付けを続けることにしています。

秋田県などは、大雨で被害を受けた人たちを支援するため、「秋田県大雨災害義援金」を受け付けています。 義援金は8月31日まで受け付けられ、被災した人たちの生活支援などに役立てられます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ひざつき、患者の目線で」皇后さまへ日野原さんの助言

2017年07月29日 | 赤十字活動
「ひざつき、患者の目線で」皇后さまへ日野原さんの助言

7/29(土) 16:18配信

日野原重明さんは皇室の方々とも交流があった。特に公私ともに親しかったのが皇后さまだ。29日昼、皇后さまは葬儀会場を訪れ、祭壇前で献花をするなどし、最後のお別れをした。皇后さまは、日野原さんの三男、知明さん(67)に「日野原先生は皆さんのために立派なお仕事をなさって下さいました」と声をかけたという。

【写真】ミュージカルの上演会場で手を振る皇后さま。左が白い付けひげで舞台衣装の日野原重明さん

日野原さんは皇后さまの母・正田富美子さんが聖路加国際病院に入院した際に主治医を務め、1988年に亡くなった際には最期をみとった。その後も、皇后さまの誕生日に招かれるなど交流が続き、知明さんによると、日野原さんも楽しみにしていたという。

ある日、皇居に招かれ、がん患者らとの接し方について、皇后さまから「どういう風にすればよろしいでしょうか」と尋ねられたことがあったという。日野原さんは「ベッドの上から見下ろすような態度はよくない。ひざをついて患者と同じ目線であいさつをしたほうがいいのでは」と伝えた。皇后さまは患者らに接する機会に、助言通りの対応をとったという。昨年11月、日野原さんが取材で明かしたエピソードだ。 朝日新聞社 ・・・ 平成29年7月29日(土)、朝日新聞 16:18 配信より

私のコメント : 平成29年7月29日(土)、日野原重明さんは皇室の方々とも交流があった。特に公私ともに親しかったのが皇后さまだ。7月29日昼、美智子皇后さまは葬儀会場を訪れ、祭壇前で献花をするなどし、最後のお別れをした。日野原さんは美智子皇后さまの母・正田富美子さんの主治医を務め、1988年に亡くなった際をみとった。美智子皇后さまは、日野原さんの三男、知明さんに「日野原先生は皆さんのために立派なお仕事をなさって下さいました」と声をかけた。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<九州豪雨>「予断を許さない」知事不在の中、職員ら情報収集に追われ 福岡県、災害対策本部設置

2017年07月06日 | 赤十字活動
<九州豪雨>「予断を許さない」知事不在の中、職員ら情報収集に追われ 福岡県、災害対策本部設置

福岡県内の広い範囲が未曽有の雨に見舞われた5日、県は対策本部を設置し、職員が被害や避難状況の把握といった情報収集に追われた。日中から朝倉市などを中心とした豪雨は、暗くなってからも雨脚は弱まらず、筑後や筑豊地域にも被害が拡大。本来は指揮を執る小川洋知事が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会に出席のため、この日ポーランドへ出発したばかりで、3人の副知事を中心に県庁内の慌ただしさは深夜も続いた。

県は午後0時半すぎに災害警戒本部を設置し、同3時半には、約350人体制の災害対策本部に格上げ。同4時20分ごろからは第1回会議を開き、各部長ら幹部職員が今後の気象や被害状況の情報を共有した。災害対策本部長の服部誠太郎副知事は「被害拡大が想定される。厳重な警戒が必要だ」と呼び掛けた。

夜間にかけて、対策本部には県警や国土交通省、自衛隊からも連絡員が集結。一部はTシャツ姿となって作業を続ける職員たちは、被災地となった市町村との連絡や、被災者の支援対応などに当たった。同10時半からは2回目の会議を開いた。

福岡市博多区の九州地方整備局は約100人体制の災害対策本部を設置。筑後川水系や遠賀川水系など国直轄河川の情報収集のほか、氾濫に備えたポンプ車の配備などを急いだ。安部宏紀総括防災調整官は「河川の水位が下がっても地盤が緩んでいる可能性があり、予断を許さない」と緊張した面持ちで語った。

=2017/07/06付 西日本新聞朝刊 より=

私のコメント : 平成29年7月6日、 福岡県・大分県・内閣府は、平成29年7月5日からの大雨災害により被害を受けた市町村に対し、災害救助法を適用することを発表した。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻生副総理「想像超す異常事態」 九州豪雨関係閣僚会議

2017年07月06日 | 赤十字活動
麻生副総理「想像超す異常事態」 九州豪雨関係閣僚会議

九州北部を中心とした豪雨による多数の安否不明や土砂災害の発生を受け、政府は6日午前9時から、首相官邸で関係閣僚会議を開き、被害情報の把握や人命救助に全力であたることを確認した。麻生太郎副総理兼財務相や菅義偉官房長官、稲田朋美防衛相らが出席した。

【写真】関係閣僚会議で話す麻生太郎副総理(左から2人目)=6日午前9時1分、首相官邸、竹花徹朗撮影

会議では、麻生氏が「7月の降雨量のほとんどが半日でいっぺんに集中し、想像を超えるものになっている。異常事態であることに間違いない」と説明。「河川の氾濫(はんらん)、土砂災害はこれからも発生が予想される。数多くの安否の不明者がいる。事態は極めて深刻な状況にある」と述べた。土砂崩落で孤立している福岡県東峰村について、麻生氏は「連絡がとれるところまできた」とし、「強いリーダーシップを発揮し、被害者の救命・救助、住民の避難対策など、被害の拡大防止に全力を尽くしてもらいたい」と指示した。安倍晋三首相は、ドイツで開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせた欧州6カ国歴訪のため、日本を離れている。 朝日新聞社 ・・・ 平成29年7月6日(木)、朝日新聞 10:07 配信より

私のコメント : 平成29年5月29日、寺内 正毅 朝鮮総督の秘書官 吉田茂氏・・・ 及び、当時の外交官 吉田寛氏 おける、その当時 外交内容の対応にもより、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」へ私が、対応している内容を財務大臣 麻生太郎代議士 東京 永田町 衆議院 議員会館 山口秘書の許へ、私は、電話で、その連絡し、財務大臣 麻生太郎代議士 衆議院議員会館 における 山口秘書からの対応を持つことができた。

....................................................................................
北朝鮮ミサイルで 岩国市にただす  (山口県)

米軍岩国基地への空母艦載機部隊の移転計画だ。北朝鮮の弾道ミサイル発射が続く中、岩国市の井原勝介元市長が29日、朝鮮半島の緊張が緩和されるまで艦載機移転の延期をすべきだとして岩国市にその対応を質した。北朝鮮は日本時間の29日午前5時40分ごろ、東部の元山付近から日本海に向け弾道ミサイルを発射、日本の排他的経済水域内に落下したと推定されている。北朝鮮をめぐる緊張が続く中、岩国市の井原・元市長が代表をつとめる市民政党「草の根」は29日、朝鮮半島の緊張が緩和されるまで艦載機移転の延期を求めるべきではないかと岩国市に見解をただした。また「草の根」では、ミサイルへの対応に関して国の方針をそのまま伝えるだけではなく実態に即した対応を検討し、対策をとるべきだと指摘している。草の根では速やかな文書回答を岩国市に求めている。・・・ 平成29年5月29日、 山口放送 18:11 配信より

私のコメント : 平成29年5月29日、山口県 岩国市の井原勝介元市長が代表をつとめる市民政党「草の根」は29日、朝鮮半島の緊張が緩和されるまで艦載機移転の延期をすべきだとして岩国市にその対応を質した。

平成29年5月29日、寺内 正毅 朝鮮総督の秘書官 吉田茂氏・・・ 及び、当時の外交官 吉田寛氏 おける、その当時 外交内容の対応にもより、「外務省 いわゆる 密約書 不在の問題」へ私が、対応している内容を財務大臣 麻生太郎代議士 東京 永田町 衆議院 議員会館 山口秘書の許へ、私は、電話で、その連絡し、財務大臣 麻生太郎代議士 衆議院議員会館 における 山口秘書からの対応を持つことができた。

平成29年5月29日、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と私が、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題の当事者としての立場で、その対談もし、外務省と私との今までにおける、連絡経緯、及び、その現在に至る、私の現況に関して、その説明内容に関し、その確認連絡文を 財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長 に送り、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長から、私の許へ、連絡が入り、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と対談した。その後、島根県 益田市役所 秘書課長と私は、その内容に関する案件につき、1日に2回、その連絡と対応を持った。

平成29年5月12日、「麻生太郎財務大臣 による 山口県 萩市民館 講演」に関する話題に関し、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と私は、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題の当事者としての立場で、対談し、外務省との間における、その連絡、事実経緯、及び、その現在に至る、私の現況について 説明を入れた。

同日、島根県 益田市 亀井事務所 職員との間にて、私は、今までの件に関し、その連絡対応を持った。

同日、財務省 中国財務局 山口財務事務所 理財課長と私が、外務省 いわゆる 密約書 不在の問題の当事者としての立場で、その対談もし、外務省と私との今までにおける、連絡経緯、及び、その現在に至る、私の現況に関して、その説明内容に関しての確認、「麻生太郎財務大臣 による 山口県 萩市民館 講演」に関する財務省 大臣官房 人事課 担当の許へと入れた。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自民からも“中立は当たり前”稲田氏に批判

2017年06月28日 | 赤十字活動
自民からも“中立は当たり前”稲田氏に批判

日本テレビ系(NNN) 6/28(水) 5:55配信

稲田防衛相が27日、東京都議会議員選挙の応援演説で「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」と発言して、投票を呼びかけていたことがわかった。稲田防衛相は27日夜、発言を撤回した。稲田防衛相は27日、東京・板橋区で行われた都議選の自民党候補の応援で「防衛省・自衛隊・防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と述べて投票を依頼した。自衛隊法では「隊員は政治的行為をしてはならない」と定めている。稲田防衛相「近くに練馬駐屯地もございますので、大変応援をいただいていることに感謝をしておりますという趣旨で演説を行ったわけでありますが、その中で誤解を招きかねない発言があったことに関しまして、撤回をいたしたい」その上で、稲田防衛相は「しっかりと職務を全うして参りたい」と述べ、辞任は否定した。この発言について民進党・蓮舫代表は、「自衛隊を政治的に利用、選挙で私物化するもので、看過できない。即刻辞任すべき」と批判している。また自民党の防衛相経験者が「自衛隊を選挙に利用してはいけない。政治的に中立なのは当たり前。こんなこともわかっていないのか」と述べるなど、自民党内からも、来月2日に迫った都議選を前に、防衛相の失言を批判する声があがっている。

・・・ 平成29年6月28日(水)、日本テレビ系(NNN) 5:55配信より

私のコメント :  平成29年6月28日(水)、稲田防衛相が27日、東京都議会議員選挙の応援演説で「防衛省・自衛隊としてもお願いしたい」と発言して、投票を呼びかけていたことがわかった。 練馬駐屯地においては、 稲田防衛相における、その直轄の部隊、第126地区警務隊が、展開、監視もしている。
.............................................................................
練馬駐屯地

練馬駐屯地(ねりまちゅうとんち、JGSDF Camp Nerima)は、東京都練馬区北町四丁目1番1号に所在し、第1師団司令部等が駐屯する陸上自衛隊の駐屯地である。駐屯地司令は、第1師団副師団長が兼務。

かつては、東京第一陸軍造兵廠練馬倉庫であった。都心に近い実戦部隊の駐屯地であるため、防衛大臣や政治家が、よく視察に訪れる。

沿革[編集]
•1930年(昭和5年):現在地に、東京第一陸軍造兵廠練馬倉庫が完成。敷地面積1万坪。
•1943年(昭和18年):東武鉄道線(後の啓志線)の陸軍第一造兵廠構内駅が、敷地内に開業。
•1946年(昭和21年)3月25日:陸軍第一造兵廠構内駅を練馬倉庫駅に改称。
•1951年(昭和26年)9月:警察予備隊が久里浜から移転。敷地面積を8万坪に拡張。
•1954年(昭和29年)7月1日:1952年(昭和27年)保安隊を経て、陸上自衛隊へ移管[2]。
•1959年(昭和34年)7月22日:練馬倉庫駅廃止。
•2002年(平成14年)3月27日:第1師団が政経中枢師団へ改編(詳述はリンク先の沿革参照)

駐屯部隊[編集]
•第1師団司令部
•第1師団司令部付隊

第1師団隷下部隊[編集]
•第1普通科連隊
•第1後方支援連隊
•第1通信大隊
•第1偵察隊
•第1特殊武器防護隊
•第1音楽隊

東部方面総監直轄部隊[編集]
•(東部方面通信群) ◦(第105基地システム通信大隊) ◾第316基地通信中隊

•(東部方面会計隊) ◦第338会計隊

•練馬駐屯地業務隊

防衛大臣直轄部隊[編集]
•(警務隊) ◦(東部方面警務隊) ◾第126地区警務隊

かつて駐屯していた部隊[編集]
•東部方面音楽隊(1960年(昭和35年)1月-1966年(昭和41年)。朝霞駐屯地へ移駐。)

・・・ウィキペディア フリー百科事典より

・・・・・・・・・・・・・・
稲田氏発言「何を馬鹿なことを…」嘆く自民、攻める他党

6/28(水) 12:02配信

東京都議選の投開票日(7月2日)を目前に、稲田朋美防衛相が失言した。27日に自民党候補の応援で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と演説し、同日深夜に撤回。大臣が自衛隊を選挙に利用しようとしたと思われかねない言動に、自民関係者からは都議選への悪影響を嘆く声があがり、他党は批判を強めている。「防衛相辞任という事態に発展すれば、大きな騒ぎになりかねない。選挙に影響は出るだろう」。都議選の自民現職候補は、懸念を深める。加計(かけ)学園問題をめぐる安倍政権への批判や、豊田真由子衆院議員の暴言・暴行疑惑などがあり、自民に逆風が吹くなかでの選挙戦。この現職は「うまく対応してほしい」と漏らした。別の自民現職候補は27日夜、稲田防衛相の発言に「本当に、何を馬鹿なことを言っているんだ」と驚いた。国政での失点が続くことに「もう目の前のことを一生懸命やるしかない」と話した。都議選で自民と対決する他党は批判を強める。小池百合子知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」の幹部は「防衛相の発言だから、自衛官は圧力を感じるだろう。自民党のおごり高ぶった体質が表に出た」。小池氏は28日、都庁で報道陣に「あり得ない。都庁で(たとえるなら)17万人の職員に『よろしく』みたいな話につながる。(大臣と議員の立場を)混同しない方がいい」と述べた。都政での自民との連携を解消し、都議選で都民ファーストと協力する公明党の現職候補は「(稲田氏の発言には)おごりと油断、そして稚拙さが表れた。閣僚級が応援演説をする時は、細心の注意を払うのが普通なのに」とあきれる。自民と袂(たもと)を分かつ選択をしたことについて「相次ぐ失態を見ていると、今回の選択は正しかった」と話した。 朝日新聞社 ・・・平成29年6月28日(水)、朝日新聞 12:02配信より

私のコメント : 平成29年6月28日(水)、山口県柳井市教育委員会 職員から連絡があり、私は、その対応を持つ。(  有栖川宮 熾仁親王、僧月性 間における 文化交流 等に関し その対応 内容の中心とし )

同日、下記における、当該 山口市 情報管理課 統計調査 元担当職であった現 山口市 収納課 職位との昨日における、私との間における、その対談内容、その参考に入れて、萩市長 藤道健二氏より 「萩市活交第31号 平成29年6月27日 情報開示請求書の補正依頼について」査収し、その内容に沿い、私の情報開示請求書における補正を行い、今回、その補正した情報開示請求書は、当該 萩市市民活動推進課活動推進係 担当 中田様へと送信した。

平成29年6月27日(火)、経済同友会は27日、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)や、米国抜きの11カ国でTPPを進めるTPP11、RCEPなど、多国間経済連携協定の実現に向け、「日本政府がリーダーシップをとるべきだ」とする提言を発表した。提言では、安倍晋三首相が「大枠合意を目指したい」として意欲を示す日欧EPAについて早期合意を要請。日欧EPAが先進国・地域による包括的な協定であり、実現することで世界規模での多国間経済連携を加速させるとして、重要視しているとした。TPP11やRCEPについては、、日本が積極的に取り組みを進めて「自由貿易体制推進の旗手」となることを求めた。日本における、その改憲論議、日本のシーレーン防衛、領土問題、再軍備問題へと、関係していくような政治的な発言内容であるため、経済同友会が提言 「多国間経済連携、実現に日本がリーダーシップを」については、経済同友会の提言、その慎重な対応、今後、日本国民へ、求められてくると思われる。 欧州連合(EU)で通商政策を担うマルムストローム欧州委員は26日、日本との交渉中の経済連携協定(EPA)を巡って「もうすぐ大枠合意できることを願っている」と語った、私は、 山口県 山口市役所に行き、山口市 情報管理課 統計調査 担当職も、歴任をされている山口市役所職員と面談し、今回 ブリュッセルでの通商政策を巡る通商内容と外務省、山口県、山口市、萩市、宇部市、防府市 、岩国市、柳井市、島根県 益田市、津和野町、吉賀町 等における役場職員と私との対応もあるため、私の現状に関しては、その山口市 情報管理課 統計調査 元担当職へ説明し、交渉中の経済連携協定(EPA)を巡っては、日米安保条約下、当該 山口市役所 職員 その置かれている立場についての理解を求めた。

・・・・・・・・・・・・・・
小6女児が修学旅行中に死亡 遺族に賠償金 島根・出雲

6月26日 18時23分

去年9月、島根県出雲市の小学6年生の女子児童が修学旅行の宿泊先で、入浴中に溺れて死亡した事故で、出雲市は市の責任を認め遺族におよそ5600万円の賠償金を支払うことを決めました。

続きを読む

去年9月、島根県出雲市の小学校に通う6年生の女子児童が修学旅行の宿泊先の広島県廿日市市のホテルで入浴中に溺れて死亡しました。

出雲市教育委員会は「事前に女子児童の母親から”入浴中に具合が悪くなったことがある”という情報を得ていたにもかかわらず、学校が安全管理について適切な指示をせず、入浴時の監視体制も不十分だった」とする調査報告をまとめています。

この事故で、出雲市は市の責任を認め、遺族におよそ5600万円の賠償金を支払うことを決め、26日、市議会でこの議案が可決されました。

市によりますと「遺族は受け入れる考えを示している」ということです。

出雲市教育委員会では修学旅行などの際、配慮が必要な子どもの把握や、保護者との面談、それに医療機関への相談など、確認する項目を記したチェックリストを導入し、再発防止を徹底するということです。

出雲市児童生徒支援課の児玉弘之課長は「二度と同じような事故が起きてほしくないというご遺族の願いの重さを受け止め、再発防止に取り組みたい」と話しています。・・・ 平成29年6月26日(月)、NHK NEWS WEB 18時23分 配信より

私のコメント : 島根県出雲市教育委員会と津和野町教育委員会 文化財保護課との文化交流も今までにも、ある。私は、津和野町教育委員会 文化財保護課 職員との間における文化交流と対話 等も通じ、赤十字活動における、島根県下、各地域における文化と歴史発掘における交流、日本赤十字社 青少年赤十字指導者養成へ、教員による、その参加活動、島根県下の各小中学校における青少年赤十字指導の立場にある教職員との間との連携も、それを深めつつ、今回のような学校 事故が、再発しないようにと私は、山口県赤十字賛助奉仕団の一員としての立場で、島根県 日本赤十字社 職員へ 対し 努力もしている。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米空母2隻、日本海で合同演習 北朝鮮を牽制

2017年05月31日 | 赤十字活動
米空母2隻、日本海で合同演習 北朝鮮を牽制

ワシントン(CNN) 米海軍の空母「カール・ビンソン」と「ロナルド・レーガン」が、31日にも日本海で合同演習を開始する。米国防当局者はこの演習について、北朝鮮が米軍による一層の挑発と受け止める可能性もあるとの見方を示した。米国防当局者がCNNに明らかにしたところによると、予定ではカール・ビンソンとロナルド・レーガンは、他の艦船を伴って日本海の中南部に移動する。合同演習は空母2隻のほかに水上艦数隻と潜水艦2隻が参加して、数日間の日程で行われる。空母2隻の合同演習はそれほど頻度は多くないものの、前例がないわけではないと米当局者は話している。カール・ビンソンは数日後には、米サンディエゴの母港へ向けて帰途に就く予定になっている。一方、空母「ニミッツ」はワシントン州ブレマートンの母港を数日中に出航し、ペルシャ湾へ向かう途中で太平洋地域を通過する見通し。複数の米当局者は、空母3隻が北朝鮮の近海を同時に航行することはないと強調する。ニミッツはまず米西海岸に寄港してジェット戦闘機を搭載した後に出航予定。その頃にはカール・ビンソンは西海岸に向かっている見通しだ。ニミッツは太平洋でさまざまな演習を計画しているが、今回は北朝鮮近海は航行しない見通し。ニミッツかロナルド・レーガンが南シナ海を航行する可能性はある。・・・平成29年5月31日、NN.co.jp 10:14配信より


私のコメント : 平成29年5月31日、米海軍の空母「カール・ビンソン」と「ロナルド・レーガン」が、31日にも日本海で合同演習を開始する。今回の合同演習を開始される日本海域、近辺で、操業される日本の漁船や航行される日本船舶 乗組員の安全には、各 地方自治体でも、その配慮をされていかれたいと願う。平成29年5月31日、島根県 津和野町 総務財政課 安村係長と私は、私から、その公文書開示請求した後における、当該 島根県 津和野町による 回答済みの公文書 記載の内容についての審議と対談をした。また、その内容にも関係する案件にて、島根県 津和野町 教育委員会 文化財保護課 職員と私は、対談した。その後、島根県 松江市 亀井先生事務所 職員へ、私から 亀井先生へ、今回、郵送している書面内容については、その内容に関して、口頭で、その説明を入れた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮 ミサイルは新誘導弾 「誤差7メートル」主張

2017年05月31日 | 赤十字活動
北朝鮮 ミサイルは新誘導弾 「誤差7メートル」主張

【ソウル米村耕一】北朝鮮の朝鮮中央通信は30日、「精密誘導システムを導入した弾道ミサイルを新たに開発し、発射実験に成功した」と伝えた。29日朝に日本海に向けて発射した短距離弾道ミサイルを指すとみられる。新型ミサイルは「艦船を含む目標を精密に打撃できる」として、空母などを標的とした地対艦ミサイルとしての能力も持つと主張した。

朝鮮中央通信によると、実験はミサイルの誘導技術や無限軌道式の移動発射台の信頼性を確認する目的で行われ、予定された目標に誤差7メートルの範囲で命中した。視察した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は「従来の火星系列のミサイルよりも発射時間を短縮するシステムが完成した」と評価。「今後もすでに作ってあるタイムスケジュールに従って多段階、連続的に自衛的国防工業の威力を見せつける」と、国際的な非難にもかかわらずミサイル実験を継続する意思を改めて示した。

北朝鮮は29日午前5時39分に北朝鮮東部・元山(ウォンサン)一帯から弾道ミサイル1発を発射。日本政府によると東に約400キロ飛行し、落下地点は新潟県・佐渡島から約500キロ、島根県・隠岐諸島から約300キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内とみられる。  ・・・ 平成29年5月30日、毎日新聞 11時11分(最終更新 5月30日 18時08分) 配信より

私のコメント : 平成29年5月30日 北朝鮮は29日午前5時39分に北朝鮮東部・元山(ウォンサン)一帯から弾道ミサイル1発を発射。約400キロ飛行し、落下地点は、島根県・隠岐諸島から 約300キロのEEZ内とみられる。島根県・隠岐諸島沖 船舶の航行についても、今後、その関係機関で 、気をつけられたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北朝鮮 新型弾道ミサイル発射実験映像公開

2017年05月30日 | 赤十字活動
北朝鮮 新型弾道ミサイル発射実験映像公開

北朝鮮の国営テレビは30日午後、精密な誘導システムを導入した新型弾道ミサイルの発射実験とする映像を公開した。29日の弾道ミサイルの発射を指すとみられる。

日本時間30日午後3時40分すぎに朝鮮中央テレビが放送した映像には、移動式の発射台に載ったミサイルが運ばれてくる様子が映っている。その後、ミサイルが炎をあげて上空に飛んでいった。

北朝鮮の国営メディアは、新たな弾道ミサイルは精密な誘導システムを導入したもので、敵の艦船をはじめとする海上と地上の攻撃対象を精密攻撃できると主張。西太平洋に空母を2隻展開しているアメリカを威嚇する狙いがあるとみられる。

この弾道ミサイルは先月の軍事パレードで初めて登場したもので、実験では目標から誤差7メートルの地点に命中したとしている。また、発射時間をこれまでよりはるかに短縮できるとしていて、実験に立ち会った金正恩委員長が満足の意を示したという。

韓国軍はこの弾道ミサイルについてスカッド系列の改良型と見ていて、精度を向上させたという主張については分析が必要としている。・・・ 平成29年5月30日(火)、日本テレビ系(NNN)16:05 配信より

私のコメント : 平成29年5月30日(火) 、島根県 津和野町総務財政課金子係長と私は、島根県 津和野町つわの暮らし推進課と私との対応におけるその情報開示請求内容その後におけるその案件について、連絡と対談を持った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

在日米軍再編  米軍艦載機受け入れ、岩国市長が判断へ

2017年05月20日 | 赤十字活動
在日米軍再編  米軍艦載機受け入れ、岩国市長が判断へ

山口県岩国市の福田良彦市長は16日、米軍普天間飛行場がある沖縄県宜野湾市で佐喜真淳市長と会談し、2日間の視察を終えた。厚木基地(神奈川県)から岩国基地への米空母艦載機移駐の受け入れの条件としていた普天間移設工事が進んでいるとの認識を示し、「(受け入れの可否は)岩国に戻って最終判断したい」と述べた。同行の記者団に答えた。福田氏は視察結果などを基に、6月の岩国市議会定例会で可否を表明する方針。福田氏は、15日に普天間飛行場の移設先となる沖縄県名護市の辺野古沿岸を視察した状況を踏まえ、「(国側から)着実に工事を進めていると細かな説明があり、認識が深まった」と述べた。宜野湾市の佐喜真氏は16日の会談後、「(艦載機移駐で)岩国市の負担が増している印象を受ける」とした一方で、「基地問題を解決するためには、沖縄だけでなく本土での理解や協力が重要だ」と述べた。福田氏は今回、名護市の稲嶺進市長や防衛省沖縄防衛局長と会い、米軍キャンプ・シュワブや辺野古沿岸を訪れた。・・・平成29年5月17日(水)、産経新聞  07:04更新  配信より

.................................................................
在日米軍再編  艦載機移転 岩国市長の普天間移設発言 住民団体が抗議 /山口

米軍再編に伴う空母艦載機部隊の岩国基地(岩国市)への移転を巡り、岩国市や周防大島町の住民でつくる「瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク」(桑原清共同代表)は18日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設の「見通しが立った」とする福田良彦岩国市長の発言に抗議した。 市の高田昭彦・基地政策担当部長に抗議文を手渡した。普天間移設を受け入れ可否判断の前提とする福田市長は17日、市役所で岸信夫副外相、宮沢博行防衛政務官と会談後、報道陣に「沖縄を視察し工事が着実に進んでいた。国の説明からも見通しは立っている」と述べ、移転容認に向けて一歩踏み込んだ。抗議文は「国は普天間の移設先として沖縄県名護市の辺野古沖に新基地建設工事を強行しているが、沖縄県も名護市も反対している。見通しが立ったとはいえない」と指摘。騒音対策の不備などと合わせ「この段階で容認するならば誤った判断であり、市長の見解は受け入れられない」とした。【古賀亮至】  〔山口東版〕 ・・・平成29年5月19日(金)、毎日新聞 地方版  配信より

私のコメント: 平成29年5月19日(金)、米軍再編に伴う空母艦載機部隊の岩国基地(岩国市)への移転を巡り、山口県岩国市長による、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設の「見通しが立った」に対して、山口県 岩国市や周防大島町の住民でつくる「瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク」(桑原清共同代表)の住民団体が、抗議するという 現状がある。各地域から、今後の進展を見守りたい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小室圭さん…弁護士事務所勤務、「海の王子」

2017年05月17日 | 赤十字活動
小室圭さん…弁護士事務所勤務、「海の王子」

小室圭さんは横浜市港北区在住。

大学在学中は東京都内の塾で講師のアルバイトをしたほか、自宅近くのフランス料理店でもアルバイトをした。18歳で神奈川県藤沢市の「湘南江の島海の女王&海の王子コンテスト」に応募し、「海の王子」に選ばれた。大学卒業後、大手都銀勤務を経て、現在は東京都中央区の法律事務所に勤務している。そのかたわら、一橋大大学院国際企業戦略研究科に通い、経営法務を専攻しているという。法律事務所の上司は16日夜、報道陣の取材に応じ、「(交際について)全く知らず、ただただ驚いている」と話した。同日夜にニュースが流れた後、小室さんから電話で「報告していなくてすいません」と連絡があり、「びっくりしたけど、おめでたいですね」と祝福したという。・・・ 平成29年5月17日(水)、読売新聞 0:33配信より

私のコメント : 平成29年5月17日(水)、 私は、 山口県 広報広聴課 佐藤理子主査との間にて、私は、以下の内容に関係する内容に関係し、その関係する連絡と対応を持った。

平成29年5月17日(水)、 島根県 益田市 総務部 秘書課長より、私のもとへ、島根県 益田市長より、益田市 危機管理課における、私に対し、公文書開示決定通知書をもとに、その後、その内容に関する 益田市 危機管理課長と私は、益田市役所にて、面談もし、また、その後の対応があり、益田市長からの連絡をいただいた。

平成29年5月16日(火)、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班 内藤智芳主査と私は、面談し、山口県 教育庁 社会教育・文化財課 文化財保護班 世界文化遺産推進室 松藤 暢邦主査との対応の経緯も、踏まえて、明治維新150年祭、明治150年記念事業山口県推進事業に関係する内容にて、私が、山口県 萩市 文化財保護課、及び、 山口県 山口市 教育委員会 文化財保護課 文化財保護担当 肱岡圭介主事と私が、その面談に関する内容を主体にして、その相談をし、その内容に関しては、今まで、山陰桜友会長 亀井亜紀子先生や宮内庁 宮務課との間でも、私との連絡 対応 等もあるため、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班 内藤智芳主査へ助言を求めた。その際に、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班 内藤智芳主査からは、私の説明における、関係書類における写しも、撮っていただき、親切、丁寧な 対応も、いただき、後日、山口県 観光スポーツ文化部 文化振興課 文化環境班からの正式な回答をいただけるという運びとなった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加